名古屋に痛手 米本拓司が左第3腰椎横突起骨折で約4週間の戦線離脱

2020.08.02 08:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
名古屋グランパスが1日、MF米本拓司の戦線離脱を報告した。今季のここまで明治安田生命J1リーグ6試合に出場する米本は7月22日に行われた第6節の大分トリニータ戦で負傷交代。検査の結果、左第3腰椎横突起骨折で約4週間の治療期間を要する見込みだ。

名古屋は1日に行われた第8節の柏レイソル戦を0-1で落として、今季初黒星。5日に行われる次戦、YBCルヴァンカップグループA第2節に挑み、清水エスパルスのホームに乗り込む。
コメント
関連ニュース
thumb

イニエスタがスーペルゴラッソ! 名古屋撃破の神戸が2戦連続無失点で今季初の3連勝!《J1》

明治安田生命J1リーグ第29節のヴィッセル神戸vs名古屋グランパスが30日にノエビアスタジアム神戸で行われ、ホームの神戸が1-0で勝利した。 前節、三浦淳寛新監督の初陣となった北海道コンサドーレ札幌戦を4-0で快勝し、今季初の連勝を飾った10位の神戸。3連勝を目指す中3日での連戦では先発3人を変更。藤谷、トーマス・フェルマーレン、安井に代わって、セルジ・サンペール、ダンクレー、西と後方のメンバーを入れ替えた。 一方、4位の名古屋は直近の清水エスパルス戦を3-1の快勝。約1カ月ぶりの連勝を目指したこのアウェイゲームでは先発の入れ替えを2人に留め、成瀬、山崎に代えて金崎と今季初出場の宮原を起用した。 試合は戦前の予想通り、ホームの神戸がボールの主導権を握り、アウェイの名古屋が堅固な守備ブロックを構えて応戦する展開となる。 神戸はアンドレス・イニエスタを起点にボールを動かしながらスペース、ギャップを探していくが、なかなか相手守備の穴を見つけられず、ブロックの前でパスを回す状況が続く。それでも、13分にはイニエスタからの浮き球パスに反応したドウグラスがボックス左でダイレクトシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを叩く。 一方、名古屋は粘り強い守備で均衡を保つも、狙いとするマテウスや前田のスピードを生かした速い攻めに転じることはできず、前線の金崎らになかなか良い形でボールが入らない。 前半半ばの飲水タイムを経ても試合展開に大きな変化はなし。パスのテンポを上げつつ、崩しの局面でアイデアを出したいホームチームは、35分にボックス付近での細かい繋ぎから中央のイニエスタがシュート。さらに、味方に当たったこぼれ球を郷家がシュートするが、これは力なくGKランゲラックにキャッチされた。 互いに決定機が少ないゴールレスの前半を経て試合は後半に突入。神戸はコンディションの問題か大崎がベンチに下がり、後半から菊池が投入される。対して名古屋は後半立ち上がりの54分に前田を下げて相馬を投入した。 すると、55分には名古屋の波状攻撃からボックス右で一瞬フリーとなった阿部が左足を振り抜くが、ここはDF酒井の身体を張ったブロックに遭う。直後の56分には神戸もボックス右まで持ち上がった山口の強烈なミドルシュートで応戦する。 徐々に動きが出始めた展開の中、神戸の千両役者がスーペルゴラッソを決める。60分、左サイドから切り込んだ古橋の斜めのパスをドウグラスがワンタッチで叩くと、これを受けたイニエスタが郷家とワンツー。やや足元にボールが入ったものの、うまく歩幅を合わせて放ったペナルティアーク付近からの右足のグラウンダーのミドルシュートがゴール左下隅の完璧なコースに決まった。 イニエスタのゴールで先手を奪った神戸はその後も主導権を握って優勢に試合を運んでいく。この苦境を受けて、名古屋ベンチは69分に金崎、米本に代えて山崎、ガブリエル・シャビエルを同時投入し、リスクを冒した攻撃的な布陣に変更する。 この交代で全体を押し上げる名古屋は相手陣内でのプレーが増えていく一方、神戸のカウンターに晒される場面も増えていく。だが、ドウグラスや古橋のシュートチャンスはGKランゲラックを中心に粘りの対応で凌ぐ。 その後、試合終盤にかけて名古屋の攻撃を集中した守備できっちり撥ね返し続けた神戸が、2試合連続のクリーンシートで1-0の勝利。三浦新体制での連勝を継続すると共に今季初の3連勝となった。一方、攻撃面で課題が出た名古屋はまたしても連勝を逃がし、勝ちと負けが交互に並ぶスパイラルを抜け出すことはできなかった。 ヴィッセル神戸 1-0 名古屋グランパス 【神戸】 アンドレス・イニエスタ(後15) 2020.09.30 21:07 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:神戸vs名古屋】初連勝の神戸が白星を積み上げるか、名古屋はアウェイ連敗ストップなるか

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2020年9月30日(水) 19:00キックオフ ヴィッセル神戸(10位/26pt) vs 名古屋グランパス(4位/33pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆ホーム3連勝で上位浮上へのキッカケを掴めるか【ヴィッセル神戸】 前節は三浦淳寛新監督の初陣となったが、ホームに北海道コンサドーレ札幌を迎えて4-0と快勝。新体制で好スタートを切ったことは大きなプラス材料だ。 この結果、今シーズン初の連勝となり、ホーム3連戦の最後は名古屋が相手。3節前の19日に対戦したばかりの相手だが、すぐさまリベンジのチャンスが来た。 アンドレス・イニエスタが復帰したことでチームの攻撃に勢いがついている中、素晴らしい連動を見せているのがFW古橋亨梧。2試合連続2ゴールの活躍で、10得点に到達。勢いそのままに昨季超えを達成したい。 チームとしては、やり方に大きな変更はないものの、この連勝で自信は掴んだはず。自分たちが向かうべき方向を信じられれば、個々の能力が高いだけに結果もついてくるだろう。ホーム3連勝で上位浮上へのキッカケを掴みたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:前川黛也 DF:西大伍、ダンクレー、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳 MF:山口蛍、セルジ・サンペール、アンドレス・イニエスタ FW:郷家友太、ドウグラス、古橋亨梧 監督:三浦淳寛 ◆前回はPK2発で逆転勝ち、アウェイ連敗ストップなるか【名古屋グランパス】 前節はホームに清水エスパルスを迎え、3-1で快勝。今季初の連敗を避けることに成功した。 3節前に対戦した神戸との試合となるが、今節はしっかりと主導権を握って試合を進めていきたいところ。前回対戦は先制を許す展開となっており、PK2つでの逆転と運も味方した。 現在はアウェイで連敗中。今節と次節の浦和レッズ戦はアウェイでの連戦となるため、早いところアウェイで勝利を挙げたい所。神戸は前回対戦とは異なり調子が上向きなだけに、警戒して臨みたい。 ポイントはバランスを取った守備だろう。勢いに乗せると手がつけられなくなる神戸攻撃陣をしっかりとシャットアウトできるか。持ち前の守備の固さをここでも見せたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:オ・ジェソク、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、阿部浩之、マテウス FW:金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2020.09.30 15:25 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋がホーム戦3連勝で仕切り直しの1勝! 清水に3発快勝劇《J1》

明治安田生命J1リーグ第19節の名古屋グランパスvs清水エスパルスが26日に豊田スタジアムで行われ、ホームの名古屋が3-1で勝利した。 前節、ガンバ大阪に1-2の逆転負けを喫した名古屋はその一戦からスタメンを3名を変更。最前線に山崎を起用し、トップ下に阿部を配置した。一方、浦和レッズに1-2で敗れた清水は4名が変更となり、カルリーニョス・ジュニオの相棒にティーラシン・デーンダーをチョイスしている。 連敗阻止を狙う両チームの一戦は名古屋がいきなり試合を動かす。2分、敵陣中央でボールを奪った流れからボックス中央手前付近のマテウスが左サイドへ展開。ボールを受けた阿部が対峙したDFのマークを外して、右足コントロールショットを放つと、ゴール右に吸い込まれて先制に成功する。 19分には敵陣中央で得たFKをマテウスがGKを強襲する左足シュートを放つなど主導権を手にした名古屋。すると25分、バイタルエリア右の山崎がスルーパスを供給すると、ボックス右でボールを受けた前田がGK大久保をかわして無人のゴールに左足シュートを蹴り込み、追加点を手にする。 前半の終盤にかけて、清水がポゼッション率を高めるも、統率された名古屋の守備を崩すことができず、試合を折り返す。両チーム交代なしで迎えた後半の序盤は目まぐるしく攻守が入れ替わりながら時間が進んでいく。 2点リードの名古屋は左CKを獲得した74分に試合を決定づける。マテウスがインスイングのクロスを供給すると、ファーサイドの丸山がバックしながらヘディングシュート。これがゴール左に決まり、リードを3点とした。 82分に河井がバイタルエリア左からフィニッシュまで持ち込むなど、一矢報いようとした清水は88分、立田からのパスを受けた西澤がボックス左外から右足クロス。GKランゲラックの前に飛び込んだカルリーニョス・ジュニオが頭で合わせて、1点を返してみせる。 このゴールにより勢いづく清水はアディショナルタイムにかけて猛攻を仕掛ける。ボックス左に抜け出したカルリーニョス・ジュニオが至近距離からシュートを放つも、丸山のスライディングブロックに遭い、追加点までとはいかず。その直後に得たCKでは後藤が最後に反応するも、放ったヘディングシュートは枠を大きく外してしまう。 堅守速攻を披露し、前半のリードを守り切った名古屋が3-1の勝利を収め、ホーム戦3連勝。2試合ぶり白星を手にした。敗れた清水は2連敗。連敗は今季3度目となる。 名古屋グランパス 3-1 清水エスパルス 【名古屋】 阿部浩之(前2) 前田直輝(前25) 丸山祐市(後29) 【清水】 カルリーニョス・ジュニオ(後43) 2020.09.26 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:名古屋vs清水】連敗は避けたい両者、それぞれの強みを出すことが勝利への近道

