横浜FMが松本からFW前田大然を期限付き移籍で獲得「国内全てのタイトル、アジア王者を目指して」

2020.08.03 10:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
横浜F・マリノスは3日、松本山雅FCからFW前田大然(22)が期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は、2021年1月31日までとなる。前田は2016年に山梨学院大学附属高校から松本へ入団。2017年は水戸ホーリーホックへ期限付き移籍し、明治安田生命J2リーグで36試合13得点と飛躍。2018年からは松本でプレーしていた。

2019年7月にはポルトガルのマリティモへ期限付き移籍すると、プリメイラ・リーガで23試合に出場し3得点を記録していた。

横浜FMは、左ウイングを務めていたMF遠藤渓太がウニオン・ベルリンへ移籍。その代役としての活躍が期待される。

なお、今シーズンの松本との公式戦には出場できず。3日のトレーニングからチームに合流する前田は、両クラブを通じてコメントしている。

◆横浜F・マリノス
「はじめまして。前田大然です。国内全てのタイトル、アジア王者を目指して僕は最後まで走り続けたいと思います。応援よろしくお願いします。すべてはマリノスのために。トリコロールの絆いまこそ強く」

◆松本山雅FC
「このたび、横浜F・マリノスに移籍することになりました。海外挑戦に引き続き、僕の希望を受け入れてくれた松本山雅FCには本当に感謝しています」

「応援してくれている、ファン、サポーターの皆さんにチャレンジし続けている姿をこれからも見せていきたいと思います。松本山雅FCの名に恥じぬよう、これからも全力でプレーしてきます!」
コメント
関連ニュース
thumb

異例の補強、横浜FMが鳥栖の正守護神・高丘陽平を完全移籍で獲得「ワクワクしています」、ACLとJリーグで2チーム編成の可能性

横浜F・マリノスは23日、サガン鳥栖のGK高丘陽平(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 この時期の移籍は過去にない異例の事態。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、今シーズンのJリーグは特別に第3登録ウインドーを設置。10月30日まで選手を登録することが可能となっており、この移籍が実現した。 高丘は、地元神奈川県の横浜市出身。横浜FCの下部組織で育ち、2013年5月にユース所属ながら2種登録選手としてトップチームに登録。2014年に正式昇格した。 昇格3年目の2016年に天皇杯でデビュー。2017年は明治安田J2で41試合に出場するも、翌年は出場機会を失い3月にサガン鳥栖へ期限付き移籍。2019年から鳥栖へ完全移籍していた。 2019年は明治安田J1で24試合、YBCルヴァンカップで6試合、天皇杯で2試合に出場。今シーズンは新加入のGK守田達弥とのポジション争いもある中、明治安田J1で16試合に出場、ルヴァンカップで1試合に出場していた。 横浜FMは11月にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が控えている状況。隔離期間などを考え2チームを編成しなければいけない可能性もあり、朴一圭、梶川裕嗣、中林洋次の3人体制だったGK陣を補強したとみられる。 高丘は両クラブを通じてコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「横浜F・マリノスに関わるすべての皆さま、はじめまして。この度、サガン鳥栖から移籍加入してきました高丘陽平です。まずはF・マリノスでプレーする機会を与えてくださった関係者の皆さまに感謝をいたし 「ます歴史と伝統あるこのクラブの一員になれた事をうれしく思います。チームの方向性、スタイルを一日も早く理解し、チームの勝利に貢献出来る様に精進していきます。素晴らしいファン・サポーターの皆さまの前でプレーが出来る事にワクワクしています!皆さま、これから宜しくお願いいたします!!」 ◆サガン鳥栖 「この度横浜F・マリノスに移籍する事になりました。シーズンも残り2ヶ月を切ったタイミングでの移籍という事もあり、僕自身熟考の末、決断致しました」 「2018年3月末にサガン鳥栖に加入してから2年7ヶ月間本当に充実した日々を過ごす事ができました。初めての移籍で不安を抱えながらクラブハウスに来た思い出がつい昨日の事の様に感じます。試合に出た時、出られない時、様々な状況の中で沢山の方々に支えて頂いて今の自分があります。本当に感謝しています」 「今回コロナの影響でファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、鳥栖で出逢い支えて下さった全ての皆様に直接挨拶できない事は残念ではありますが、今後自分がより飛躍し活躍する事で恩返しをしていきたいと思っています」 「サガン鳥栖に来ることができて自分のキャリアの分岐点になりました。サッカー選手としても1人の人間としても成長させて頂きました。このクラブでプレーできた事を誇りに思います」 「このクラブに対して何か残す事ができたのかどうか自分では分かりませんが、何か皆様に感じるものを魅せる事ができていれば幸いです」 「最後になりますがファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、社長をはじめクラブ関係者の皆様、監督、コーチングスタッフ、トレーナー、メディカルスタッフ、チームメイトの皆様ありがとうございました!」 「そして鳥栖に来て出逢った全ての皆様ありがとうございました!お世話になりました!また逢いましょう!」 2020.10.23 10:08 Fri
twitterfacebook
thumb

終始攻め続けた横浜FMが渡辺皓太弾で勝利、名古屋はシーズン初の連敗《J1》

21日、明治安田生命J1リーグ第33節の横浜・マリノスvs名古屋グランパスが日産スタジアムで行われ。2-1で横浜FMが勝利を収めた。 前節はアウェイでセレッソ大阪に4-1で大敗を喫した横浜FMは、スタメンを8名変更。GKの朴一圭が11試合ぶりに復帰。その他、小池龍太、渡辺皓太、和田拓也、天野純、水沼宏太、エジガル・ジュニオ、松田詠太郎を起用した。 対する名古屋は2名を変更。成瀬竣平、オ・ジェソクの両サイドバックに代えて、宮原和也、太田宏介を起用。直近3試合で2ゴールのマテウスは古巣対戦となった。 9分、小池のダイレクトパスを受けた天野がボックス内でシュートもGKランゲラックがセーブ。12分には渡辺がブレ球のミドルシュートを放つも、ランゲラックがなんとか防ぐ 攻勢を止めない横浜FMは21分、水沼がボックス内で水沼が拾うと、最後は天野が抜け出しシュート。しかし、枠を捉えられない。 防戦一方だった名古屋だが22分には、マテウスのドリブル突破からグラウンダーのクロス。これが伊藤に当たりディフレクトするとゴールへ。しかし、GK朴一圭がなんとか掻き出して失点を免れる。 攻め手を止めない横浜FMは33分には、渡辺のパスを受けた水沼がボックス内右で浮き球のパス。ボックス内でパスを受けた天野が右足でシュートも、枠を越えてしまう。それでも41分、ボックス手前でエジガル・ジュニオがフィードを受けると、落としを受けた天野からのパスを受けた松田がボックス左からグラウンダーのクロス。これを走り込んだエジガル・ジュニオが合わせて、横浜FMが先制する。 ホームの横浜FMがリードして迎えた後半、立ち上がりから横浜FMが攻勢をかけるがゴールを奪えず。すると名古屋は51分に前田と阿部を下げて、石田と山﨑を投入。横浜FMはエジガル・ジュニオに代えてオナイウ阿道を投入する。 選手交代でシステムを[4-4-2]に変更した名古屋だが、攻撃に活路を見出せない。山﨑のポストプレーでタメを作るものの、決定機を作れない。 なかなかシュートを打てない名古屋だったが、1つのチャンスを生かす。69分、左からのクロスをボックス中央で山﨑が胸トラップ。これを落とすと、待ち構えたマテウスがボックス内右から左足一閃。名古屋が同点に追いつく。 少ないチャンスを生かして同点に追いついた名古屋だったが、その後は攻め手が見つけれない。 横浜FMは天野を中心に名古屋ゴールに迫るが、こちらも決定的なシーンを作れず。攻めながらも決まらない嫌な流れとなる。 しかし、その横浜FMが80分にスコアを動かす。アーリークロスのルーズボールを前田がスプリントして奪うと、パスを受けた小池がカットインから丁寧なパス。これを走り込んだ渡辺がダイレクトでシュートを放つと、左隅に決まり横浜FMが勝ち越しに成功する。 その後は名古屋も攻め込む一方で、横浜FMも攻勢を止めず。そのまま試合は終了し、横浜FMが勝利。名古屋はシーズン初の連敗となった。 横浜F・マリノス 2-1 名古屋グランパス 【横浜FM】 エジガル・ジュニオ(前41) 渡辺皓太(後35) 【名古屋】 マテウス(後24) 2020.10.21 21:27 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第33節:横浜FMvs名古屋】連覇消えた王者、連勝ストップの名古屋とともに求められるバウンスバック

【明治安田生命J1リーグ第33節】 2020年10月21日(水) 19:30キックオフ 横浜F・マリノス(7位/38pt) vs 名古屋グランパス(5位/42pt) [日産スタジアム] ◆連覇消滅、モチベーションをどこに【横浜F・マリノス】 前節はアウェイでセレッソ大阪と対戦し、4-1で大敗。大阪でのアウェイ連戦を勝利なく終え、さらには連覇の可能性が消滅することとなった。 “鬼門”となっていたアウェイのC大阪戦だったが、試合では相手のプレスにハマり、全くポゼッションが機能せず。パフォーマンスレベルも低く、内容もないまま敗れ去ってしまった。 連覇の可能性がなくなったことに加え、ガンバ大阪戦に続き苦しい試合となったことのショックは少なくない。YBCルヴァンカップとAFCチャンピオンズリーグ(ACL)による過密日程の影響で選手たちは疲労困憊状態。さらにケガ人が相次いだこともあり、ターンオーバーもままならない状況でここまで戦ってきたツケが回った印象だ。 これによりタイトル獲得の可能性は現状ACLのみ。11月に集中開催となるが、そこに向け、そして王者としての意地を見せるためにもしっかりと前を向いて戦いたい。 ★予想スタメン[4-3-2-1] GK:梶川裕嗣 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:渡辺皓太、喜田拓也、扇原貴宏 MF:エリキ、マルコス・ジュニオール FW:ジュニオール・サントス 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆川崎Fを止められず連勝ストップ、仕切り直しへ【名古屋グランパス】 前節はアウェイで川崎フロンターレと対戦し、11連勝を阻みたかったが、結果は3-0で完敗に終わった。 優勝の可能性はかなり低くなったが、2位はまだ目指せる状況。ここで気落ちして連敗していては2位の座も遠くなる。 川崎F戦ではブロックを敷き、相手の巧みなボール回しと、選手のポジショニングにもしっかりと対応していたが、セットプレー絡みで3失点と流れとは関係ないところでやられてしまった。 今節に向けてもしっかりとした守備からまずは入ること。横浜FMの強力な攻撃陣を乗らせないことが重要となる。 川崎F戦ではカウンターの精度を欠いたことも苦しむ要因に。しっかりとストロングポイントを出して、まずは連敗回避と行きたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、オ・ジェソク MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、阿部浩之、マテウス FW:金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2020.10.21 15:40 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第23節:横浜FCvsFC東京】差がつくフィニッシュワーク、ゴール前の精度で勝るのは?

【明治安田生命J1リーグ第23節】 2020年10月18日(日) 14:00キックオフ 横浜FC(13位/21pt) vs FC東京(3位/47pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆課題は変わらずフィニッシュワーク【横浜FC】 前節はアウェイでのベガルタ仙台戦を戦い、0-0のゴールレスドロー。再び攻撃陣が沈黙してしまった。 1週間前の鹿島アントラーズ戦では、攻撃陣が機能し前半で2点リード。しかし、徐々に押し込まれる展開となると、終盤に2ゴールを許して逆転負けを喫してしまった。 シーズン序盤からポゼッションサッカー自体はJ1でも通用するレベルとなっているが、やはりフィニッシュワークの精度という点では力不足が否めない。 実際に今シーズン挙げた6勝のうち、5勝が複数得点。シーズンを通してクリーンシートが2試合と考えると、守っても勝てるチームではないという状態。いかにして得点を奪い切って勝っていくかが重要となる。上位のFC東京相手には簡単なミッションではないが、チャンスを作れないわけではないため、いかに仕留められるかがカギを握る。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:六反勇治 DF:マギーニョ、伊野波雅彦、小林友希、袴田裕太郎 MF:松浦拓弥、安永玲央、手塚康平、齋藤功佑 FW:一美和成、瀬沼優司 監督:下平隆宏 ◆フィニッシュワークで差を見せられるか【FC東京】 前節はホームで清水エスパルスを相手に3-1と快勝。序盤から畳み掛けてしっかりと勝利を収めた。 今シーズンはここまで連敗が一度もなく、それは今回も防げたが、首位の川崎フロンターレとは勝ち点が離れている状況だけに、混戦状態となってきた2位争いでしっかりと勝ちたいところだ。 この先はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)という足枷がさらにつくこととなり、チーム作りをしながらも結果を残さなければいけない状況だ。 横浜FCはポゼッションを高めに来るが、いかに前からハメるプレスを行い、カウンターで一気にゴールを奪い切るか。フィニッシュワークで力の差を見せつけてしっかりと連勝を記録したいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:林彰洋 DF:中村拓海、森重真人、ジョアン・オマリ、小川諒也 MF:アルトゥール・シルバ、髙萩洋次郎、安部柊斗 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑、田川亨介 監督:長谷川健太 出場停止:レアンドロ 2020.10.18 09:30 Sun
twitterfacebook
thumb

奥埜&豊川が2ゴール! 横浜FMは鬼門ヤンマースタジアムを攻略出来ず大敗《J1》

明治安田生命J1リーグ第23節、セレッソ大阪vs横浜F・マリノスが17日にヤンマースタジアム長居で行われ、4-1でC大阪が勝利した。 前節は最下位の湘南ベルマーレに苦戦を強いられるも、後半アディショナルタイムのマテイ・ヨニッチの値千金ゴールで連敗を止めたC大阪(勝ち点45)。この勝利でJ1通算150勝目となり、リーグ後半戦は5試合で1勝4敗と苦しい戦いが続いていただけに、嬉しいトピックとなった。 一方、横浜FM(勝ち点38)は6連勝中だったガンバ大阪相手に1-1のドローで、なんとか勝ち点1を獲得。ここ5試合の成績を2勝2分け1敗としている。互いに前節から中2日となる両者だが、それぞれスタメン変更は1人と3人にとどめている。 立ち上がりの4分に巧みなパスワークからチャンスを作ったC大阪は10分、右サイドの坂元がキックフェイントで相手を躱して左足でクロスを上げると、DFの間に飛び込んだ奥埜が頭で叩き込み、幸先良く先制に成功した。 その後も坂元を中心に攻撃を組み立てるC大阪に対して主導権を握りたい横浜FMだが、組織的なブロックを前になかなかキラーパスが通らない。いざアタッキングサードに侵入しても、強度の高い守備に絡めとられてしまう。 そうなると攻撃はサイドやカウンターに。37分に右サイドの松原から上がったクロスをエリキが待ち構えたが、上手く合わせられずマテイ・ヨニッチのブロックに逢う。39分には素早い攻撃からマルコス・ジュニオールがボックス右からシュートへ。相手に当たってコースが変わったシュートは左ポストを叩いて惜しくもゴールとはならなかった。 続く44分には、ハーフウェイライン付近でボールを奪ったエリキからカウンターを発動。左のジュニオール・サントスに展開し、グラウンダーのクロスを再びエリキが押し込んだが完全にオフサイド。前半最大の決定機を逃してしまう結果に。 後半は横浜FMがポゼッションを高めるものの、C大阪も集中した守りを見せて膠着状態が続く。そんな中、66分に初めてC大阪が交代カードを切ると、ここから大きく試合が動く。 交代直後の67分、右サイドの片山のクロスをボックス左の清武が頭で落とすと、ゴール前に飛び込んだ途中出場の豊川は届かなかったものの、逆サイドの奥埜がこぼれ球を回収。誰もがクロスを意識する中、奥埜は角度のない所からGKのニアを突くシュートを流し込んだ。 さらにその4分後、再び片山起点のロングボールをボックス手前右で収めた豊川が、GK梶川の位置を確認してループシュートを選択。これが見事にゴールに収まり、瞬く間に3点のリードを得た。 だが、これで止まらないホームチームは80分、左サイドに流れた奥埜がふわりとしたボールを前線に供給。これでGKと一対一となった豊川が冷静に仕留めて4点差に広げた。 守備崩壊の横浜FMは、途中出場で古巣対戦の水沼が後半アディショナルタイムに1点を返すが焼け石に水。試合は4-1でC大阪が勝利し、2連勝を収めた。一方の横浜FMはヤンマースタジアム長居でまたも敗戦。2012年以降14戦未勝利で、4分け10敗となっている。 セレッソ大阪 4-1 横浜F・マリノス 【C大阪】 奥埜博亮(前10) 奥埜博亮(後22) 豊川雄太(後26) 豊川雄太(後35) 【横浜FM】 水沼宏太(後46) 2020.10.17 17:05 Sat
twitterfacebook