10試合負けなしの北九州を甲府が切り崩す! 首位・長崎も金沢にドローで足踏み…《J2》

2020.09.05 22:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J2リーグ第17節の9試合が5日に各地で開催された。5位のヴァンフォーレ甲府は2位のギラヴァンツ北九州のホーム、ミクニワールドスタジアム北九州へ乗り込んだ。9連勝を含む10試合負けなしと絶好調の北九州相手に19分に武田のゴールで先制。1点リードのまま迎えた後半立ち上がりには、ボックス右からの小林のクロスにゴール前へ走り込んだ太田が蹴り込み追加点をマークする。さらに68分、ボックス左に持ち上がった太田が難しい角度からダメ押し弾をねじ込んで勝負あり。アウェイの甲府が3-0で北九州を敗って連勝を収めた。


デンカビッグスワンスタジアムでは、ともに直近4試合負けなしの4位・アルビレックス新潟と6位・ジュビロ磐田の上位対決が行われた。試合開始からボールを支配していた磐田が23分に右サイドからのクロスに中野が合わせて先制する。しかし、新潟もすぐさま反撃。28分、FKのこぼれ球をゴール前のマウロが押し込んだ。一進一退の攻防が続く中、63分にオウンゴールで磐田が勝ち越すと、その4分後に中野が追加点を挙げて引き離しに成功。そのままタイムアップとなり、3-1でアウェイの磐田が勝利。新潟を躱して5位へ浮上した。

そのほか、首位のV・ファーレン長崎は石川県西部緑地公園陸上競技場でツエーゲン金沢と対戦。28分に玉田のゴールで先制するも、49分に被弾。その後、ゴールを奪えず1-1の引き分けに終わった。長崎、北九州ともに勝ち星を挙げられず足踏み状態となった。

◆明治安田生命J2リーグ第17節
▽9/5(土)
東京ヴェルディ 0-1 愛媛FC
松本山雅FC 1-0 モンテディオ山形
アルビレックス新潟 1-3 ジュビロ磐田
京都サンガF.C. 2-0 ジェフユナイテッド千葉
大宮アルディージャ 1-1 ファジアーノ岡山
ツエーゲン金沢 1-1 V・ファーレン長崎
徳島ヴォルティス 2-0 ザスパクサツ群馬
アビスパ福岡 2-0 レノファ山口FC
ギラヴァンツ北九州 0-3 ヴァンフォーレ甲府

▽9/6(日)
《19:00》
水戸ホーリーホック vs 栃木SC
FC町田ゼルビア vs FC琉球
関連ニュース
thumb

大宮が早稲田大学DF鈴木俊也の2023シーズン加入内定を発表、今季は特別指定に「精一杯尽くしたい」

大宮アルディージャは4日、早稲田大学のDF鈴木俊也(20)が2023シーズンに加入する事が内定したことを発表した。 鈴木は静岡県出身で、FC東京U-15深川で育ち、早稲田実業高校へと進学。そのまま早稲田大学へと進学した。 左利きのセンターバックである鈴木は、フィードも得意としている。現在大学2年である鈴木は、2021シーズンの特別指定選手にも承認。第2節のヴァンフォーレ甲府戦から出場可能となっている。 鈴木はクラブを通じてコメントしている。 「大宮アルディージャを愛するすべての皆さま、はじめまして。早稲田大学ア式蹴球部の鈴木俊也です。この度、2023シーズンより大宮アルディージャに加入することが内定致しました。2021シーズンは特別指定選手として、大学の活動との両立を目指します」 「自分の武器である左足からのフィードやパスを最大限発揮するだけでなく、与えていただいた機会を通じて期待値以上の成長を果たし、大宮のJ2優勝、そしてJ1昇格のために精一杯尽くしたいと思います。よろしくお願いいたします!」 2021.03.04 15:50 Thu
twitterfacebook
thumb

山口MF島屋八徳が4週間程度の負傷離脱…開幕節で途中交代

レノファ山口FCは3日、MF島屋八徳の戦線離脱を報告した。 島屋は左足関節外側側副じん帯損傷と診断され、4週間程度の加療期間を要する見込みだ。 山口は先月28日に行われた明治安田生命J2リーグ開幕節で松本山雅FCとホームで対戦。島屋は先発したが、前半いっぱいのプレーでピッチを後にしていた。 2021.03.03 17:15 Wed
twitterfacebook
thumb

甲府加入の金井貢史が全治最大6週間…千葉との開幕戦で負傷交代

ヴァンフォーレ甲府は3日、DF金井貢史の負傷離脱を発表した。 金井は先月28日に行われた明治安田生命J2リーグ開幕節のジェフユナイテッド千葉戦で負傷。左大腿二頭筋損傷と診断され、全治4〜6週間の見込みだ。 31歳の金井は今季、清水エスパルスから加入。敵地での千葉戦に先発したが、29分にMF野津田岳人との交代でピッチを後にした。 2021.03.03 15:25 Wed
twitterfacebook
thumb

これが育成ヴェルディの成果。15歳MFがJ2リーグ最年少デビューを飾る/六川亨の日本サッカーの歩み

コロナ禍での開幕となる2021年シーズンのJリーグが2月26日にスタートした。観客は5000人以下で、ビジターの観戦は自粛という条件つきではあるが、まずは無事にJ1とJ2リーグの全21試合を開催できた。 王者の川崎Fは盤石の戦いで横浜FMを2-0と一蹴。というよりもケガ人が多く、システムを3-4-3に変更した横浜FMは自滅に近かった。 意外だったのは浦和の完成度の高さである。リカルド・ロドリゲス氏は監督に就任して2ヶ月だというのに、攻守に意思の疎通が図られ、FC東京に一度もファストブレイクを許さなかった。専門誌の順位予想でも総合で8位というランクだが、開幕戦で鹿島をアウェーながら3-1と下した清水と同様、ダークホースになる可能性を感じさせた。 もっともFC東京は昨年11月末のACL上海申花戦で、悪質なタックルから負傷したディエゴ・オリベイラは本調子からほど遠く、レアンドロとアダイウトンのブラジル勢も合流が遅れたためコンディションが上がっていないようだ。 そして28日の日曜は東京V対愛媛戦を取材した。昨シーズン活躍したボランチの藤田譲瑠チマは徳島へ、サイドMF井上潮音は神戸へ移籍したため東京Vも多少は苦戦するかと予想した。すると予想通り、DFラインからパスをつないでビルドアップを試みるが、愛媛の前からのプレスにミドルサードでボールを失うことが多かった。 藤田のようにプレスを受けてもそれをかわし、タメを作れる選手がいない。それでもベテランの小池純輝が個人技で2点を奪って勝利を決定づけた(トータル3-0)が、それ以上に驚いたのはこの試合でJ2出場が3試合目となる17歳のサイドアタッカー阿野真拓のスピーディーなドリブル突破だ。 身長は158センチしかないが、それを豊富な運動量でカバーし、90分間フル出場でチームの勝利に貢献した。憧れの選手はメッシで、藤吉コーチからは名前の真拓(まひろ)をもじって「マッシ」と命名されたそうだ。メッシのようにゴールを量産できるドリブラーになれるかどうか、今後の成長が楽しみである。 そしてサプライズはさらに続いた。3-0とリードを広げると、永井秀樹監督は15歳の橋本陸斗をピッチに送り込んだ。2種登録されたのが2日前の26日ということだから、選手名鑑に載っていないのは当然のこと。 15歳10ヶ月26日でのJ2デビューは史上最年少だ。J1からJ3の最年少デビューでも15歳5ヶ月1日の久保建英(FC東京U-23でJ3リーグ)、15歳10ヶ月6日の森本貴幸(東京VでJ1リーグ)に次ぐ3番目の若さである。 永井監督は「期待通りというか、楽しみながらいいプレーを見せてくれた」と11分の出場に合格点を与えた。当の橋本は「感動しました」と素直に喜びを語りながらも、「自分は交代で入ったのでスプリントしようと思っていました」と自分の役割をしっかりと認識。 交代出場した2分後には右サイドを突破した小池から絶好のクロスが来たものの、「足を伸ばしたけど届きませんでした」と初ゴールを逃してしまった。 久保もそうだったが、橋本もこれからが成長期。現在の身長は168センチだが、父親はバングラデシュ人、母親は日本人で「身体能力とかスピードとかは自分が練習してやったことではなくハーフが関係していると思います」というように、潜在能力の高さもある。 それでも「プロの世界はトラップがズレたら飛ばされる。世界では15歳で、トップトップでやっている選手がいるので、自分も結果を残していかないといけないと思います」と自身のやるべきことを自覚している。 当然、次はJ初ゴールを期待されるだろう。楽しみな逸材がまた1人増えた今シーズンのJリーグである。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.03.02 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

新潟DF長谷川巧が手術、左ヒザ前十字じん帯損傷で全治8カ月

アルビレックス新潟は2日、DF長谷川巧の手術を発表した。 クラブの発表によると、長谷川は2月5日のトレーニング中に負傷。左ヒザ前十字じん帯損傷と診断され、2月18日に関連病院で手術を行ったとのことだ。 なお、全治は約8カ月の見込みとなっており、今シーズンの大半を欠場することとなった。 新潟下部組織出身の長谷川は、2017年にトップチーム昇格。2018年7月からザスパクサツ群馬に育成型期限付き移籍。2019年から期限付き移籍でツエーゲン金沢に加わり、今シーズンから復帰していた。 2021.03.02 14:57 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly