東京五輪世代MF松本泰志が広島から福岡にレンタル

2020.08.20 18:48 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンフレッチェ広島は20日、MF松本泰志(21)がアビスパ福岡に期限付き移籍することを発表した。埼玉県出身の松本は昌平高等学校卒業後、2017年1月に広島に入団。東京オリンピックの日本代表入りも期待される逸材で、昨年5月にはその東京五輪世代中心でコパ・アメリカに臨んだ日本代表に初選出された。


昨季は明治安田生命J1リーグで15試合に出場したものの、今季はここまでベンチ入りも出来ず、出場機会を求めて福岡に移籍することになった。

松本は両クラブの公式サイトを通じて、広島には成長を誓い、福岡にはJ1昇格に貢献したいと意気込みを語った。

◆サンフレッチェ広島
「今の時期に移籍するのはチームに迷惑がかかると思いましたが、自分の成長のため、決断しました」

「この状況の中でも移籍を許してくれたクラブに感謝したいです。福岡で成長できるように頑張ってきます。引き続き応援をよろしくお願いします」

◆アビスパ福岡
「サンフレッチェ広島から加入しました松本泰志です。自分の持てる力をすべて発揮してJ1昇格に貢献できるように頑張ります。応援をよろしくお願いします」
関連ニュース
thumb

山形監督解任の石丸清隆氏がコメント 「こういう形でクラブを離れるのは非常に心残り」

モンテディオ山形は23日、監督解任が発表された石丸清隆氏(47)のコメントを発表した。 石丸氏は昨季から山形の指揮を執り、明治安田生命J2リーグ7位でフィニッシュ。しかし、今季は9試合を消化して、1勝4分け4敗の20位に低迷しており、22日に解任が決定した。 コーチの佐藤尽氏が代理で指揮を執ることが決まったなか、石丸氏はクラブを通じて志半ばの退任を悔やみつつ、チームの巻き返しを願った。 「モンテディオ山形のファン、サポーターのみなさま、そしてスポンサーのみなさま、いつも応援、サポートをいただきありがとうございます」 「今季は思うような結果を出せなかったことに強く責任を感じております。ただ、選手、スタッフとチーム一丸となり戦えたことは本当に誇りに思いますし、みんなには感謝の気持ちでいっぱいです」 「こういう形でクラブを離れるのは非常に心残りですが、モンテディオ山形が発展していくことを願っています。これからもモンテディオ山形をよろしくお願いします」 2021.04.23 15:10 Fri
twitterfacebook
thumb

桐蔭横浜大GK早坂勇希、「愛し続けた」川崎Fへ加入内定

川崎フロンターレは22日、桐蔭横浜大学に所属するGK早坂勇希(21)の来季加入が内定したことを発表した。 U-12からU-18まで同クラブの下部組織に在籍していた早坂。大学では現在は背番号1を背負い、今年1月に行われた「#atarimaeni CUP」ではベスト8進出に貢献した。 2020年には関東選抜Aとして、全国の選抜チームが集まった「デンソーカップチャレンジサッカー熊谷大会」で優勝。大学ナンバーワンGKとの呼び声も高く、川崎Fが呼び戻すことも噂されていた。 そして、この度復帰が決まった早坂は、クラブの公式サイトを通じて喜びと意気込みを語っている。 「この度、川崎フロンターレに加入することになりました桐蔭横浜大学の早坂勇希です。夢であったプロサッカー選手として、愛し続けた川崎フロンターレでスタート出来る事を大変嬉しく思います。家族をはじめ、関わって下さったすべての方々に感謝しております。これからも恩返しができるよう更に努力し頑張りたいと思います。よろしくお願いします」 2021.04.22 16:33 Thu
twitterfacebook
thumb

降格圏の山形が石丸清監督の解任を発表、開幕からわずか1勝で現在20位

モンテディオ山形は22日、成績不振により石丸清監督(47)の解任を発表した。 クラブの発表によると、「今シーズンの成績などを総合的に判断」と解任理由を説明。後任が決まるまでは、佐藤尽コーチが暫定的に指揮を執ることとなる。 石丸監督は2020シーズンから監督に就任。2020シーズンは17勝11分け14敗の成績で7位でシーズンを終えていた。 J1昇格を目指す今シーズンは、開幕から結果が出ないと、ここまで1勝4分け4敗の20位と降格圏に位置していた。 暫定監督の佐藤コーチは、北海道コンサドーレ札幌の下部組織で監督を務めた他、京都サンガF.C.でもコーチを務めていた。 2021.04.22 10:49 Thu
twitterfacebook
thumb

代表合宿にも参加経験ある元熊本MF相澤祥太が南葛SCに加入「南葛SCのJリーグ入りという目標のために」

ロアッソ熊本は21日、昨シーズン限りで退団していたMF相澤祥太(25)の移籍先が決定したことを発表した。 相澤は関東サッカーリーグ2部の南葛SCへと完全移籍することとなる。 相澤は流通経済大学付属柏高校から流通経済大学へと進学。在学中の2016年3月にはロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア2次予選のアフガニスタン代表戦に向けた日本代表の練習にトレーニングパートナーとして参加した経歴を持っていた。 大学卒業後はサウスウエスト・クイーンズランド・サンダーFC(オーストラリア)や鎌倉インターナショナルFC(当時神奈川県社会人サッカーリーグ2部)でプレー。2020年2月に熊本へと加入し、Jリーグに挑戦した。 2020シーズンは明治安田生命J3リーグで15試合に出場したものの、1シーズンで契約満了を迎えていた。 相澤は南葛SCを通じてコメントしている。 「このたび、南葛SCに加入することになりました相澤祥太です。自分の生まれ育った葛飾に、魅力あるクラブがあり、自分も南葛SCや葛飾区の発展に力になりたいと思い加入させていただきました」 「また、南葛SCは『キャプテン翼』のチームということで、「ボールは友だち」というコンセプトのチームなので、自分も技術的な部分でもチームに貢献して、南葛SCのJリーグ入りという目標のために少しでも力になれるように頑張ります」 2021.04.21 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

今季未勝利の仙台、イサック・クエンカが退団…スペインで右ヒザの治療に専念

ベガルタ仙台は20日、スペイン人MFイサック・クエンカ(29)の退団を発表した。 クエンカは、バルセロナの下部組織出身で、サバデルやアヤックス、デポルティボ・ラ・コルーニャ、ブルサスポル、グラナダ、ハポエル・ベエルシェバなどでプレー。2019年にサガン鳥栖へと加入した。 鳥栖では、明治安田J1で29試合に出場し6得点を記録。YBCルヴァンカップでも3試合に出場していたが1年で退団。2020シーズンに仙台へと完全移籍した。 仙台では開幕前に右ヒザ半月板損傷の重傷を負い手術。それでも明治安田J1で15試合に出場していた。 今シーズンはフル稼働が期待された中、右ヒザの状態が思わしくなく、ここまでプレーして居なかった。 クラブは右ヒザのケガについて慎重に協議を重ねたものの、クエンカがスペインで治療に専念することを決めたため、退団すると発表した。 クエンカはクラブを通じてコメントしている。 「最高のレベルのプレーを示すことができなかったことをお詫びしたいと思います。これからベガルタ仙台が繫栄し、J1に残り(仙台の)町の人たちが幸せになることを望んでいます」 2021.04.20 14:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly