鈴木武蔵が途中出場もベールスホットは完敗で今季初黒星を喫す…《ジュピラー・プロ・リーグ》

2020.08.31 01:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
鈴木武蔵の所属するベールスホットは30日、ジュピラー・プロ・リーグ第4節でスタンダール・リエージュと対戦し、0-3で敗戦した。鈴木は78分からプレーした。

開幕3連勝で首位に立つベールスホットが、無敗で3位に位置するスタンダール・リエージュを迎えた一戦。今夏に北海道コンサドーレ札幌から加入した鈴木武蔵はベンチスタートとなった。

立ち上がりから一進一退の展開が続く中、先に試合を動かしたのはアウェイチーム。32分、ファイとのパス交換でボックス右から侵入したラスキンの折り返しをアベナッティに流し込まれた。

先制を許したベールスホットは、69分に決定機。ブルダンとのパス交換でボックス左深くまで侵入したティスダリがGKとの一対一を迎えたが、シュートは枠の上に外した。さらにティスダリは、75分にもハレイミアの右クロスから決定機を迎えたが、ヘディングシュートは枠の左に外れた。

ビックチャンスを逃したベールスホットは直後に失点を許す。77分、中盤でボールを受けたラスキンのスルーパスで抜け出したレスティエンヌがボックス右から侵入すると、冷静にゴール左隅にシュートを沈めた。

リードを広げられたベールスホットは、78分にサヌーシを下げて鈴木を投入。すると82分、味方の横パスをバイタルエリア中央に走り込んだ鈴木がミドルシュート。さらにこのクリアを敵陣で拾うと、ボックス右横でパスを受けたティスダリの折り返しを再び鈴木が狙ったが、これは左ポストを直撃した。

すると83分、スタンダール・リエージュはレスティエンヌの右クロスをファーサイドのウラレがヘディングで叩き込み、勝負を決定づける3点目を記録した。

結局、ベールスホットは最後までゴールネットを揺らすことが出来ず0-3で完敗。今季初黒星を喫している。

ベールスホット 0-3 スタンダール・リエージュ
【スタンダール・リエージュ】
アベナッティ(前32)
レスティエンヌ(後32)
ウラレ(後38)

関連ニュース
thumb

ベールスホットのFW鈴木武蔵、プレシーズンマッチで豪快ゴール!

ベールスホットの日本代表FW鈴木武蔵が、プレシーズンでいきなりゴールを決めた。 ベールスホットは7日、べべレンとのトレーニングマッチを行った。 この日の相手は、2020-21シーズンはジュピラー・プロ・リーグに所属していたものの、プロキシマス・リーグ(ベルギー2部)に降格してしまったベベレン。鈴木はベンチスタートとなった。 ベールスホットは前半から良い形で試合を進めるも、なかなかゴールを奪うことができない。 ゴールレスのまま試合は後半へ。鈴木は途中から出場すると、0-0で迎えた79分に均衡を破るゴールを見せる。 浮き球のパスを引き出した鈴木は、スペースに出たボールを追いかけてボックス際でダイレクトシュート。これがGKに触れられるも、威力が強くゴール左隅に決まった。なお、チームは2-0で勝利を収めた。 2020年8月に北海道コンサドーレ札幌から完全移籍で加入した鈴木は、海外挑戦1年目のシーズンでジュピラー・プロ・リーグ26試合に出場し6ゴール1アシストを記録。シーズン序盤こそコンスタントにゴールを決めていたが、後半戦は1ゴールと不発に終わっていた。新シーズンの活躍が期待される。 <span class="paragraph-title">【動画】鈴木武蔵が鋭い抜け出しから強烈ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">A dime from Musa.<br><br>鈴木武蔵! <a href="https://twitter.com/hashtag/BEEBEV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BEEBEV</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/TogetherWeBuildHistory?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TogetherWeBuildHistory</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Japan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Japan</a> <a href="https://twitter.com/musatoro?ref_src=twsrc%5Etfw">@musatoro</a> <a href="https://t.co/rkTeUxGeQD">pic.twitter.com/rkTeUxGeQD</a></p>&mdash; K. Beerschot V.A. (@kbeerschotva) <a href="https://twitter.com/kbeerschotva/status/1413030093795037186?ref_src=twsrc%5Etfw">July 8, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.08 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデンがマース監督と契約解除、来季は鈴木武蔵所属のベールスホットで指揮

シント=トロイデンは20日、ピーター・マース監督(56)との契約解除を発表した。 マース監督は、現役時代はGKとしてロンメルやメヘレン、アンデルレヒト、べべレン、スタンダール・リエージュ、ベールスホットでプレー。ベルギー国内でキャリアを終えていた。 引退後は指導者の道を歩み、フェルブローデリンク・ヘールで監督業をスタート。その後は、メヘレン、ロケレン、ヘンク、ロンメルとベルギー国内のクラブで指揮。メヘレンでは就任1年目で2部から1部へ昇格、ロケレン時代には2度ベルギーカップを制した他、ヘンクではヨーロッパリーグでチームを準々決勝に導くなどの実績を持つ。 シント=トロイデンは2020-21シーズンに向けてケビン・マスカット監督(47)を招へいしていたが、チームの成績は振るわず残留争いをする展開に。2020年12月にマース監督を招へいしていた。 チームはシーズン終盤まで残留争いをしていたものの、なんとか1部残留を決めていた。マース監督就任後は、リーグ戦で8勝3分け8敗の五分の成績だった。 なお、マース監督は、古巣でもあり日本代表FW鈴木武蔵も所属するベールスホットで指揮を執る意向をクラブに伝え、クラブが了承したとのことだ。 2021.05.21 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

鈴木武蔵のベールスホットに元ベルギー代表FWザカリア・バッカリが加入

日本代表FW鈴木武蔵が所属するベールスホットは1日、アンデルレヒトの元ベルギー代表FWザカリア・バッカリ(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 契約期間はシーズン終了までとなり、買い取りオプションが付いている。 バッカリは、PSVの下部組織出身。17歳でファーストチームデビューを果たすと、2015年7月にバレンシアへと完全移籍した。 バレンシアでは40試合に出場し3ゴール5アシストを記録。その後は、デポルティボ・ラ・コルーニャへのレンタル移籍を経験すると、2018年7月にアンデルレヒトへと完全移籍。アンデルレヒトでは28試合に出場し4ゴール2アシストを記録していた。 今シーズンはジュピラー・プロ・リーグで、2試合に出場。10月4日のクラブ・ブルージュ戦を最後にメンバー外が続いていた。 2021.02.02 11:51 Tue
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデン鈴木優磨がチームを3連勝に導く3戦連続ゴール! 鈴木武蔵のベールスホットを下す《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンの鈴木優磨が3試合連続ゴールをマークした。 17位のシント=トロイデンは30日に本拠地で行われたジュピラー・プロ・リーグ第18節延期分で7位のベールスホットと対戦。鈴木優磨もシュミット・ダニエルとともにスタートから出場した。 ベールスホットの鈴木武蔵も先発入りして日本人選手3名が同じピッチに立った一戦は2試合連発中と波に乗る鈴木優磨がこの日も好調ぶりを披露して、シント=トロイデンが先取する。 41分に右CKのチャンスを獲得すると、ショートコーナーからコリーディオがゴール前に右足クロスを供給。ファーサイドで反応したフリーの鈴木優磨が力強く頭で合わせ、叩き込んだ。 鈴木優磨の3戦連発となる8ゴール目でリードしたシント=トロイデンは後半も無失点で凌ぎ切り、これで3連勝。暫定14位に浮上した。 なお、鈴木優磨はシュミット・ダニエルがフル出場したなかで、後半アディショナルタイムにお役御免。鈴木武蔵は最後までピッチに立ったが、無得点に終わっている。 一方、ベンチ入りしたシント=トロイデンの伊藤達哉は出番がなかった。 シント=トロイデン 1-0 ベールスホット 【シント=トロイデン】 鈴木優磨(前41) 2020.12.31 08:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「責任を感じる」決定機逸のFW鈴木武蔵がメキシコ戦を語る「勝負強さがでないと上で戦えない」

日本代表のFW鈴木武蔵(ベールスホット)が、メキシコ代表戦後にメディアの取材に応対。試合について振り返った。 17日、日本代表は国際親善試合でメキシコ代表と対戦。前半は良い形で連携を見せ決定機を作るも生かせず。後半メキシコがペースを上げるとラウール・ヒメネスが技ありゴール。さらにイルビング・ロサーノがショートカウンターからゴールを奪い、0-2でメキシコが勝利を収めた。 この試合1トップで先発出場したFW鈴木武蔵。前半に2度のビッグチャンスがあった中ゴールを奪えなかったが「前半の何本かあったチャンスを決めきれないと、こういう強い相手にはこういったゲームになります。FWとしての責任を感じています」とコメント。決定機を決めきれなかったことを悔やんだ。 15分には原口元気からの横パスをボックス内で受け、GKオチョアと一対一になったシーンについては「ファーに蹴ったけど残り足がありました」とオチョアの対応が良かったと語り、「もう少し浮かして打つのがベストだったなと結果論ですが思います」と、シュートの選択を反省した。 枠に飛ばしながらもゴールが奪えなかった鈴木。レベルの高い相手には素晴らしいGKがいるため、このようなシーンが増えると考えられる。 鈴木は「シュートのところはいつも抱えている問題。そこで相手が1枚上手だったと思います」と語り、GKの対応を評価。また、「僕自身もまだまだシュートコースが甘いというところはあった」と自身のプレーを反省し、「もっとあのような場面でしっかり決めたいと思います」と、さらにレベルアップすることに意気込んだ。 この先に取り組むことは「やることはそんなに変わらないです」とし、「シュートコースやタイミングはトレーニングから意識しているので、チームで結果を出して呼ばれるようにどんどん点を取っていきたいと思います」と結果を残していきたいとした。 メキシコは、少ないチャンスをFWラウール・ヒメネスが反転からトゥキックで決め決めきった。相手エースについては「前半とかもメキシコはそんなにチャンスがない中で、後半一気に1つのチャンスで決め切るということは、プレミアでやっているだけあって、勝負強いところは僕もつけないと」と、決め切る力を評価。「勝負強さがでないと上で戦えない」とし、自身にも必要なものであると語った。 相手に流れが行った要因については「僕たちのプレッシャーの強度も少し落ちて、相手のサイドバックやボランチがタメを作れるようになって、そこでなかなかプレスがハマらなかった」とコメント。「僕たちの守備強度も落ちたので、ズルズル相手に押し込まれた印象です」と、後半の守備面がうまくいかなかったとコメント。「クリアボールもなかなか拾えず、相手のペースになったと感じました」と、セカンドボールを拾えなかったことも要因の1つだとした。 2020.11.18 08:07 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly