ヴォルフスブルク、スイス代表MFシュテフェンとの契約を2023年まで延長

2020.09.12 00:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴォルフスブルクは11日、スイス代表MFレナト・シュテフェン(28)との契約を2023年6月30日まで延長した。母国スイスのゾロトゥルンでプロデビューしたシュテフェンは、トゥーンやヤングボーイズ、バーゼルとスイスの名門を渡り歩き、2018年の冬にヴォルフスブルクへ完全移籍。

右ウイングを主戦場としながらも両サイドでプレー可能なレフティーは、これまでヴォルフスブルクで公式戦90試合に出場し11ゴール7アシストをマーク。2019-20シーズンも主力の一人としてブンデスリーガ27試合で6ゴール3アシストを記録していた。

また、スイス代表では2015年10月のデビューからこれまで12試合に出場。先日行われたUEFAネーションズリーグでも2試合に出場していた。

新たな契約書にサインしたシュテフェンは、公式サイト以下のように喜びを語った。

「新しいシーズンが始まる前に契約延長できたことをとても嬉しく思っているよ。今回の契約延長で僕はサッカーに集中できる。ヴォルフスブルクの目標を達成できるために自分の役割を果たすつもりだ」

「僕や家族はヴォルフスブルクでの生活を楽しんでいるし、これからが楽しみだよ」
コメント
関連ニュース
thumb

堂安がアシストもビーレフェルトはヴォルフスブルクに敗れて3連敗《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは25日、ブンデスリーガ第5節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。 前節バイエルン戦を1-4と完敗して2連敗となったビーレフェルトは、バイエルン戦でブンデス初ゴールを挙げた堂安が[4-1-4-1]の右MFで開幕5試合連続スタメンとなった。 4分けスタートのヴォルフスブルクに対し、押し込まれる入りを強いられたビーレフェルトは12分にシュテフェンに決定的なシュートを許すと、19分に先制される。 FKのサインプレーからボックス右に侵入したヴェグホルストにシュートを蹴り込まれた。さらに1分後、GKからのパスがハイプレスを受けてカットされると、最後はアルノルトにシュートを決められ、一気にリードを広げられてしまう。 その後もヴォルフスブルクのプレスをかいくぐれないビーレフェルトは攻撃の形を作ることができない。 42分にはフィリップに際どいミドルシュートを打たれてひやりとしたビーレフェルトは前半に良いところなく0-2で後半へ折り返した。 迎えた後半、2選手を投入したビーレフェルトが前がかるも、57分にピンチ。それでもGKオルテガがヴェグホルストとシュテフェンの決定機をセーブして2点差を保った。 その後、59分に堂安がミドルシュートを狙ったビーレフェルトはボールを持つ時間を増やしたものの、チャンスを生み出すには至らない。 それでも80分、堂安のアシストからビーレフェルトが1点を返す。ボックス右でパスを受けた堂安が右足で中へグラウンダーのパスを入れると、シプロックがゴール左へダイレクトシュートを蹴り込んだ。 さらに83分、プリートルのボレーシュートが右ポストに直撃したビーレフェルトだったが、反撃はここまで。1-2で敗戦し、3連敗となった。 2020.10.26 01:25 Mon
twitterfacebook
thumb

不幸中の幸い?所属選手の引退によってヴォルフスブルクが1100万ユーロを受け取る

サッカー界全体がコロナ禍による財政難に苦しむなか、ブンデスリーガに所属するヴォルフスブルクにとって思わぬ収入があった。 同クラブに所属していた元スペイン代表イグナシオ・カマーチョが、9月に引退を表明。まだ30歳の若さでありながら怪我を原因とする引退は、本人にとってもクラブにとっても痛恨の極みであったことは間違いない。 しかし、ドイツ『キッカー』によると、カマーチョの引退によって不幸中の幸いと言うべき出来事が起こった。通常、クラブは選手を獲得する際、さまざまな事態が生じることを想定し、保険に加入しているという。 ヴォルフスブルクも例外ではなく、カマーチョをスペインのマラガから1400万ユーロ(約17億円)で獲得した際、その1割を保険にかけていた。その結果、同紙の情報によれば、クラブは今回1100万ユーロ(約13億円)を受け取ったようだ。 カマーチョの無念を思えば手放しで喜ぶことは出来ないかもしれないが、クラブにとって大きな収入となったことは間違いない。何事も「備えあれば患いなし」を証明するような出来事と言えるだろう。 2020.10.07 21:21 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルクがM・フィリップをレンタル! 1年ぶりドイツ復帰

ヴォルフスブルクは2日、ディナモ・モスクワからドイツ人FWマクシミリアン・フィリップ(26)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 かつてフライブルクやドルトムントでプレーしたM・フィリップは昨夏の移籍市場でディナモ・モスクワに完全移籍。移籍金はクラブ最高額の2000万ユーロ(約24億6800万円)で、昨季はリーグ戦20試合で8ゴール1アシスト、今季も7試合に出場していた。 ブンデスリーガでは通算88試合20ゴール9アシストの成績を持つM・フィリップ。クラブのスポーツ・ディレクターを務めるマルセル・シェーファー氏は「私たちが探していた高品質の補強が出来た」と満足感を示す。 一方「モスクワでの1年は選手として、特に人として成長出来た素晴らしい経験になった」と語った同選手は、1年ぶりのドイツ帰還に喜びのコメントを残した。 「ここ数週間と数カ月の間にブンデスリーガに戻りたいという気持ちがどんどん高まっていた。それにこのリーグで自分自身をテストしてみたかったんだ」 「ヴォルフスブルクでそのチャンスを得られて嬉しいよ。イェルク・シュマートケ(マネージング・ディレクター)やマルセル・シェーファーと良い話をする前から、ヴォルフスブルクが非常にプロフェッショナルなクラブで、明確な戦略を持って運営されていることを知っていたんだ」 2020.10.03 15:38 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、マインツからPSGも関心示したMFバクを獲得!

ヴォルフスブルクは1日、マインツからU-21ドイツ代表MFリドル・バク(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「20」に決定。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。 マインツ生え抜きのバクは2017-18シーズンにトップチームデビュー。本職はセントラルMFながら高い身体能力と、柔軟な戦術理解力を武器にサイドハーフやサイドバックでもプレー可能だ。 昨シーズンのブンデスリーガでは複数のポジションで併用されながら30試合に出場し、1ゴール3アシストを記録。ここ最近では右サイドバックで印象的なパフォーマンスを披露していた。 そのバクに関しては一時パリ・サンジェルマン(PSG)からの関心も伝えられていたが、新天地は同じブンデスリーガのヴォルフスブルクとなった。 2020.10.01 22:20 Thu
twitterfacebook
thumb

トッテナムがケインの控えにオランダ代表FWヴェグホルストを狙う、モウリーニョが強い関心

トッテナムが、ヴォルフスブルクのエースに強い関心を示しているようだ。オランダ『テレグラーフ』が報じた。 『テレグラーフ』によると、トッテナムが獲得に全力を捧げているのはオランダ代表FWヴォウト・ヴェグホルスト(28)とのこと。ジョゼ・モウリーニョ監督が特に熱心に関心を寄せており、すぐにチームへ加えたいと考えているとされている。 母国オランダのヘラクレスで台頭したヴェグホルストは、AZを経て2018年夏にヴォルフスブルクへ完全移籍。加入1年目となった2018-19シーズンにブンデスリーガで17ゴールを挙げる活躍を見せると、2019-20シーズンはリーグ戦でのゴール数こそ1ゴール下回ったものの、公式戦43試合で20ゴール5アシスを記録し、2シーズン連続で主砲として活躍した。 ヴェグホルスト自身も『テレグラーフ』のインタビューでイングランドへの移籍を夢見ているとコメント。「全力を尽くしてトレーニングを続けていれば、チャンスが訪れると思う。もちろん、それは色々なことに依存するけど、それとは別に自分自身で人生そのものに多くのことを与えることもできる」と語っていた。 しかし、ヴェグホルストは2019年にヴォルフスブルクと契約更新を行い、2023年6月まで契約が残っている状況。トッテナムは相応の移籍金を支払う必要があると見られている。 ヴェグホルストにはアーセナルやニューカッスルが関心を寄せているとされていたが、トッテナムが優勢な状況とのこと。イングランド代表FWハリー・ケインの控えとして見込んでいるようだ。 レアル・マドリーからウェールズ代表FWガレス・ベイルをレンタル移籍で獲得し、攻撃のカードは豊富に揃えているトッテナム。しかし、センターフォワードは揃っておらず、人員整理をしながらもヴェグホルストは狙いに行くようだ。 2020.09.21 19:10 Mon
twitterfacebook