久保建英の争奪戦にセルタも名乗り! 最優先で獲得を目指す

2020.08.02 11:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーの日本代表MF久保建英(19)を巡る獲得レースにセルタも参戦するようだ。

昨夏にレンタル加入したマジョルカでラ・リーガ35試合4ゴール5アシストの成績を収めた久保。現時点でマドリー復帰が規定路線だが、EU圏外枠の問題もあり、来シーズンも引き続きの武者修行が濃厚だ。

スペイン『マルカ』によれば、セルタを率いるオスカル・ガルシア監督はすでに加入を決めたMFノリートとFWアルバロ・バディージョに続いて、想像力溢れる選手の獲得を望み、久保に興味を示しているという。

ガルシア監督はバルセロナ下部組織時代に指導した久保の獲得をクラブに進言した模様。セルタは複数選手をリストアップしているというが、久保の獲得にプライオリティを置いているようだ。

ただ、オサスナやレアル・ソシエダ、ヘタフェ、ベティス、グラナダ、バジャドリー、レバンテ、ウエスカの国内クラブだけでなく、アヤックスやラツィオといった強豪クラブも関心を抱いており、マドリーに照会済み。さらに、高額な年俸やレンタル料もネックになってくるとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

久保の新天地はビジャレアル! 来季加入に向け合意報道

レアル・マドリーに所属する日本代表MF久保建英(19)のビジャレアル移籍が今週中にも実現しそうだ。スペイン『アス』が報じている。 昨夏の移籍市場でマジョルカにレンタル移籍を果たして、公式戦36試合に出場して4得点5アシストの数字を収めた久保。日を追うごとに様々な移籍先が挙げられてきたが、最後に急浮上してきたビジャレアルが日本の至宝を射止めた。 今回の報道によれば、移籍形態は買い取りオプションのない1年間のレンタル契約となる模様。また、ビジャレアルは久保の給与全額に加え、レンタル料200万ユーロ(約2億5000万円)をマドリーに支払うことで合意に至ったようだ。 今シーズンのラ・リーガを5位で終え、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得したビジャレアルは、先月20日にハビエル・カジェハ監督の退任を発表。新指揮官には、セビージャやパリ・サンジェルマン、アーセナルなどの監督を歴任した実績豊富なウナイ・エメリ氏を招へいしていた。 2020.08.06 00:40 Thu
twitterfacebook
thumb

メッシが引退のカシージャスに別れ「最悪で最高のライバルだった」

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、引退を発表した元スペイン代表GKイケル・カシージャスにメッセージを送った。スペイン『アス』が伝えている。 4日、自身の公式SNSを通じて現役引退を発表したカシージャス。スペイン代表やレアル・マドリーで数々のタイトルを獲得し、晩年のポルトでは2017-18シーズンに5年ぶりのリーグ優勝に貢献していた。 史上最も成功したGKと言っても過言ではないが、そのキャリアの中でカシージャスの頭を悩ませ続けたメッシが『アス』のインタビューの中で、名ライバルの引退に花を添えた。 「イケルは今日引退するけど、彼はラ・リーガのベンチマークだっただけでなく、全ての国際大会に勝ってきた。ずっと前からサッカーの歴史に刻まれていたんだ」 「非常にスペクタクルなGKで、相手にするのは本当に困難だった。でも振り返ってみると、対戦するたびにお互いに自分たちを高め合うことができた素晴らしいライバルだったと思う」 2020.08.05 20:49 Wed
twitterfacebook
thumb

“決勝男”ベイルが2018年CL決勝で決めた半端ないバイシクルキック【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルがチャンピオンズリーグ(CL)決勝で決めた驚愕のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ベイルが決めたCL決勝の歴史に残る驚愕のスーパーゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJQTTJSRjIwNSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 名門サウサンプトンユースで育ち、トッテナムで世界トップレベルのアタッカーに成長したベイルは、2013年に鳴り物入りでマドリーに加入した。 加入初シーズンからバルセロナとのコパ・デル・レイやアトレティコ・マドリーとのCL決勝などで決勝点を決め、多くのタイトルもクラブにもたらした“決勝男”として知られるベイルだが、2018年5月26日に行われた、リバプールとのCL決勝戦では、大舞台で信じられないゴールを決めている。 1-1の同点で迎えた61分、ベンチスタートだったベイルがピッチへ。すると直後の63分、CL決勝の歴史に残るスーパーゴールが生まれる。 DFマルセロが左サイドでボールを持つと、ボックスの左端手前から右足でインスイングのボールを中へ入れる。するとこれをベイルが考えられない高さに足を上げ、バイシクルキック。ここしかないというピンポイントの場所で完璧にミートされたボールは、GKロリス・カリウスの届かないゴール左上に吸い込まれた。 交代早々値千金の勝ち越しゴールを決めたベイルは、その後にも無回転ロングシュートを叩き込み2得点。マドリーは3-1で勝利し、CL3連覇の偉業を達成している。 2020.08.05 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

カゼミロが不遇の同僚FWベイルの重要性を説く! 「彼は決定的な選手」

レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロが同僚のウェールズ代表FWガレス・ベイルについて言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 昨夏、中国移籍が土壇場で破談に終わるなど紆余曲折を経てマドリーに残留したベイルは、序盤戦こそ出場機会を手にしていたものの、徐々に出場機会が減少。なかでも、リーグ再開後は2試合の出場に留まり、ラ・リーガ最終節でも監督判断でベンチ外となっていた。 この状況に不満を抱き、試合観戦じの悪態が物議を醸すなど、ピッチ外でより注目を浴びるベイルに対して、カゼミロがブラジル『Esporte Interactivo』でその重要性を説いた。 「ガレスは努力している。彼のキャリアが最高の時間ではないとわかっている。しかし、彼は僕たちや、監督、クラブを助けてくれている。それはとても重要だし、いつも驚愕している」 「彼は決定的な選手だ。2点を獲得したようにチャンピオンズリーグ決勝でもゴールを決めている。僕たちは正直でなければいけない。彼は最高の状態ではないが、調子が良い時は世界でトップ3に入ると思う」 「彼は強くて、速くて、頭も良くて、点も取れる。彼のことが大好きだ。だからできる限り彼をサポートしたいね」 2020.08.05 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ監督、レアル時代に衝突のカシージャス氏引退に「最も偉大なGKの1人」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が現役引退を表明した元スペイン代表GKのイケル・カシージャス氏との関係性について言及した。スペイン『アス』が伝えた。 昨年5月に所属するポルトでの練習中に心臓発作を起こしたカシージャスは、事実上の引退状態だった中、4日に現役引退を正式に発表。22年間の現役生活に幕を下ろした。 そんなカシージャス氏はマドリーで公式戦通算725試合の出場を誇るも、モウリーニョ監督の下では守護神の座を外されることに。その結果、両者には軋轢が生じていたとされた中、ポルトガル人指揮官はカシージャス氏の引退について言及した。 「彼の知性と完成度はに対し、常に互いをリスペクトしてきた。数年後には良い友人になれたことを意味していた」 「素晴らしいGKであり、素晴らしい男だ。レアル・マドリーの歴史、スペインの歴史、サッカーの歴史の中でも最も偉大なGKの1人だ。彼とともに、我々は全ての記録を破ってリーグ戦を優勝した」 「私が下した判断により、我々の間には難しい時期もあった。他の選手を守護神に指名したのは個人的な決定ではなく、プロとしての決定だった」 また、カシージャスが心臓発作で倒れた際にもメッセージを送っていたというモウリーニョ監督。当時は衝突していたことを認め、その関係は修復していると強調した。 「誰もが知っている。私がチームから彼を外すと決めた時に対立していた。それは自我の衝突ではなく、マドリーのキャプテンとマドリーの監督としての対立だった。この決定をするのは簡単ではなかった」 「彼もまたこれを受け入れるのに簡単ではなかった。しかし、我々の関係はポジティブだ。多くの人が考えているようなものではない」 2020.08.05 16:00 Wed
twitterfacebook