仙台MF松下佳貴が全治最大10週間 右ヒザ内側側副じん帯損傷で手術

2020.08.24 14:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ベガルタ仙台は24日、松下佳貴の負傷離脱を報告した。今季のここまで明治安田生命J1リーグ4試合に出場する松下は8月1日に行われた第8節の横浜F・マリノス戦で負傷して、11日に仙台市内の病院で手術。右ヒザ内側側副じん帯損傷で手術日より全治8〜10週間の見込みだ。

仙台は現在、2勝4分け5敗の15位。29日に行われる次節、10位につけるサンフレッチェ広島のホームに乗り込む。
コメント
関連ニュース
thumb

7億円赤字見込みの仙台、選手の不祥事により緊急募金の中断を発表

ベガルタ仙台は22日、9月26日にスタートした緊急募金を中断することを発表した。 仙台は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による措置で観客入場に制限があることなどから、今期の赤字が約7億円に上ることを発表。債務超過となることから、ファン・サポーターに向けてクラウドファウンディングや口座振込を通じて緊急募金を呼びかけていた。 しかし、20日にMF道渕諒平(26)の交際相手への暴行が週刊誌で報道。仙台は同日に契約解除を発表していたが、このような事態が起こっていたことを公表しておらず、多くの批判が寄せられていた。 仙台は今回の緊急募金中断について「この度の当クラブ選手の不祥事につきましては誠に申し訳なく、ご支援いただきました皆様に心からお詫びを申し上げます」とし、「今回の事態を真摯に受け止め深く反省の意をお示しいたしたく、9月26日よりスタートいたしましたクラブ緊急募金の募集を中断することといたしましたのでお知らせします」と今回の不祥事を受けて中断することを決めたと発表した。 なお、クラウドファウンディングは仙台が管理していないとし、「クラブ緊急募金プロジェクトページ(CAMPFIREサイト)は、当クラブでは運用を中止することができませんので、誤ってご支援いただくことがないようご注意ください。(一部のSNS等から当該ページに接続できることがあります)万が一、誤ってご支援いただいてもご返金できかねますのでご理解ください」と注意を呼びかけていた。 債務超過、選手の不祥事に加え、成績も低迷している仙台。様々な面での信頼回復の道は険しいものとなりそうだ。 2020.10.22 18:22 Thu
twitterfacebook
thumb

仙台が選手個人へのSNSでの誹謗中傷を糾弾「宮城県警察および顧問弁護士にも相談」

ベガルタ仙台が21日、選手個人のSNSにおける誹謗中傷について報告した。 クラブの発表によると、20日週刊誌で報じられたMF道渕諒平(26)の暴行容疑に関して、仙台の選手のSNS アカウントに、個人を誹謗中傷するコメントが投稿されたとのことだ。 仙台はこの件に関して「これらの投稿を見過ごすことはできません。社会通念に照らし合わせても決して弁解できるものではなく、許されるものではございません」とした。 また「宮城県警察および顧問弁護士にも相談している」とし、「改めて、当クラブは誹謗中傷、差別、偏見を含む言動を許容いたしません」とSNSでの誹謗中傷を非難した。 なお、今回の報道については、「ベガルタ仙台のファン、サポーターの皆様、株主、スポンサーの皆様、Jリーグや各クラブの関係者の皆様にご心配とご迷惑をお掛けし、申し訳ございません。誹謗中傷、差別、偏見を持った発言、コメントは絶対にお止めください。何とぞよろしくお願い申し上げます」としている。 2020.10.21 18:28 Wed
twitterfacebook
thumb

村井満チェアマンが新潟の酒気帯び運転、仙台の道渕諒平の件に見解「残念な内容」、新潟にはヒアリングを実施へ

Jリーグは20日、第16回実行委員会が行われ、委員会後に会見が行われた。 今回の実行委員会では、新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインの改定があり、アルコール類の提供が10月30日から解禁に。各クラブが販売については判断できるようになるとされた。 一方で、アルビレックス新潟で起こった酒気帯び運転に関する事案、ベガルタ仙台で起こったMF道渕諒平の知人女性暴行に関する事案についても報告とお詫びがあったとした。 村井満チェアマンは新潟の件について「コンプライアンス担当の萩原和之から事実確認の共有をさせていただき、新潟の実行委員の是永大輔社長からクラブからの総括とお詫びがあった」と報告。「コロナ禍でクラブ、リーグが果たす役割は社会の希望の存在になろうと誓い合ってきたが、地域の皆様の期待を裏切り残念」と、今回の事案についての見解を述べた。 また仙台の件については「プライベートな内容ではあるが、サッカー選手そのものは社会での公的な存在であることも鑑みれば、残念な内容。絶対に繰り返されないよう啓発など繰り返していく」と見解を語った。 コンプライアンス担当の萩原氏は新潟の件について「10月14日に正式に一報をいただいた。そのあとのやりとりは、電話、メールをして10月16日の金曜日に新潟から報告書をもらった」とコメント。「9月の中旬にこの事象が発生したので、その時点でコンプライアンスの部隊に何らかの相談をしていただければ、完璧な解決策が出せるとは限らないが、アドバイスや指導はできたことは否めない」とコメント。一方で仙台の件については「8月の中旬に仙台から情報はもらっていた。その後、いろいろな経緯があったなか示談になったという報告ももらっていた」とし、解決した事案だと認識していたとコメントしている。 新潟で起こったブラジル人FWファビオ(23)とスペイン人FWペドロ・マンジー(32)の酒気帯び運転に関する事案については「コンプライアンスとして窓口があるが、そちらに第三者の方から直接電話があった」とタレコミがあったとし、「それを受けて、情報を整理して新潟にこういう話があるがと問い合わせた」とコメントした。 新潟の件でクラブへの処分について村井チェアマンは「今回の酒気帯び運転の事案に関する判断と、その後クラブが適切に報告していたか、報告義務違反と2つの事案がある」とコメント。「後者に関しては、今後プロセスに介入しヒアリングを行う。規約違反にあたるかどうかの判断をさせていただく」とし、クラブへのヒアリング後に制裁を下すかどうかを判断するとした。 一方で、当該選手のファビオが任意捜査中に試合に出場していたことにも触れ、「酒気帯び運転者が試合に出場を続けたことは道義的責任ということがあるが、選手本人が酒気帯び運転そのものを認めている事案なので、存在したことは疑いのない事実。そうした状態で試合に継続した状態は過去のケースではない。その時点での判断は選手自身に自重を求めるべきだった。クラブは判断ミスがあったと認めているが、私も同感です」とし、試合出場を認めてしまったこと、その判断には問題があったと語った。 また、仙台の件に関しては「クラブからは報告を受けたときには和解が成立しているということを理解している。当事者間で解決しているという認識」とし、Jリーグも解決している事案だと認識していたとのこと。道渕諒平の試合出場に関しても、解決事案だっために問題ないという認識をしたとしていた。 一方で、契約解除については「本人がクラブに報告した内容と実態が伴わなかったということなので、リーグにしっかりとした情報が伝わっていなかった可能性もある」とし、虚偽報告が本人からなされたことがあったことで契約解除になったとの認識を語った。 2020.10.20 18:03 Tue
twitterfacebook
thumb

女性への暴行報道の仙台MF道渕諒平が契約解除、クラブには9月に解決を報告

ベガルタ仙台は20日、MF道渕諒平(26)の契約解除を発表した。 クラブの発表によると、本日発売の週刊誌において道渕に関わる記事が掲載。当クラブが認知していなかった事実など、クラブの秩序、風紀を著しく乱す内容が含まれていたことから、同選手に事実関係を確認した上で契約解除に至ったという。 道渕は交際女性へのDV疑惑が大々的に報じられて居たが、仙台は「記事に記載されております女性とのトラブルを8月14日に認識し、同選手の事情聴取を行い、顧問弁護士に相談して対応を進めてまいりました」と2カ月以上前に事実を把握していたとのこと。「その際に当人同士で解決することが望ましいと助言を受けております。同選手からは、本人の代理人となる弁護士を通じて女性と話し合い、最終的に双方合意の上で解決したとの報告が9月5日にありました」と解決した旨を報告されていたと発表した。 また、「同選手から二度と同様の行為をしないとの誓約書を取り、重い処分を科した上で活動を継続させておりました。本件は、両名のプライバシーに関わり、また双方の要望があるなかで、公表を控えてまいりました」と公表しなかった理由を説明している。 クラブが事態を把握した8月14日の翌15日に行われた明治安田生命J1リーグ第10節の清水エスパルス戦に途中出場したものの、その後5試合を欠場。解決の報告を受けた後の9月20日に行われた第17節のFC東京戦からは7試合に出場していた。 仙台は今回の件に関して「当クラブといたしましては、本件について大いに反省し、取り組みが不十分であったことを厳粛に受け止め、今後このようなことが二度と発生しないよう、一丸となってコンプライアンスの徹底に全力で取り組んでまいります」と陳謝している。 道渕はヴァンフォーレ甲府に所属していた2017年7月に暴行容疑で逮捕。出場停止処分を受けており、今回で暴行が報じられるのは2度目となる。今シーズンの道渕はJ1で13試合に出場し1ゴールを記録していた。 Jリーグではアルビレックス新潟が、外国人選手2名の飲酒運転が発覚していながらも、当該選手を試合に出場させ続けており、当該2選手が19日に解雇されていた。 2020.10.20 10:03 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和が4連敗中の埼スタで仙台に6ゴール大勝! 2発の興梠はJ1通算得点数をさらに更新《J1》

明治安田生命J1リーグ第23節の1試合が18日に埼玉スタジアム2002で行われ、ホームの浦和レッズがベガルタ仙台を6-0で下した。 2試合ぶりの白星を狙う9位浦和は目下4連敗中のホームで勝ち点3を今節に。先発メンバーは前節と同じ顔ぶれが並び、J1歴代5位タイとなる通算152得点の興梠もさらなる記録更新を目指して、スタートからピッチに立った。一方、ここ12試合で白星から遠ざかる仙台は過去、0勝4分け13敗と負のジンクスがつきまとう敵地での一戦に。前節から5選手が入れ替わり、シマオ・マテ、飯尾、田中、石原、イサック・クエンカを起用して鬼門突破を目指した。 試合は浦和の高い位置での守りから動く。橋岡がビルドアップを試みた田中からボールを奪取した8分、武藤がバイタルエリア中央に縦パスを出すと、汰木がスルー。受けた興梠がボックス左にスルーパスを出して、汰木がヒールで味方にボールを繋ぐ。最後は汰木の背後にいた長澤が右足シュートを流し込み、浦和が先取する。 浦和の華麗なパスワークに守りを崩された仙台は押し込む時間を作りながら反攻に出るが、36分に浦和がバイタルエリア右の位置でFKのチャンス。キッカーのマルティノスが左足で直接狙ったボールが壁の上を越えてそのまま右に決まり、浦和が突き放す。同点を目指した仙台だったが、2点ビハインドの展開を強いられてしまう。 さらに、浦和は仙台のミスを突く。38分、敵陣中央で相手からボールをかっさらった汰木が縦にスルーパスを供給すると、ボックス内に抜け出した興梠がGKヤクブ・スウォビィクとの交錯で倒され、PKのチャンスを獲得。浦和加入後の対仙台戦で15試合16得点と抜群の相性を誇る興梠自らが決め切り、前半だけで3点リードに成功する。 流れが悪く、40分に柳と蜂須賀の交代を早々に施した仙台はハーフタイム明けにも椎橋を下げて松下を投入。その後半も押し込む形を作り出すが、次のゴールも浦和。51分、左サイドでドリブルを仕掛けた汰木がボックス中央に浮き球パスを出すと、興梠が頭で合わせる。J1歴代4位タイの154得点目がゴール左に決まった。 後半も失点を重ねた仙台は53分に興梠と宇賀神がお役御免となり、山中とレオナルドを送り出してきた浦和を攻め立てるが、57分にもピンチ。完全に最終ラインの裏を抜け出したレオナルドにGKヤクブ・スウォビィクとの一対一に持ち込まれてしまい、右足シュートを許したが、右ポストに救われ、辛うじて5失点目を回避する。 しかし、どこかで反撃の糸口を見いだしたい仙台が59分に3枚目のカードで長沢を送り出したなか、浦和は67分にマルティノスが山中のドリブルから生まれたこぼれ球を回収して、ボックス左から左足で折り返すと、ゴール前のレオナルドがプッシュ。うまくいっていない仙台を尻目に今季最多5得点目で勝負の行方をほぼ決してみせる。 その浦和は残るカードで柴戸や杉本、関根を送り込み、古巣戦の関口と山田を投入してきた仙台を相手にペースを握り続け、速攻に転じた86分に右サイドからのクロスに反応したゴール前のレオナルドが右足トラップからシュートを決めて、チーム6得点目。浦和が今季最多得点での大勝劇でホーム4連敗の悪い流れを断った。 浦和レッズ 6-0 ベガルタ仙台 【浦和】 長澤和輝(前8) マルティノス(前36) 興梠慎三(前39、後6) レオナルド(後22、後41) 2020.10.18 18:03 Sun
twitterfacebook