【CLプレビュー】アップセット連発のリヨンvsバルサを8発粉砕のバイエルン

2020.08.19 18:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)準決勝、リヨンvsバイエルンが19日28:00にポルトガルのジョゼ・アルバラーデでキックオフされる。ユベントスに続き準々決勝でマンチェスター・シティも撃破したダークホースのリヨンと、バルセロナを8発粉砕した圧倒的優勝候補のバイエルンによる決勝進出を懸けた一戦だ。

ラウンド16のユベントスに続き、優勝候補筆頭のシティを撃破する波乱を起こしたリヨン。ルディ・ガルシア監督の下、堅守速攻に磨きをかけるチームは、シティ戦では守備一辺倒になることなく多くのチャンスも生み出した中、3-1の勝利を手にした。10季ぶりの準決勝進出を果たした中、バイエルンをも下してクラブ史上初の決勝進出を果たせるか。

一方、バルセロナ戦ではハイプレスを敢行してバルセロナのビルドアップを遮断し、圧巻の8ゴールを叩き込んだバイエルン。90分に渡ってハードワークを徹底し、バルセロナとのチームとしての完成度の差を見せ付けた。歴史的大勝を飾って勢いに乗った中、優勝した2012-13シーズン以来7シーズンぶりの決勝進出へベストメンバーでリヨンに臨む。

リヨンとバイエルンはこれまで8度対戦しており、バイエルンからみて4勝2分け2敗となっている。直近の対戦は奇しくも10年前の準決勝で、その際はバイエルンがホームとアウェイで連勝して決勝に進出していた。

◆リヨン◆
【3-5-2】
▽リヨン予想スタメン

(C)CWS Brains,LTD.

GK:アントニー・ロペス
DF:デナイヤー、マルセロ、マルカル
MF:デュボワ、カケレ、B・ギマランイス、アワール、コルネ
FW:エカンビ、デパイ
負傷者: なし
出場停止者:なし
退団者:MFトゥザール

負傷者も出場停止者もおらず、ユベントス、シティ撃破のスタメンが引き続き起用されるはずだ。ただ、シティ戦で2ゴールを決めたM・デンベレがエカンビに代わってスタメン出場する可能性がある。

◆バイエルン◆
【4-3-3】
▽バイエルン予想スタメン

(C)CWS Brains,LTD.

GK:ノイアー
DF:キミッヒ、J・ボアテング、アラバ、アルフォンソ・デイビス
MF:チアゴ、ミュラー、ゴレツカ
FW:ニャブリ、レヴァンドフスキ、ペリシッチ
負傷者:なし
出場停止者:なし
退団者:なし

足首を痛めていたパヴァールが復帰したが、
大勝したバルセロナ戦のスタメンをいじることはないだろう。バルセロナ戦で途中出場したコマンに関してもベンチスタートが濃厚だ。

★注目選手
◆リヨン:MFフセム・アワール
Getty Images

ユベントス戦、シティ戦と出色のプレーを続けている22歳のフランス人MFに注目したい。自陣から持ち上がるドリブルで攻撃の時間を生み出すアワールは、劣勢の展開を強いられるリヨンにとって欠かせない存在。バイエルン戦でも押し込まれる展開が多くなることが予想されるが、アワールがボールを運ぶことで守備陣は大いに助けられるはずだ。CLでの活躍によりメガクラブの注目が更に増したアワールが3度目のアップセットを引き起こす。

◆バイエルン: MFレオン・ゴレツカ
Getty Images

今季のCLで14ゴールを荒稼ぎしているエースFWのレヴァンドフスキや、バルセロナ戦でも2ゴールの活躍を見せたMFミュラーらももちろん注目だが、バイエルンのハイプレス戦術を成り立たせているゴレツカに注目したい。バルセロナ戦でもミュラーと共に前線からプレスをかけつつ、タイミング良く攻撃に絡んで3点目をアシストして見せた。リヨンも攻守の切り替えが非常に鋭いチームではあるが、ゴレツカがバルセロナ戦のようにハードワークを徹底することができれば、個の能力で上回るバイエルンがユベントスやシティのように足をすくわれることはないはずだ。
コメント
関連ニュース
thumb

クーマンが来冬のデパイ獲得再挑戦意向を明らかに 「トライするつもり」

バルセロナのロナルド・クーマン監督がリヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイ(26)の獲得に再挑戦の意向を明らかにした。 今季からバルセロナの監督に就任したクーマン監督は今夏にウルグアイ代表FWルイス・スアレスを構想から外して、新たなアタッカーとしてオランダ代表監督時代に指導したデパイの獲得をクラブに要求。移籍市場終盤に個人合意も取り沙汰されたが、最終的に実現しなかった。 しかし、クーマン監督は諦めていないようだ。オランダ『AD』のインタビューで、来年1月のデパイ獲りに再挑戦する可能性を訊かれると、「その可能性は確かにある。デパイをここに連れてきたいから、獲得にトライするつもりだ」と述べ、こう続けた。 「しかし、クラブの財政事情が1月にどうなのかわからない。したがって、クラブ次第だ。私からすれば、待つことが唯一の問題。我々は(今夏に)メンフィスを欲した。彼が素晴らしい選手であり、クオリティがあるからだ」 「それに、私の意見として、彼は今の我々に欠けている素質を持っている。もちろん、私は事前に彼にも自分のアイデアを伝えてもいた。獲得の準備もしてあったが、ラ・リーガのルール的にもまず選手を売らなければならなかったんだ」 「で、最終的に実現しなかった。残念だが、メンフィスもその状況を知っていた」 なお、デパイとリヨンの契約は今季限り。そうした契約状況を受け、来年1月の移籍を視野に入れたコメントも残しているデパイだが、バルセロナのユニフォームに袖を通すことになるのだろうか。 2020.10.19 12:50 Mon
twitterfacebook
thumb

【德佩】このサッカー選手は誰?

サッカー選手の名前を中国語で表記したら…?中国では、基本的に海外の選手名やチーム名を漢字による音訳をして表記していますが、そのまま漢字に置き換えることが難しい場合もあり、愛称が用いられることも多くあります。 この企画では、あるサッカー選手の名前を中国語表記で出題します。それが誰を指すのか、当ててみてください! 問題:「孟菲斯·德佩」 さすがにこれだけでは分からない方も多いと思うので、ここでヒントです! ヒント①: 4歳の時に両親が離婚しており、苗字ではなく名前をユニフォームに入れることを好んでいます。 ヒント②: 中国語では「ニューデリー」を「新德里」と表記します。 ヒント③: サッカー界屈指のオシャレ番長、そして派手好きとして知られています。 ヒントを見て、もう分かった方もいるのではないでしょうか?それでは、正解発表です。 <div id="cws_ad"> <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIyQVNaY2ljYyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 正解はこちら! 「德佩」の読み方は…「デパイ」でした。そう、リヨンに所属するオランダ代表FWのメンフィス・デパイです。 今回はかなり難しかったのではないでしょうか?ヒントにもあるようにデパイのファッションは中々に奇抜なので、プレーだけでなく私服姿も見てみてください。 サッカー選手クイズ、いかがでしたか?気になる方は他の選手の名前もチェックしてみてください! 2020.10.18 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ行きならずのデパイ、来冬移籍を匂わす 「絶対に出て行くというわけじゃないが…」

今夏のバルセロナ行きが叶わなかったリヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(26)だが、次の移籍市場で新天地に向かう可能性を示唆した。 リヨンとの契約が今季最終年のデパイを巡っては今夏、かつてオランダ代表で師事したロナルド・クーマン監督の意向もあり、バルセロナが獲得に乗り出したが、最終的に実現しなかった。リヨンのスポーツディレクター(SD)を務めるジュニーニョ氏も今夏のデッドラインデイを前に移籍の可能性が高まっている状況を明かしたが、バルセロナがフランス代表FWウスマーヌ・デンベレを放出できず、デパイの取引もとん挫したものとみられる。 こうした背景を受け、リヨンで引き続きプレーすることが決まったデパイだが、シーズン途中の移籍も視野に入れているようだ。オランダ『AD』のインタビューで、リヨンとの契約状況を受け、他クラブとの交渉が解禁となる来年1月の移籍をほのめかした。 「そのうちわかる。もうすぐ1月がやってくる。物事がどうなるのか様子を見守り、待ってみないと。絶対に出て行くというわけじゃないが、すぐに他クラブが獲得に動いてくるだろうね。僕は26歳で、ほぼ自由の身。だから、他クラブが僕に興味を抱くのは期待できる」 今季終了を待たずして新天地を求める可能性をそう口にすると、バルセロナ行きが実現しなかった今夏も回想。「いくつかの規則が最終的な形にする妨げになった」と話している。 2020.10.12 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

「リヨンにいられてハッピー」 アーセナル行きが取り沙汰されたアワール、残留を喜ぶ

今夏の移籍が実現しなかったフランス代表MFフセム・アワール(22)だが、フランス『Telefoot』でリヨン残留という結果に満足感を示した。 公式戦41試合の出場で9得点10アシストを記録した昨季の活躍を受け、今夏にアーセナルを筆頭に複数クラブの関心が取り沙汰されたアワール。なかでも、アーセナル行きの可能性が熱を帯びたが、最終的に実現しなかった。 今後の移籍市場でもアーセナルが引き続き獲得を目指すともいわれるが、アワール本人はリヨン残留に喜びを感じているようだ。今月の代表ウィークでフランス代表の活動に参加するなか、残留という結果に対する心境を語った。 「(リヨンのスポーツディレクター(SD)を務める)ジュニーニョとはかなり話をしたよ。毎日のように信頼を示してくれた。彼との仕事は本当に楽しいんだ。そんな彼ともう1シーズン、もしくはそれ以上、一緒にいれるのは大きな誇りだ」 「リヨンにいられてハッピー。リヨンは僕の街で、僕のクラブだ。リヨンを代表することに大きな誇りを感じている。アーセナルに行くか、何もないかというわけじゃなかった。何かしらの決断が必要だったが、ここに残れて嬉しいよ」 2020.10.12 12:05 Mon
twitterfacebook
thumb

アワール、移籍実現せずも「がっかりしてはいない。それどころか…」

フランス代表MFフセム・アワール(22)がリヨン残留に満足感を示した。フランス『Foot Mercat』 公式戦41試合の出場で9得点10アシストを記録した昨季の活躍を受け、今夏にアーセナルを筆頭に複数クラブの関心が取り沙汰されたアワールだが、最終的に実現しなかった。 しかし、アワール本人は落胆していないようだ。今月の代表ウィークで招集を受けたフランス代表として活動を続けるなか、8日にリヨン残留という結果に対する感想を述べた。 「がっかりしているというわけじゃない。それどころか、友人や家族と心のクラブにいられる。前にも言ったように、それが素晴らしいシーズンを過ごすモチベーションになる。僕らはクオリティのあるチーム。何人か新戦力としてやって来て、すごく良い攻撃的な選手もいる。これからそれを証明しなければいけない」 2020.10.09 10:55 Fri
twitterfacebook