EFLカップ2回戦と3回戦の組み合わせが決定! 3回戦でレスターvsアーセナルが実現!!

2020.09.07 06:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
6日にEFLカップ(カラバオカップ)2回戦と3回戦の組み合わせ抽選会が行われた。欧州カップ戦に出場しないプレミアリーグの13クラブが登場する2回戦では、日本代表FW武藤嘉紀の所属するニューカッスルが、ホームでブラックバーン(2部)と対戦。

その他、昨季7位のウォルバーハンプトンは、ホームでストーク・シティ(2部)と、前回準優勝のアストン・ビラは、アウェイでバートン(3部)と対戦する。

また、昨季のプレミアリーグ上位勢が登場する3回戦では、すでに1試合プレミア同士の対戦が決定。昨季ベスト4のレスター・シティがホームでアーセナルと激突する。

また、前回王者のマンチェスター・シティは、2回戦のボーンマス(2部)vsクリスタル・パレスの勝者と対戦。クリスタル・パレスが勝ち上がった場合プレミアリーグ勢対決が実現する。

その他、昨季のプレミア王者リバプールはブラッドフォード(4部)vsリンカーン(3部)の勝者と、積極補強を敢行しているのチェルシーはミドルズブラ(2部)vsバーンズリー(2部)の勝者と、マンチェスター・ユナイテッドはレディング(2部)vsルートン・タウン(2部)の勝者と、トッテナムはレイトン・オリエント(4部)vsプリマス・アーガイル(3部)の勝者と対戦することになる。

なお、EFLカップ2回戦は9月の2週目に行われ、3回戦は9月の3週目に開催する予定だ。

◆EFLカップ2回戦対戦カード ※プレミア所属のみ抜粋
バーンリー vs シェフィールド・ユナイテッド
バートン(3部) vs アストン・ビラ
リーズ・ユナイテッド vs ハル・シティ(3部)
エバートン vs サルフォード・シティ(4部)
ウォルバーハンプトン vs ストーク・シティ(2部)
WBA vs ハローゲート・タウン(4部)
ニューカッスル vs ブラックバーン(2部)
ウェストハム vs チャールトン(3部)
イプスウィッチ(3部) vs フルアム
ボーンマス(2部) vs クリスタル・パレス
サウサンプトン vs ブレントフォード(2部)
ブライトン vs ポーツマス(3部)
※その他13試合開催

◆EFLカップ3回戦対戦カード ※プレミア上位勢のみ抜粋
ブラッドフォードorリンカーン vs リバプール
チェルシー vs ミドルズブラorバーンズリー
レスター・シティ vs アーセナル
レイトンorプリマス vs トッテナム
マンチェスター・シティ vs ボーンマスorクリスタル・パレス
レディングorルートン・タウン vs マンチェスター・ユナイテッド
※その他10試合開催
コメント
関連ニュース
thumb

EFL杯準々決勝カードが決定! リバプール下したアーセナルはシティと激突!

EFLカップ(カラバオカップ)準々決勝の対戦カードが決定した。 9月29日から10月1日にかけて行われた4回戦を経て8強が出揃った。4回戦では早くもトッテナムvsチェルシー、リバプールvsアーセナルというビッグマッチが実現したが、両試合ともPK戦までもつれ込んだ末に、トッテナムとアーセナルがベスト8進出を決めた。 そのほか、それぞれバーンリーやブライトンに快勝したシティとユナイテッドのマンチェスター勢が順当に駒を進めた一方、アストン・ビラとフルアムのプレミアリーグクラブが2部リーグのクラブに敗れた。 そして、8月末に開幕した同大会は早くも準々決勝まで進み、その対戦カードが決定。アーセナルvsマンチェスター・シティ、エバートンvsマンチェスター・ユナイテッドという好カードが組まれた。 ここまで駆け足で進んできたが、準々決勝以降は少し間を置き、12月4週目のミッドウィークに行われる。具体的なスケジュールは未定となっている。 ◆EFLカップ準々決勝 ストーク・シティ vs トッテナム ブレントフォード vs ニューカッスル アーセナル vs マンチェスター・シティ エバートン vs マンチェスター・ユナイテッド 2020.10.02 15:37 Fri
twitterfacebook
thumb

「大半は満足」アーセナルに敗戦もクロップ監督は前を向く

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、PK戦の末に敗れたアーセナル戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは1日にEFLカップ(カラバオカップ)4回戦でアーセナルとホームで対戦。前半にMF南野拓実がクロスバー直撃のシュートを放つなど、主導権を握ったが、ゴールを奪うことはできず。ゴールレスで迎えたPK戦の末に4-5で敗れた。 試合後のインタビューに応じたクロップ監督は、「試合の大半のパフォーマンスに満足している」と試合内容では決して負けていなかったとコメント。PK戦では運が必要だったと述べている。 「アーセナル相手では簡単ではなかった。ただ、彼らは学びたいと思っているし、本当に用心しなければいけない今日の試合でプレーできたと思う」 「用心しなければいけないだけではなかった。選手は若く、監督がいつもは一緒にプレーしないチームをピッチに送った。それはやりにくかっただろう」 「彼らは本当に上手くプレーしていたので私は好きだった。しかし、ヴィルヒル(・ファン・ダイク)とモー(サラー)も好きだし、とてもプロフェッショナルだ」 「ミリー(ジェームズ・ミルナー)はとても、とてもプロフェッショナルで、若い選手たちを率いていた」 「なんと言えばいい? 勝てなかった試合についてポジティブになるのは難しいが、実際なら引き分けだった。アーセナル相手に引き分けなら本当に良い結果だったと思う。その後、PK戦で敗れた」 「我々は試合でチャンスを多く作っていたから試合では多くの良い点があったと思う。選手を起用する上で、それが監督の望むことだ。試合の大半で満足しているし、パフォーマンスにも満足している」 「フィニッシュはもう少し冷静にならなければいけなかったが、正直に言ってベルント・レノが何本もセーブして良い試合を作った。サッカーののPK戦は昔から多くの運が必要だ。アーセナルは本当に上手くシュートを放ったが、我々は同じではなかった。それが我々の負けた理由だ」 2020.10.02 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール撃破でリベンジ成功のアルテタ監督「前回対戦よりも良い状況がいくつもあった」

アーセナルのミケル・アルテタ監督がリバプール撃破を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 1日に敵地で行われたEFLカップ(カラバオカップ)4回戦でリバプールと対戦したアーセナル。攻め込まれる展開の中、GKベルント・レノの好セーブもあり、ゴールレスのままPK戦までもつれ込んだ。 PK戦でもレノが2本をセーブし、最終的に5-4で勝利。準々決勝進出を果たした。 9月28日に行われたリーグ戦では1-3で敗れたものの、カップ戦ですぐさまリベンジに成功したアルテタ監督。実力差はあると認めながらも、前回対戦より良いパフォーマンスができたと語り、勝利を喜んだ。 「このスタジアムで彼らを倒すのは素晴らしい気分だ。選手個々のパフォーマンス、試合での戦い方、少ししかプレーしていない選手も、多くの時間プレーした選手も、集団として非常に誇りに思う。彼らは特定の状況を処理して、ピッチでお互いを助け合った」 「信じられない。私にとってリバプールは最高のチームであり、現時点では彼らと我々には大きな差があると思うが、その差を最小限に抑えて、彼らと戦った。自分とって最高のチャンスだった」 「今日の我々は月曜日よりもはるかに良い状況がいくつもあった。我々の攻撃は驚異的なレベルだったと思う。チャンスがあれば、合わせていたし、彼らと対戦するときは勇気を持たなければいけない。とても嬉しいね」 2020.10.02 10:48 Fri
twitterfacebook
thumb

守護神レノ躍動のアーセナルがリバプールをPK戦の末に撃破! フル出場南野はPK成功も前半の絶好機逃す…《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)4回戦、リバプールvsアーセナルが1日にアンフィールドで行われ、0-0で90分間の戦いが終了。その後、PK戦を5-4で制したアーセナルが準々決勝進出を決めた。なお、リバプールFW南野拓実はフル出場している。 先週末のプレミアリーグで対峙した両雄が、戦う舞台をEFLカップに変えて再び激突した注目の連戦第2ラウンド。 その初戦で3-1の勝利を飾ったリバプールは、今回の試合でファン・ダイク、サラーを除く先発9人を変更。前ラウンドのリンカーン・シティ戦に近いメンバー構成となり、南野はサラー、ジョタと共に3トップの一角で起用された。 一方、善戦も力負けとなったアーセナルは、リベンジを狙う一戦でGKレノ、ホールディング、ジャカを除く先発8人を変更。セドリックが今季初先発を飾ったほか、前線はジョー・ウィロック、エンケティア、ペペの若手3人が並んだ。 立ち上がりからスピーディーな攻防が見られた中、開9分にはアーセナルにビッグチャンス。左ウイングのペペが完璧に相手の背後を取ってボックス内まで運ぶと、丁寧に折り返す。これを中央のウィロックがワンタッチでボックス右のエンケティアに繋ぐが、ここはGKアドリアンの素晴らしい対応に遭い、シュートまで持ち込めない。 一方、リバプールも直後の11分にはセットプレーの二次攻撃から左サイドのジョタからの高速クロスに中央のグルイッチが反応も、これは枠の左に外れる。 その後は攻守で可変を採用するアーセナルが、左のインサイドハーフとウイングバックでマルチなタスクを担うサカが攻撃面でうまくスイッチ役となり、ペペらと絡みながら幾度も鋭い攻撃を仕掛ける。だが、最後の場面で決め切るまでには至らず。 なかなか攻守にリズムを掴めないリバプールでは、最前線に入る南野が攻守に駆け回るが、やや周囲と呼吸が合わない。それでも、45分にはビッグチャンスが訪れる。セットプレーの二次攻撃からボックス手前右のネコ・ウィリアムズが入れたクロスをボックス左に走り込んだジョタがヘディングシュート。GKレノが見事な反応で防いだこぼれ球にファーの南野が詰めるが、左足シュートはうまく抑え切れずクロスバーを叩いた。 結局、ゴールレスで折り返した試合は後半に入ってホームチームが押し気味に試合を運んでいく。53分には右CKの流れでグルイッチが競ったボールをファン・ダイクが頭で合わせるが、ここはGKレノの好守に遭う。さらに、63分にはカーティス・ジョーンズの斜めのパスに抜け出したジョタに2戦連発のチャンスが訪れるも、強烈な左足のシュートは再びレノのビッグセーブに阻まれた。 こう着状態が続く中、リバプールはファン・ダイク、サラー、ジョタに代えてジョー・ゴメス、オリギ、ワイナルドゥムを投入。一方、アーセナルはダニ・セバージョスに代えてエルネニーを投入。70分にはセットプレーからアーセナルに決定機も、ペペの左クロスに合わせたホールディングのヘディングシュートはGKアドリアンの好守に遭う。 その後、試合終盤にかけてラカゼット、メイトランド=ナイルズを投入したアーセナルが盛り返して最後まで白熱の攻防が繰り広げられたが、試合は0-0のママタイムアップ。準々決勝の切符はPK戦の結果に委ねられることに。 そのPK戦では互いに2人目まで成功した中、先攻のリバプールは南野がきっちり右隅に決めるも、アーセナルの3人目のエルネニーのシュートはGKアドリアンのセーブに遭う。だが、リバプール4人目のオリジのシュートをGKレノがこちらも見事な反応でストップ。そして、PK戦の決着は6人目で付くことに。先攻のリバプールのハリー・ウィルソンのPKをレノが見事な読みでセーブすると、後攻のアーセナルはウィロックの右を狙ったシュートがアドリアンに触られるが、このままネットに吸い込まれた。 そして、開幕前のコミュニティー・シールドに続きPK戦を制したアーセナルが、リーグ戦のリベンジを果たすと共に、準々決勝進出を決めた。 2020.10.02 06:13 Fri
twitterfacebook
thumb

マタが1G1Aの躍動! リーグ戦に続きブライトン退けたユナイテッドが準々決勝進出!《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)4回戦、ブライトンvsマンチェスター・ユナイテッドが9月30日に行われ、3-0で快勝したユナイテッドが準々決勝進出を決めた。 奇しくも先週末のプレミアリーグで激闘を演じたブライトンとユナイテッドが、戦う舞台をEFLカップに変えて再び激突した注目の連戦第2ラウンド。 試合内容では完敗も、物議を醸す“試合終了後”の劇的PK弾で連戦初戦を3-2で制したユナイテッドは、週末にトッテナムとのビッグマッチを控える中、リーグ戦の前回対戦からリンデロフを除く先発10人を変更。前線の顔触れは1トップにイガロ、2列目に右からマタ、ファン・デ・ベーク、ダニエル・ジェームズとなった。 互いに大きくメンバーを入れ替えたものの、リーグ戦での対戦を再現するかのような一進一退の試合展開となる。開始18分にはボックス左に抜け出したイガロに決定機も、ここは腰が回り切らず左足のシュートはサイドネットへ。 前半半ばを過ぎると、左肩上がりの攻撃が機能するブライトンが徐々にユナイテッドを押し込み、26分には流れるような連係からボックス内でマク・アリステルのワンタッチパスを受けたジャハンバクシュに絶好機も、枠の左下に飛ばしたシュートはGKヘンダーソンの好守に遭う。 時間の経過と共になかなか攻撃の形を作れないユナイテッドだったが、前半終了間際に百戦錬磨のゲームメーカーが試合を動かす。43分、右サイドをドリブルで突破したマタがDFのファウルを誘い、相手陣内の好位置でFKを獲得。さらに、キッカーを務めた元スペイン代表MFは絶妙な左足インスウィングのボールをゴール前に落とすと、大外でオフサイドラインをかいくぐったマクトミネイが頭で合わせた。 前半を1点リードで終えたユナイテッドは後半立ち上がりにフレッジの直接FKで2点目に迫るも、モペイ、トロサールと主力を投入したブライトンに徐々に押し込まれる。67分にはボックス中央でグロスのパスを受けたトロサールにゴール右下隅を捉えた決定的なシュートを許すが、GKヘンダーソンのこの試合2つ目のビッグセーブで難を逃れる。 すると、イガロ、ダニエル・ジェームズに代えてポグバ、ラッシュフォードを投入した直後の73分に再びマタが魅せる。 フレッジからの縦パスをファン・デ・ベークが足裏を使ってゴール前のスペースに流すと、これに反応したマタが細かいボールタッチから利き足とは逆の右足でDFの股間を抜くグラウンダーのシュートを流し込み、貴重な追加点とした。 これで完全に試合の流れを引き寄せたユナイテッドは、80分にもボックス手前左で得たFKの場面でキッカーのポグバが直接狙ったシュートが割れた壁の間を抜けてゴール左隅に決まり、ダメ押しの3点目が入った。 そして、このまま逃げ切ったユナイテッドはリーグ戦で手を焼いたブライトン相手に今度は勝利に相応しい内容で勝利し、ベスト8進出と共に週末のトッテナム戦に弾みをつけた。 2020.10.01 05:50 Thu
twitterfacebook