横浜FMが松本からFW前田大然を期限付き移籍で獲得「国内全てのタイトル、アジア王者を目指して」

2020.08.03 10:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
横浜F・マリノスは3日、松本山雅FCからFW前田大然(22)が期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は、2021年1月31日までとなる。前田は2016年に山梨学院大学附属高校から松本へ入団。2017年は水戸ホーリーホックへ期限付き移籍し、明治安田生命J2リーグで36試合13得点と飛躍。2018年からは松本でプレーしていた。

2019年7月にはポルトガルのマリティモへ期限付き移籍すると、プリメイラ・リーガで23試合に出場し3得点を記録していた。

横浜FMは、左ウイングを務めていたMF遠藤渓太がウニオン・ベルリンへ移籍。その代役としての活躍が期待される。

なお、今シーズンの松本との公式戦には出場できず。3日のトレーニングからチームに合流する前田は、両クラブを通じてコメントしている。

◆横浜F・マリノス
「はじめまして。前田大然です。国内全てのタイトル、アジア王者を目指して僕は最後まで走り続けたいと思います。応援よろしくお願いします。すべてはマリノスのために。トリコロールの絆いまこそ強く」

◆松本山雅FC
「このたび、横浜F・マリノスに移籍することになりました。海外挑戦に引き続き、僕の希望を受け入れてくれた松本山雅FCには本当に感謝しています」

「応援してくれている、ファン、サポーターの皆さんにチャレンジし続けている姿をこれからも見せていきたいと思います。松本山雅FCの名に恥じぬよう、これからも全力でプレーしてきます!」
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FMが連勝ストップもエリキ6戦8発でドロー 鳥栖は森下2試合連続ゴールも今季初連勝ならず《J1》

明治安田生命J1リーグ第25節の1試合が30日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、横浜F・マリノスvsサガン鳥栖は1-1のドローに終わった。 4試合連続の3得点で4連勝を飾り、上位追撃ムードが強まる5位横浜FMは前節の先発から7選手変更のターンオーバー。一方、FC東京戦を3-0の快勝で飾り、3連敗ストップの4試合ぶり白星を手にした14位鳥栖も先発の半分以上となる6選手のメンバーチェンジを施した。 横浜FMがACLを戦う影響で当初予定の10月下旬から前倒し開催の一戦は互いに後ろからの丁寧なビルドアップで攻撃を形作ろうとするなど、それぞれの特長を出し合っての戦いになる。そのなかで、今季初の連勝がかかる鳥栖はプレッシングとパスワークで昨季王者を相手に序盤から好勝負を演じていく。 対する横浜FMは10分に高野の負傷交代を強いられるなど、鳥栖のスムーズなフィニッシュワークに手を焼いたものの、フォアチェックをフィニッシュに繋げるなど、徐々に攻勢ムードに。22分には前節を欠場したジュニオール・サントスが立て続けにシュートを放ったが、GK高丘が立ちはだかる。 守護神の踏ん張りも光る鳥栖は28分、原川の絶妙なスルーパスに反応した右サイドバックの森下が敵陣右サイド深くに抜け出して低い弾道のクロスボールを供給。ボックス中央で合わせた趙東建はこのチャンスを生かせなかったが、ボールの主導権を握り返せば、しっかりと押し上げて反抗する。 そんな拮抗したゲームを先に動かしたのは鳥栖。ゴールレスで迎えた49分、左CKのチャンスを獲得すると、キッカーの原川が右足クロスボールを供給する。扇原の中途半端なクリアボールをボックス内で拾った森下の振り向きざまに右足でインパクトしたボールがゴール上隅に突き刺さった。 ここ5戦連発中と絶好調のエリキをハーフタイム明けから送り出したものの、先制を許してしまった横浜FMは69分、チーム最多11得点のマルコス・ジュニオールとエジガル・ジュニオを投入。対する鳥栖も75分までに小屋松、本田、林、小林、内田の投入で交代カードを使い切り、横浜FMに対抗する。 しかし、横浜FMが鳥栖のひとつのミスにつけいる。84分、そのわずか1分前に最後のカードでピッチインの天野が敵陣中央で松岡の横パスをカットすると、右サイドから中に絞る動きでボックス内を目指したエリキにパス。左足シュートをゴール左下に決め、横浜FMが終盤に追いついてみせる。 エリキのここ6試合で8発目となるゴールでついに鳥栖の守りを崩した横浜FMはその直後に浴びたカウンターから林に決定的な場面を許しながら勝ち越しを目指したが、このまま終了。絶好調エリキの同点弾で追いついた横浜FMと、森下の2試合連発となる今季3得点目で先制した鳥栖の一戦は痛み分けに終わった。 横浜F・マリノス 1-1 サガン鳥栖 【横浜FM】 エリキ(後39) 【鳥栖】 森下龍矢(後4) 2020.09.30 21:31 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第25節:横浜FMvs鳥栖】前節は互いにストロングポイントを出して勝利、勢いに乗るのは

