3得点の鳥栖が待ちに待った初勝利! FC東京は5試合ぶり黒星に《J1》

2020.08.01 21:03 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第8節、FC東京vsサガン鳥栖が8月1日に味の素スタジアムで行われ、2-3で鳥栖が勝利した。

4位のFC東京(勝ち点14)は前節は鹿島アントラーズとシーソーゲーム。前半終了間際の2得点で一時逆転したが、75分の失点でドローに。4試合無敗もここ2試合はドローが続いている。対して、15位の鳥栖(勝ち点4)はここまで18チーム中唯一の未勝利。前節はセレッソ大阪から先制点を奪ったが勝ち切ることができなかった。

先にチャンスを作ったのはホームのFC東京。3分、左サイドの小川のクロスを2列目から走り込んだ三田が頭で合わせる。鳥栖もその直後、右サイドのクロスから石井にビッグチャンスが訪れたが、DFに寄せられやや無理な体勢からのシュートはGK林の正面に飛んだ。

一進一退の試合。10分にディエゴ・オリヴェイラのシュートが右ポストを叩いたFC東京が攻勢を強めていくかに思われたが迎えた30分、鳥栖は樋口が右サイドからマイナスのクロスを送ると、ニアで反応した内田は空振りしてしまうものの、ボックス中央でフリーになっていた石井がダイレクトで流し込み、先制に成功した。

3試合連続で先制を許したFC東京だったが39分、ボックス手前右寄りの位置でFKを獲得すると、レアンドロがコンパクトな振りから壁の外を通すカーブシュートを決めて同点に追いついた。

それでも鳥栖はその4分後、森下がドリブルでボックス手前まで運ぶと、そこから左足を一閃。強烈なシュートが右ポストの内側を叩きゴールに突き刺さった。

これが今季初の複数得点となった鳥栖がリードで迎えた後半、56分に右CKのチャンスを得たアウェイチームは、サインプレーでゴールから離れるようにグラウンダーのクロスを供給。これを受けた松岡のシュートが相手に当たってゴール前にこぼれると、素早く反応した趙東建が至近距離から蹴り込んで3点目を奪った。

厳しい展開となったFC東京は、アダイウトンや内田、原を立て続けに投入。逃げ切りを図る鳥栖も78分までに5枚の交代カードを使い切る。その中でU-19日本代表の16歳の中野伸哉がデビューを果たす。

終盤にかけてより攻勢が増すFC東京。82分に左サイドのクロスから原が頭で触ったボールを内田が押し込んだが、オフサイドの判定に。

しかしその4分後の86分、右サイドの室屋がディエゴ・オリヴェイラとのワンツーでボックスへ侵入。クロスに合わせた途中出場アルトゥール・シルバのヘディングは高く跳ね上がりGK高丘に弾かれるも、その落ちてくるボールに対し、競り合った原大智が原輝綺のオウンゴールを誘い1点差に。

しかし、FC東京の反撃はここまで。リードを守り切った鳥栖が今季初勝利を挙げた。FC東京は5試合ぶり黒星となった。

FC東京 2-3 サガン鳥栖
【FC東京】
レアンドロ(前39)
OG(後41)
【鳥栖】
石井快征(前30)
森下龍矢(前43)
趙東建(後11)
コメント
関連ニュース
thumb

古巣グレミオからオファーの鹿島FWエヴェラウド、代理人が移籍を否定「戻るのは難しい」

ブラジルからオファーを受けた鹿島アントラーズのブラジル人FWエヴェラウド(29)だが、本人に戻る気はないようだ。ブラジル『Gauchazh』が伝えた。 エヴェラウドは、母校のフィゲイレンセやグレミオなどでプレー。今シーズン、メキシコのケレタロから鹿島へと加入した。 当初は日本とJリーグに適応できずに結果を残せていなかったエヴェラウドだが、7月18日の横浜F・マリノス戦で初ゴール初アシストを記録。すると、直近3試合でハットトリックを含む5ゴールを記録し、本領を発揮している。 しかし、そのエヴェラウドにブラジルのグレミオがオファー。ベンフィカへの移籍が濃厚となっているブラジル代表FWエヴェルトン(24)の後釜を探している中、かつて所属していたエヴェラウドに声をかけたようだ。 エヴェラウドの代理人であるフラビオ・ヴィアナ氏は、グレミオからのオファーを認めながらも、エヴェラウド本人が日本に留まる意向であると明かした。 「グレミオから連絡があった。幸せな気持ちだったよ。グレミオはブラジルでとても大きなクラブだ」 「ただ、エヴェラウドはJリーグの得点ランキングで2位にいる。家族もよく適応しているし、今日彼はブラジルに戻ることはとても難しいと言っていた」 アントニオ・カルロス・ザーゴ監督の下で苦しいシーズンを送っている鹿島。徐々に結果を残している中で、気を吐くエヴェラウドが残留することはチームにとって大きなプラス材料だろう。 2020.08.10 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第9節】6発快勝の名古屋から最多3選手をピックアップ! 今節は初選出多数に…

明治安田生命J1リーグ第9節の9試合が8日と9日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手を選りすぐり、ベストイレブンを紹介する。 GK沖悠哉(鹿島アントラーズ/初) Jリーグデビュー戦にして鹿島の今季初完封勝利に貢献。堅実なセーブと安定したビルドアップで最後尾からチームを奮い立たせた。 DF谷口彰悟(川崎フロンターレ/初) 確実にピンチの芽を摘み、一方的な試合運びを後ろから援護。主将としてもチームを引っ張り、安定した戦いぶりに大いに貢献した。 DF丸山祐市(名古屋グランパス/初) 2失点こそ喫したが、キャプテンシーを発揮して統率。前田直輝の3点目もパスカットからの正確な縦パスで起点になった。 DF蜂須賀孝治(ベガルタ仙台/初) 思い切りの良いサイド突破からのクロスで決定的な仕事ぶり。ダンクレーのオウンゴールを誘発すると、赤﨑の決勝点をアシストした。 MF田中碧(川崎フロンターレ/初) 要所でボールを刈り取り、大分攻撃陣を機能不全に。クロスバーを叩くシュートを放ってみせるなど、効果的なプレーを継続した。 MF井手口陽介(ガンバ大阪/2回目) 目を見張る運動量でルヴァンカップから中2日のゲームも見事に完走してみせ、勝ち越しゴールも演出。劇的勝利に大いに寄与した。 MFヘナト・アウグスト(清水エスパルス/初) ピッチ全体を駆け回っての攻守における存在感は抜群。豪快なミドルでゴールも挙げ、チームを4試合負けなしに導いた。 MFガブリエル・シャビエル(名古屋グランパス/初) 今季2度目の先発抜擢で1ゴール2アシスト。前田の4ゴール大暴れに目を奪われがちだが、卓越したテクニックを存分に披露した。 FW前田直輝(名古屋グランパス/初) 前半だけで自身プロ初のハットトリックを達成するなど4ゴールの大暴れ。浦和守備網もお手上げの無双状態だった。 FWカルリーニョス(清水エスパルス/初) 札幌DF田中を退場に追いやるなど、秀逸なポストプレーで攻撃の要となり脅威に。自身を自ら祝うバースデーゴールも飛び出した。 FW和泉竜司(鹿島アントラーズ/初) 途中出場ながら移籍後初ゴールで均衡を破り、追加点もアシスト。局面で突破口を見いだせずにいた攻撃を見事に活性化した。 2020.08.10 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪vsFC東京は白熱のゴールレス! 貫録のキム・ジンヒョン、J1デビューの波多野と両GKが躍動《J1》

明治安田生命J1リーグ第9節、セレッソ大阪vsFC東京が9日にヤンマースタジアム長居で行われ、0-0のドローに終わった。 前節、湘南ベルマーレを破り4戦無敗で2位に浮上したC大阪は、ミッドウィークに行われたYBCルヴァンカップでも浦和レッズを相手に公式戦2試合連続のウノセロ勝利。スペイン出身の智将の下、今季も堅守が光るチームは、2006年を最後にホームで負けのない相性が良い相手に対して、公式戦3連勝を目指した。なお、4日前の浦和戦からは先発5人を入れ替え、2トップはブルーノ・メンデス、奥埜のコンビとなった。 一方、サガン鳥栖に今季初白星を献上する2-3の敗戦を喫し、3戦未勝利と調子が下降気味の6位・FC東京は、鬼門の地で4戦ぶりの白星を目指す。ACL参戦のためミッドウィークに試合がなかったことで、先発の変更は2選手のみ。ただ、守護神の林に代わって、22歳の生え抜きGK波多野がJ1デビューを飾った。 いつも通りの[4-4-2]で臨んだC大阪に対し、アウェイのFC東京は永井、ディエゴ・オリヴェイラ、レアンドロを前線に並べた[4-3-3]の布陣を採用。立ち上がりから互いにクロスを起点にチャンスを作り合う中、11分にはホームチームにビッグチャンス。 左サイドの清武から右足インスウィングの絶妙なクロスがゴール前に供給されると、これをフリーの坂元が左足で丁寧に合わせる。だが、至近距離からの決定的なシュートはGK波多野のビッグセーブに遭う。それでも、この決定機をキッカケに流れを掴んだC大阪は、23分にも厚みのある攻めから最後はボックス手前の藤田が左足のミドルシュートで相手ゴールを脅かす。 一方、飲水タイムを経て徐々にディエゴ・オリヴェイラを起点としたカウンターが機能し始めたFC東京は、幾度となく良い形を作り出していく。そして、前半終了間際にはボックス付近でのレアンドロ、永井、安部の連係からゴール右の安部にシュートチャンスも、ここはDF松田の見事な絞りの対応に遭い、先制点とはならず。 迎えた後半、C大阪がブルーノ・メンデスに代えて都倉、FC東京が永井に代えて内田と、比較的早い時間帯に交代カードを切った中、前半同様に一進一退の攻防が続く。互いに都倉、ディエゴ・オリヴェイラを前線の起点とし、深い位置まで攻め込む場面を作るが、リーグ屈指の守備陣が簡単にゴールを割らせない。 そういった拮抗した展開の中、76分には右サイド深くで巧みな仕掛けを見せた坂元が入れたクロスの流れからC大阪に決定機も、丸橋が右足で放ったシュートはDFのゴールカバーに遭い、均衡を破る先制点とはならず。 その後、試合終盤にかけて互いにフレッシュなアタッカーをピッチに送り込み、球際での勝負が強調される白熱の攻防を見せる。後半アディショナルタイムには丸橋のシュートをGK波多野が冷静にセーブして見せれば、直後にはアダイウトンの右クロスに反応したレアンドロの決定的なヘディングシュートを今度は桜の守護神キム・ジンヒョンが圧巻の反応ではじき出し、こちらもゴールを割らせず。 そして、過密日程を感じさせないハイインテンシティ、J1デビューの波多野、貫録のキム・ジンヒョンと両GKの活躍が光った一戦は0-0のドローに終わった。 セレッソ大阪 0-0 FC東京 2020.08.09 21:13 Sun
twitterfacebook
thumb

湘南を下した広島がピースマッチを白星で飾る! 開幕節以来のホーム勝利《J1》

明治安田生命J1リーグ第9節、サンフレッチェ広島vs湘南ベルマーレが9日に行われ、1-0で広島が勝利した。 暫定11位の広島(勝ち点10)と最下位に沈む湘南(勝ち点4)が激突。第3節以降未勝利が続いていた広島は、前節の横浜FC戦で5試合ぶりの勝利をあげた。一方の湘南はここまでわずか1勝。前節のセレッソ大阪戦はPKによる失点で敗戦を喫し、最下位に転落した。 終戦記念のピースマッチと称された今回の一戦。アウェイの湘南は前線からプレッシャーをかけて広島のビルドアップを阻害する。それでも主導権を握る広島は18分、2シャドーを組む浅野と森島のコンビネーションで崩しにかかるが、森島のシュートはブロックされる。 26分にはインサイドにポジションをとったハイネルがレアンドロ・ペレイラとのワンツーでシュートへ。丁寧に枠を捉えたシュートだったがGK谷に止められた。30分にも今度はカウンターで持ち上がった浅野の折り返しを青山が狙うも、これは枠の外へ。 押し込む広島が決定期を迎えたのは36分。左サイドの柏が上げたクロスを浅野がヘディングシュート。体を倒して上手く合わせたシュートだったが、惜しくもポストに嫌われた。 このまま終えるかに思われた前半アディショナルタイム、攻勢続ける広島は佐々木が左サイドからクロスを上げると、ファーサイドの浅野がボレーで押し込み先制に成功。10本目のシュートでネットを揺らした。 後半から2人入れ替えた湘南に対し、広島は立ち上がりから浅野や川辺がシュートを放っていく。依然広島ペースが続く中、アウェイチームは65分にゴール前に攻め込むも、守備でも高い集中力を見せる広島の牙城を崩すには至らない。 湘南は67分に古巣戦となる石原を投入。広島も70分に2枚替え。その交代で入った藤井がカウンターで左サイドを駆け上がりチャンスメイク。最後は森島がフィニッシュに持ち込んだが、GK谷の好セーブに遭った。79分にはレアンドロ・ペレイラがビッグチャンスを迎えるが、ここでも谷が立ちはだかった。 やや押し込まれるようになった終盤には、レンドロ・ペレイラがGK谷の頭上を超えるロングシュートで強かにゴールを狙う。後半アディショナルタイムには、途中出場の野津田と齊藤が頭部を強打するアクシデントもあったが、1点差を守り切った広島が勝利。第1節以来のホーム白星となった。 サンフレッチェ広島 1-0 湘南ベルマーレ 【広島】 浅野雄也(前46) 2020.08.09 20:12 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FMと柏の熱戦は痛み分け! オルンガ5試合連発弾も逃げ切れず《J1》

明治安田生命J1リーグ第9節の横浜F・マリノスvs柏レイソルが8日に日産スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ベガルタ仙台との前節、今季アウェイ戦初白星を飾った横浜FMはマルコス・ジュニオールがスタメンに復帰。負傷離脱が続いたエリキも名を連ねたが、チアゴ・マルチンスと松本山雅FCから期限付き加入した前田はメンバー外となった。 対する柏は得点ランキングトップのオルンガを筆頭に爆発的な攻撃力を存分に発揮してリーグ4連勝中。前節の名古屋グランパス戦からメンバー変更なく、2017年5月以来の5連勝を狙った。 試合は開始から攻守の入れ替わりが激しく、非常にオープンな展開となり、フラットな[4-4-2]で臨んだ柏は江坂が1.5列目に顔を出しながらゲームをコントロール。それに対してアンカーの喜田がケアしていく。 すると、26分、その喜田がフィールド中央で瀬川からボールを奪って攻撃の起点に。マルコス・ジュニオールが左サイドから浮き球パスを供給すると、天野が折り返してエリキがネットを揺らす。しかし、天野のポジションがオフサイドの判定となった。 ハイラインを敷いてコンパクトに守る横浜FMが押し込み、多くのセットプレーを獲得したが、先制することはできず試合を折り返した。 柏は後半の頭から戸嶋を投入。支配率を高めて攻勢を強めると、大南が自陣から蹴ったラフなロングフィードの処理を松原がクリアミスした62分に先制する。相手のミスを見逃さなかったオルンガが敵陣左サイドからボックス中央に持ち込み、そのまま右足シュートでゴール右に突き刺した。 しかし、追いかける横浜FMが78分に同点に。途中出場のオナイウ阿道がボックス右付近から天野へパスを出し、中央でリターンを受ける。トラップから素早い流れでシュートまで持っていき、同点弾をマークした。 追いつかれた柏は前年王者相手から勝ち越しを目指したが、このままタイムアップ。1-1のドローに終わった。 横浜F・マリノス 1-1 柏レイソル 【横浜FM】 オナイウ阿道(後33) 【柏】 オルンガ(後17) 2020.08.08 22:05 Sat
twitterfacebook