三笘2Gの川崎Fが逆転勝利! 横浜FMとの神奈川ダービーを制す!《J1》

2020.09.05 19:59 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
明治安田生命J1リーグ第14節、横浜F・マリノスvs川崎フロンターレが5日に日産スタジアムで行われ、1-3で川崎Fが勝利した。ここ4試合で3勝1分けと徐々に順位を上げてきた横浜FM(勝ち点21)と、前節は3試合ぶりの勝利も依然単独首位を走る川崎F(勝ち点35)による神奈川ダービー。

横浜FMは、前節のヴィッセル神戸戦は90分までに2点差のリードを保っていたものの、試合終了間際に立て続けに失点し無念の引き分けに。一方の川崎Fは、ここ数試合は調子を落としていたが、前節の清水エスパルス戦は旗手の2ゴールなどで5得点圧勝を収めた。

また、両チームともに2日のYBCルヴァンカップを戦っているが、横浜FMはPK戦の末に昨季ファイナリストの北海道コンサドーレ札幌を下してベスト4進出。川崎Fは神戸から6ゴールを奪い駒を進めている。

それから中2日の一戦。共に攻撃力が魅力のチーム同士の一戦はいきなり動く。2分、右サイドに起点を作った横浜FMは、松田がグラウンダーでマイナスのクロスを供給。これをボックス中央のマルコス・ジュニオールが右足インサイドステップで合わせると、ボールは左ポストに当たってゴールに吸い込まれた。

出鼻を挫かれた川崎Fは、ハイラインを敷く横浜FMの最終ラインへ抜け出した三笘が決定機。ボックス左からシュートを打たずクロスを選択したが、DFに当たって同点のチャンスを逃した。

その後は中盤での潰し合いが続く中、左ウイングの三笘にボールを集める川崎Fは、24分にその三笘のドリブル突破からボックス手前でフリーとなっていた大島がシュート。ここは右に外れるが、アウェイチームが徐々にポゼッションを高めていくと迎えた33分に同点に追いつく。

右サイドから中央へ繋いだ川崎Fは、センターサークル付近で味方のパスを脇坂がワンタッチで左に展開。これで横浜FMのハイラインの背後を突いた三笘がドリブルでボックス左に侵入し、最後は懸命にカバーに入ったチアゴ・マルチンスの股の下を抜く右足シュートを流し込んだ。

三笘の今季7点目となる2試合連続ゴールで振り出しに戻した川崎Fは、後半から脇坂とレアンドロ・ダミアンを下げて旗手と小林を投入。すると48分、自陣左サイドに開いていた谷口の足の長いスルーパスから大島が一気に敵陣深くに侵入。グラウンダーのクロスを送ると、家長が合わせて逆転に成功した。

さらにその2分後の50分には、ボックス右でボールを持った旗手のティーラトンの股下を抜くクロスを三笘が押し込んで3点目を奪取。瞬く間に点差を広げた。

旗色が悪くなってきた横浜FMは57分に3枚替え。リーグ戦2試合連続ゴール中の仲川や前田、喜田が投入された。その仲川が攻撃に絡んだのは75分、味方とのパス交換で前進し、ボックス手前からシュート。丁寧に抑えたシュートだったがGKの正面に。

ボール保持率は上がったものの、なかなかチャンスの芽が見つからない横浜FM。88分にマルコス・ジュニオールがボックス手前からミドルシュートを狙うも山根にブロックされてしまう。

結局、後半は最後まで川崎Fペースで進み、試合は1-3で終了。上位対決となった注目の神奈川ダービーは川崎Fに軍配が上がった。

横浜F・マリノス 1-3 川崎フロンターレ
【横浜FM】
マルコス・ジュニオール(前2)
【川崎F】
三笘薫(前33)
家長昭博(後3)
三笘薫(後5)
コメント
関連ニュース
thumb

J1で23発と大暴れの柏FWオルンガがケニア代表に招集、合流はいつ?

ケニアサッカー協会(KFF)は27日、11月に行われるアフリカ・ネーションズカップ予選に向けたケニア代表候補メンバーを発表した。 今回のメンバーには、柏レイソルのエースであるFWオルンガも招集。その他、元トッテナムのMFビクター・ワニャマ(モントリオール・インパクト)なども招集されていた。 オルンガは今シーズンの明治安田生命J1リーグでここまで23試合に出場し23ゴールを記録。チームの重要な得点源としてリーグ得点ランキングトップの活躍を見せている。 ケニアは、2021年に行われるアフリカ・ネーションズカップ出場に向けての予選でグループGに入っており、エジプト代表、トーゴ代表、コモロ代表と同居。2試合を終えてコモロが1勝1分けで首位、ケニアは2分けで2位につけている。 11月の予選では、首位のコモロと11日、15日の2試合を戦うこととなっており、国内組は28日から、海外組は11月1日からキャンプに入ると発表されている。 なお、柏は明治安田J1を戦うほか、今シーズンのYBCルヴァンカップで決勝に進出しており、11月7日(日)にFC東京と対戦。大事な一戦でオルンガは起用できそうだが、帰国後は隔離措置のためリーグ戦を休むことになりそうだ。 2020.10.28 09:46 Wed
twitterfacebook
thumb

大分のDF香川勇気が右ヒザ半月板損傷で今季終了

大分トリニータは27日、DF香川勇気の負傷状況を発表した。 クラブの発表によると、香川は15日のトレーニングで負傷。福岡市内の病院で検査を受け、右ヒザ半月板損傷と診断されたとのことだ。 なお、全治は3カ月となり、経過を見ながらリハビリを実施するとのこと。今シーズン中の復帰は不可能となった。 香川は今シーズンの明治安田生命J1リーグで16試合に出場。9月に右ハムストリングス肉離れと診断され、復帰に向けて調整していた。 2020.10.27 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーガーの相次ぐ不祥事について村井満チェアマン「社会の一員として、断じて許されるものではない」

Jリーグは26日、選手による相次ぐ不祥事に関して、村井満チェアマンが声明を発表した。 19日にはアルビレックス新潟が、酒気帯び運転で書類送検されたブラジル人FWファビオ、スペイン人FWペドロ・マンジーとの契約解除を発表。クラブはJリーグへの報告義務を怠っていたとして、調査が入っている。 また、ベガルタ仙台では、交際女性への暴行が発覚したMF道渕諒平(26)が契約解除となっており、こちらも週刊誌報道で大きな話題となっていた。 そんな最中、25日にはガンバ大阪でブラジル人FWアデミウソンが酒気帯び運転の疑いで任意捜査される事案が発生。現在も捜査中とのことだが、この1週間で3件もの不祥事が発覚した。 村井チェアマンはJリーグを通じてこの件についてコメント。「信頼を裏切る行為」と苦言を呈した。 「度重なるJリーグの選手による不祥事が発生していることに対し、Jリーグ全体を統括する立場として、心よりお詫び申し上げます」 「これらは、コロナ禍で非常に困難な状況が続く中でもJリーグ、Jクラブを支えてくださるファン・サポーター、パートナー各社、ホームタウンの皆さま、そして社会全体の信頼を裏切る行為であり、プロサッカー選手である前に社会の一員として、断じて許されるものではありません」 「Jリーグにとって、サッカーでの勝ち負け以前に一番大事なことは、地域に貢献し必要だと思って頂くことです。ですから、我々が地域の皆さまに迷惑をかけるような存在だとしたら、それは地域における我々の存在意義を失うことに繋がります」 「改めて再発防止に関する指導を行い、クラブ・リーグスタッフ、選手、関係者一人ひとりの意識向上に向け尽力する所存です。 2020.10.26 19:50 Mon
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】松原健を殴ったFC東京MFアルトゥール・シルバが1試合出場停止

Jリーグは26日、明治安田生命Jリーグ各カテゴリーの出場停止選手情報を発表した。 J1ではFC東京のMFアルトゥール・シルバ、横浜F・マリノスのDF伊藤槙人、清水エスパルスのDF立田悠悟が出場停止となった。 アルトゥール・シルバは、24日の横浜FM戦でボールとは関係の無いところでDF松原健の顔面を左手で打ち、これが「乱暴な行為」に該当すると判断、1試合の出場停止処分となった。 また、J2ではDF山田拓巳(モンテディオ山形)、MF髙江麗央(FC町田ゼルビア)、DF飯田貴敬(京都サンガF.C.)、DFヘニキ(レノファ山口FC)、DFドウグラス・グローリ(アビスパ福岡)、FWフアンマ・デルガド(アビスパ福岡)が出場停止となる。 【明治安田生命J1リーグ】 MFアルトゥール・シルバ(FC東京) 第30節vs柏レイソル(10/28) 今回の停止:1試合停止 DF伊藤槙人(横浜F・マリノス) 第32節vsサンフレッチェ広島(10/28) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF立田悠悟(清水エスパルス) 第25節vs柏レイソル(10/31) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 DF山田拓巳(モンテディオ山形) 第30節vs京都サンガF.C.(11/1) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF髙江麗央(FC町田ゼルビア) 第30節vs愛媛FC(11/1) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF飯田貴敬(京都サンガF.C.) 第30節vsモンテディオ山形(11/1) 今回の停止:1試合停止 DFヘニキ(レノファ山口FC) 第30節vs松本山雅FC(11/1) 今回の停止:1試合停止 DFドウグラス・グローリ(アビスパ福岡) 第30節vsジュビロ磐田(11/1) 今回の停止:警告の累積による1試合停止(1/2) 第31節vs水戸ホーリーホック(11/4) 今回の停止:警告の累積による1試合停止(2/2) FWフアンマ・デルガド(アビスパ福岡) 第30節vsジュビロ磐田(11/1) 今回の停止:警告の累積による1試合停止(2/2) 【明治安田生命J3リーグ】 DF西野貴治(カマタマーレ讃岐) 第24節vs藤枝MYFC(10/30) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2020.10.26 18:07 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第24節】C大阪撃破の浦和から最多4名! J1通算300試合出場の倉田秋も

明治安田生命J1リーグ第24節の6試合が24日から25日にかけて開催された。超WS編集部が各試合から印象に残った選手を選りすぐり、ベストイレブンを紹介する。 なお、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の日程調整の関係で前倒し開催されていたヴィッセル神戸vs川崎フロンターレ、FC東京vs大分トリニータ、横浜F・マリノスvs清水エスパルスは除外している。 GK西川周作(浦和レッズ/4回目) 1失点したものの、C大阪の攻撃に対して冷静に対応。69分にはブルーノ・メンデスのヘディングシュートをビッグセーブで凌いだ。 DF宮澤裕樹(北海道コンサドーレ札幌/初) キム・ミンテが出場停止のなか、ディフェンスラインをしっかり統率。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督のJ1通算200勝目に一役買った。 DF槙野智章(浦和レッズ/2回目) 22分に身体を張ったカバーリングで相手の決定機を阻止。シュートブロックなど闘志を全面的に出して奮闘した。 DF永戸勝也(鹿島アントラーズ/初) GK沖悠哉がゴールマウスを離れたなか、茶島雄介との一対一をブロック。最後まで集中を切らさず、クリーンシートに貢献した。 MF長澤和輝(浦和レッズ/初) 同点ゴールのPK奪取に繋がるインターセプト。さらに、マンツーマン気味にマークした清武弘嗣に仕事をさせなかった。 MF三竿健斗(鹿島アントラーズ/2回目) 76分にはエヴェラウドの決勝ゴールの起点になるパスを供給。11キロを超える同試合1位の走行距離で縦横無尽に動き回り潤滑油に。 MF稲垣祥(名古屋グランパス/3回目) 相手GKの好セーブでゴールが遠いなか、いち早くこぼれ球に反応して先制点を記録。この日の走行距離も12キロを超えて、ハードワークを怠らなかった。 MF福田湧矢(ガンバ大阪/初) クリスティアーノを相手に粘り強い守備を披露。攻撃では上下運動を繰り返し、クロスボールでチャンスを演出した。 MF倉田秋(ガンバ大阪/3回目) J1通算300試合出場のメモリアルゲームでアデミウソンの決勝ゴールをアシスト。ギャップで受けて多くの決定機を作り出した。 MF汰木康也(浦和レッズ/2回目) 切れ味抜群のドリブル突破からPKを獲得する。さらに、数的不利の状況から左サイドのゴールライン際をすり抜けて3点目を演出した。 FWアンデルソン・ロペス(北海道コンサドーレ札幌/初) 重戦車並のドリブルから1ゴール1アシスト。79分には浮き球で時間を作るビューティフルアシストを披露した。 2020.10.26 16:30 Mon
twitterfacebook