3得点の鳥栖が待ちに待った初勝利! FC東京は5試合ぶり黒星に《J1》

2020.08.01 21:03 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第8節、FC東京vsサガン鳥栖が8月1日に味の素スタジアムで行われ、2-3で鳥栖が勝利した。4位のFC東京(勝ち点14)は前節は鹿島アントラーズとシーソーゲーム。前半終了間際の2得点で一時逆転したが、75分の失点でドローに。4試合無敗もここ2試合はドローが続いている。対して、15位の鳥栖(勝ち点4)はここまで18チーム中唯一の未勝利。前節はセレッソ大阪から先制点を奪ったが勝ち切ることができなかった。


先にチャンスを作ったのはホームのFC東京。3分、左サイドの小川のクロスを2列目から走り込んだ三田が頭で合わせる。鳥栖もその直後、右サイドのクロスから石井にビッグチャンスが訪れたが、DFに寄せられやや無理な体勢からのシュートはGK林の正面に飛んだ。

一進一退の試合。10分にディエゴ・オリヴェイラのシュートが右ポストを叩いたFC東京が攻勢を強めていくかに思われたが迎えた30分、鳥栖は樋口が右サイドからマイナスのクロスを送ると、ニアで反応した内田は空振りしてしまうものの、ボックス中央でフリーになっていた石井がダイレクトで流し込み、先制に成功した。

3試合連続で先制を許したFC東京だったが39分、ボックス手前右寄りの位置でFKを獲得すると、レアンドロがコンパクトな振りから壁の外を通すカーブシュートを決めて同点に追いついた。

それでも鳥栖はその4分後、森下がドリブルでボックス手前まで運ぶと、そこから左足を一閃。強烈なシュートが右ポストの内側を叩きゴールに突き刺さった。

これが今季初の複数得点となった鳥栖がリードで迎えた後半、56分に右CKのチャンスを得たアウェイチームは、サインプレーでゴールから離れるようにグラウンダーのクロスを供給。これを受けた松岡のシュートが相手に当たってゴール前にこぼれると、素早く反応した趙東建が至近距離から蹴り込んで3点目を奪った。

厳しい展開となったFC東京は、アダイウトンや内田、原を立て続けに投入。逃げ切りを図る鳥栖も78分までに5枚の交代カードを使い切る。その中でU-19日本代表の16歳の中野伸哉がデビューを果たす。

終盤にかけてより攻勢が増すFC東京。82分に左サイドのクロスから原が頭で触ったボールを内田が押し込んだが、オフサイドの判定に。

しかしその4分後の86分、右サイドの室屋がディエゴ・オリヴェイラとのワンツーでボックスへ侵入。クロスに合わせた途中出場アルトゥール・シルバのヘディングは高く跳ね上がりGK高丘に弾かれるも、その落ちてくるボールに対し、競り合った原大智が原輝綺のオウンゴールを誘い1点差に。

しかし、FC東京の反撃はここまで。リードを守り切った鳥栖が今季初勝利を挙げた。FC東京は5試合ぶり黒星となった。

FC東京 2-3 サガン鳥栖
【FC東京】
レアンドロ(前39)
OG(後41)
【鳥栖】
石井快征(前30)
森下龍矢(前43)
趙東建(後11)
関連ニュース
thumb

計6名新型コロナ感染のG大阪、今後の活動方針発表…10日のホーム大分戦開催で準備

ガンバ大阪が5日、今後の活動方針を発表した。 G大阪は4日までに選手5名、スタッフ1名の新型コロナウイルス陽性者が発覚。3日に敵地で前倒し開催される予定だった明治安田生命J1リーグ第11節の名古屋グランパス戦、6日にホーム開幕戦として催される見込みだった第2節の鹿島アントラーズ戦のそれぞれ中止が決定した。 今後についてはJリーグおよび大阪府、吹田保健所と協議の結果、陽性者ならび濃厚接触者の特定と隔離、感染予防策をさらに徹底した上で、チーム活動および試合開催可能との方向に。それを受けて、10日にホームで予定する第3節の大分トリニータ戦開催で準備を進めていくという。 また、トップチームの活動については4日までにチーム内で確認された陽性者ならび、Jリーグのプロトコルに従った濃厚接触者を隔離。吹田保健所による濃厚接触者ならび、感染経路の特定が終わるまで、トップチームは自主トレーニングのみとなり、全体活動を休止する。 一方、トップチームと接点がなかったフロントやアカデミーのスタッフ、スタジアム関係者に関しては吹田保健所と協議の末、活動再開可能との方向性が示され、この日から活動再開に至っている。 代表取締役社長の小野忠史氏は「多大なるご心配とご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございません」と陳謝するとともに、「より一層の感染症対策を講じ、安心・安全な試合開催に向けて取り組んでまいりますので、皆様のご理解とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます」と決意を新たにした。 2021.03.05 18:35 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和DF藤原優大が左眼窩底骨折で手術…プロデビュー戦で全治4週間のケガ

浦和レッズは5日、DF藤原優大の負傷を発表した。 藤原は2日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ グループC第1節の湘南ベルマーレ戦にフル出場したが、試合中に顔面を打撲していた。 試合後に病院で精密検査を受けたところ、脳震とうに関しては否定され、脳にも器質的な問題がないことが確認されていた。 しかし、翌日に改めて検査を受けた結果、左眼窩底骨折と診断。脳震とうはなかったものの、5日に手術を受けたという。なお、全治4週間の見込みだ。 青森山田高校から今季入団の藤原。その湘南戦がプロデビュー戦だった。 2021.03.05 17:55 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿島行きも噂されたDFガブリエウ・ジアスがコロナの影響で来日断念…国内移籍へ

一時は日本からの関心もあり、鹿島アントラーズ入りも噂されたフォルタレザのDFガブリエウ・ジアス(26)だが、日本への移籍を諦めたようだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。 これまでパウメイラスやレッドブル・ブラガンチーノ、インテルナシオナウなどでプレーしてきたガブリエウ・ジアスは、2019年1月からフォルタレザでプレーしていた。 右サイドバックを主戦場にセンターバックでもプレーできるガブリエウ・ジアスは、今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで31試合に出場し1ゴール1アシストを記録。フォルタレザでも公式戦通算68試合に出場し4ゴール4アシストを記録していた。 そのガブリエウ・ジアスには日本からも関心が寄せられ、鹿島アントラーズが興味を持っているとされたが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けた緊急事態宣言により新規入国が不可能な状態に。さらに目処が立たないことから、日本行きを諦めたとのこと。ブラジル国内のセアラーへの移籍を決断したようだ。 すでに両者の間では合意がなされているとされ、正式発表を待つのみの状況。2021年末までの契約を結び、2シーズンの延長オプションがついているようだ。 2021.03.05 13:05 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪の新型コロナ感染者発生でJ1第2節のG大阪vs鹿島が開催中止…

Jリーグは4日、明治安田生命J1リーグ第2節、ガンバ大阪vs鹿島アントラーズの開催中止を発表した。 今回の一戦は当初、3月6日(土)の16:00にパナソニックスタジアム吹田で開催予定となっていたが、G大坂においてトップチームの選手5名・スタッフ1名に新型コロナウイルス感染症の陽性判定が出たことを受け、同クラブが現時点で感染の影響範囲を確認できないため、開催中止を決定した。 G大阪では今月3日に実施された新型コロナウイルス感染症の検査で、選手4名・スタッフ1名に対する陽性判定、および選手1名・スタッフ1名のJリーグの基準による濃厚接触疑い者が発生。これにより、3日に開催予定だったJ1第11節の名古屋グランパス戦が開催中止となっていた。 さらに、4日に実施されたトップチーム選手・トップチームスタッフ・アカデミー選手・アカデミースタッフ・フロントスタッフ・アカデミー寮関係者・スタジアムに勤務する関係者の計225名を対象とした最新の検査では新たにトップチーム選手1名に陽性判定が出ていた。ただ、その他224名に関しては陰性が確認されている。 なお、代替日については決定次第改めて通知される予定だ。 2021.03.04 22:22 Thu
twitterfacebook
thumb

「ネットいじめはサイテーだよ。カッコ悪いよ。」前園真聖氏が25年前を再現、Jリーグ誹謗中傷防止啓発映像に起用

Jリーグは4日、元サッカー日本代表の前園真聖氏を起用したSNSによる誹謗中傷防止のための啓発動画を公開した。 2021年3月4日(木)14時より行われた法務省、全国人権擁護委員連合会、公益財団法人人権教育啓発推進センター3社主催による「インターネットと人権・オンラインフォーラム〜心ない投稿・コメントで人を傷つけないために〜」にて初公開された。 昨今、SNSの普及などにより、人格を否定するような誹謗中傷がより深刻な問題となっている。スポーツ界もその例外ではなく、クラブや選手に対する誹謗中傷が大きな問題となっている。そこで、Jリーグではこの問題を少しでも抑制し、一部の心ない人間によって心を痛めている多くの選手やファン・サポーターを守るために、SNSによる誹謗中傷防止のための啓発映像「ネットいじめ、カッコ悪い。」を制作した。 今回の映像では「いじめ」「サッカー」「啓発CM」の3つのテーマから連想される人物として、今から25年前「いじめ、カッコ悪い。」のCMにて社会問題に対し自らのメッセージで呼びかけ大きな反響を呼んだ元サッカー日本代表・前園真聖氏をメッセンジャーに起用。SNSでの誹謗中傷=“ネットいじめ”への思いを、前園氏が自身の言葉で語りかけるものとなっている。 現在、スポーツの領域のみならずバラエティ番組出演などマルチな活躍を見せる前園氏ですが、本映像で見せる真剣な表情や一言一言にはSNSによる誹謗中傷抑制への強いメッセージが込められています。尚、本映像はJリーグ2021年シーズンの全試合会場※の大型ビジョンにて使用される予定となっている。 前園氏は今回の撮影について「久々の撮影で緊張感のある中、今回25年前の自分のCMからまた当時とは違う現代においての問題みたいなものを自分の言葉でということでしたが、非常に責任感のあるというか緊張感のある中で楽しくやらせていただきました」とコメント。25年ぶりに起用されたことについては「25年前に違う形で社会に問題提起をさせてもらって、今はスポーツ界でも社会でもネットでの誹謗中傷の問題 は凄く深刻なものがあるので、自分の言葉で皆さんに語り掛けるじゃないですけど、そういう思いでやらせてもらいました」と振り返った。 25年前の映像を見た前園氏は「いじめ、かっこ悪い」と言っていましたが、僕がかっこ悪かったですね、今見ると(笑) あんな感じでよくやってい たなって思いました(笑) もう少し紳士的に…あの時の自分に言い聞かせてやりたいですけど。ただあのCMが今も時々話題に上がったり、いじられたりすることもあるんですけど、あの経験をさせてもらったおかげで、また今回 こういう話をいただけたので、非常に良い経験だなと思っています」とコメントした。 今シーズンのJリーグについては「昨年からもそうですけど、コロナ禍でJリーグも選手たちもサポーターの皆さんも大変な中で一生懸命やっているのを外から見ていました。今シーズンはいつ通常開催になるか分かりませんが、選手たちがピッチの中で一生懸命頑張っているし、サポーターファンの方がスタジアムで、みんな楽しく応援できてサッカーを楽しめる日がまた来ると思うので、その日まで僕らはサッカーを応援したいし、Jリーグを応援したいし、それに応えて選手たちは一生懸命ピッチでプレーしてくれると思うので、みんなでサッカー界を盛り上げていけたら良いかなと思っています」とコメント。盛り上げていきたいと語った。 <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><script>var video_id ="Ti94aYu7P9k";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script></div> 2021.03.04 16:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly