ラツィオ、フェネルバフチェとコソボ代表FWムリキ獲得で合意

2020.09.06 11:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオがコソボ代表FWべダッド・ムリキ(26)の獲得でフェネルバフチェと合意に至ったようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。

ムリキは、アルバニアのテウタ・ドゥラスでキャリアをスタート。その後はトルコへと渡り、ギレスンスポル、ゲンチレルビルリイ、リゼスポルでプレー。2019年7月に移籍金350万ユーロ(約4億4000万円)でフェネルバフチェへ加入していた。

2019-20シーズンはスュペル・リグで32試合に出場し15ゴール6アシストを記録し、結果を残していた。

『スカイ・スポーツ』によると、ラツィオとフェネルバフチェは1800万ユーロ(約22億6500万円)の移籍金に加え、200万ユーロ(約2億5000万円)のボーナスで合意したとのことだ。

ムリキは7日にローマでメディカルチェックを受けるとのこと。すでに個人間の合意はしていたものの、フェネルバフチェが移籍金を釣り上げたために遅延していたようだ。

コメント
関連ニュース
thumb

コロナで主力欠いたラツィオ、クラブ・ブルージュに辛くもドロー《CL》

ラツィオは28日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第2節でクラブ・ブルージュとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 開幕節のドルトムント戦を快勝したラツィオは、インモービレやルイス・アルベルト、ラッツァーリら主力が新型コロナ陽性で欠場となった中、2トップにコレアとカイセド、中盤アンカーにパローロ、インサイドにミリンコビッチ=サビッチとアキャプロを起用した。 開幕節でゼニトを下したクラブ・ブルージュに対し、一進一退の攻防で立ち上がった中、14分にラツィオが先制する。マルシッチの横パスを受けたコレアがペナルティアーク中央から左足のシュートでゴール左に蹴り込んだ。 自陣に引くラツィオがリードを保つ中、42分にPKを献上してしまう。CKの守備時にパトリックが相手選手を倒してPKを献上してしまった。そしてこれをヴァナケンに決められ、1-1で前半を終えた。 後半からパトリックに代えてアンドレアス・ペレイラを投入したラツィオは、パローロを右センターバックに、アンドレアス・ペレイラを左インサイドMFに、アンカーにアキャプロを配置した。 しかし、流れを変えられずにいると、56分には左サイドのファレスに代えてアタッカーのムリキを投入。 それでも劣勢は変わらず、64分にはフォルメルにヘディングシュートでゴールを脅かされたが、GKレイナがファインセーブで凌いだ。 劣勢のラツィオは77分にようやく決定機。アチェルビのロングフィードに抜け出したミリンコビッチ=サビッチがボックス内に侵入してGKと一対一となるも、ミニョレの好守に阻まれた。 結局、試合は1-1で決着。コロナで主力を欠いたラツィオは劣勢を強いられたが、敵地から勝ち点1を持ち帰ることに成功している。 2020.10.29 07:04 Thu
twitterfacebook
thumb

VARにも泣かされた冨安フル出場のボローニャ、ラツィオに惜敗で3連敗《セリエA》

セリエA第5節、ラツィオvsボローニャが24日に行われ、2-1でラツィオが競り勝った。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。 前節サンプドリア戦ではインモービレを出場停止で欠いた中、0-3の完敗を喫したラツィオ。それでも、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではうまく切り替え、ドルトムント相手に3-1の快勝を飾った。そのドルトムント戦のスタメンから3選手を変更。ミリコンビッチ=サビッチ、ルイス・フェリペ、GKストラコシャに代えてアキャプロ、ホード、移籍後初スタメンのGKレイナを起用した。 一方、リーグ屈指の攻撃力を誇るサッスオーロに4失点を食らって痛恨の逆転負けを喫したボローニャ。オウンゴールで4失点目を献上した冨安はセンターバックで開幕から5試合連続スタメンとなった。 インモービレとコレアの2トップで臨んできたラツィオに対し、ボールを持つ立ち上がりとなったボローニャは13分に先制しかける。スベンベリが中央を持ち上がり、ボックス手前からコントロールシュート。正確なフィニッシュがゴール右に決まったがVARが入り、スハウテンのファウルがあったとしてノーゴールに覆った。 一方、受ける入りとなったラツィオは24分にルイス・アルベルトのミドルシュートでボローニャを牽制。 それでも、前半半ば以降も32分にパラシオが際どいミドルシュートを浴びせるなど、ボローニャがラツィオと互角以上に渡り合っていく。 流れの悪いラツィオは42分に早くも交代カードを2枚使う。ルーカス・レイバとマルシッチに代えてラッツァーリとエスカランテを投入した。 ゴールレスで迎えた後半、開始4分にラツィオに決定機。コレアのチャンスメークからボックス左でラストパスを受けたアキャプロがシュートに持ち込んだが、ダニーロの好守に阻まれた。 それでも54分、ラツィオが押し切る。ダニーロのパスをルイス・アルベルトが敵陣でカットして持ち上がり、ボックス中央へ侵入。豪快にシュートを蹴り込んだ。 リーグ戦38試合連続失点を喫したボローニャは61分にオルソリーニの強烈な直接FKがバーを直撃。 運にも見放されると、流れの中からシュートに持ち込めない状況を強いられる。そして76分、ラツィオに2点目が生まれた。 ルーズボールをボックス左のファレスがバイシクルで折り返し、インモービレが頭で押し込んだ。 2点を追う展開となったボローニャは、終盤にかけて途中出場のバロウとヴィニャートがオンターゲットの決定的なシュートを浴びせるも、GKレイナのファインセーブに阻まれてしまう。 そして追加タイムにはデ・シルベストリが古巣相手にゴールを奪ったが、一歩及ばず1-2で敗戦。リーグ戦3連敗となった。一方のラツィオはドルトムント戦で得た勢いをうまく繫げる格好となった。 2020.10.25 05:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ラツィオのアンゴラ代表DFバストスがアル・アインに移籍

ラツィオは22日、アンゴラ代表DFバストスこと、バルトロメウ・ジャシント・キサンガ(29)がUAEのアル・アインに完全移籍したことを発表した。 バストスは2016年夏にロシアのロストフから500万ユーロ(約6億2000万円)の移籍金で加入。しかし、シモーネ・インザーギ監督の下ではコンスタントな出場機会が得られず、今季も2試合に途中出場したのみだった。 アル・アインは、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではグループステージの全6試合を消化し1勝2分け3敗で最下位に。先日開幕した国内リーグ戦では、昇格組のホール・ファカン・クラブを下して白星スタートを切っている。 また、先日にはメジャー・リーグ・サッカー(MLS)のモントリオール・インパクトから元アルジェリア代表MFサフィル・タイデルを獲得しており、セリエAに所縁のある選手が集まっている。 2020.10.23 17:02 Fri
twitterfacebook
thumb

12季ぶり出場のラツィオ、インモービレ1G1Aの活躍でドルトムント撃破!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループF開幕節、ラツィオvsドルトムントが20日に行われ、3-1でラツィオが勝利した。 12季ぶりのCL出場となるラツィオは3日前に行われたサンプドリア戦では0-3の完敗を喫した。セリエAで早くも2敗目を喫した中、サンプドリア戦のスタメンから3選手を変更。出場停止で欠場したインモービレがスタメンに戻った。 一方、昨季はパリ・サンジェルマンの前にベスト16敗退となったドルトムントは、直近のホッフェンハイム戦を代表帰りのハーランドを途中出場させた中、1-0の勝利を飾った。そのホッフェンハイム戦のスタメンから5選手を変更。ハーランド、ロイス、ベリンガムが先発に戻った。 インモービレとコレアの2トップで臨んだラツィオが、ハーランドを最前線に2シャドーにロイスとサンチョを据える[3-4-2-1]で臨んだドルトムントに対し、開始6分に先制する。 コレアのパスをボックス中央で受けたインモービレがチップキックシュートでゴールに流し込んだ。 幸先よく先制したラツィオがカウンターで主導権を握る中、23分に加点する。左CKからルイス・フェリペが頭で合わせたシュートがゴールに吸い込まれた。 効率よく2点をリードしたラツィオはハーフタイムにかけても堅守速攻で主導権を握り、前半を2-0で終えた。 後半からベリンガムに代えてレイナを投入したドルトムントに対し、ラツィオはルイス・フェリペが負傷し、51分にホードとの交代を強いられる。 ドルトムントが前がかる展開が続くも、自陣に構えていなすラツィオを崩しきることができない。そこで60分にはDFのピシュチェクを削ってブラントを投入する。 すると71分、ドルトムントが1点差に詰め寄る。レイナの右クロスをボックス中央のハーランドが豪快にダイレクトで合わせてネットを揺らした。 しかし5分後、ラツィオが突き放す。ボックス左に抜け出したインモービレの折り返しを途中出場のアキャプロが蹴り込んだ。 アキャプロの移籍後初ゴールで勝負を決定付けたラツィオはインモービレとルイス・アルベルトをお役御免とし、試合をクローズ。ラツィオがグループ突破候補の本命であるドルトムントを撃破している。 また、グループF開幕節もう一試合のゼニトvsクラブ・ブルージュは互角の攻防で推移した中、後半追加タイムにクラブ・ブルージュに決勝点が生まれ、1-2としたクラブ・ブルージュが白星スタートを切っている。 ラツィオ 3-1 ドルトムント 【ラツィオ】 インモービレ(前6) OG(前23) アキャプロ(後31) 【ドルトムント】 ハーランド(後26) ゼニト 1-2 クラブ・ブルージュ 【ゼニト】 OG(後29) 【クラブ・ブルージュ】 デニス(後18) デ・ケテラエル(後48) 2020.10.21 05:53 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループF展望】ドルトムント本命、1枠を懸けラツィオとゼニトが激突

◆編集部予想 ◎本命:ドルトムント ○対抗:ラツィオ △連下:ゼニト ☆大穴:クラブ・ブルージュ グループFは昨季ベスト16でCL常連のドルトムントが本命、実に12シーズンぶりの本戦出場となるラツィオと2季連続のCL出場となるロシア王者ゼニトがもう1枠を懸けて争うことになりそうだ。3季連続出場のベルギー王者クラブ・ブルージュではあるが、戦力的に厳しい戦いが待っているだろう。 ◆若手スターが牽引~ドルトムント~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_27_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> FWハーランド、MFサンチョらを筆頭に若手スター選手がチームを牽引するドルトムントが突破の本命だ。昨季はファイナリストとなったパリ・サンジェルマンの前に逆転でのベスト16敗退となった中、新たに逸材MFベリンガムが加入。伸び盛りの若手たちが躍動して勢いに乗れば、グループを突破するのは容易いはずだ。3季目を迎えたファブレ監督の下、成熟さも増したドルトムントがグループFを牽引する。 ◆12季ぶり出場で実力発揮なるか~ラツィオ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_27_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季はユベントスとスクデット争いを繰り広げた後、コロナ明けの失速で4位に終わったものの、12シーズンぶりとなるCL本戦への出場を決めた。そのラツィオは6季目を迎えたS・インザーギ監督の下、主力の流出なく新シーズンに臨めている。堅守速攻に磨きをかけるチームは、CLでのプレー経験が少ない主力選手が多い点が気がかりだが、欧州最高峰の舞台で本来の実力を発揮しきれれば、グループステージを突破できるチーム力は有しているはずだ。 ◆経験値で上回れるか~ゼニト~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_27_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ロシアリーグ2連覇を果たしたゼニトは、昨季のCLでは実力伯仲と思われたグループに組み込まれた中、ベスト4と躍進したライプツィヒとリヨンが同居したグループでベンフィカと共に敗退に終わった。新戦力ではリバプールからDFロブレンを獲得。守備力の向上を図った中、チームのストロングポイントであるFWアズムンとFWジューバの走力に長けた両アタッカーが躍動すれば、5季ぶりのグループステージ突破が見えてくる。 ◆3季連続出場のベルギー王者~クラブ・ブルージュ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_27_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季はコロナによりシーズン途中で中止となったベルギーリーグで2季ぶりに優勝を果たしたクラブ・ブルージュ。元リバプールGKミニョレが守護神を務めるチームは昨季、パリ・サンジェルマンとレアル・マドリーが同居したグループでガラタサライと共に未勝利に終わり、3位で終えた。まずは2シーズンぶりの勝利を目指し、3季連続出場の経験値の差を見せたい。 2020.10.20 18:00 Tue
twitterfacebook