【J1注目プレビュー|第8節:仙台vs横浜FM】王者に訪れた試練、攻略上手な木山・仙台にどう応じる!?

2020.08.01 12:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第8節】
2020年8月1日(土)
18:00キックオフ
ベガルタ仙台 vs 横浜F・マリノス
[ユアテックスタジアム仙台]◆攻略上手な指揮官が選ぶ道は【ベガルタ仙台】

今シーズンはここまでわずか1勝と結果の出ていない仙台。5戦未勝利、2連敗中と良いところがないのが現状だ。


前節の柏レイソル戦は押し切られる形で5-1で大敗を喫したが、前後半とも良い攻撃の形を見せていた。第6節の川崎フロンターレ戦(2-3●)、第5節の北海道コンサドーレ札幌戦(2-2△)と勝てていないものの、どちらも2点を先行する試合運びを見せていた。

相手を攻略してこその2点リード、得点や攻撃の形も作れていた中で、相手を押し込む時間帯もある。ただ、それを90分間やりきれないところが課題だ。

今節の相手である王者・横浜FM対策も当然準備しているはず。両サイドバックの裏を仙台のWBが突く形が想像できるが、木山隆之監督が用意しいた策は?

★予想スタメン[4-3-3]
GK:ヤクブ・スウォビィク
DF:蜂須賀孝治、吉野恭平、平岡康裕、柳貴博
MF:道渕諒平、椎橋慧也、関口訓充
FW:ジャーメイン良、長沢駿、西村拓真
監督:木山隆之

◆ミスを減らして自信を取り戻せるか【横浜F・マリノス】

前節は北海道コンサドーレ札幌相手に3-1で完敗。守備陣のミスから失点を繰り返し、不安定な戦いを続けている。

中断明けは、主力の離脱も相次ぎ、万全の戦力で戦っているとは言えないが、過密日程となる今シーズンを考えれば、同じメンバーで戦うことは不可能。さらに10月からはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)も入ってくるため、チーム全体で安定したパフォーマンスを出すことが重要だ。

課題となるのは、相手が完全に攻略法を準備してきていることにある。FC東京(1-3●)、鹿島アントラーズ(4-3●)、札幌(3-1●)と敗れた試合はいずれも失点が多い。特にハイラインを敷き、後方からのビルドアップを行う部分を狙われている格好。個々のミスを誘発させられる場面もある。

中盤でのミスが出ることで強度を失い、最終ラインが準備できない状況でカウンターを受ければ崩壊する。昨シーズンはDFチアゴ・マルチンスに助けられていた部分がかなり大きいが、それがなければ脆いことも証明されつつある。果たして相手の攻略をどう乗り切るのか、それとも自分たちのスタイルを貫き打ち勝つのか。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:梶川裕嗣
DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、高野遼
MF:喜田拓也、天野純、扇原貴宏
FW:水沼宏太、エジガル・ジュニオ、大津祐樹
監督:アンジェ・ポステコグルー
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:鹿島vsFC東京】ボールを動かし主導権を握るのは?先制点がカギ

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2021年5月9日(日) 17:00キックオフ 鹿島アントラーズ(15pt/10位) vs FC東京(15pt/11位) [県立カシマサッカースタジアム] 前節はアウェイで快勝した鹿島と、ホームで完敗を喫したFC東京の一戦。 勝ち点で並ぶ両者だが、上位に浮上するには負けられない一戦となる。 ◆上位との対決を前に勢いを【鹿島アントラーズ】 前節は横浜FCとアウェイで対戦し、0-3で快勝。前半で2ゴールを奪うと、終盤にも加点し、危なげなく勝利を収めた。 相馬直樹新監督を迎えてからのリーグ戦3試合は2勝1分け。監督交代の結果が出ていると言って良いだろう。あとは継続あるのみだ。 ボールを握って繋いでいくスタイルを継続しているが、同じタイプの相手は得意ではない。そのため、このFC東京戦は1つのターニングポイントになる可能性がある。 さらに、この先の相手がハードスケジュールに。名古屋グランパス、横浜F・マリノス、サガン鳥栖、セレッソ大阪、川崎フロンターレと、上位陣との連戦が。この上位陣との試合が今シーズンの行方を大きく左右することになるだけに、まずはFC東京をしっかりと叩いておきたいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK沖悠哉 DF:常本佳吾、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也 MF:レオ・シルバ、三竿健斗 MF:ファン・アラーノ、荒木遼太郎、土居聖真 FW:染野唯月 監督:相馬直樹 ◆苦しい4連敗、脱出への道は守備【FC東京】 前節はホームに横浜F・マリノスを迎えての一戦となったが、結果は0-3で完敗。力の差を見せつけられてしまう形となった。 気が付けば4連敗。順位も11位とボトムハーフに転落。優勝を掲げて臨んだシーズンとしては、全くもって想定外の結果と言えるだろう。 今シーズンの大きな課題は守備の不安定さ。失点数が多いこともあるが、ピッチ上で見られるミスが多く、良い守備からリズムを作ることがほとんどできていない。 攻撃陣も元気が無く、決定的な仕事ができていない状況。チーム全体としてのリズムが好調時とは違い、そのためにも守備をしっかりと立て直していきたいところだ。 勝ち点で並ぶ鹿島との一戦。似たスタイルを掲げているだけに、守備がしっかりとハマれば結果は自ずとついてくるはず。一方で、ハマらなければ無残に敗れる可能性もあるだけに、しっかりと守備から入っていきたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:波多野豪 DF:岡崎慎、渡辺剛、ジョアン・オマリ、小川諒也 MF:東慶悟、安部柊斗、森重真人、アダイウト FW:永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラン 監督:長谷川健太 2021.05.09 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:福岡vs柏】カギは助っ人!クラブ史上初のJ1での4連勝目指す福岡、仕切り直しの柏を迎える

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2021年5月9日(日) 14:00キックオフ アビスパ福岡(19pt/7位) vs 柏レイソル(13pt/13位) [ベスト電器スタジアム] 前節は2000年以来のJ1での3連勝を飾った福岡と、4連勝を目指すも未勝利の仙台に敗れた柏。 調子が上がっている両チーム、カギを握るのは助っ人たちの出来。 ◆クラブ史上初となるJ1での4連勝へ【アビスパ福岡】 前節は浦和レッズをホームに迎え、2-0で勝利を収めた福岡。2000年以来のJ1の舞台での3連勝を飾った。 久々のJ1の舞台で、なかなか結果が出ない時期も続いたが、この3試合は守備陣も従来の堅さとソリッドさを取り戻し、攻撃陣も噛み合っていた。 特にJ1で実績のあるFWブルーノ・メンデスの復調が大きい。3連勝中に2得点を記録し、ゴール量産の期待がかかる。さらに、ジョルディ・クルークス、ジョン・マリといった新戦力もデビューし、能力の高さを見せている状況だ。 新戦力もフィットし始め、チームとしての方向性がブレていない中、クラブ史上初となるJ1での4連勝に挑むこととなる。ここで波に乗れれば、ジンクス破りのJ1残留も見えてくるだけに、今の流れを継続したいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:村上昌謙 DF:エミル・サロモンソン、奈良竜樹、ドウグラス・グローリ志知孝明 MF:ジョルディ・クルークス、前寛之、田邉草民、石津大介 FW:ブルーノ・メンデス、フアンマ・デルガド 監督:長谷部茂利 ◆仕切り直し。再び連勝への第一歩を【柏レイソル】 前節はアウェイでのベガルタ仙台戦に臨み、1-0で敗戦。4連勝を逃すとともに、仙台へ初白星をプレゼントする形となった。 第3節以降、4連敗を含む6戦未勝利と苦しんだ柏だったが、直近で3連勝と波に乗っていた状況。前節も勝てる展開ではあったが、決定力を欠いてしまい敗戦となった。 今シーズン加入したドッジやアンジェロッティ、ペドロ・ハウルらがカップ戦を含めて出場機会を得るようになり、徐々にフィット感が増している状況だ。 試合の流れを変えることができる選手が揃っているだけに、早く連携面を高めていきたいところ。チームとしての厚みを持つことができれば、さらに勝ち点を積み上げることはできるはずだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:キム・スンギュ DF:川口尚紀、大南拓磨、古賀太陽 MF:北爪健吾、ドッジ、椎橋慧也、高橋峻希 MF:江坂任、マテウス・サヴィオ FW:呉屋大翔 監督:ネルシーニョ 2021.05.09 10:25 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:徳島vs札幌】ポヤトス体制3連敗の徳島、結果に繋がらない札幌…キッカケを掴むのは?

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2021年5月9日(日) 15:00キックオフ 徳島ヴォルティス(14pt/12位) vs 北海道コンサドーレ札幌(12pt/14位) [鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム] ダニエル・ポヤトス監督就任後3連敗の徳島と、勝ち切れない試合が多い札幌の一戦。 戦力の充実度では徳島が有利だが、チーム力で札幌が跳ね返せるか。 ◆3連敗で正念場、ポヤトス体制初勝利を【徳島ヴォルティス】 前節はアウェイでのサガン鳥栖戦で2-0で敗戦。これでリーグ戦3連敗となってしまった。 ダニエル・ポヤトス監督が長い隔離期間を終えてやっとチームに合流したものの、リーグ戦では3戦全敗。うまくいっていないというのが現状だ。 それは結果だけでなく、内容もかなり乏しい。この3試合で奪ったゴールは「1」。失点は「8」となっており、攻守両面で大きな課題を残している。 特に、シュートチャンスが極端に少なく、その結果、不用意な形で相手に攻められる時間が長い。さらに、セットプレーの守備は崩壊。失点を繰り返しており、改善の余地が大いにある。 指揮官が正式に合流したことで成績が一気に落ちることは想像していなかったことかもれしれないが、チームとしての課題は明白。どう立て直すのかに注目が集まる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:上福元直人 DF:岸本武流、福岡将太、カカ、ジエゴ MF:鈴木徳真、岩尾憲 MF:宮代大聖、クリスティアン・バトッキオ、藤原志龍 FW:垣田裕暉 監督:ダニエル・ポヤトス ◆内容と結果の不一致が続く【北海道コンサドーレ札幌】 前節はアウェイで湘南ベルマーレと対戦し、0-0のゴールレスドローに終わった札幌。連勝のチャンスを逃した。 今シーズンはここまでわずかに3勝と結果が出ていない状況。しかし、試合で見せているゲーム内容と結果があっているとは言えない。 内容自体はそこまで悪くない試合を続けているが、如何せん結果につながらない。その課題の1つは守備面。特にケガ人が多く、スクランブルで選手が起用されている状況が続いているため、安定感に欠けている。 また、攻撃陣も攻め込む回数はあるものの、アタッキングサードでの連携や精度が高いとは言えない状況。その結果、良い試合展開でも勝ち点が伸び悩んでいる状況だ。 アウェイ3連戦の真ん中。勝ち点差は「2」の相手だけに、しっかりと勝利を収めて浮上のキッカケをつかみたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、宮澤裕樹、福森晃斗 MF:金子拓郎、荒野拓馬、駒井善成、菅大輝 MF:小柏剛、チャナティップ FW:アンデルソン・ロペス 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 2021.05.09 09:15 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:横浜FMvs神戸】好調を維持する両者が激突、首位を追う風はどちらに吹く?

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2021年5月9日(日) 13:00キックオフ 横浜F・マリノス(24pt/4位) vs ヴィッセル神戸(23pt/5位) [日産スタジアム] 開幕戦の敗戦以降、10試合負けなしの横浜FMとここまで8戦無敗の神戸の一戦。 港町の対決、首位を追いかける風はどちらに吹くのか。 ◆今季初の4連勝へ、好調の攻撃陣爆発か【横浜F・マリノス】 前節はFC東京とアウェイで対戦し、0-3で完勝。オナイウ阿道がハットトリックの活躍を見せ、リーグ戦3連勝、無敗を「10」に伸ばした。 2試合連続でのクリーンシートと守備陣も安定し始めた中、攻撃もしっかりとハマり3試合連続の3ゴール以上と好調を維持している。 その中でチームのカギを握るのは、右ウイングで出場を続けるFWエウベルだ。試合中に左ウイングにもポジションを移すブラジル人ドリブラーは、緩急をつけたドリブルと、一瞬のスピードで一対一を制するスタイルで攻撃を牽引。前節もオナイウのゴールをアシストするなど、チームの起爆剤となっている。 今シーズン初の4連勝に向け、攻守に充実感のある横浜FM。昨シーズンは公式戦3試合で一度も勝てなかった相手だが、好調の神戸でも跳ね返せる力が今の横浜FMにはある。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:エウベル、オナイウ阿道、前田大然 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆8戦無敗、久々の連勝を目指す【ヴィッセル神戸】 一方の神戸も負けていない。前節はホームにサンフレッチェ広島を迎え、こちらも3-0と完勝。苦手としていた相手の勝利で、チームの好調さを感じさせる。 横浜FMの10試合には及ばないものの、8戦無敗。守備陣の安定感もあり、チームとして好材料が揃っている状況だ。 また、アンドレス・イニエスタも戦列に復帰。フル稼働とまではまだ行かないが、チームの助けになってくれることは間違いないと言える。 新戦力も加わり、若手もチームにフィット。上位争いに生き残るためにはここで負けるわけには行かない。しっかりと勝利を収め、上位に食らいついていけるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:前川黛也 DF:山川哲史、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳 MF:井上潮音、山口蛍、セルジ・サンペール、中坂勇哉 FW:佐々木大樹、古橋亨梧 監督:三浦淳寛 2021.05.09 07:50 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:G大阪vs川崎F】そろそろ目を覚ましたいG大阪、川崎Fは連続無敗記録まであと「2」

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2021年5月8日(土) 18:00キックオフ ガンバ大阪(7pt/18位) vs 川崎フロンターレ(38pt/1位) [パナソニック スタジアム 吹田] 前節は“大阪ダービー”で終盤のPKでなんとか追いつきドローのG大阪と、首位攻防2連戦で連勝を収めた川崎F。 今季はゼロックス・スーパーカップで川崎Fが勝利しているが、G大阪は意地を見せたいところだ。 ◆そろそろ目を覚まして浮上のキッカケを【ガンバ大阪】 前節はセレッソ大阪との“大阪ダービー”を戦ったG大阪。しかし、決め手を欠くと、終盤のパトリックのPKでなんとか追いつき、1-1のドローに終わった。 今シーズンは開幕節の後にチーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)のクラスターが発生。活動中止になるなどし、6試合が延期に。活動再開後の7試合では僅かに1勝と結果を残せていない。 チームも活動再開後1カ月が経過。コロナで苦しんだ影響があるとはもう言えない。そろそろ浮上のキッカケを掴まなければ、4チーム自動降格という今季のレギュレーションに苦しむこととなるだろう。 やはり気掛かりなのはチームとしての連動したプレーができていない事か。今シーズンは8試合で2得点。前節がPKと考えれば、流れの中からはまだ1得点しか記録していない。G大阪らしさは微塵も感じられない状況だ。 守備陣が奮闘しているため、なんとか引き分けで勝ち点を積み上げているが、降格するチームの戦い方をここまで見せてしまっているのは事実。浮上のキッカケを一体いつ掴めるのかは不安なところだ。 そこで訪れる川崎F戦。エクスキューズがあったとは言え、昨季の1位と2位の対決としては大きく水を開けられている。開幕前のゼロックス杯でも負けているだけに、G大阪としてはそろそろエンジンを動かさなければいけないだけに、川崎Fを止めてキッカケとできるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:東口順昭 DF:福田湧矢、三浦弦太、昌子源、黒川圭介 MF:井手口陽介、チュ・セジョン、矢島慎也 FW:チアゴ・アウベス、レアンドロ・ペレイラ、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 ◆独走態勢の準備完了、無敗をどこまで伸ばすか【川崎フロンターレ】 前節は名古屋グランパスを相手に追い上げを許しながらも、3-2で勝利。前々節の0-4の快勝と合わせ、2位との直接対決で連勝を収めた。 圧巻の強さは健在。無敗は昨季から「19」に伸びており、2012年から2013年にかけて大宮アルディージャが記録した「21」まで、あと「2」に迫っている。 ターンオーバーも行えており、出場した選手たちがそれぞれ結果を残している状況。シーズンを戦いながらも、まだまだ成長を続けている印象だ。 名古屋の底力の前に2点を追い上げられた試合運びは反省の余地があるが、それでも3点を奪い切って逃げ切った戦い方は強さの表れ。G大阪相手にも、序盤から一気に押し込んでしまいたいところだろう。 気掛かりな部分といえば、日程面か。G大阪は中5日で移動がない状況、一方で移動ありの中3日。疲労は思っているよりも溜まっているはずだ。 このまま首位を独走するため、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦った後にどう転ぶかも予想できないだけに、今のうちに勝ち点をしっかり積み上げたいところ。もう1段も2段も上に上がるためにも、しっかりとG大阪を倒したいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、谷口彰悟、車屋紳太郎、旗手怜央 MF:田中碧、ジョアン・シミッチ、脇坂泰斗 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫 監督:鬼木達 <span class="paragraph-title">【動画】DZNライバルウィークーク/ガンバ大阪vs川崎フロンターレ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=jy02slcjbo0m1dglxch0b87p8" async></script> 2021.05.08 15:20 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly