【J1注目プレビュー|第12節:名古屋vs川崎F】ストップ・ザ・川崎へ! 最少失点の名古屋が11連勝を阻めるか

2020.08.23 11:55 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第12節】
2020年8月23日(日)
18:00キックオフ
名古屋グランパス vs 川崎フロンターレ
[豊田スタジアム]◆独走回避へストップなるか?【名古屋グランパス】

前節はアウェイでの湘南ベルマーレとの一戦で、0-1と辛勝を収めた名古屋。連敗を回避し上位争いに踏みとどまった。

湘南戦では試合の主導権を握る時間があったものの、フィニッシュの精度を欠いてゴールを奪えず。それでも焦れる展開のなか我慢を続け、最後にCKから相手のオウンゴールを誘発させた。

これまでの破壊力を考えると物足りない内容であったことは否めないが、連戦が始まることを考えれば勝ち点3をポジティブに捉える必要があるだろう。

今節は10連勝で首位を独走する川崎Fが相手。すでに勝ち点差が11となっており、3位につけていながら背中が遠ざかっている。名古屋の攻撃陣が霞むほどの破壊力抜群の攻撃陣を相手にどう守るか。リーグ最少失点の堅守を見せたい。

一方で、前節は堅守を見せていたセレッソ大阪が5失点の大敗。二の舞になるか、それとも意地を見せるか。これ以上背中が見えなくならないように、勝ち点を奪いたい。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:ランゲラック
DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊
MF:稲垣祥、ジョアン・シミッチ
MF:前田直輝、ガブリエル・シャビエル、マテウス
FW:金崎夢生
監督:マッシモ・フィッカデンティ

◆2節連続堅守と対戦、11連勝へ【川崎フロンターレ】

前節は2位のセレッソ大阪相手に先制を許す展開となったが、前半のうちに逆転。さらに後半から投入された三笘薫、レアンドロ・ダミアンが結果を残し、5ゴールの大勝を収めた。

堅守を見せていたC大阪の守備陣ですら止められない川崎Fの強みは、試合の流れを一変させられることだろう。先制されても焦りは見えず、落ち着いたプレーから同点に追いつくと、その後は自分たちのペースに持ち込んだ。

その中でも最大の強みはベンチメンバーの活躍だ。前節は前述の三笘とレアンドロ・ダミアン、前々節の北海道コンサドーレ札幌戦では三笘と小林悠が途中出場にも関わらず2ゴールずつを記録した。

他のチームであれば似たタイプの選手との交代が増えてくる中、川崎Fはユニットでの交代が多く、選手が入れ替わることで攻撃のバリエーション、パターンが変化する。相手としてはフレッシュな別チームと戦うことになるため、後半の対応が遅れるということだ。

2位に続いて3位の名古屋と上位対決が続く川崎F。果たして11連勝は達成なるだろうか。

★予想スタメン[4-1-2-3]
GK:チョン・ソンリョン
DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平
MF:田中碧
MF:脇坂泰斗、大島僚太
FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫
監督:鬼木達
コメント
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:湘南vs広島】勢い止められた湘南、試合巧者の広島にどう立ち向かう?

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2020年11月25日(水) 19:30キックオフ 湘南ベルマーレ(15位/23pt) vs サンフレッチェ広島(8位/46pt) [Shonan BMW スタジアム平塚] ◆勢いは一度ストップ、リスタートが肝心【湘南ベルマーレ】 3試合連続無失点、3連勝と波に乗り臨んだ前節は、アウェイでの名古屋グランパス戦で1-3と敗戦。個の能力の高さの前に対抗できずに惨敗に終わった。 それでもチームとして7試合負けなかったこと、3連勝を記録したことはブラフではない。しっかりと粘り強さを出せたことが結果に繋がっていたが、選手たちの勤続疲労は気になるところだ。 今節も試合巧者である広島を迎えての一戦。例年であれば、3シーズン連続で残留を争っている状況であり、ここからの勝ち点は大きく状況を変えていくものになる。 今一度自分たちの立ち位置を考え、この7試合で掴んだものを実にすべくしっかりと戦えるかに注目だ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:舘幸希、坂圭祐、大野和成 MF:岡本拓也、齊藤未月、石原広教 MF:茨田陽生、松田天馬 FW:指宿洋史、中川寛斗 監督:浮嶋敏 ◆ターンオーバーで上位進出へ【サンフレッチェ広島】 前節はアウェイでセレッソ大阪と対戦し、0-1で勝利。これで6戦負けなしとなり順位もジワリと上げてきている。 安定した試合をし続けて来た広島だが、上位を相手にもしっかりと戦えるだけに取りこぼしが多いのが気になるところ。勝ち切るという点ではやはり攻撃陣の奮起が期待される。 今節はDF佐々木翔とFWレアンドロ・ペレイラが出場停止という状況。アウェイ連戦となり、メンバーの入れ替えも考えられる状況だ。 勝利への執念を見せるにも、久々に出場となる選手たちの奮起も期待されるところ。悪くない流れできている湘南を止めることができるだろうか。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:大迫敬介 DF:櫛引一紀、荒木隼人、井林章 MF:柏好文、土肥航大、野津田岳人、清水航平 MF:柴崎晃誠、ドウグラス・ヴィエイラ FW:永井龍 監督:城福浩 出場停止:佐々木翔、レアンドロ・ペレイラ 2020.11.25 17:20 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:横浜FCvs清水】例年ならシビアな残留争い、下位対決を制するのは

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2020年11月25日(水) 19:00キックオフ 横浜FC(15位/28pt) vs 清水エスパルス(17位/20pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆中10日、対策と休養は十分か【横浜FC】 前節はアウェイでのサンフレッチェ広島戦で1-1のドロー。先制しながらも追いつかれてしまうという展開となった。 ここ数試合は安定した戦いが見せられていない横浜FCだが、週末に試合がなかったために前節からは中10日。コンディション面では大きなアドバンテージがある状況だ。 J2から昇格して1年、試合内容とは裏腹に結果があまりついてこないシーズンとなり、気がつけば残留ラインギリギリに位置している。 今シーズンは特別なシーズンとなり降格がない状況だが、来季は4チームが降格となるだけに、今季もしっかりと残留圏でシーズンを終えたいはずだ。 その意味でも下位チームに敗れるわけにはいかない。しっかりと改めた目標を達成するためにも、まずは勝利を収めたいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:南雄太 DF:マギーニョ、伊野波雅彦、小林友希、志知孝明 MF:瀬古樹、安永玲央、齋藤功佑 FW:中山克広、一美和成、斉藤光毅 監督:下平隆宏 ※六反勇治は契約上出場不可 ◆止められた流れ、残留圏フィニッシュへ【清水エスパルス】 3連勝を目指した前節だったが、アウェイでの北海道コンサドーレ札幌戦で5-1と大敗。乗りかけた波が一気に引いていった形となった。 しかし、これまで繰り返した大型連敗を避けるにはまずは負けた後の試合が大事となる。しっかりと結果を残せるかが重要だ。 前回対戦はホームで2-3と敗れている相手。清水も降格はないが、例年であれば自動降格圏に位置しており。残り6試合の戦いはかなりシビアになる。 下位対決がこの横浜FC戦を含めて、湘南ベルマーレ、ベガルタ仙台と残っているだけに、まずはしっかりと勝利しておきたいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:梅田透吾 DF:エウシーニョ、ヴァウド、立田悠悟、ファン・ソッコ MF:西澤健太、ヘナト・アウグスト、竹内涼、中村慶太 FW:カルリーニョス・ジュニオ、後藤優介 監督:平岡宏章 2020.11.25 16:35 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:大分vsC大阪】優勝阻止した大分、片野坂体制で4戦未勝利のC大阪相手に初勝利なるか

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2020年11月25日(水) 19:00キックオフ 大分トリニータ(11位/36t) vs セレッソ大阪(6位/49pt) [昭和電工ドーム大分] ◆首位にストップ、C大阪相手に初勝利を【大分トリニータ】 前節は川崎フロンターレの優勝が決定する可能性があった試合。インテンシティの高い入りを見せた中で、前半から首位チームを圧倒すると、PKの1点を守り切って勝利を収めた。 目の前での優勝阻止に向けてチーム一丸となって高いパフォーマンスを見せた大分。片野坂知宏監督も「アグレッシブに戦う姿勢を崩さないように送り出し、選手たちもそれを出してくれた」と評価した。 今節は再び上位のC大阪との一戦。片野坂監督としては、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督相手にはまだ勝利がなく、なんとか勝利したい一戦だろう。 「今シーズンセレッソに勝って、ホームで喜べるように良い準備をしたいと思います」と川崎F戦後に意気込んでいたが、ホームで勝利し3連勝なるかに注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:高木駿 DF:岩田智輝、鈴木義宜、三竿雄斗 MF:松本怜、長谷川雄志、小林裕紀、田中達也 FW:三平和司、野村直輝 FW:知念慶 監督:片野坂知宏 ◆沈黙した攻撃陣、主導権を握れるか【セレッソ大阪】 前節はホームでのサンフレッチェ広島戦で0-1と敗戦。チームは連敗となり4試合勝利から見放されている。 後半戦に入り3勝しか挙げられず、前半戦の勢いが完全になくなったC大阪。順位も常に2位をキープしていたところから気がつけば6位にまで転落してしまった。 課題の1つは先制点だ。直近3試合では全て先制を許し、後手に回る展開に。また、この4試合は複数得点がなく、攻撃陣の低調さが結果に大きく左右している。 現に後半戦の11試合で複数得点を記録した2試合は勝利。1ゴールで勝利したのはたったの1試合だ。メンバーをほぼ固定した戦いが歪みを生んでいる可能性もあるが、何よりも攻撃陣の奮起が必要な状況。残り少ない試合でも上位フィニッシュを目指して、まずは目先の1勝を求めたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、木本恭生、藤田直之、清武弘嗣 FW:奥埜博亮、ブルーノ・メンデス 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ 2020.11.25 15:20 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:鹿島vs柏】コロナに見舞われた両者、渇望する勝利への欲を示すのは

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2020年11月25日(水) 19:00キックオフ 鹿島アントラーズ(4位/52pt) vs 柏レイソル(10位/41pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆戦力難も充実の鹿島が連勝なるか【鹿島アントラーズ】 前節はアウェイでのベガルタ仙台戦を戦い、1-3で勝利。着実に勝ち点を重ね4位に再び浮上した。 前々節は優勝が近づいていた川崎フロンターレと対戦し1-1のドロー。チームとしての力を上げてきたことを証明すると、仙台戦も前半はゴールレスとなったが、エヴェラウドのゴールを皮切りにファン・アラーノ、上田綺世とゴールを重ねて勝利を収めた。 新型コロナウイルスに感染した永戸勝也をはじめ、濃厚接触者の7名、さらにケガで離脱した選手が多く、起用でいるメンバーが限られている鹿島。しかし、ここでチーム力を見せ、目標である2位もまだ目指せる状況だ。 得点力も発揮でき、また中盤をダイヤモンドにする新たなシステムも採用。序盤は最下位に苦しんだ鹿島が、2位フィニッシュに向けて連勝を目指す。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:沖悠哉 DF:小泉慶、犬飼智也、奈良竜樹、山本脩斗 MF:ファン・アラーノ、三竿健斗、レオ・シルバ MF:土居聖真 FW:エヴェラウド、上田綺世 監督:アントニオ・カルロス・ザーゴ ◆難しい戦いが続く中での連戦【柏レイソル】 前節は約3週間の活動自粛が終わり、3日間の準備で臨んだサガン鳥栖戦。明らかにコンディションが整っていない中でも前半は粘りを見せたが、後半にパフォーマンスが低下。1-2で敗れることとなった。 そこから中3日、まだまだ本調子とは程遠い状況だが、試合は待ってくれない。難敵である鹿島とのアウェイでの戦いとなる。 試合数にばらつきがある中で現在10位の柏。しかし、残り試合で結果を残せば、上位でのフィニッシュは可能となる。クラスター発生という特殊な状況に置かれた中で、しっかりと戦うことができるかがカギを握る。 ホームでの試合では2-3で敗戦。まずは苦しみを味わったチームとして、勝利が欲しいところだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:キム・スンギュ DF:北爪健吾、大南拓磨、古賀太陽、三丸拡 MF:三原雅俊、大谷秀和 MF:クリスティアーノ、江坂任、仲間隼斗 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ 2020.11.25 14:45 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:川崎FvsG大阪】2年ぶり載冠か、再びの阻止か…1位と2位の等々力決戦

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2020年11月25日(水) 18:30キックオフ 川崎フロンターレ(1位/72pt) vs ガンバ大阪(2位/58pt) [等々力陸上競技場] <div id="cws_ad">◆直接対決を数字でプレビュー<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=69aqmknt264514t6srg1q8zv3" async></script></div> ◆ホームで歓喜なるか【川崎フロンターレ】 前節の大分トリニータ戦は勝てば無条件で2年ぶり3度目のリーグ優勝が決まるシチュエーションで敵地に乗り込んだが、0-1の敗戦を喫すると、翌日にガンバ大阪も勝利してお預けに。“今節こそは”との思いでホーム等々力に舞台を移して、2位G大阪との直接対決で4試合を残しての史上最速優勝を狙う。 自力優勝の条件は引き分け以上。今季15試合で13勝1分け1敗と圧倒的な勝率を誇る本拠地でのゲームという面だけに、今節での優勝決定に期待が膨らむ。ただ、この11月に入り、4試合で1勝1分け2敗と息切れ気味。さらに、今節は前節の一発退場で谷口彰悟の欠場が決まり、不安要素もつきまとう。 また、前節から中3日という面でもコンディションの見極めが必要となり、改めてチームの真価が問われる一戦になりそうだ。とはいえ、今季の川崎Fは誰が出てもクオリティが落ちないのが強みのひとつ。G大阪も直近14試合で11勝2分け1敗と軽視できない相手だが、勝利でシャーレを掲げられるか。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、車屋紳太郎、登里享平 MF:田中碧、守田英正、脇坂泰斗 FW:旗手怜央、小林悠、齋藤学 監督:鬼木達 ◆面前でのV阻止なるか【ガンバ大阪】 前々節のベガルタ仙台戦で0-4のショッキングな敗北を喫して、12試合負け知らずの進撃が止まったG大阪だが、前節の浦和レッズ戦で2-1の逆転勝利を収めて見事にバウンスバック。その勝利が川崎Fの優勝に待ったをかける形となったが、チームの目標である天皇杯出場権がかかる2位の座を死守した。 そうして迎える今節は川崎F戦。G大阪は宮本恒靖監督をはじめ、選手間でも共通意識として2位死守を目標に残り試合を戦う所存だが、目の前で簡単に優勝させるわけにいかない。チームの目標を目指して首位に真っ向勝負を挑むなかで、今季の歩みが試される集大成の意味合いも強い一戦になりそうだ。 ただ、小野瀬康介が浦和戦で負傷交代を強いられ、ダイナモとして今季のチームをリードする井手口陽介も欠場中。ここに来て故障者が相次ぎ、今節の大一番もベストな陣容で挑めなさそうだが、川崎Fが思い描くシナリオに従うわけにもいかない。進撃の根幹にある守備を武器に面前での優勝阻止なるか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、昌子源、キム・ヨングォン、福田湧矢 MF:矢島慎也、奥野耕平、山本悠樹、倉田秋 FW:パトリック、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 2020.11.25 11:55 Wed
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly