アタランタに痛手…イリチッチが“深刻”な個人的問題で母国に帰国…PSG戦欠場が決定

2020.08.01 16:12 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アタランタのスロベニア代表MFヨシップ・イリチッチがチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン(PSG)戦を欠場することが決定的となった。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。

今シーズンのセリエAでCL出場圏内の4位以内を確定させているアタランタは、1日にインテルとの最終節を残しているものの、最大の目標は12日に控えるCL準々決勝のPSG戦となっている。

しかし、この重要なビッグマッチを前に超強力アタッキングユニットをけん引する一人のイリチッチを欠くことになるようだ。

『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えるところによれば、イリチッチは現在、“深刻”な個人的な問題を抱えており、母国のスロベニアに帰国しているという。これにより、PSG戦の欠場が決定的な状況だ。

同メディアは個人的な問題に関して認知しているものの、イリチッチへの配慮から詳細について説明する意思がないことを伝えている。そのため、推測ではあるものの、身内の不幸や健康問題に関する非常にプライベートな問題のようだ。

イリチッチは今シーズンの公式戦34試合で21ゴール9アシストを記録。とりわけ、CLラウンド16のバレンシアとの2試合では5ゴールを挙げる圧巻の活躍を披露し、ベスト8進出の立役者となっていた。

アタランタにとっては大きな痛手だが、一人の人間として非常に困難な状況に直面するイリチッチの幸せを心から願いたい。
コメント
関連ニュース
thumb

PSGにさらなる痛手…ヴェッラティがふくらはぎの負傷でCLアタランタ戦を欠場

パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティが、12日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のアタランタ戦を欠場するようだ。フランス『レキップ』が報じている。 『レキップ』によれば、ヴェッラッティは4日に行われたトレーニング中にFWチュポ=モティングと接触した際にふくらはぎを負傷。離脱期間などは不明だが、アタランタ戦の出場はほぼ不可能だと伝えている。 ラウンド16でドルトムントに勝利し準々決勝進出を決めたPSGは、フランス代表FWキリアン・ムバッペやフランス代表DFレイヴァン・クルザワも欠場が濃厚となっており、ヴェッラッティの離脱はチームにとって更なる打撃となる。 2020.08.06 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

アタランタMFタメゼ、完全移籍には至らずレンタル元のニースへ復帰

ニースは3日、アタランタにレンタル移籍していたフランス人MFアドリアン・タメゼ(26)の復帰を発表した。 1月にニースからアタランタに買い取りオプション付きのレンタルで加入したセントラルMFのタメゼだったが、セリエAでは7試合(うち先発は2試合)の出場に留まり、完全移籍には至らなかった。 ナンシーでプロデビューを飾ったタメゼは、ヴァランシエンヌを経て、2017年夏からニースでプレー。昨季前半はリーグ・アンで8試合の出場に留まっていた。 2020.08.04 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

コンテとインテルの関係は修復不可能? アッレグリやポチェが後任候補に

インテルとアントニオ・コンテ監督の関係は修復不可能なところまで来ているようだ。 1日に行われたセリエA最終節のアタランタ戦を2-0の勝利で終え、2位でフィニッシュしたインテル。コンテ監督は就任初年度として上々の成績で終えた一方で、試合後に自身や選手に対するメディアからの批判にクラブが守ってくれないと不満を露わに。「勝ち馬に乗るような奴は嫌いなんだ。今年はインテルでそんな奴を大勢見た」と上層部を批判し、さらには「糞を食わせられた」とまで言い放った。 『スカイ』や『ガゼッタ・デッロ・スポルト』、『コリエレ・デッロ・スポルト』など多くのイタリアメディアが修復不可能と指摘する中で、後任候補としてマッシミリアーノ・アッレグリ氏(52)とマウリシオ・ポチェッティーノ氏(48)の名前が挙がっている。 前者は昨シーズンでユベントスを退団して以降フリーとなっており、後者も昨年11月にトッテナムを解任され、しばらく休息の時を過ごしている。 なお、イタリアメディアは1200万ユーロ(約14億9000万円)という年俸のため解約金も高額であることから一方的な解任は起こらないと推測しているが、双方合意での契約解消は妥当な選択肢になると見込んでいる。 コンテ監督と最高経営責任者(CEO)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏は3日に会談を行うようだ。 2020.08.03 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタ指揮官、インテル戦は敗北も「PSG戦へ向けての最高の準備になった」

アタランタを率いるジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督は、チャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン(PSG)戦に向けてインテル戦での敗北が教訓になると考えている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 1日に行われたセリエA最終節でインテルと対戦したアタランタ。立ち上がり早々に失点すると20分にも被弾。今シーズンは爆発的な攻撃力で逆転勝利を多く収めてきたアタランタだが、試合終了までネットを揺らせず0-2で敗れた。リーグ戦では11月の第11節サンプドリア戦以来の無得点で、敗戦も第20節のSPAL戦以来となった。 ガスペリーニ監督は敗戦にも関わらず、12日に控えているCL・ラウンド8のPSG戦に向けて「最高の準備となった」とコメント。『DAZN』のインタビューで試合を振り返った。 「インテルは積極的に攻めてきた。ハイテンポで質の高いプレーで我々を止めてくれた。ここ数週間の我々はアクセルを緩めていたが、今夜の試合でこのような相手にはそれでは勝てないことに気づくことができた。インテルを祝福するよ。そして我々のレッスンになったことを願っている」 「彼らはアタランタを本当に目覚めさせてくれた。我々は年々改善することだけに集中しなければならない。同時にこのクラブの経済力も考慮に入れなければならない。スクデットを争うようなチームと同等にはなれないのだからね」 「我々はこれまで何度も逆転勝利を経験してきたが、この試合は1分に失点し、20分にもやられて2点差となった。インテルのようなチームを相手には最悪の状況だったね。その後は攻撃的なリアクションを示すことができたが、失点して初めてエンジンをかけなければならないわけではないということを理解しておく必要がある」 2020.08.02 19:15 Sun
twitterfacebook
thumb

2位フィニッシュも王者との差を認めるコンテ「彼らは実力の違いを見せつけた」

インテルのアントニオ・コンテ監督は、今季のセリエA王者のユベントスとの差がまだ大きいことを認めている。 インテルは1日、セリエA最終節でアタランタと対戦。2位と3位の上位対決だったが、開始早々にゴールを奪ったインテルはアウェイで0-2で勝利。2位の座を死守してシーズンを終えた。 最終的にユベントスとの勝ち点差は「1」だったものの、コンテ監督は両チームの差は勝ち点以上に大きかったと感じているようだ。『DAZN』のインタビューで今シーズンの戦いを振り返りながら語った。 「ユベントスとの間にはギャップがあり、その差はまだまだ大きい。我々は賢くなければならない。落ち込みすぎても調子に乗りすぎるのも良くない」 「セリエAでは目標を達成し、コッパ・イタリアでは準決勝に進んだ。今度はヨーロッパリーグで感動を与えたい」 「この1年は私にとってタフな1年だったが、全力を尽くしてくれるプロフェッショナルたちがいるからとても助かっているよ。ユーベは9連覇を達成し、再び実力の差を明らかにした。他のチームがその差を縮めようと躍起になっている間にも、彼らは成長を続けたんだ」 2020.08.02 16:29 Sun
twitterfacebook