低調イングランド、昇格組デンマークに痛恨のゴールレスドロー《UEFAネーションズリーグ》

2020.09.09 05:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ2の第2節、デンマーク代表vsイングランド代表が8日に行われ、0-0の引き分けに終わった。5日に行われた初戦のベルギー代表戦を0-2で敗戦した昇格組のデンマークは、前節から先発メンバーを2人変更。ホイビュルクとケアーに代えてマティアス・ヨルゲンセンとノルゴーアを起用。前線はベルギー戦と同じくブラースヴァイト、ドルベリ、Y・ポウルセンが並んだ。

一方、初戦のアイスランド代表戦をスターリングの土壇場PK弾で勝利したイングランドは、その試合から先発メンバーを3人変更。フォーデン、ウォード=プラウズ、ウォーカーに代えてアレクサンダー=アーノルドや代表デビュー戦となるフィリップスとコーディが先発に名を連ねた。

立ち上がりから一進一退の展開が続く中、先にチャンスを迎えたのはデンマーク。31分、左クロスのクリアボールをバイタルエリア中央で拾ったブラースヴァイトがペナルティアーク手前まで切り込み、ミドルシュート。しかし、これはわずかにゴール右に逸れた。

膠着状態が続く中、デンマークは36分にも敵陣でマークをかわしたエリクセンのパスからゴールエリア手前まで抜け出したドルベリが決定機を迎えたが、シュートはGKピックフォードの好セーブに阻まれた。

対するイングランドは、スターリングとサンチェの両サイドから攻撃を展開するが、ボックス中央を締めるデンマークの守備を攻略できず、前半はわずかシュート1本で終了した。

後半に入ってもなかなか決定機が作れないイングランドは、60分にサンチョを下げてマウントを投入。すると69分、アーノルドのロングフィードをライン際で拾ったスターリングのバックパスを受けたトリッピアーが左クロスを供給。これをケインが頭で合わせたが、シュートはわずかに枠の上に外れた。

一進一退の展開が続く中、デンマークは73分にホイビュルク、76分にファルクを投入すると81分にチャンス。ヴァスの右クロスが相手DFに当たると、高く浮いたボールをボックス左のY・ポウルセンが頭で落とし、最後は中央に走り込んだエリクセンが左足ボレーで合わせたが、シュートは枠の上に外れた。

その後、イングランドは86分にアーノルドを下げてメイトランド=ナイルズを投入したが、最後まで両チームにゴールは生まれず。試合はゴールレスドローでタイムアップを迎えた。
コメント
関連ニュース
thumb

ポルトガルが復帰C・ロナウドの圧巻2発で10人のスウェーデンに快勝!《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ3の第2節、スウェーデン代表vsポルトガル代表が8日に行われ、0-2でポルトガルが快勝した。 3日前に行われた初戦のフランス代表戦を0-1と惜敗したスウェーデンは、フランス戦のスタメンから5選手を変更。クルゼフスキやフォルスベリがスタメンとなった。 一方、クロアチア代表戦を4-1と圧勝したポルトガルは、ジョタに代えて負傷欠場していたC・ロナウドのみを変更した。 [4-3-3]を継続したポルトガルは3トップに右からベルナルド・シウバ、ジョアン・フェリックス、C・ロナウドと並べ、トップ下にブルーノ・フェルナンデスが構えた。 慎重な入りとなった中、徐々に押し込む時間帯を増やしていったポルトガルは、セットプレーからゴールに迫る。ラファエウ・ゲレイロやペペがシュートチャンスに絡んでいった。 しかし20分にアクシデント。ベルナルド・シウバが右足を痛めてゴンサロ・ゲデスとの交代を強いられた。 それでも26分に決定機。右CKからC・ロナウドが右足ボレーで合わせたが、GKオルセンのセーブに阻まれた。さらに39分、浮き球パスに抜け出したボックス右のC・ロナウドがGK強襲のシュートを浴びせる。 44分にはスベンソンに2枚目のイエローカードが提示されて数的不利となったスウェーデンに対し、直後のFKからポルトガルが先制する。決めたのはC・ロナウド。ボックス手前約25mの位置から完璧なシュートをゴール左上に蹴り込んだ。 迎えた後半もポルトガルが押し込む中、モウティーニョやフェリックスのミドルシュートで牽制すると、60分には決定機。しかし、左クロスに合わせたブルーノ・フェルナンデスのボレーシュートはバーに直撃した。 それでも72分に勝負を決定付ける。フェリックスのパスを受けたC・ロナウドがボックス手前左からゴール右上へコントロールシュートを決めきった。 C・ロナウドのゴラッソ2発で快勝としたポルトガルがフランス同様に連勝スタートとしている。 2020.09.09 05:48 Wed
twitterfacebook
thumb

ドクの代表初弾を含む5発でアイスランドを粉砕したベルギーが連勝!《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ2の第2節、ベルギー代表vsアイスランド代表が8日に行われ、5-1でホームのベルギーが圧勝した。 5日に行われた初戦のデンマーク代表戦を完勝したベルギーは、その試合から先発メンバーを5人変更。ルカクやカラスコ、ティーレマンス、GKミニョレらに代えてバチュアイやデ・ブライネ、ドク、代表デビューとなるGKカスティールスが先発で起用された。 一方、後半アディショナルタイムのPK失敗で初戦のイングランド代表戦を惜敗したアイスランドは、その試合から先発メンバーを大幅7人変更。A・グズムンドソンやB・ビャルナソン、パルションらがイングランド戦に続き先発に並んだ。 立ち上がりからボールを保持するベルギーだったが、先にスコアを動かしたのはアイスランド。10分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、バイタルエリア左まで持ち上がったビャルナソンの横パスを中央のH・フリズヨンソンがダイレクトシュート。相手DFにディフレクトしふわりと浮いたシュートは相手GKの頭上を越え、そのままゴールに吸い込まれた。 先制を許したベルギーだったが、すぐに反撃に転じると13分に決定機。ボックス左手前で獲得したFKをメルテンスが直接狙うと、左ポストの跳ね返りをヴィツェルが押し込んだ。 同点弾で勢いづくベルギーは、17分にもメルテンスの落としからヴィツェルがミドルシュートを放つと、相手GKの弾いたボールに反応したバチュアイがゴールに流し込み、失点からわずか6分間で逆転に成功した。 ハーフタイムにかけても主導権を握るベルギーは、前半終了間際の44分、ムニエとのパス交換で右サイドを抜け出したアルデルヴァイレルトの折り返しをニアに飛び込んだメルテンスが合わせたが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 後半に入っても攻勢を続けるベルギーは、50分にデ・ブライネの縦パスをゴールエリア左付近で受けたメルテンスがトラップで浮いたボールをハーフボレーで流し込み、3点目。 幸先良く追加点を奪ったベルギーだったが、55分にアクシデント。ボックス内で競り合ったGKカスティールスの口元に相手選手の肘が当たり倒れると、そのままGKミニョレと交代した。 攻撃の手を緩めないベルギーは69分、デ・ブライネとのパス交換でボックス左深くまで侵入したヴェルスハーレンの折り返しをニアのバチュアイがヒールシュートで流し込んだ。さらに79分にも、デ・ブライネのスルーパスでボックス左から侵入したドクがカットインから右足を振り抜くと、豪快にゴール右にシュートを突き刺した。 結局、試合はそのまま5-1で終了。ドクの代表初ゴールなどでアイスランドに格の違いを見せたベルギーが連勝でグループ2の首位に浮上した。 2020.09.09 05:47 Wed
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯決勝再現カードはフランスが制して連勝発進!クロアチアに4発《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ3の第2節、フランス代表vsクロアチア代表が8日に行われ、4-2でフランスが勝利した。 3日前に行われた初戦のスウェーデン代表戦を1-0と制したフランスは、スウェーデン戦のスタメンから6選手を変更。ムバッペが新型コロナウイルスの検査で陽性となり欠場となった中、[3-4-1-2]を継続し2トップはマルシャルとベン・イェデルが形成、トップ下にグリーズマンが入った。 一方、モドリッチ招集外のクロアチアはポルトガルに1-4と完敗した中、5選手を変更。ブロゾビッチやペリシッチがスタメンに名を連ねた。 ロシア・ワールドカップ決勝再現カードとなった一戦は、締まった攻防で立ち上がった中、16分にクロアチアが先制する。CKの流れからボックス左のロブレンが見事なトラップで浮き球を処理し、左足でゴール右サイドネットに突き刺した。 2トップにボールが入らず苦戦していたフランスだったが、33分に同点のチャンス。ショートカウンターに転じ、マルシャルのラストパスを受けたボックス左のグリーズマンがGK強襲のシュートを浴びせた。 すると43分に前線3枚のコンビネーションで追いつく。ベン・イェデルのダイレクトパスをボックス左で受けたマルシャルが中に折り返し、最後はゴール前に飛び込んだグリーズマンが押し込んだ。 さらに追加タイム1分、右サイドをベン・イェデルが持ち上がってクロスを上げると、ファーサイドのマルシャルがプッシュ。左ポストに直撃したシュートがGKに当たってゴールに吸い込まれ、フランスが逆転して前半を終えた。 後半からレビッチに代えてブレカロを投入したクロアチアが前がかる中、55分に追いついた。コバチッチのスルーパスに抜け出したブレカロがDF3人に対応されながらもドリブルでかわしてシュートを決めきった。 それでも65分、フランスが勝ち越す。グリーズマンの左CKからウパメカノが打点の高いヘッドでゴールに押し込んだ。 そして76分、ボックス内でのハンドがあったとしてPKを獲得したフランスは、これをジルーが決めて勝負を決定付けた。 結局、89分のコバチッチのミドルシュートは左ポストに直撃し、フランスが4-2で勝利。ロシアW杯決勝再現カードを制し、2連勝としている。 2020.09.09 05:42 Wed
twitterfacebook
thumb

代表活動中に女性を連れ込んだ2選手は帰国、サウスゲイト監督「彼らは別々に帰国する」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、愚行を犯したマンチェスター・シティMFフィル・フォーデンと、マンチェスター・ユナイテッドFWメイソン・グリーンウッドについて言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 イングランド代表期待の若手であるフォーデンとグリーンウッドは、5日に行われたUEFAネーションズリーグのアイスランドとのアウェイゲームでA代表デビューを飾り、1-0の勝利に貢献していた。 しかし、フォーデンとグリーンウッドの2選手は、代表チームが滞在していたアイスランドの宿泊先に2人の女性を招き入れていたことが発覚。両選手はトレーニングの参加禁止とともに、代表からの離脱が決定していた。 サウスゲイト監督は今回の事件について記者会見でコメント。2選手を帰国させることを語り、その他の選手には影響がないことを明かした。 「残念なことに、今朝2人の選手が我々のCOVID-19のガイドラインに違反していることを私は知った」 「彼らがチームと関わることができず、トレーニングを受けることができないことを迅速に決断しなければいけなかった。今やらなければいけない手順を考えると、彼らは別々にイギリスに戻らなければならない」 「チームホテルで、我々が借り切っているエリアでは何も起こっていない」 「トレーニングの数時間前に知らされたので、我々はまだ全ての情報を細部まで知らない。いくつかを把握してる状況だ」 「明らかなことは、コロナウイルスのガイドライン違反があったこと。我々はそれらの対策を実施するために、長い時間を費やしてきたし、チーム全体がともに従っていた」 「この一緒にいた期間で4度検査を受けた。我々のスタッフがその安全性を保ったことは驚異的だ」 「その点では、我々はこれまでしてきたことをするしかない」 なお、イングランドサッカー協会(FA)はフォーデンとグリーンウッドがイングランド代表から追放されたことを発表。声明でアイスランドサッカー協会とデンマークサッカー協会に謝罪した。 「アイスランドにいる間、フィル・フォーデンとメイソン・グリーンウッドの両者が、我々のプライベートチームエリアの外で過ごしたが、これはCOVID-19のルール違反だった」 「彼らはチームのホテルを離れなかったが、その行為は我々のプロトコルに反するものだった。彼らは深刻な判断の欠如を謝罪した」 「FAはこの違反に至るまでの状況について、完全なる調査をスタートさせる。アイスランドサッカー協会にこの事件についてお詫び申し上げ、適切な措置を講じていることを確認するために話し合った」 「また、他の全ての選手とスタッフが、この期間中グループ内で過ごしていたことをデンマークサッカー協会に保証します」 2020.09.08 12:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ムバッペがコロナ陽性で代表離脱、クロアチア戦を欠場

パリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペが新型コロナウイルスの検査で陽性だったため、7日にフランス代表を離脱したようだ。フランス『レキップ』が報じている。ムバッペは既に代表を離れ、自己隔離に入っているとのことだ。 ムバッペは5日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグAのグループ3初戦スウェーデン代表戦で先発。決勝点を挙げる活躍を見せていた。 ムバッペを欠くこととなったフランスは8日にUNL2戦目のクロアチア代表戦を戦う。 2020.09.08 06:30 Tue
twitterfacebook