元ロシア代表FWココリンがスパルタク・モスクワへ、今年まで暴行容疑で謹慎

2020.08.02 23:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スパルタク・モスクワは2日、ゼニトの元ロシア代表FWアレクサンドル・ココリン(29)の獲得を発表した。契約期間は2023年までの3年間で、1年の延長オプションがついているという。ココリンは、ディナモ・モスクワやアンジ・マハチカラでプレー。2016年1月からはゼニトでプレーしていたが、2018年10月9日に官僚を暴行していた。

◆ココリン、ゼニトでのベストゴール

事件は、韓国系の出自で産業貿易省の官僚のデニス・パク氏ら2人と、モスクワの高級カフェで居合わせたココリンが、同じくロシア代表で活躍していたMFパベル・ママエフとともに、酒に酔っていた影響もあって椅子を用いて民族差別的動機による暴行を加えたもの。被害に遭ったパク氏が警察を呼ぶ前に医療機関に助けを求めるほど、過激なもので、ココリンには1年半以上の禁錮刑が課される事態となり、事件以降は公式戦の出場はない状態が続いていた。

2020年2月からはレンタル移籍先のFKソチでプレー。ロシア・プレミアリーグで10試合に出場し7ゴール3アシストを記録していた。

ロシア代表としても48試合で12ゴールを記録しているココリンは、2012年と2016年のユーロ、2014年のブラジル・ワールドカップでもプレーした。
コメント
関連ニュース
thumb

アルゼンチン代表FWニコラス・ゴンサレスがシュツットガルトと2024年まで契約延長

シュツットガルトは25日、アルゼンチン代表FWニコラス・ゴンサレス(22)と2024年6月まで契約を延長したことを発表した。現行の契約から1年更新した格好だ。 アルゼンチン代表として5試合の出場歴を持つレフティーのアタッカーであるニコラス・ゴンサレスは、2018年夏にアルヘンティノス・ジュニアーズからシュツットガルトに移籍。昨季はブンデス2部で27試合に出場して14ゴール3アシストを記録し、MF遠藤航と共に1部復帰に貢献していた。 今季は負傷で出遅れたものの、ここまでブンデスリーガ5試合に出場して3ゴール1アシストを記録し、チームの得点源となっている。 2020.11.26 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

バジャドリー、スペイン人MFフェデと2023年まで契約延長

バジャドリーは23日、スペイン人MFフェデ(23)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 “フェデ”に愛称で知られるフェデリコ・サン・エメテリオ・ディアスは、10歳の頃にラシン・サンタンデールの下部組織に入団。2013-14シーズンにトップチームに登録されると、2014年1月に16歳でプロデビュー。その後、セビージャ傘下のセビージャ・アトレティコでのプレーを経て、2018年8月にバジャドリーに3年契約で加入。 加入初年度はグラナダへレンタル移籍に出されたが、昨夏に復帰すると2019年8月25日のレアル・マドリー戦で、念願のラ・リーガデビュー。今季はここまでラ・リーガ8試合に出場している。 2020.11.24 07:50 Tue
twitterfacebook
thumb

英2部バーミンガムがミラン退団のクロアチア代表MFハリロビッチを獲得

チャンピオンシップ(イングランド2部)のバーミンガム・シティは23日、クロアチア代表MFアレン・ハリロビッチ(24)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2021年6月30日までで、背番号は「35」を着用する。 ハリロビッチは、母国のディナモ・ザグレブの下部組織で育ち、2014年7月にバルセロナBへと移籍。2015年7月にファーストチームへ昇格していた。 そのままスポルティング・ヒホンへレンタル移籍すると、2016年7月にハングブルガーSVへ完全移籍。ラス・パルマスへのレンタル移籍を経て、2018年7月にミランへ完全移籍した。 ミラン加入後もレンタル移籍は続き、スタンダール・リエージュ、ヘーレンフェーンでプレー。今夏にミランへ復帰したが、出場機会は得られず10月に双方合意の下で契約を解除し退団していた。 キャリア通算では、ラ・リーガで74試合に出場し5ゴール9アシスト、ブンデスリーガで6試合に出場。ミランでは公式戦3試合に出場も、セリエAに出場したことはなかった。 2020.11.24 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

パーデュー氏がCSKAソフィアのテクニカルディレクターに就任!クラブは豊富な経験を評価

ブルガリアのCSKAソフィアは23日、アラン・パーデュー氏(59)を新テクニカルディレクターに招へいしたことを発表した。 レディングやウェストハム、チャールトン、サウサンプトン、ニューカッスル、クリスタル・パレス、WBAとイングランド国内で監督を歴任したパーデュー氏は、2019年12月にADOデンハーグの監督に就任。初の国外挑戦となったが、8試合でわずか1勝と低迷するチームを立て直すことが出来ず、新型コロナウイルスによるシーズン中止も重なり、4月に解任された。 CSKAソフィアは公式声明で「彼の豊富な経験と人脈は、クラブの発展を促進し、新たな人材確保の助けとなるだろう」と、パーデュー氏を招へいした理由を明かした。 2007-08以来のリーグ制覇を狙うCSKAソフィアは、今季は12試合終了時点で5勝6分け1敗の3位に位置している。 2020.11.24 01:25 Tue
twitterfacebook
thumb

シティ、グアルディオラ監督との契約を2023年まで延長!

マンチェスター・シティは19日、ジョゼップ・グアルディオラ監督(49)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 新契約にサインしたグアルディオラ監督は、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「マンチェスター・シティに到着して以来、選手やスタッフ、サポーター、マンチェスターの人々や街全体から歓迎されていることを感じている。そして会長やオーナーとは共に多くのことを成し遂げてきた。多くのゴールを決め、試合に勝利しタイトルを獲得した。我々はその成功を誇りに思っている」 「我々の課題は改善と進化を続けることだ。私はマンチェスター・シティがそれを続けるための手助けをしたいと思っているよ」 現行の契約が2021年6月までとなっていたグアルディオラ監督は、2016年の夏にシティの指揮官に就任して以降、2度のプレミアリーグ制覇に加え、FAカップ(2018-19)やEFLカップ(2017-18,2018-19,2019-20)を獲得。2018-19シーズンには史上初の国内三冠を達成していた。これまでシティでの通算戦績は181勝28分36敗で勝率73.87%となっている。 2020.11.19 22:50 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly