フラメンゴ、新指揮官はペップ元右腕のドメネク・トレント氏!

2020.08.01 13:38 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フラメンゴは7月31日、スペイン人指揮官のドメネク・トレント氏(58)の新指揮官招へいを発表した。契約期間は2021年12月末までとなっている。

フラメンゴは先月半ばに、就任1年目からコパ・リベルタドーレス、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAを制して、2019年末のFIFAクラブ・ワールドカップでも準優勝という成績を収めていたジョルジェ・ジェズス監督(現ベンフィカ)が退任。

これを受けて、後任探しに奔走していた中、ジョゼップ・グアルディオラ監督の副官として知られるトレント氏に白羽の矢が立った。

バルセロナB時代からグアルディオラ監督の副官を担ってきたトレント氏は、バルセロナ、バイエルン、マンチェスター・シティでアシスタントコーチを歴任。

その後、2018年にはマンチェスター・シティの系列クラブであるニューヨーク・シティFCの指揮官に就任。昨シーズンは東カンファレンスで首位に立っていたものの、プレーオフでトロントFCに敗れたことで契約を解消していた。
コメント
関連ニュース
thumb

タイトル獲得、コロナ感染のジェズス監督がフラメンゴと契約解除

フラメンゴは17日、ポルトガル人指揮官のジョルジェ・ジェズス監督(65)がチームを退団することを発表した。クラブ公式サイトが発表した。 ジェズス監督はベンフィカや、スポルティング・リスボンなどの母国クラブの指揮官を歴任。その後、サウジアラビアのアル・ヒラルを経て、2019年夏からフラメンゴの監督に就任した。 <div id="cws_ad">◆フラメンゴ、36度目のカンピオナート・カリオカ優勝<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGd1F4aHJsMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 就任1年目からコパ・リベルタドーレス、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAを制して、2019年末のFIFAクラブ・ワールドカップでも準優勝という成績を収めていた。 今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてシーズンがストップ。さらに、ジェズス監督自身も感染するなどしていたが、6月には契約更新したことを自身のインスタグラムで発表していた。 先週終了したカンピオナート・カリオカでも優勝を果たしていたフラメンゴだが、ジェズス監督は契約解除を申し入れ、ポルトガルへと戻ることになったようだ。 2020.07.18 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル、DFパブロ・マリの買取決断か…シティ戦で重傷の可能性も去就に影響なし

アーセナルは、来季以降もスペイン人DFパブロ・マリ(26)をチーム構想に入れているようだ。 マリは今年1月、フラメンゴから今シーズン終了までのレンタル移籍で加入。新型コロナウイルスの中断によってここまで公式戦3試合の出場にとどまっているが、安定した守備に加え、ミケル・アルテタ監督が求めるビルドアップへの貢献度も高い。また、チームのセンターバックで唯一の左利きという特徴もあり、クラブ内での評価は高い。 先日に選手本人が残留希望を明かした中、アーセナルもレンタル時の契約に盛り込まれている買い取りオプションを行使する意向を固めたようだ。 ブラジル『COLUNA DO FLA』が伝えるところによれば、アーセナルは総額1600万ユーロ(約19億円)といわれる移籍金を支払い、マリを完全移籍で買い取ることを決断したという。そして、この取引が実現した場合、マリはフラメンゴのディフェンダー史上最も高額な移籍金で売却された選手になるようだ。 ただ、17日に行われたプレミアリーグ再開初戦のマンチェスター・シティ戦に先発出場したマリは前半半ばに足首を負傷。 現時点で詳しい診断結果は明かされていないが、イギリス『スカイ・スポーツ』や『デイリー・メール』は、足首のじん帯の損傷から数週間単位の離脱や手術の可能性を伝えている。そのため、今季中の復帰は難しいかもしれない。 それでも、アルテタ監督は「プレーヤーは自分の仕事をし、クラブを守るために負傷した。したがって、(買い取りオプションを行使するか否かに)影響はない」と、公式会見の場で語っており、今回のケガが去就に影響を及ぼす可能性は低い。 2020.06.21 16:33 Sun
twitterfacebook
thumb

F・ルイスの古巣愛! 「アトレティコは不可能を可能にするチーム」

フラメンゴに所属するブラジル代表DFフィリペ・ルイスは古巣アトレティコ・マドリーに対して不縁の愛を抱き続けているようだ。 F・ルイスは2010〜2014年と2015〜2019年の2度にわたり、アトレティコ・マドリーでプレー。今もアトレティコの指揮を執るディエゴ・シメオネ監督から長らく主力としての信頼を寄せられ、ラ・リーガやコパ・デル・レイを制するだけでなく、2度のヨーロッパリーグ(EL)優勝にも貢献した。 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJRcnR6eWI5ayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 昨夏、フリートランスファーで子供の頃からの夢だったと語るフラメンゴに活躍の場を移したF・ルイスだが、アトレティコは今も特別な存在のようだ。スペイン『TVE』のインタビューで母国ブラジルの新型コロナウイルス感染拡大状況や社会情勢を語るなかで、古巣アトレティコにも言及した。 「(僕がアトレティコのアイドル?) 去った者の思い出は良いものしか残っていないものだ。僕のプレーが酷かった試合なんて、覚えていないさ。フットボールは生きがいだ」 「(突破を決めたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のリバプール戦?) アトレティコは不可能を可能にするチームだ。見ごたえのある試合だったね。もう3回も見直しちゃったよ。チームメイトやチョロとも話をした」 2020.06.16 14:10 Tue
twitterfacebook
thumb

財政難のフラメンゴ、ジェルソン売却を考慮! 新天地はチェルシーorドルトムント?

フラメンゴに所属するブラジル人MFジェルソン(23)は、わずか1年でヨーロッパに復帰する可能性が高いようだ。 2016年夏にフルミネンセからローマに加入したジェルソンは、当初“左利きのポグバ”として大きな期待を集めていた。しかし、ローマとレンタル先のフィオレンティーナで大きなインパクトを残せず、昨夏にフラメンゴへ完全移籍し、母国に復帰。 それでも、慣れ親しんだ母国で完全復活を果たしたレフティーは、昨シーズンの公式戦36試合に出場し2ゴール4アシストの数字を残すなど攻守両面で躍動。コパ・リベルタドーレスとカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAの2冠、FIFAクラブ・ワールドカップ準優勝に大きく貢献していた。 母国での華々しい復活を受けて、ジェルソンの元にはアーセナルやトッテナムからの接触があり、先月初旬には同選手の父親であるマルコス・サントス氏が、問い合わせ段階ではあるものの、複数クラブからの接触を認めていた。 さらに、今回ブラジル『FOX Sports』は、ジェルソンの去就に関する新たな情報を提供している。 同メディアによると、フラメンゴは7500万ユーロ(約92億5000万円)近い負債を抱えており、数選手の売却でそれを補填する必要に迫られているという。 そして、先日にトッテナムが1800万ユーロ(約22億2000万円)のオファーを掲示したとされるジェルソンには、3500万ユーロ(約43億2000万円)の移籍金を要求しているようだ。 また、ジェルソンの関係者によると、クラブは6月20日までに条件を満たす正式なオファーが届くことを期待しており、同選手の代理人もヨーロッパで移籍に向けた交渉を行っている模様。その交渉相手に関しては、チェルシーとドルトムントの名前が挙がっている。 移籍先については情報が錯綜している感もあるが、ジェルソンのヨーロッパ再上陸の可能性は高そうだ。 2020.06.08 21:11 Mon
twitterfacebook
thumb

フラメンゴ、昨季2冠に導いたジョルジェ・ジェズス監督と契約更新

フラメンゴを率いるジョルジェ・ジェズス監督(65)がクラブとの契約を1年間の延長したことを発表した。同監督が自身の公式『インスタグラム』で明かした。 ジェズス監督はベンフィカや、スポルティング・リスボンなどの母国クラブの指揮官を歴任。その後、サウジアラビアのアル・ヒラルを経て、2019年夏からフラメンゴの監督に就任。 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJlc3lnUlMwdCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 就任1年目からコパ・リベルタドーレス、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAを制して、同年末のFIFAクラブ・ワールドカップでも準優勝という成績を収めていた。 クラブとの現行契約が今月末に満了を迎える中、ポルトガル人指揮官は2日に『インスタグラム』で1年間の延長合意を明かした。 「代理人とフラメンゴの取締役会による交渉の結果、さらに1年間の契約を更新することで合意に達した」 「クラブ、スカッド、フラメンゴファンとの友好な関係は今回の決断に大きな影響を与えるものだった。皆さんからの厚意と支援にも感謝しています」 なお、ジェズス監督は今年3月半ばに新型コロナウイルス(COVID-19)の感染を公表していたが、現在は完全に回復している。 その一方で、同ウイルスの感染拡大が深刻化するブラジルでは新シーズン開幕の目途が立っていない。 2020.06.03 17:35 Wed
twitterfacebook