新戦力のジュニオール・サントス&前田大然がゴール!横浜FMが清水との打ち合い制す《J1》

2020.08.19 21:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
19日、明治安田生命J1リーグ第11節の清水エスパルスvs横浜F・マリノスがIAIスタジアム日本平で行われ、3-4で横浜FMが勝利を収めた。前節はアウェイでベガルタ仙台相手にゴールレスドローとなった清水。前節からは1名変更。金井貢史に代わり奥井諒が右サイドバックに入った。

対する横浜FMは前節アウェイで大分トリニータに敗戦。前節から6名もスタメンを変更。仲川輝人が5試合ぶりに先発復帰。前田大然が連続で先発、ジュニオール・サントスが初先発となった。

開始2分、初先発のジュニオール・サントスがいきなり見せる。自陣で縦パスを受けると、ターンからドリブルを仕掛ける。ヘナト・アウグストに付かれながらもドリブルで運ぶと、ボックス手前でファン・ソッコの対応も物ともせずシュート。左ポストに当たってゴールとなった。これがJリーグ初ゴール。

11分にも横浜FMがビッグチャンス。左サイドを崩すとボックス手前で受けたジュニオール・サントスが右足一閃。しかし、GK梅田がセーブ。こぼれ球を仲川がシュートも、オフサイドとなる。

先制された清水だったが12分、竹内からのパスを受けた西澤がボックス内左からシュート。ニアサイドのゴール右隅上に正確なシュートを沈め、清水が同点に追いつく。なお、これが清水のJ1リーグ1300ゴール目となった。

同点に追いついた清水だったが、横浜FMが突き放す。19分、高野がボックス手前でボールを持ちドリブルでサイドに開きながらクロス。これをファーサイドに動きながら前田がヘッド。コースを狙ったヘディングが決まり、横浜FMが勝ち越しに成功する。

28分に清水がチャンス。右サイドをヘナト・アウグストが仕掛けると、奥井へパス。奥井がボックス内右からマイナスのクロスを送ると、最後は竹内がダイレクトシュートも、枠を外れていく。

その後も横浜FMが攻め込む時間が続くが44分に清水がラッキーな形で同点に追いつく。右サイドでボールを持った金子がアーリークロス。これに対応したチアゴ・マルチンスの足に当たったボールがラインを割り、清水がオウンゴールで同点に追いついた。

横浜FMは前田に代えてエリキを後半開始から投入。勝ち点3を目指して攻撃に変化を加える。

後半は互いに攻め込む展開も、なかなか相手ゴールに迫ることができない。決定機を作れない中、68分に横浜FMは松田、扇原、渡辺を投入。清水は鈴木と金井を投入する。

そのまま試合終盤に差し掛かるが、横浜FMが一瞬の隙を突く。84分、渡辺のパスを受けたジュニオール・サントスがボックスに差し掛かったところで右足を振り抜くと、ヴァウドの股間を抜いたシュートが左サイドネットを揺らし、横浜FMが勝ち越しに成功する。

さらに86分には波状攻撃を仕掛けた横浜FMがボックス手前から高野がアーリークロス。これに渡辺が抜け出しダイビングヘッド。リードを2点に広げる。

突き放された清水だったが90分に意地を見せる。右CKからのクロスがボックス内で浮き球となると、ティーラシン・デーンダーのヘッドが左ポストに直撃。跳ね返りに金井が体を投げ出して飛び込み、1点を返す。

アディショナルタイムは5分あった中、清水が圧力をかけて攻めるも最後のチャンスはヴァウドがオーバーラップからヘッドもゴールならず。横浜FMが逃げ切りに成功した。

清水エスパルス 3-4 横浜F・マリノス
【清水】
西澤健太(前12)
オウンゴール(前44)
【横浜FM】
ジュニオール・サントス(前2、後39)
前田大然(前19)
渡辺皓太(後41)
コメント
関連ニュース
thumb

不屈のG大阪がパトリック弾で札幌に逆転勝利! 10戦負けなしの単独2位で大阪ダービーへ《J1》

明治安田生命J1リーグ第25節の1試合が31日にパナソニック スタジアム 吹田で催され、ホームのガンバ大阪が北海道コンサドーレ札幌を2-1で下した。 ここ9試合を8勝1分け負けなしでACL出場圏の2位タイに浮上したG大阪は2試合連続のホーム戦。先発の顔ぶれをパトリックと渡邊を変更するにとどめたなか、不祥事で謹慎処分のアデミウソンに代わり、今季J3リーグ20試合の出場で10得点を挙げる18歳の唐山が未経験のJ1リーグで3度目のベンチ入りを果たした。 一方、ここ2試合をいずれも勝利で飾り、その間の守りも無失点中の13位札幌は今季初の3連勝がかかる今節に向け、新型コロナウイルスの陽性反応で欠場した菅の代わりに白井を起用。メンバー外のジェイに代わり、ドウグラス・オリベイラを先発に抜擢したほか、戦線離脱が続いたチャナティップがベンチ入りした。 状態良好の両者が相対した一戦はアウェイの札幌が相手の出方をうかがうことなく、高い位置からのプレッシャーも駆使しながら攻め立てると、早々にゴールをこじ開ける。右サイド深くの駒井が右足クロスをゴール前に供給した9分、ドウグラス・オリヴェイラが右足ダイレクト。これがゴール右下隅に吸い込まれた。 勢いそのままにドウグラス・オリヴェイラの2戦連発弾で先取した札幌だが、G大阪もセットプレーからの二次攻撃で追いつく。16分、ボックス内の渡邉が左サイド深くの宇佐美からの鋭いパスを収め、後方からボールを受けに回った井手口に展開。井手口がDFを冷静にいなしながら右足シュートをゴール右下に決めた。 井手口の今季3ゴール目で早い時間帯にイーブンに戻したG大阪だが、その後も札幌がボールホルダーに徹底してくる前からの鋭い寄せに苦しむ。そのなかで、札幌が34分、左サイドに張った福森が浅めの位置から左足でクロスを送り、駒井がヘッド。相手の意表を突いたが、GK東口が冷静に止め、勝ち越しを許さない。 後半も一進一退の攻防が続いた試合は前半の終盤から徐々に攻め入る場面を増やしたG大阪がハーフタイム明けの早々にセットプレーからの二次攻撃でゴールに迫るなど、盛り返す展開に。やや守勢に回り始めた札幌は60分、金子と荒野の交代カードを切って、相手に傾きかかった流れを再び引き寄せにかかる。 しかし、次のゴールは札幌の交代から1分後に矢島や川崎、パトリックを投入したG大阪。敵陣左サイド深くでFKのチャンスを獲得した62分、ピッチを退いた宇佐美に代わり、キッカーを務めた山本が右足クロスをゴール前に送り、パトリックが反応する。これがパトリックの1stタッチだったが、頭に当てて軌道が変化したボールが吸い込まれた。 G大阪の思い切った3枚替えが的中する形で勝ち越しを許した札幌は反撃に転じるが、64分に金子のボックス右からのクロスにファーサイドで合わせた白井のシュートはGK東口がゴールラインを割るぎりぎりのところで処理。その後も攻め立てた札幌だが、G大阪の要所を締めた守りに遭い、追いつけない。 最後のところで身体を張ったG大阪の守りが際立つなか、チャナティップや早坂を送り込み、猛攻を続ける札幌は左CKのチャンスを獲得した88分、荒野のシュートがGK東口の好セーブに遭った流れからキム・ミンテが右足でフィニッシュ。しかし、クロスバー内側に当たり、ゴールライン上の際どいところに落ちたボールをパトリックにクリアされ、絶好機を逸する。 結局、タイトな守りで札幌の反撃を凌ぎ切ったG大阪が逆転勝利を飾り、3連勝を達成。10試合負けなしで単独2位に浮上して、次節のセレッソ大阪との大阪ダービーを迎えることとなった。 ガンバ大阪 2-1 北海道コンサドーレ札幌 【G大阪】 井手口陽介(前16) パトリック(後17) 【札幌】 ドウグラス・オリヴェイラ(前9) 2020.10.31 21:05 Sat
twitterfacebook
thumb

同勝ち点対決は名古屋に軍配! ファン・アラーノの退場響いた鹿島は3試合黒星《J1》

31日、明治安田生命J1リーグ第25節の鹿島アントラーズvs名古屋グランパスが県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-0で名古屋が勝利を収めた。 連勝中の鹿島(6位/勝ち点45)は1-0で勝利した前節のサンフレッチェ広島戦からスタメンを1人変更して、直前にベンチ外となった三竿の代わりに永木をチョイス。一方で、前節ベガルタ仙台に1-0で辛勝して連敗をストップさせた名古屋(5位勝ち点45)は、その一戦から前田が外れて古巣戦の相馬が起用された。 同勝ち点対決となった一戦はアウェイの名古屋が決定機をいきなりモノにする。6分、古巣戦となる和泉に蹴られる形でマテウスがボックス右で倒されてPKのチャンスを獲得。キッカーを務めた金崎がGK沖の逆を突くシュートをゴール右に蹴り込んで名古屋が幸先良く先制に成功した。 早くも追いかける展開となった鹿島がボールを保持して試合は推移していくなか前半半ばにアクシデント。成瀬と衝突した和泉がプレー続行不可能となり、荒木がイン。一方、名古屋も20分を過ぎたあたりから足を痛めていたオ・ジェソクが負傷交代となり、両チームとも33分に選手交代を余儀なくされた。 カウンターから攻撃の形を作る名古屋は36分、吉田のクリアボールに抜け出した金崎がバイタルエリア左から並走していたマテウスに横パス。しかし、カバーリングに戻っていたレオ・シルバにクリアされてしまい追加点のチャンスを逃した。 前半終盤から名古屋陣内に一方的に攻め込んだ鹿島は後半立ち上がりも依然として攻勢。55分には自陣からドリブルで持ち運んだファン・アラーノがボックス中央手前からミドルシュートを放つも、GKランゲラックが立ちはだかる。 61分に土居と遠藤を投入して攻撃の活性化を図りにかかる鹿島だったが、62分にイエローカードを提示されたファン・アラーノがその5分後に2枚目のイエローカードを貰い退場に。20分以上も1人少ない状況での戦いを余儀なくされた。 75分に中盤の要である米本が負傷でピッチを退いた名古屋は81分、敵陣左サイド深くでFKを獲得。マテウスがアウトスイングのクロスを供給すると、ファーサイドの金崎がヘディングシュート。GK沖のビッグセーブでこぼれたボールに相馬が反応したものの、GKの正面に飛ばしてしまう。 85分に名古と松村を投入して3バックにシステム変更した鹿島に対して、名古屋が後半アディショナルタイムに追加点。GK沖のクリアボールをシミッチが跳ね返すと、バイタルエリア左サイドの阿部がボックス内にダイレクトパス。ボックスやや右寄りの位置からマテウスが冷静に右足ループシュートを決めきった。 このまま逃げ切った名古屋が2-0で完封勝利。2連勝で暫定ながら2位に浮上した。一方、連勝が「2」でストップした鹿島は3試合ぶりの黒星。上位進出に向けて痛い敗戦となっている。 鹿島アントラーズ 0-2 名古屋グランパス 【名古屋】 金崎夢生(前7) マテウス(後47) 2020.10.31 19:13 Sat
twitterfacebook
thumb

オルンガ不在の柏、ゴールが遠く清水にゴールレスドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第25節の柏レイソルvs清水エスパルスが31日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。 8位の柏は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の日程の関係で28日に行われたFC東京戦を3-1で勝利して連敗をストップ。それから中2日で開催される今節には、北爪、オルンガに代えて川口、呉屋を起用し連勝を目指す。オルンガはベンチ外となった。 対する17位の清水は、1-1のドローで終えた直近のサガン鳥栖戦から2週間が空いた。ここまで54失点とJ1ワーストの数字となっている守備面の修正が要求されるなか、出場停止の立田や西村、鈴木、ジュニオール・ドゥトラに代えてエウシーニョ、金井、中村、金子を起用し7試合ぶりの白星獲得を狙う。 立ち上がりは前節の鳥栖戦でシュート2本に終わった清水が積極的な攻撃を見せる。4分に得た右CKからヘナト・アウグストがヘディングシュート。さらに、6分に中村がミドルシュートで柏ゴールを脅かす。 劣勢の時間が続いた柏も徐々に押し返す。16分に敵陣右サイドで受けた江坂がグラウンダーのクロスを供給。これがDFに当たりルーズボールになると、反応した呉屋が右足でシュートへ。29分には、左サイドの大谷がボックスに向かって強いパスを送ると、仲間のスルーから呉屋がチャンスに。ファーストタッチから強引に左足を振り抜いたが、得点には至らなかった。 清水はカルリーニョス・ジュニオが起点となり41分にチャンスを迎える。フィールド中央でディフェンスと入れ替わり、前を向いたカルリーニョス・ジュニオが前線へスルーパス。これを受けた後藤からのラストパスにボックス右からエウシーニョが飛び込んだが、わずかに合わせられなかった。前半終了間際には右CKからトリックプレーで決定機。西澤のグラウンダーのクロスをニアでエウシーニョがスルー。その背後のカルリーニョス・ジュニオがシュートというデザインされた攻撃を披露するも、GKキム・スンギュに阻まれて試合を折り返した。 思うように進められなかった柏はハーフタイムに3枚替え。山下、大谷、江坂に代えて染谷、小林、神谷を送り出し、布陣を[4-2-3-1]から[4-1-4-1]にし変更した。すると59分に決定機。右CKの跳ね返りを小林がもう一度ゴール前に入れ直すと、これに呉屋が左足を合わせにいったが、上手くミートできなかった。 柏のシステム変更に慣れ始めた清水は64分、右サイドからのFKを収めたカルリーニョス・ジュニオがゴール前でフリーとなるも、シュートも枠を捉えらず。77分にはセットプレーでチャンスを演出してきた西澤が今度は直接FKを狙うが、惜しくもクロスバーに弾かれてしまった。 以降はより積極的に出る両者の間でオープンな展開に。その中でより多くの最終局面を迎えた柏は、82分にクリスティアーノとのワンツーでボックス手前に侵入した神谷が左足でゴール右隅を狙うが、GK梅田にわずか触られたシュートは右ポストに当たりゴールは生まれなかった。その3分後に呉屋のヒールパスに神谷、88分に呉屋、後半アディショナルタイムにクリスティアーノと怒涛の攻撃を繰り出したが、ネットを揺らすことができず。 GK梅田の好守も光った清水は、試合終了間際に左サイドからのクロスからカルリーニョス・ジュニオがフィニッシュに持ち込むも、ゴールレスで試合終了。勝ち点1ずつの痛み分けとなった。 柏レイソル 0-0 清水エスパルス 2020.10.31 19:10 Sat
twitterfacebook
thumb

指宿の2戦連発で湘南が横浜FCにリベンジ! "神奈川ダービー"に勝利で3試合ぶり白星《J1》

明治安田生命J1リーグ第25節、湘南ベルマーレvs横浜FCが31日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、1-0で湘南が勝利した。 6連敗から一転して3試合無敗と調子を上げてきている湘南(16位/勝ち点14)。2-2で引き分けに終わった前節のサガン鳥栖戦からスタメンの変更はなく、23日にFC大阪から復帰したオリベイラがベンチ入りを果たした。 対するは、前節北海道コンサドーレ札幌に0-3で敗れて3試合ぶりに黒星を喫した横浜FC(14位/勝ち点24)。その試合から5名入れ替えた先発選手の中では、中山が今季3度目のスタメン出場、杉本は移籍後初先発を果たしたほか、2試合ぶりスタメンの一美が3試合ぶりの出場となる齋藤功佑と2トップを形成した。 下位に沈むチーム同士による神奈川ダービー。湘南は開始5分までに枠内シュートを2本放つなど、手数を掛けずに横浜FCゴールに迫っていく。一方の横浜FCはボールを保持して最終ラインからチャンスを窺う静かな序盤となる。 湘南のハイプレスに苦しみ、フィニッシュまで持ち込めなかった横浜FCは30分、高い位置でボールを奪った齋藤功佑がボックス左からシュートを放つも、GK谷に処理された。その直後には中山が右サイド深くから供給したボールに杉本がダイビングヘッドで合わせるも、右ポストに嫌われた。 ゴールレスで折り返した後半開始直後の47分に横浜FCに決定機。スローインの流れからボックス右に抜け出した中山がゴール左に右足シュートを放ったが、GK谷のファインプレーに阻まれてしまう。 後半開始から横浜FCペースに傾きかけたなか、湘南は58分にボックス中央手前で田中が安永に倒されてFKを獲得。キッカーの茨田は直接狙うと見せかけてクロスを選択すると、ゴール前で反応した指宿がヘディングシュート。フリーで至近距離からのシュートだったものの、こちらもポストに嫌われた。 78分に一美と杉本を下げて瀬沼と草野を投入した横浜FCに対して、湘南が79分に先手。舘からのパスを受けた岡本が敵陣ハーフライン付近からダイレクトでロングパス。ワントラップでボックス右に侵攻した指宿が右足シュートがゴール左に決まって、湘南が先制に成功した。 ビハインドとなった横浜FCは89分、ドリブルで仕掛けた斉藤光毅が対峙したDFを振り切り、ボックス左から弾道の低いクロスを供給。ニアサイドで反応した瀬沼が右足で合わせたが、またしてもポストに嫌われてしまい同点に追いつくことはできない。 後半アディショナルタイムには横浜FCの猛攻に遭ったものの、反撃を許さなかった湘南が1-0で勝利。2-4で敗れた前回対戦のリベンジに成功して3試合ぶりの勝利を収めた。一方、2試合連続で無得点に終わった横浜FCは今季5度目の連敗となっている。 湘南ベルマーレ 1-0 横浜FC 【湘南】 指宿洋史(後34) 2020.10.31 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和は3連勝ならず 古巣戦のGK西川奮闘も攻撃陣沈黙で大分と痛み分け《J1》

明治安田生命J1リーグ第25節の1試合が31日に昭和電工ドーム大分で行われ、大分トリニータvs浦和レッズは0-0のドローに終わった。 ここ3試合で白星から遠ざかる12位大分は前回対戦で1-2の敗北を喫した浦和をホームに迎え撃ってのゲーム。前節から先発4選手のメンバーチェンジを行い、高木、刀根、知念、高澤をスタートから起用した。一方、浦和はここ4試合で3勝1分けと負けなしの9位。今節も前節と同じ顔ぶれをスターティングメンバーに並べ、今季初の3連勝を目指した。 試合は4試合ぶりの勝利を目指す大分がキックオフから先にペースを掴みにかかり、古巣戦のGK西川が守る浦和のゴールマウスに襲いかかっていく。その大分の前になかなか攻撃の形を見いだせずにいた浦和だが、前半の終盤に入り、徐々にフィニッシュの場面が増加。長澤や興梠が立て続けにゴールに迫ったが、無得点でハーフタイムに突入した。 ゴールこそないものの、前半から良いリズムで攻撃を繰り出す大分は後半も立ち上がりから攻め立てる。55分には高い位置でのパスカットからバイタルエリア中央の知念が積極果敢にフィニッシュ。しかし、前半から随所に好守で立ちはだかるGK西川の牙城をまたしても崩せず、なかなか攻撃をゴールに結びつけられない。 後半も大分が再び攻勢を強めるなか、浦和は70分に興梠と武藤に代えてレオナルドと杉本の総入れ替えに動くと、78分にも宇賀神と関根もピッチへ。交代で流れを引き寄せようとするが、その効果も薄く、盛り返すには至らない。そのなかで、84分にレオナルドのスルーパスからマルティノスが左足を振り抜くが、枠外。スコアを動かせない。 すると、70分の島川投入に続いて、81分にも田中や三竿、野村をピッチに送り出した大分は88分にカウンターからビッグチャンス。右サイドを突破した田中の右クロスにボックス内の野村が頭で合わせる。力強いヘディングシュートが浦和ゴールに向かったが、惜しくもクロスバーに嫌われ、決まれば決勝点ものの好機を逸する。 その後、互いに残るカードを切り、勝利へのこだわりをみせるが、最後まで均衡破れず、試合終了のホイッスル。大分は4戦勝ちなしとなり、浦和も3連勝を逃す結果に終わっている。 大分トリニータ 0-0 浦和レッズ 2020.10.31 16:10 Sat
twitterfacebook