浦和GK鈴木彩艶が契約更新 昨年2月にクラブ史最年少の16歳でプロ契約

2020.08.22 18:50 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
浦和レッズは22日、U-20日本代表GK鈴木彩艶(18)との契約更新を発表した。鈴木は浦和ユースに所属した昨年2月1日、クラブ史上最年少の16歳5カ月11日でプロ契約を締結した。

18歳の誕生日だった前日21日に契約を更新したという鈴木はクラブ公式サイトで次のようにコメントした。

「今回、浦和レッズとの契約を結ぶことができました。ジュニアのころからお世話になっているクラブですし、とてもうれしく思っています。家族含め、いつも支えていただいている多くの方々に対して、感謝の気持ちでいっぱいです」

「シュートを止めること、そしてスローやキックからチャンスを作り出すことが自分の武器だと思っています。まずは、自分の憧れの場所である、埼玉スタジアムでプレーするために日々努力をしていきます。引き続き、応援をよろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

浦和が堅守C大阪に3発逆転勝利! ホーム連勝で4戦無敗に《J1》

24日、明治安田生命J1リーグ第24節の浦和レッズvsセレッソ大阪が埼玉スタジアム2002で行われ、3-1で浦和が勝利した。 3試合負けなしの浦和は前節、3連敗中だったホームでベガルタ仙台に6-0と完勝。その試合から出場停止の宇賀神に代わって左サイドバックに山中をチョイスした。一方、C大阪は前節、横浜F・マリノスに4-1で圧勝。その試合で2ゴールを記録した豊川が今季2度目のスタメン出場となった。 好調同士による両者の一戦は試合序盤からセットプレーを活用するC大阪が浦和ゴールに迫っていく。それでも大きなチャンスを作ることはできず、静かな序盤戦となったなか、C大阪が22分に決定機。レアンドロ・デサバトからのフィードに反応した豊川がボックス右からシュートを放ったが、GK西川の好セーブに遭う。さらにこぼれ球に奥埜が反応するも、こちらは槙野の対応に遭った。 これでペースを掴んだC大阪は28分、西川のゴールキックを自陣ハーフライン付近で木本が弾き返すと、このボールに反応した豊川が岩波と入れ替わり、中に切れ込んでボックス中央手前から右足シュート。槙野の股下を抜けたボールがゴール左に決まり、先制に成功する。 リードを許した浦和は失点から4分後の32分、高い位置で長澤がボールを奪取すると、武藤を経由してボックス左の汰木の足元へ。スピードを活かしたドリブル突破を試みると、瀬古に倒されてPKを獲得。キッカーの興梠のシュートはGKキム・ジンヒョンに触られながらも、ゴールネットを揺らしてスコアをタイに戻した。 その後は主導権を握られる展開となった浦和だが44分、敵陣中央右サイドから供給した長澤のクロスは相手DFにクリアされるが、敵陣中央で山中がセカンドボールを回収。ボックス中央手前から左足を振り抜くと、低弾道シュートがゴール前の瀬古に当たってゴールイン。見事に逆転に成功した。 後半は1点ビハインドで試合を折り返したC大阪が立ち上がりからチャンスを作るなか、浦和は57分と58分に立て続けに武藤に追加点のチャンスが巡ってくるも、どちらのシュートも枠に飛ばすことはできない。 65分に奥埜を下げてブルーノ・メンデスを送り込んだアウェイチームは69分、敵陣中央でボールを収めた清武が右サイドへ展開。駆け上がってきた片山のクロスをファーサイドのブルーノ・メンデスがヘディングシュートに繋げたが、GK西川のファインセーブに遭ってしまった。 対して、浦和は71分にレオナルドと古巣対戦の杉本を投入した直後、敵陣左サイド深くを突破した汰木がマイナスへクロス。ファーストプレーとなるレオナルドが対峙したDFのタイミングを外してから右足シュートを放つと、GKキム・ジンヒョンに弾かれたボールをマルティノスが押し込んで決定的な3点目を奪った。 その後、西川潤など5枚の交代カードを切ったC大阪に反撃を許さなかった浦和が3-1で逃げ切り。逆転勝利を収めて、4戦無敗となる2連勝を達成。敗れたC大阪は3試合ぶりの黒星となった。 浦和レッズ 3-1 セレッソ大阪 【浦和】 興梠慎三(前34) 山中亮輔(前44) マルティノス(後26) 【C大阪】 豊川雄太(前28) 2020.10.24 19:11 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第24節:浦和vsC大阪】浦和のケチャップは出続けるか? C大阪は2位死守へ

【明治安田生命J1リーグ第24節】 2020年10月24日(土) 17:00キックオフ 浦和レッズ(9位/37pt) vs セレッソ大阪(2位/48pt) [埼玉スタジアム2002] ◆ホームで連勝へ、ケチャップは残っているか【浦和レッズ】 前節はホームにベガルタ仙台を迎えて6-0と圧勝。ホームでは実に8月29日の大分トリニータ戦以来6試合ぶりの白星となった。 この試合では立ち上がりから積極的なプレーを見せると8分に鮮やかな連携から長澤和輝が先制点。その後は“仙台キラー”の興梠慎三が2ゴール、途中出場のレオナルドが2ゴールを挙げるなど、大量6ゴールを奪った。 直近7試合で4ゴールしか奪えなかった浦和は、まさに詰まっていたケチャップが出た状況。その勢いを、今節もホームで見せられるか、真価が問われる試合となる。 チーム状態は上向いているが、この先は上位との試合やアウェイ4連戦など険しい道が続く。浦和の意地を見せるためにも、ここで上位を叩いておきたいところだ。 ポイントとなるのは中盤での守備からのショートカウンター。高いポゼッションを誇るC大阪のパス回しをどこで奪っていくのか、連動した動きが勝敗を分けるだろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、岩波拓也、槙野智章、山中亮輔 MF:マルティノス、長澤和輝、エヴェルトン、汰木康也 FW:武藤雄樹、興梠慎三 監督:大槻毅 ◆まずは良い守備から、2位を死守へ【セレッソ大阪】 前節は1週間前、ホームに横浜F・マリノスを迎えて4-1と快勝を収めたC大阪。奥埜博亮、豊川雄太が効率よく2点ずつ決めて勝利した。 一時は5試合で1勝4敗と一気に調子を落とし、気がつけば首位の川崎フロンターレははるか遠い存在に。優勝争いよりも、2位を死守することから考えなくてはいけなくなってしまった。 それでもチームの状態は上向き。ホームで連勝を収めただけに、ここでもう一度勝ちグセをつけたいところだ。 ポイントは持ち味である堅い守備から、効果的な攻撃を仕掛けられるかどうか。良い守備でペースを掴んで、一気に攻撃に転じたいところ。浦和守備の隙をしっかりと突いていきたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:片山瑛一、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、レアンドロ・デサバト、藤田直之、清武弘嗣 FW:奥埜博亮、ブルーノ・メンデス 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ 2020.10.24 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和が4連敗中の埼スタで仙台に6ゴール大勝! 2発の興梠はJ1通算得点数をさらに更新《J1》

明治安田生命J1リーグ第23節の1試合が18日に埼玉スタジアム2002で行われ、ホームの浦和レッズがベガルタ仙台を6-0で下した。 2試合ぶりの白星を狙う9位浦和は目下4連敗中のホームで勝ち点3を今節に。先発メンバーは前節と同じ顔ぶれが並び、J1歴代5位タイとなる通算152得点の興梠もさらなる記録更新を目指して、スタートからピッチに立った。一方、ここ12試合で白星から遠ざかる仙台は過去、0勝4分け13敗と負のジンクスがつきまとう敵地での一戦に。前節から5選手が入れ替わり、シマオ・マテ、飯尾、田中、石原、イサック・クエンカを起用して鬼門突破を目指した。 試合は浦和の高い位置での守りから動く。橋岡がビルドアップを試みた田中からボールを奪取した8分、武藤がバイタルエリア中央に縦パスを出すと、汰木がスルー。受けた興梠がボックス左にスルーパスを出して、汰木がヒールで味方にボールを繋ぐ。最後は汰木の背後にいた長澤が右足シュートを流し込み、浦和が先取する。 浦和の華麗なパスワークに守りを崩された仙台は押し込む時間を作りながら反攻に出るが、36分に浦和がバイタルエリア右の位置でFKのチャンス。キッカーのマルティノスが左足で直接狙ったボールが壁の上を越えてそのまま右に決まり、浦和が突き放す。同点を目指した仙台だったが、2点ビハインドの展開を強いられてしまう。 さらに、浦和は仙台のミスを突く。38分、敵陣中央で相手からボールをかっさらった汰木が縦にスルーパスを供給すると、ボックス内に抜け出した興梠がGKヤクブ・スウォビィクとの交錯で倒され、PKのチャンスを獲得。浦和加入後の対仙台戦で15試合16得点と抜群の相性を誇る興梠自らが決め切り、前半だけで3点リードに成功する。 流れが悪く、40分に柳と蜂須賀の交代を早々に施した仙台はハーフタイム明けにも椎橋を下げて松下を投入。その後半も押し込む形を作り出すが、次のゴールも浦和。51分、左サイドでドリブルを仕掛けた汰木がボックス中央に浮き球パスを出すと、興梠が頭で合わせる。J1歴代4位タイの154得点目がゴール左に決まった。 後半も失点を重ねた仙台は53分に興梠と宇賀神がお役御免となり、山中とレオナルドを送り出してきた浦和を攻め立てるが、57分にもピンチ。完全に最終ラインの裏を抜け出したレオナルドにGKヤクブ・スウォビィクとの一対一に持ち込まれてしまい、右足シュートを許したが、右ポストに救われ、辛うじて5失点目を回避する。 しかし、どこかで反撃の糸口を見いだしたい仙台が59分に3枚目のカードで長沢を送り出したなか、浦和は67分にマルティノスが山中のドリブルから生まれたこぼれ球を回収して、ボックス左から左足で折り返すと、ゴール前のレオナルドがプッシュ。うまくいっていない仙台を尻目に今季最多5得点目で勝負の行方をほぼ決してみせる。 その浦和は残るカードで柴戸や杉本、関根を送り込み、古巣戦の関口と山田を投入してきた仙台を相手にペースを握り続け、速攻に転じた86分に右サイドからのクロスに反応したゴール前のレオナルドが右足トラップからシュートを決めて、チーム6得点目。浦和が今季最多得点での大勝劇でホーム4連敗の悪い流れを断った。 浦和レッズ 6-0 ベガルタ仙台 【浦和】 長澤和輝(前8) マルティノス(前36) 興梠慎三(前39、後6) レオナルド(後22、後41) 2020.10.18 18:03 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第23節:浦和vs仙台】ホーム4連敗中の浦和にとってのターニングポイント、12戦未勝利の仙台を迎え撃つ

【明治安田生命J1リーグ第23節】 2020年10月18日(日) 16:00キックオフ 浦和レッズ(9位/34pt) vs ベガルタ仙台(16位/13pt) [埼玉スタジアム2002] ◆ホームで5戦勝ちなし、4連敗で止められるか【浦和レッズ】 前節は柏レイソルを相手にアウェイで1-1のドロー。連勝こそならなかったが、チームとしてみせたパフォーマンス、試合内容は手応えがあったはずだ。 1つは柏のエースFWオルンガを封殺したこと。江坂任に決められ失点こそ喫したが、オルンガに仕事をさせなかったことは1つ自身になったはずだ。 また、攻撃陣もちぐはぐさが拭えない試合が続いた中、柏戦は1点に終わったものの、攻撃に厚みを持たせられ、後はフィニッシュの精度といったところまできた。やっと、チームとして1つ課題がクリアできそうな状態だ。 今シーズンの浦和は様々なところで問題が出ては、1つずつ乗り越えてきた。この柏戦で掴んだ手応えを結実させるためには、今節の仙台戦で気持ちよく勝ち点3を獲得したいところ。6試合ぶりのホーム戦勝利を目指す。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、トーマス・デン、槙野智章、宇賀神友弥 MF:マルティノス、長澤和輝、エヴェルトン、関根貴大 FW:武藤雄樹、興梠慎三 監督:大槻毅 ◆泥沼の12戦未勝利、我慢は続く【ベガルタ仙台】 前節はホームに横浜FCを迎えて0-0のゴールレスドロー。連敗を免れはしたが、決してポジティブに捉えられる結果ではないだろう。 失点こそしなかったものの、横浜FCのプレスの前にビルドアップが全く機能せず、チームとして戦えていない状況に。得点の匂いが全くしないまま90分を終えていた。 連敗こそ免れたが、12戦未勝利。いくら降格がないシーズンとはいえ、そろそろ上積みが欲しいところだろう。 当然選手層が厚くない中でケガ人が多く出ている状況を考えれば、難しいところは多々ある。一方で、ピッチに立っている選手が体現したいサッカーを披露できていないことも事実。チーム力を上げるためにも、目の前の1試合に向かってしっかりとプレーしたいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:柳貴博、シマオ・マテ、平岡康裕、パラ MF:浜崎拓磨、椎橋慧也、関口訓充 FW:道渕諒平、長沢駿、アレクサンドレ・ゲデス 監督:木山隆之 2020.10.18 11:25 Sun
twitterfacebook
thumb

先制許した浦和が後半怒涛の反撃! 興梠弾で追いつくも柏とドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第22節の柏レイソルvs浦和レッズが14日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、1-1の引き分けで終わった。 7位・柏は、前節のヴィッセル神戸戦で怒涛の反撃を受けるも、4-3で勝利。中3日で行われる今節だが、メンバー変更はなし。オルンガを筆頭に強力アタッカー陣を引っ提げてホームで公式戦4連勝を狙った。 対する9位・浦和は、前節のサガン鳥栖戦を後半アディショナルタイム弾で1-0で制し、3連敗をストップ。その試合から柏木と関根に代えて長澤と前節に劇的ゴールとなったプロ初得点を挙げた汰木を先発起用し、連勝を目指した。 立ち上がり数十秒で浦和がチャンスを作る。汰木のスルーパスでディフェンスの背後を取った武藤がボックス中央へパス。これに走り込んだ興梠がシュートも、ゴール右へ逸れてしまった。 徐々に押し込まれる時間が続いたが、浦和は11分にも決定機。ロングフィードを武藤が収めると、左サイドの汰木へ預ける。そこからゴール前に動き出した興梠へパスを通すと、左足シュート。しかし、GKキム・スンギュのビッグセーブに阻まれた。 長短のパスを駆使して支配率を高める柏は19分、敵陣中央の右サイドから川口がラフにクロスを入れる。これにオルンガがディフェンスと競り合いながらシュートを狙ったが、GK西川に処理された。36分には江坂のフリックにクリスティアーノがダイレクトシュート。強烈なシュートもGK西川に弾き出された。 流れの中でこれといった決定機を迎えられていなかった柏だったが、41分に先制に成功する。三丸からの浮き球のパスをディフェンスラインの裏に抜けた江坂が受けると、そのままボックス左へ侵入。すると、カットインから放ったシュートは、ディフェンダーの股下を通りニアサイドのネットを揺らした。 追い掛ける浦和は失点直後に反撃。42分、ボックス左から武藤がクロスを入れる。これにマルティノスが右足で合わせるも枠を捉えられず、1点ビハインドで試合を折り返した。 早い時間に追い付きたい浦和は49分に決定機。マルティノスの展開に左サイドで受けた汰木がクロスを入れる。ゴール前で待つ武藤がフリーでヘディングシュートを放ったが、GKキム・スンギュの正面に飛んでしまう。 それでも、54分の武藤のシュートなどで攻め立てると、59分に同点に。マルティノスの右CKを槙野が頭で合わせる。このシュートは左ポストに弾かれたが、これを汰木が詰める。シュートはミートしなかったが、これに飛び込んだ興梠が肩で押し込んだ。汰木のオフサイド、興梠のハンドが疑われたが、結局ゴールは認められた。 後半、流れを持っていかれる柏は65分、ラフなロングフィードにオルンガ。ディフェンスとの競り合いを制して左足でシュートもGK西川がキャッチする。 時間が経過するにつれてオープンな展開に。62分に山下、67分に鵜木を送り出した柏は、オルンガをターゲットにチャンスをうかがう。一方、押せ押せの浦和はレオナルド、杉本、柴戸を投入して逆転を狙う。 すると、浦和は85分にボックス中央手前の良い位置でFKを獲得する。これをマルティノスが壁を越して落すもゴール右へ外れ、逆転ゴールは奪えず試合終了。1-1の引き分けで終了した。 柏レイソル 1-1 浦和レッズ 【柏】 江坂任(前41) 【浦和】 興梠慎三(後14) 2020.10.14 21:50 Wed
twitterfacebook