1ゴールでナポリ撃破に貢献のスアレス、早くもバイエルン戦に目を向ける

2020.08.09 13:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、早くも準々決勝に照準を向けた。スペイン『マルカ』が伝えた。バルセロナは8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでナポリと対戦。3-1で勝利を収め、ベスト8進出を果たした。

◆CLラウンド16/バルセロナvsナポリ

スアレスは、2-0となった前半アディショナルタイムには、FWリオネル・メッシが得たPKを沈め1ゴールを記録。準々決勝進出に貢献したスアレスは、この勝利を喜び、バイエルン戦に目を向けた。

「それは僕たちが望んでいたことだね。ラ・リーガが終了してからの2週間、1stレグで僕たちを困難にした対戦相手の難しさを理解して、試合の準備をしてきた。重要なのは試合に勝ち、前進した今、次の対戦相手について考えることだ」

また、試合序盤はナポリの怖さがあったと語りながらも、3点を奪った前半のパフォーマンスに満足感を示した。

「ナポリはリーグ戦でも多くのチャンスを作るチームで、チャンスを作られることは分かっていた。怖さは序盤にあったけど、チャンスを決めきれず、得点したのは僕らだったね」

「僕たちは勝ち進むことを考えていた。彼らが上向きになり、少しスペースがあった素晴らしい前半の内容に満足している」
コメント
関連ニュース
thumb

バルサがラストアタック? シティのDFエリック・ガルシア獲りに動く

バルセロナが、マンチェスター・シティのスペイン代表DFエリック・ガルシア(19)獲得に向けて最後の挑戦をするようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 今夏の移籍市場でセンターバックの補強を目指しているバルセロナ。カンテラ出身のガルシアがシティとの契約延長を固辞したこともあり、獲得に動いていた。 一方で、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、契約延長を行わない意思を示したものの、ガルシアを契約満了を迎える2021年6月までチームに残すスタンスを表明。今シーズンもプレミアリーグ、カラバオカップ(EFLカップ)で1試合ずつ起用している。 そのシティもセンターバックの補強を目指していた中、ベンフィカのポルトガル代表DFルベン・ジアス(23)の獲得に成功。シティの公式発表はまだだが、ベンフィカがすでに発表している。 バルセロナは、そのことも相まって移籍期限が近づく中でラストアタックを仕掛けるとのこと。バルセロナは、1500万ユーロ(約18億5500万円)と評価されているガルシアに対して、1200万ユーロ(約14億8400万円)のオファーを出すようだ。 ガルシアは2008年から2017年までラ・マシアで育ち、2017年にシティへ完全移籍。2019-20シーズンはプレミアリーグで13試合プレーするなど、公式戦20試合に出場していた。 2020.09.29 21:06 Tue
twitterfacebook
thumb

まさか!バルサの神童FWアンス・ファティがMOMを受賞できない理由は“大人”の事情

27日にラ・リーガ第3節で日本代表MF久保建英が所属するビジャレアルと対戦したバルセロナ。前半だけで4ゴールを奪い、4-0の白星発進を飾った。 中でも2ゴールを記録したスペイン代表FWアンス・ファティ(17)の活躍が際立っていたが、この試合のマン・オブ・ザ・マッチにはバルセロナのスペイン代表DFジョルディ・アルバが選ばれていた。 <div id=“cws_ad”><br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=vuq79pgbt35q1mnsd052aggzt" async></script></div> 『Get Spanish Football News』のツイッターによると、MOMにアンス・ファティが選ばれなかったのには、プレー以外の理由があるそうだ。 なんでも、MOMの賞はビール会社の『バドワイザー』がスポンサードしており、試合時点で18歳に満たず、スペインで合法的に飲酒ができないアンス・ファティを選出するわけにはいかなかったとしている。 これが事実かは定かではないが、10月31日に18歳を迎えるアンス・ファティ。11月以降はMOMの受賞も晴れて解禁となるが、今回のことが気にならないくらい受賞することに期待したい。 2020.09.29 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

デンベレがまた遅刻 規律に厳格なクーマン新体制下でも変わらず

バルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレがまたしても遅刻魔ぶりを露呈してしまったようだ。 スペイン『マルカ』によると、バルセロナは28日、午前10時からトレーニングを実施。今季から指揮を執るロナルド・クーマン監督はそもそも1時間前に到着しておくよう求めているが、このたびのデンベレは定刻時間の15分後にトレーニンググラウンドに姿を現したという。 2017年にドルトムントから鳴り物入りでバルセロナの門を叩いたデンベレだが、度重なる故障によるコンディション不良だけでなく、度々の遅刻で自己管理能力の低さが指摘され、バルセロナ加入3年目の昨季はわずか公式戦9試合1得点という不甲斐ない成績に終わった。 なお、今夏も売却の憶測が取り沙汰されたデンベレだが、今季初戦の27日に行われたラ・リーガ第3節のビジャレアル戦に70分から出場。しかし、規律を重視する指導者であるクーマン監督の下でも、今回に限らず、すでにトレーニングを遅刻した日があった模様だ。 2020.09.29 10:20 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、デパイ獲得に向けユムティティを差し出すもリヨンは拒否

リヨンが、バルセロナからの申し出に対して拒否する姿勢を貫いた。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 バルセロナは今夏の移籍市場でロナルド・クーマン監督が希望するオランダ代表FWメンフィス・デパイ(26)の獲得を画策。この移籍には、バルセロナのフランス代表DFサミュエル・ユムティティ(26)の譲渡が含まれるとされていた。 しかし、この移籍については実現しないとリヨンのジャン=ミシェル・オラス会長がフランス『Canal+』でコメント。ユムティティがリヨンにこないことを明言していた。 ユムティティは、チームを改革しているクーマン監督の構想外となっており、アルトゥールやネウソン・セメド、イバン・ラキティッチ、アルトゥーロ・ビダル、そしてルイス・スアレスに続いて、退団が認められている選手だった。 ユムティティを手放したい理由の1つは高額な給与が挙げられているが、リヨン側もこの点を懸念。数週間前には、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるジュニーニョ・ペルナンブカーノ氏も懸念があると語っていた。 「契約のレベルが我々のものではない。我々にとって良いことではない。ユムティティの給与を支払うのは無理だ。選手が複数年契約のプロジェクトを見つけ、家に帰りたいと思えば、考慮する」 デパイ獲得の際の移籍金引き下げに動いていたバルサだが、リヨン側がユムティティを受け入れないと決断したことで破談に。残り1週間で獲得に漕ぎ着けることはできるだろうか。 ユムティティは、2016年7月にリヨンからバルセロナに移籍金2500万ユーロ(約30億6500万円)で完全移籍。これまで公式戦116試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。 2020.09.28 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

シーズン初戦で2ゴールのバルサFWアンス・ファティが同僚メッシを語る「一緒にプレーするのは子供の頃からの夢」

バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティがビジャレアル戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 バルセロナは27日、ラ・リーガ第3節でビジャレアルと対戦。ロナルド・クーマン監督を迎えた今シーズン最初の公式戦となったが、15分にジョルディ・アルバのアシストからアンス・ファティがネットを揺らし先制。19分にはロングカウンターからフィリペ・コウチーニョのパスを受けたアンス・ファティが2点目を決める。 35分にはPKを獲得するとリオネル・メッシが冷静に決めて3点目。終了間際にはオウンゴールで追加点を挙げて、前半だけで4点リード。そのまま逃げ切って勝利した。 アンス・ファティはシーズン初戦を振り返り、メッシとともにプレーしたことについて改めてコメント。大きな助けとなっていると語った。 「メッシとプレーすることは子供の頃からの夢だったけど、今ではそれが実現できるようになった」 「彼はいつも僕を助けてくれるし、アドバイスをくれる。僕はとても幸せだよ。彼はピッチでもピッチ外でもトレーニングでも僕を大いに助けてくれる」 「僕は最高の選手とプレーしている。真実は、すべての試合とすべてのチャンスで、僕はイリュージョンに遭遇するんだ」 今シーズンの公式戦初ゴールを決めたアンス・ファティだが、貪欲にゴールを求めていくとコメント。チームとしては常に改善していきたいと語った。 「ストライカーがそれを手にした時、もっと欲しがるものだ。最初のゴールはジョルディ(・アルバ)のパスがとても良かった。僕はそれに合わせるだけだった」 「前半にも見られたと思うけど、僕たちは本当に改善し続けたいと思っている。これは前に進むための方法だよ」 「僕が望んでいるのは日々改善し続け、最高のチームメイトから学び続けルコとだ。彼らはいつだって最高だし、僕を毎日助けてくれる」 2020.09.28 12:45 Mon
twitterfacebook