“ファンタジスタ”デル・ピエロがEL予選で見せた40ヤード無回転弾【ビューティフル・フリーキック】

2020.08.31 20:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回は、元イタリア代表FWのアレッサンドロ・デル・ピエロ氏がユベントス時代に決めたフリーキックだ。

◆“ファンタジスタ”デル・ピエロがEL予選で見せた40ヤード無回転弾

長らくユベントスでプレーし、アイコンとしても多くのサポーターに愛されたデル・ピエロ氏。“デル・ピエロ・ゾーン”なる左45度のシュートゾーンを持つなど、名実ともにレジェンドとして活躍した。

FKも得意としたデル・ピエロ氏は、2010年8月5日に行われたヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦、アイルランドのシャムロック・ローバーズとの2ndレグではおおよそ40ヤード(約37m)の位置から衝撃の無回転FKを決めている。

1stレグを2-0と勝利していたユベントスは、ホームの2ndレグをゴールレスのまま74分を迎える。敵陣中央でFKを獲得すると、ゴールまで距離があったもののキッカーのデル・ピエロが直接ゴールを狙う。

直線的な助走から思い切りボールを叩くと、ほぼ無回転のボールはグングンと伸び、クロスバーに直撃しながらゴールネットを揺らした。

このゴールで勝利したユベントスは、プレーオフも勝利しEL本選へと駒を進めていた。
コメント
関連ニュース
thumb

今なお現役の元フランス代表FWジニャックがメキシコで見せたスペシャルFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、メキシコリーグのティグレスに所属する元フランス代表FWアンドレ=ピエール・ジニャックが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆フランス代表の元10番、ジニャックが見せたスペシャルFK<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJDOEVqcGhhRiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マルセイユでのブレイクの後、ビッグクラブの関心もありながらもメキシコへと活躍の場を移したジニャック。34歳を迎えた今シーズンもその得点力は衰えずリーグ戦11試合8ゴールと結果を残している。 そんなジニャックだが、2018年11月11日に行われた第16節のプエブラ戦では見事な直接FKも決めている。 2-1で迎えた44分、ティグレスはゴール正面左の位置でFKを獲得する。エースのジニャックが右足を振り抜くと、美しい弧を描いたシュートがゴール左上へと突き刺さった。 ジニャックはその後もゴールを量産。1試合4ゴールの大活躍で6-1の大勝に貢献している。 2020.09.25 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ポルトガルのプレーメイカー、ジョアン・モウティーニョの芸術的FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ウォルバーハンプトンに所属するポルトガル代表MFジョアン・モウティーニョが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ジョアン・モウティーニョの芸術的FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJOa2RyeFgyNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> スポルティング時代の2005年にA代表デビューを飾って以降、今なお招集され続けているモウティーニョ。通算キャップ数は123にも上るが、2017年6月3日に行われた国際親善試合のキプロス戦では、見事な直接FKも決めている。 エースのクリスティアーノ・ロナウドを欠いていたポルトガルだが、開始3分、ボックス手前左で得たFKをモウティーニョが直接狙うと、バーの下を叩いたボールがゴールに吸い込まれ、あっさり先制に成功する。 モウティーニョは前半終了間近の42分にも再び直接FKからゴール。ポルトガルが4-0と大勝を飾っている。 2020.09.24 23:59 Thu
twitterfacebook
thumb

精密機械、ネイマールが至近距離から狙いすました一撃【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ネイマールが至近距離から狙いすました一撃<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJsb1l0a2tLeiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2017年に加入したPSGで攻撃の中心を担うネイマール。流れからの得点はもちろん、直接FKからもゴールを奪う。2018年2月3日に行われたリーグ・アン第24節のリール戦でも、その右足のコントロールが抜群であることを証明している。 PSG1点リードで迎えた77分、ペナルティアーク内、ゴール正面の位置でFKを獲得する。ゴールまでの距離が近く、壁を越えるシュートは難しい状況の中、DFマルキーニョスらが相手の壁の横に立つ。 キッカーのネイマールが右足を振り抜くと、マルキーニョスがしゃがみ込みコースを空ける。ネイマールのシュートは狙い通り空いたコースを抜けると、カーブしながらゴール左のポストに直撃し、ネットを揺らした。 ここしかないというコースにしっかりと蹴り込んだネイマールの技術の高さに驚きだ。 2020.09.24 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

“決勝男”ドログバがFAカップ決勝の舞台で決めた意外性満点の直接FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ氏がチェルシー時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ドログバがFAカップ決勝の舞台で決めた意外性満点の直接FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJQblZwR2xpRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 強靭なフィジカルとパワーを活かして多くのゴールを決めてきたドログバだが、その大舞台での勝負強さは誰もが認めるもので、2011-12シーズンのチャンピオンズリーグ決勝バイエルン戦など、数々のビッグゲームで重要なゴールを決めてきた。 そんな“ビッグゲーム・プレイヤー”の一面を持つドログバ氏は、2010年5月15日に行われたFAカップ決勝のポーツマス戦でも、見事なゴールを決めている。 スコアレスで前半を折り返すと、57分にはPKのピンチをGKペトル・チェフのセーブで凌いだチェルシー。すると、その直後の59分にボックス左手前でFKのチャンスを獲得する。 キッカーのドログバは相手の意表を突き、壁の間を狙うシュートを選択。GKが構えている方に蹴り込むと、ポーツマスGKデイビッド・ジェームズの逆を突く形となり、ゴール右下の絶妙なコースに決まった。 これが決勝点となり、この年のチェルシーはプレミアリーグとFAカップの2冠を達成している。 2020.09.23 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

技巧派ブラジル人FWネネがPSG時代に決めたクロスバー直撃FK弾【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、フルミネンセに所属するブラジル人FWネネがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ネネがPSG時代に決めたクロスバー直撃FK弾<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJtNVZ5dkpoWCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2010年にモナコからPSGへと移籍したネネは、そこでキャリアの全盛期を迎える。2010年9月11日に行われたリーグ・アン第5節のアルル=アヴィニョン戦では、素晴らしい直接FKも決めている。 2-0とリードで迎えた49分、PSGはゴールほぼ正面の絶好の位置でFKを獲得する。キッカーのネネが得意の左足を振り抜くと、大きく変化したシュートがゴール右上へ決まった。 このシーズンのネネは公式戦51試合に出場し20ゴール23アシストという圧巻の成績を残し、ブラジル代表への招集がかからないことが不思議に思える程質の高いプレーを見せていた。 2020.09.23 09:00 Wed
twitterfacebook