【明治安田生命J1リーグ第25節】 2020年9月30日(水) 19:00キックオフ 横浜F・マリノス(5位/33pt) vs サガン鳥栖(14位/17pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=9tge3zchlo2h16vin3d98muyo" async></script></div> ◆復調の波にこのまま乗り続けられるか【横浜F・マリノス】 前節はアウェイで柏レイソルと対戦。前半から劣勢が続いたものの、77分にエリキのゴールで追いつくとそこから猛攻。最終的には1-3で見事な逆転勝利を収めた。 この試合では戸嶋祥郎が腓骨骨折の重傷を負うなど後味の悪いものとなってしまったが、逆転までの流れで横浜FMが見せた戦い方は見事だった。 特に途中出場で流れを変えた仲川輝人が圧巻の活躍。サイドを起点に柏ディフェンスを翻弄すると、オウンゴールを含めて3得点に絡む活躍を見せた。 昨季MVPの仲川はケガの影響もあり、ここまで15試合の出場にとどまり、わずか2得点と鳴りを潜めている。それでも徐々にチャンスメイクという点でチームに貢献。チームの浮上とともに調子を上げ、結果を残してもらいたいものだ。 今節からはホーム3連戦。このまま連勝を伸ばし、しっかりと上位争いに残っていきたいところだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:梶川裕嗣 DF:チアゴ・マルチンス、喜田拓也、伊藤槙人 MF:水沼宏太、渡辺皓太、扇原貴宏、高野遼 MF:エリキ、マルコス・ジュニオール FW:ジュニオール・サントス 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆前節は完勝、自信を胸に王者に挑む【サガン鳥栖】 前節はホームに上位のFC東京を迎えた一戦で、3-0と完勝を収めた。 3連敗中と結果が出ていなかった鳥栖が上位のFC東京相手にこれまでの試合をするとは予想できなかったが、しっかりとチーム戦術をピッチ上で体現したことが勝因と言えるだろう。 特に攻守の切り替え、そして精度の高さが目立ったと言える。先制点となった石井快征のシュートは圧巻。GK林彰洋もセーブ不能なコースに正確なシュートを決めた。 鳥栖のパフォーマンスに圧倒されてか、FC東京のミスを誘発。相手が精度を欠いたことでより当sの精度の高いプレーが際立った。 数少ないチャンスをものにして3得点を奪ったことは、チームに大きな自信を植え付けたはず。ポゼッションサッカーも形になっており、後方からのビルドアップにも自信が持てるだろう。似たようなスタイルの横浜FM相手にどのようなサッカーを見せるだろうか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:守田達弥 DF:森下龍矢、高橋秀人、パク・ジョンス、大畑歩夢 MF:本田風智、松岡大起、原川力、安庸佑 FW:金森健志、趙東建 監督:金明輝 2020.09.30 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

エリキが5試合連続得点の横浜FMが柏に逆転勝利! 4連勝は全て3得点!《J1》

明治安田生命J1リーグ第19節、柏レイソルvs横浜F・マリノスが27日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、1-3で横浜FMが勝利した。 暫定6位の柏(勝ち点30)と7位の横浜FM(勝ち点30)による上位対決。ここ2試合勝利から遠ざかっていた柏は、前節の北海道コンサドーレ札幌戦で大谷が今季初ゴールを決めて0-1で勝利。だが、ケガ人続出でオルンガを中心とした爆発的な攻撃力はここ数試合は鳴りを潜めてしまっている。 一方の横浜FMは目下3連勝と好調。柏とは対照的にいずれも3ゴールを挙げており、前節のベガルタ仙台戦は4試合連続ゴールのエリキの2得点などで見事な逆転勝利を収めた。今節も[3-4-2-1]の布陣で挑む。 試合は開始2分に好調横浜FMが右サイドの突破からエリキのシュートシーンを演出。対する柏もオルンガのポストプレーから江坂が枠内シュートを放つなど、互いにストロングポイントを生かした攻撃を組み立てていく。 そんな中22分に、見事なパス交換からボックス右に侵入した小池の折り返しをマルコス・ジュニオールが押し込んで横浜FMが先制、かと思われたが、マルコス・ジュニオールのオフサイドをとられ、ゴールは認められなかった。 直後にもエリキのシュートが枠を捉えた横浜FMが攻勢を強めていく。しかし給水タイムを挟んだあたりから徐々に柏も盛り返すと迎えた40分、負傷した戸嶋に代わって入った三丸の左CKをオルンガが頭で合わせてゴール。3試合ぶり17得点目でホームチームが先制した。 横浜FMは後半から松原とオナイウ阿道を下げて扇原と仲川を投入。仲川は何度かドリブル突破を試みるがなかなか上手くいかない。柏は59分のCKの場面でニアで大谷が逸らしたところを仲間が押し込むがオフサイドの判定。 73分に横浜FMは渡辺のスルーパスからエリキに決定機。ボックス右にドリブルで侵入し右足を振り抜くが、シュートは左に外れた。だが77分、粘り強いドリブルでボックスへ侵入した仲川のラストパスを受けたエリキが豪快決めて同点に。 エリキの5試合連続ゴールで振り出しに戻した横浜FMはその5分後、自陣のFKを素早くリスタートすると、小池の足の長いスルーパスでエリキがボックス右に侵入。ゴール前に折り返すと、スライディングでブロックに入った大南のオウンゴールを誘い、逆転に成功した。 これで流れを完全に掴んだアウェイチームは、味方のパスでボックス左に入った仲川のクロスを途中出場の前田が押し込んで3点目。結局、逆転の横浜FMが1-3で勝利し、4連勝を収めた。 柏レイソル 1-3 横浜F・マリノス 【柏】 オルンガ(前40) 【横浜FM】 エリキ(後32) OG(後37) 前田大然(後47) 2020.09.27 20:59 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:柏vs横浜FM】上位窺う同勝ち点の“シックスポインター”、ミラーゲームの行方は

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2020年9月27日(日) 19:00キックオフ 柏レイソル(6位/30pt) vs 横浜F・マリノス(7位/30pt) [三協フロンテア柏スタジアム] ◆後半戦白星スタート、勢いをつけられるか【柏レイソル】 前節はアウェイで北海道コンサドーレ札幌と対戦し、0-1で勝利。3試合ぶりの白星を記録した。後半戦の初戦を白星でスタートできたことは上位を窺う柏にとっては良いスタート。しっかりと勝ち点を積み上げていきたい。 相手を恐怖に陥れていたオルンガを中心とした爆発的な攻撃力はここ数試合は鳴りを潜めているが、ケガ人続出によるシステムの変更などを考えれば致し方ない部分もある。それでも、この先に勝ち点を積み上げるためには、連勝を飾りたいところだ。 今節の相手は勝ち点30で並ぶ横浜FMが相手。8月に対戦した時とは互いにシステムも変更され、4バックから3バックとなっており、同じ相手と考えるわけにはいかない。しかし、基本的なスタンスは変更なし。ポゼッションをいかにさせずにショートカウンターで仕留められるかに注目が集まる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:キム・スンギュ DF:古賀太陽、山下達也、大南拓磨 MF:高橋峻希、三原雅俊、大谷秀和、三丸拡 MF:呉屋大翔、江坂任 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ ◆息を吹き返した王者、このまま勢いに乗り切るか【横浜F・マリノス】 前節はホームにベガルタ仙台を迎え、3-1で快勝。後半戦を3連勝でスタートさせることに聖臆した。しかし、この3試合は下位で苦しむ相手との3連戦。3ゴールで3連勝は明るい材料だが、手放しで喜ぶこともできない。 前半戦のラスト3試合は上位3チームに対して全て逆転負けで3連敗。この3連勝をしっかりとモノにしたければ、今節の柏との一戦が非常に重要になってくるだろう。 この3連勝を呼び込んだのは[3-4-2-1]へのシステム変更と、攻撃を司るブラジル人トリオの活躍が大きい。加入後にインパクトを残したジュニオール・サントスを始め、2試合連続ゴール中のマルコス・ジュニオール、4試合連続ゴール中のエリキと強力な攻撃陣が調子を上げている。 今節はジュニオール・サントスが契約上の理由で出場できないものの、仲川輝人が復帰予定。前田大然やオナイウ阿道、エジガル・ジュニオと枚数は揃っているだけに、抑えるのは簡単ではない。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:梶川裕嗣 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、伊藤槙人 MF:小池龍太、喜田拓也、扇原貴宏、ティーラトン MF:エリキ、マルコス・ジュニオール FW:オナイウ阿道 監督:アンジェ・ポステコグルー ※ジュニオール・サントスは契約上の理由で出場不可 2020.09.27 14:05 Sun
twitterfacebook
thumb

京都が仙頭啓矢を呼び戻す! 横浜FMからのレンタル移籍で復帰

京都サンガF.C.は26日、横浜F・マリノスに所属するMF仙頭啓矢(25)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2021年1月31日まで。背番号は「15」に決まり、27日からチームに合流する見込みだ。 仙頭は昨季まで3年間にわたり、京都でプレー。昨年に明治安田生命J2リーグ36試合出場で10ゴールを挙げ、今季から横浜FMに加入したが、厚い選手層に阻まれ、J1リーグ3試合の出場にとどまった。横浜FM移籍から約9カ月後の古巣復帰を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆京都サンガF.C. 「また、自分を必要としてくれたクラブに感謝しています。チームのJ1昇格を達成する為に、自分の力を全部注ぎます。昨年までの悔しい思いを背負って、毎試合力を出し切ります。応援よろしくお願いします」 ◆横浜F・マリノス 「京都サンガF.C.に期限付き移籍することになりました。F・マリノスで学んだことをしっかりと活かしていきたいと思っております。引き続き応援していただけると嬉しいです。ありがとうございました」 京都は今季から實好礼忠体制を発足。ここまでJ2リーグ9勝7分け5敗の6位に位置している。 2020.09.26 10:45 Sat
twitterfacebook