FA杯優勝に導く2発のオーバ、去就訊かれるも濁す 「今はみんなと喜び合いたいだけ」

2020.08.02 10:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(31)がFAカップ優勝後、去就にコメントした。

アーセナルは1日に行われたFAカップ決勝でチェルシーと対戦して、2-1の逆転勝利。開始早々にリードを許したが、エースのオーバメヤンが前後半に1点ずつを挙げ、チームのFAカップ史上最多14度目となる優勝に大きく貢献した。

◆アーセナルのトロフィーリフト!14度目のFAカップ優勝

アーセナルとの現行契約が2021年までということもあり、移籍の憶測が加熱するなか、チームをタイトルに導いたオーバメヤン。試合後、イギリス『BT Sport』で騒がれる去就を訊かれると、明言を避け、こう述べた。

「今は本当に何も考えていない。トロフィーを勝ち獲った今をみんなと一緒に喜び合いたいだけ。今日は誰もがベストを尽くしたと思う。優勝に値した。長い旅路で、素晴らしい夜。間違いなく徹夜でエンジョイすると思う」
コメント
関連ニュース
thumb

プレミア昇格のフルアム、一昨季にレンタルで所属したチャンバースを再び狙う?

フルアムは、アーセナルに所属する元イングランド代表DFカラム・チャンバース(25)の再獲得に関心があるようだ。イギリス『サン』が報じている。 チャンバースは2014-15シーズンにサウサンプトンからアーセナルへと完全移籍。元々右サイドバックとして頭角を現していたものの、アーセナルではドイツ代表などでもプレーしたペア・メルテザッカー氏の代替案としてセンターバックで出場するなどポジションの幅を広げつつあった。 しかし好調時と不調時の波の激しさや、度重なる大ケガでの長期離脱で次第に序列を落とし、16-17シーズンはミドルズブラ、18-19シーズンはフルアムにレンタル移籍。今季は主にウナイ・エメリ前監督の下でリーグ戦14試合に出場していたが、今年1月に左ヒザの前十字じん帯を断裂しシーズンを終えていた。 そういった中、プレミアリーグのプレーオフを勝ち抜いて、1年でプレミア昇格を成し遂げたフルアムが再びチャンバースに関心を示しているようだ。 チャンバースが在籍していたシーズン途中で就任したスコット・パーカー監督は同選手を高く評価しており、完全移籍での獲得を望んでいるという。獲得には1200万ポンド(約16億7000万円)ほどの金額が必要になるようだ。 また『サン』は、アーセナルが今季だけで元ブラジル代表DFダビド・ルイスや、スペイン人DFパブロ・マリらを獲得していることもあり、チャンバースの移籍を容認するだろうと推測している。 2020.08.12 19:41 Wed
twitterfacebook
thumb

セバージョスは古巣復帰希望か? ベティスユニ着用のインスタにアーセナルファンざわつく…

スペイン代表MFダニ・セバージョス(24)は、やはり古巣ベティスへの帰還を希望しているようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 セバージョスは昨夏、レアル・マドリーからのレンタル移籍でアーセナルに加入。公式戦37試合で2ゴール2アシストを記録し、FAカップ優勝に貢献した。 とりわけ、リーグ再開後は攻守両面でハイパフォーマンスを披露しており、ミケル・アルテタ監督からの信頼は厚い。そのため、アーセナルはレンタル期間延長、完全移籍での買い取りを希望しているが、現時点でクラブ間の交渉に目立った動きはない。 一方、セバージョスはジネディーヌ・ジダン監督の構想外と見られるマドリー復帰の可能性は低く、今夏に新天地を求める可能性が高い。ここまではアーセナル残留に加え、バレンシアやベティス行きの可能性が伝えられている。 そういった中、先日にセバージョスはスペイン『El Partidazo de COPE』で古巣ベティスへの帰還を希望する趣旨のコメントを残していた。 「ベティスに対する大きな愛を持っているよ。クラブで働くすべての人に対してもね」 「そして、彼らも僕からの愛情を知ってくれているし、僕らはシーズンを通して連絡を取り合っているんだ。ベティスは僕にとって大きな意味を持つクラブなんだ」 さらに、セバージョスは10日、自身の公式『インスタグラム』のストーリーに古巣復帰願望を示唆する投稿を行った。現在、休暇中のセバージョスは友人とボードゲームの『パチーシ』に興じている様子を映した短い動画を投稿したが、そこには古巣ベティスのユニフォームを堂々と着用している姿が映されていた。 今回のユニフォーム着用に関してセバージョス側に何らかの意図があったかは不明だが、同選手の残留を望むアーセナルファンがざわつく結果に…。 <div id="cws_ad">◆古巣復帰願望を示唆?<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Nuevo guiño de Dani Ceballos en su instagram, jugando al parchís con los colegas y con su camiseta del Betis puesta, de verdad que más no se puede hacer ya... <a href="https://t.co/l0wxku1gxL">pic.twitter.com/l0wxku1gxL</a></p>&mdash; Alejandro (@Alejand1907Rbb) <a href="https://twitter.com/Alejand1907Rbb/status/1292973076016009216?ref_src=twsrc%5Etfw">August 10, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.08.11 16:14 Tue
twitterfacebook
thumb

セバージョスはレアルには戻らない? アーセナルへ完全移籍も

レアル・マドリーからアーセナルへレンタル移籍していたスペイン代表MFダニ・セバージョス(24)だが、チームを去ることは許可されるようだ。 2019-20シーズンからアーセナルでプレーするセバージョス。シーズン途中にケガによる離脱があったものの、ウナイ・エメリ前監督、ミケル・アルテタ監督とどちらの監督の下でもコンスタントにプレー。公式戦37試合で2ゴール2アシストを記録していた。 レンタル期間は1年間のためマドリーへ帰還することが既定路線だが、予てからジネディーヌ・ジダン監督の構想には入っていないとされ、マドリーに止まる可能性は低いとされている。 移籍先にはレアル・ベティスやバレンシアが浮上する中、最近はアーセナルへの完全移籍を希望するなど、セバージョスの心境も変化があったとされている。 スペイン『マルカ』によると、マドリーはセバージョスの売却に関しては容認する意向があり、移籍金としては3000万〜3500万ユーロ(約37億3800万〜43億6200万円)を求めるプランがあるようだ。 2021年はセバージョスにとって、東京オリンピックとユーロがあり、新シーズンのプレー時間を確保したい状況。そのため、マドリーに戻るという選択肢だけはなさそうだ。 2020.08.10 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

メイトランド=ナイルズに3クラブが興味? アーセナルは容認か

アーセナルの元U-21イングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズ(22)に関して、3クラブが獲得に興味を持っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2019-20シーズンはプレミアリーグで20試合に出場し2アシスト、公式戦でも33試合に出場し1ゴール2アシストを記録していたメイトランド=ナイルズ。サイドバックやサイドハーフなど様々なポジションを務めていた。 6歳からアーセナルに所属するメイトランド=ナイルズは、1日に行われたFAカップ決勝のチェルシー戦でタイトル獲得を果たすとともに、アーセナルで100試合出場とメモリアルゲームとなっていた。 契約も3年間残っており、ここからチームの主軸になるかと思われたが、本人は現在の状況に満足しておらず、今夏の退団も辞さない考えを持っているとされていた。 ミケル・アルテタ監督も移籍を容認する姿勢のようで、オファー次第では放出する可能性があるとのこと。補強資金を獲得することを望んでいるとされている。 メイトランド=ナイルズには、2つのプレミアリーグクラブと1つのブンデスリーガクラブがオファーの準備をしているとのこと。そのクラブは明かされていない。 右サイドではスペイン代表DFエクトル・ベジェリンがいるものの、バックアッパーがいない状況。アルテタ監督は3バックを採用しているため、ウイングバックを務める選手を求めているとされるが、メイトランド=ナイルズの去就はいかに。 2020.08.10 22:55 Mon
twitterfacebook
thumb

アルテタに難題…GKマルティネスが出場機会要求! 来季控えなら退団希望か…

アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督は、新シーズンに向けて難しい決断を強いられることになりそうだ。 アーセナルは今シーズン、プレミアリーグを8位で終え、25年ぶりにトップ6を逃す結果に。それでも、8月1日に行われたチェルシーとのFAカップ決勝を制したことで、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に成功した。 その立役者となったのが、2010年の加入から苦節10年、初めて主力としてトロフィーを掲げたアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネス(27)だった。 マルティネスは2014-15シーズンにプレミアリーグデビューを飾ったものの、在籍10年間のほとんどをリザーブチームやウォルバーハンプトン、ヘタフェ、レディングとレンタル先で過ごしてきた。しかし、今シーズンは守護神を務めるドイツ代表GKベルント・レノ(28)の負傷離脱に伴い、プレミアリーグ第30節のブライトン戦で3年ぶりにリーグ戦に出場。 さらに、以降のリーグ戦9試合、FAカップのマンチェスター・シティ戦、チェルシー戦と11試合でプレー機会を与えられた中、安定したキャッチング、ハイボール処理、果敢な飛び出しと、ハイレベルのゴールキーピングを披露し、急速に評価を高めている。 一部で新シーズンに向けてレノを控えに回し、マルティネスを正GKにすべきとの声も挙がっている中、アルゼンチン『Continental』のインタビューに答えたアルゼンチン代表GKは、クラブに対して守護神の座を求めている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 「僕はクラブのためにプレーできることを証明してきたし、来季に向けてはより多くの試合に出なければならないと思っているよ。それこそアーセナルに残る唯一の方法だ」 「僕の目標はアーセナルで自分のポジションを固め、アルゼンチン代表の正GKになることなんだ。それを実現するまで、止まることはないよ。ただ、アーセナルでプレーできない場合、間違いなく移籍することになるだろうね」 自らの手でEL出場権を獲得したことで、来シーズン再びセカンドGKに回ったとしても、2つの国内カップ戦を含め10数試合の出場は確保できそうだが、今季の活躍で自身を深めたマルティネスは、より多くを望んでいるはずだ。 対してドイツ時代から勝気な性格で知られるレノが、すんなりと控えの立場を受け入れる可能性は低く、アルテタ監督はいずれかを選び、いずれかを失うという非常に困難な選択を迫られるかもしれない。 2020.08.09 22:17 Sun
twitterfacebook