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2020年9月26日(土) 14:00キックオフ 名古屋グランパス(6位/30pt) vs 清水エスパルス(16位/12pt) [豊田スタジアム] ◆バランスを保ち粘り強く守れるか【名古屋グランパス】 前節はアウェイでガンバ大阪と対戦。アウェイゲームながら先制したものの、後半に2ゴールを許し逆転負けを喫した。 8月の第11節の湘南ベルマーレ戦(1-0○)、第12節の川崎フロンターレ戦(1-0○)と連勝したものの、それ以降の6試合は[△●○●○●]とオセロ状態。連敗もないが連勝もないというどっちつかずの状況となっている。 その間の負け試合は全て複数失点。堅守を誇ってきた序盤戦から比べると、ややバランスを失うことが増えている状況だ。勝ち試合はいずれも2-1と最少失点に抑えているだけに、いかに守備の安定感を取り戻すかが、白星を積み上げていくことに繋がるだろう。 攻撃面の破壊力不足は否めないが、ここにきてFW金崎夢生が2試合連続ゴールと調子を上げてきている。しっかり守り、しっかり攻撃を完結させられれば、勝機が訪れるだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、ジョアン・シミッチ MF:前田直輝、阿部浩之、マテウス FW:金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆主導権を握り、チャンスを仕留めろ【清水エスパルス】 前節はホームに浦和レッズを迎えた一戦。長いトンネルを抜け出した後の試合だったが、1-2で浦和を相手に敗れてしまった。 再びホームで勝てなかったことは悔しさが残るが、悪いサッカーをしているわけではない。チームとしての方向性はしっかりと見せており、焦れずに継続していくことが重要となるだろう。 しかし、今節はヴァウドが出場停止。安定感を取り戻しつつあった守備の要が居なくなる。チーム力を試される一戦となるが、しっかりと名古屋の攻撃陣を止め、自分たちの形に持っていけるかが勝敗を分けるだろう。 ヴァウドの代わりは六平光成になるとみられるが、しっかりとビルドアップし、主導権を握りながら押し込んでいけるか。我慢しながらチャンスをしっかりと仕留めていきたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:大久保択生 DF:ヘナト・アウグスト、六平光成、立田悠悟 MF:エウシーニョ、竹内涼、西澤健太 MF:鈴木唯人、後藤優介 FW:カルリーニョス・ジュニオ、ジュニオール・ドゥトラ 監督:ピーター・クラモフスキー 出場停止:ヴァウド 2020.09.26 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋MFジョアン・シミッチに第二子誕生 「日本との繋がりがずっと思い出に」

名古屋グランパスは25日、ブラジル人MFジョアン・シミッチ(27)の第二子誕生を報告した。 ジョアン・シミッチは昨年から名古屋でプレー。今季はここまで明治安田生命J1リーグ15試合1得点を記録している。24日に第二子となる女子が誕生したことを受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。 「第2子の娘が誕生し、私も妻も最高に幸せです。家族と一緒に日本での生活を始めてから色々なことを学び、今回のお産も含め日本の人々の優しさを深く感じています。そして、この素晴らしい国で娘が誕生することで家族にとって日本との繋がりがずっと思い出に残ります。これからは二人の可愛い娘と妻と幸せを感じながら過ごしたいと思います」 2020.09.25 13:10 Fri
twitterfacebook