ドクの代表初弾を含む5発でアイスランドを粉砕したベルギーが連勝!《UEFAネーションズリーグ》

2020.09.09 05:47 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ2の第2節、ベルギー代表vsアイスランド代表が8日に行われ、5-1でホームのベルギーが圧勝した。5日に行われた初戦のデンマーク代表戦を完勝したベルギーは、その試合から先発メンバーを5人変更。ルカクやカラスコ、ティーレマンス、GKミニョレらに代えてバチュアイやデ・ブライネ、ドク、代表デビューとなるGKカスティールスが先発で起用された。

一方、後半アディショナルタイムのPK失敗で初戦のイングランド代表戦を惜敗したアイスランドは、その試合から先発メンバーを大幅7人変更。A・グズムンドソンやB・ビャルナソン、パルションらがイングランド戦に続き先発に並んだ。

立ち上がりからボールを保持するベルギーだったが、先にスコアを動かしたのはアイスランド。10分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、バイタルエリア左まで持ち上がったビャルナソンの横パスを中央のH・フリズヨンソンがダイレクトシュート。相手DFにディフレクトしふわりと浮いたシュートは相手GKの頭上を越え、そのままゴールに吸い込まれた。

先制を許したベルギーだったが、すぐに反撃に転じると13分に決定機。ボックス左手前で獲得したFKをメルテンスが直接狙うと、左ポストの跳ね返りをヴィツェルが押し込んだ。

同点弾で勢いづくベルギーは、17分にもメルテンスの落としからヴィツェルがミドルシュートを放つと、相手GKの弾いたボールに反応したバチュアイがゴールに流し込み、失点からわずか6分間で逆転に成功した。

ハーフタイムにかけても主導権を握るベルギーは、前半終了間際の44分、ムニエとのパス交換で右サイドを抜け出したアルデルヴァイレルトの折り返しをニアに飛び込んだメルテンスが合わせたが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。

後半に入っても攻勢を続けるベルギーは、50分にデ・ブライネの縦パスをゴールエリア左付近で受けたメルテンスがトラップで浮いたボールをハーフボレーで流し込み、3点目。

幸先良く追加点を奪ったベルギーだったが、55分にアクシデント。ボックス内で競り合ったGKカスティールスの口元に相手選手の肘が当たり倒れると、そのままGKミニョレと交代した。

攻撃の手を緩めないベルギーは69分、デ・ブライネとのパス交換でボックス左深くまで侵入したヴェルスハーレンの折り返しをニアのバチュアイがヒールシュートで流し込んだ。さらに79分にも、デ・ブライネのスルーパスでボックス左から侵入したドクがカットインから右足を振り抜くと、豪快にゴール右にシュートを突き刺した。

結局、試合はそのまま5-1で終了。ドクの代表初ゴールなどでアイスランドに格の違いを見せたベルギーが連勝でグループ2の首位に浮上した。
コメント
関連ニュース
thumb

クロアチア代表が発表! 主将モドリッチら主力が順当に選出《UEFAネーションズリーグ》

クロアチアサッカー連盟(HNS)は26日、11月のUEFAネーションズリーグに臨むクロアチア代表メンバーを発表した。 2020年最後となるインターナショナルマッチウィークに向けてズラトコ・ダリッチ監督は、23名の招集メンバーと共に予備メンバー8名を選出。 23名のメンバーにはキャプテンを務めるMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、MFマテオ・コバチッチ(チェルシー)、MFマルセロ・ブロゾビッチ(インテル)、FWイバン・ペリシッチ(インテル)、DFデヤン・ロブレンといったお馴染みのメンバーが揃った。 一方、予備メンバーではFWアンテ・レビッチ(ミラン)らに加え、MFトマ・バシッチ(ボルドー)が初選出されている。 クロアチアは、11月11日にアウェイでトルコ代表との国際親善試合を戦った後、同14日に同じくアウェイでUEFAネーションズリーグのリーグA・グループ3のスウェーデン代表戦、同17日にホームでポルトガル代表戦を戦う予定だ。 ◆クロアチア代表メンバー23名 GK イヴォ・グルビッチ(アトレティコ・マドリー/スペイン) シモン・スルガ(ルートン・タウン/イングランド) ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ) DF ダリオ・メルニャク(チャイクル・リゼスポル/トルコ) ドマゴイ・ヴィダ(ベシクタシュ/トルコ) ドゥイエ・チャレタ=ツァル(マルセイユ/フランス) ドマゴイ・ブラダリッチ(リール/フランス) ボルナ・バリシッチ(レンジャーズ/スコットランド) フィリプ・ウレモビッチ(ルビン・カザン/ロシア) デヤン・ロブレン(ゼニト/ロシア) MF ニコラ・ヴラシッチ(CSKAモスクワ/ロシア) マリオ・パシャリッチ(アタランタ/イタリア) マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア) ミラン・バデリ(ジェノア/イタリア) マルコ・ログ(カリアリ/イタリア) マテオ・コバチッチ(チェルシー/イングランド) ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン) FW アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ) ヨシップ・ブレカロ(ヴォルフスブルク/ドイツ) イバン・ペリシッチ(インテル/イタリア) アンテ・ブディミル(オサスナ/スペイン) ブルーノ・ペトコビッチ(ディナモ・ザグレブ) ミスラフ・オルシッチ(ディナモ・ザグレブ) ◆予備メンバー8名 GK ロヴレ・カリニッチ(アストン・ビラ/イングランド) DF ミレ・シュコリッチ(オシエク) ヨシップ・ユラノビッチ(レギア・ワルシャワ/ポーランド) マリン・ポングラチッチ(ヴォルフスブルク/ドイツ) ティン・イェドバイ(アウグスブルク/ドイツ) MF トマ・バシッチ(ボルドー/フランス) FW アンテ・レビッチ(ミラン/イタリア) アントニオ=ミルコ・チョラク(PAOK/ギリシャ) 2020.10.27 00:47 Tue
twitterfacebook
thumb

オランダ代表候補34名が発表! ファン・ダイク以外の主力は順当選出《UEFAネーションズリーグ》

オランダサッカー協会(KNVB)は25日、11月のUEFAネーションズリーグ2020-21と親善試合に向けたオランダ代表候補メンバー34名を選出した。 フランク・デ・ブール監督は、レバークーゼンのDFデイリー・シンクフラーフェンを初招集。また、エバートンとの“マージーサイド・ダービー”でヒザを負傷したDFヴィルヒル・ファン・ダイクは招集外となっている。 その他では、DFステファン・デ・フライ(インテル)やMFジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール)、MFドニー・ファン・デ・ベーク(マンチェスター・ユナイテッド)、MFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)、FWメンフィス・デパイ(リヨン)など、主力選手が順当に選出された。 オランダ代表は11月11日にスペイン代表と国際親善試合を戦った後、UEFAネーションズリーグ2020-21・リーグA・グループ1でボスニア・ヘルツェゴビナ代表と15日にホームで、ポーランド代表と18日にアウェイで対戦する。 ◆オランダ代表候補メンバー34名 GK イェスパー・シレッセン(バレンシア/スペイン) ティム・クルル(ノリッジ/イングランド) マルコ・ビゾット(AZ) ユスティン・バイロウ(フェイエノールト) DF オーウェン・ワインダル(AZ) デンゼル・ダンフリース(PSV) ペル・スフールス(アヤックス) デイリー・ブリント(アヤックス) デイリー・シンクフラーフェン(レバークーゼン/ドイツ) ハンス・ハテブール(アタランタ/イタリア) ステファン・デ・フライ(インテル/イタリア) パトリック・ファン・アーンホルト(クリスタル・パレス/イングランド) ヨエル・フェルトマン(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド) ナタン・アケ(マンチェスター・シティ/イングランド) MF モハメド・イハッターレン(PSV) パブロ・ロサリオ(PSV) トゥン・コープマイネルス(AZ) ダビ・クラーセン(アヤックス) トニー・ヴィルエナ(クラスノダール/ロシア) ケビン・ストロートマン(マルセイユ/フランス) マルテン・デ・ルーン(アタランタ/イタリア) ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール/イングランド) ドニー・ファン・デ・ベーク(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/スペイン) FW クインシー・プロメス(アヤックス) ドニエル・マレン(PSV) ステーフェン・ベルフハイス(フェイエノールト) カルヴァン・ステングス(AZ) ジャバイロ・ディルロスン(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) ヴォウト・ヴェグホルスト(ヴォルフスブルク/ドイツ) ルーク・デ・ヨング(セビージャ/スペイン) ステーフェン・ベルフワイン(トッテナム/イングランド) メンフィス・デパイ(リヨン/フランス) ライアン・バベル(ガラタサライ/トルコ) 2020.10.26 19:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「10億ユーロの価値があるチームと対戦した」チーム再構築中のクロアチア代表監督が敗戦を語る

クロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督が、フランス代表戦を振り返った。フランス『レキップ』が伝えた。 クロアチアは、14日にUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ3第4節でフランスと対戦。グループ2位のフランスと3位のクロアチアの一戦は、互いに多くの選手を入れ替えての戦いとなった。 8分にアントワーヌ・グリーズマンのゴールで先制を許したものの、64分にMFニコラ・ヴラシッチのゴールで同点に。しかし、79分にキリアン・ムバッペに決勝ゴールを許し、1-2で敗れた。 ダリッチ監督は試合後に敗戦を振り返り、選手たちのパフォーマンスを評価。チームを作っている途中であると強調した。 「残念ながら負けてしまったが、全てを与えてくれた選手たちを誇りに思う。我々は可能性を持っていたが、最後には彼らが我々より1つ多くゴールを決めた」 「我々は10億ユーロの価値があり、あらゆるミスを突いて来るチームと対戦した」 「クロアチアは、ユーロと次のワールドカップ予選に向けて、新しいチームを作っている」 2020.10.15 13:00 Thu
twitterfacebook
thumb

オランダ代表指揮官システム変更の理由を明かす「FWが選手を追いすぎないため」

オランダ代表を率いるフランク・デ・ブール監督が、システムを変更した理由を明かした。『フットボール・イタリア』が伝えた。 オランダ代表は14日にUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1第4節でイタリア代表と対戦。16分にMFロレンツォ・ペッレグリーニに先制点を許したが、25分にMFドニー・ファン・デ・ベークがゴール前の混戦から同点ゴールを決めて、1-1の引き分けに持ち込んだ。 試合後のインタビューでデ・ブール監督は、これまで採用してきた[4-3-3]のシステムから[3-5-2]にシステムを変更した理由を説明。オーバーラップをしてくる選手に対して、前線の選手が追いすぎないためだと述べた。 「FWがオーバラップをしてきた選手を追いかけすぎないように5バックでプレーした」 「基本的に相手を見て、合理的になる。だが、見返りとして何を提供できるのかを考え出すだけの問題だ。この場合、それはステーフェン(・ベルフハイス)のような選手を犠牲にしたことを意味する」 「自分の気持ち的にも私がこれをすべきだと言った。システムの練習をしなければいけなかった1回のトレーニングセッションでは非常に励みになったよ」 また、11日のボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦(0-0)に続き、引き分けとなったオランダ。試合内容については、イタリア代表よりもパフォーマンスが優れていると内容に満足しつつ、継続したいと語った。 「もちろん、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦ではより上手く戦わなければいけなかったが、今夜の試合は我々の方が優れていた。60-40の割合で我々が有利だった」 「このグループで1位になりたいから結果には満足していないが、このパフォーマンスは我々に大きな自信を与えてくれた。システムに関係なく、このようなプレーができれば、どんな対戦相手にとっても我々は難しくなるだろう」 2020.10.15 12:50 Thu
twitterfacebook
thumb

退場&PKで初黒星のインググランド代表、サウスゲイト監督が悔やむ「退場とPKが全てを変えた」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、デンマーク代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 イングランドは、14日に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ2第4節でデンマークと対戦。エリクセンのPKで0-1と破れ今大会初黒星。首位の座をベルギー代表に明け渡してしまった。 試合後、サウスゲイト監督がコメント。チームのパフォーマンスを高く評価しながらも、退場とPKの判定が試合を大きく変えたと悔やんだ。 「チームのパフォーマンスを誇りに思う。我々は11人の優れた選手がおり、右サイドでは彼らに対して多くの問題を起こしたと思う。ただ、退場とPKが全てを変えてしまった」 「我々は立ち直る力を示し、実際に10人でプレーする方法と、いつ押し出して行くかの優れた例を示せた。彼らのGKは1-0の状態を守るため、驚くべきセーブをした」 「この10日間、私は選手を誇りに思うことができなかった。ただ、彼らは学び、改善している。準備の際にいくつもの変更を行い、盛り返す力を示した」 イングランドは、センターバックで出場していたDFハリー・マグワイア(マンチェスター・ユナイテッド)が31分に2枚目のイエローカードを受けて退場処分に。その直後の34分にPKがデンマークに与えられ、破れていた。 サウスゲイト監督は、パフォーマンスが良い中での退場が流れを大きく変えたと苛立った。 「最も苛立たしいのは、我々がとてもよくプレーし、ボールを上手く扱い、攻撃を上手く続けていたことだ。ただ、それはサッカーだ。一瞬がゲームの流れを変え、試合がどのレベルでも10人になると余裕はない」 また、試合終盤にはリース・ジェームズ(チェルシー)が一発退場処分となっていたが、退場を悔やみながらもパフォーマンスは高く評価した。 「最後の退場は、異議を唱えたと聞いている。彼は受け入れられないことを認識しなければならない。ボールの有無に関わらず、彼の個人的なパフォーマンスは素晴らしいと思った。開始30分、メイソン(・マウント)と彼のコンビネーション、そして右サイドのミッドフィルダーは素晴らしかった」 2020.10.15 11:40 Thu
twitterfacebook