B・フェルナンデス、耳塞ぎゴールパフォの誕生秘話を明らかに! 愛娘からの厳しいミッションも

2020.08.01 10:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスがゴールパフォーマンスの由来を明かした。

今冬にスポルティング・リスボンから加入したB・フェルナンデスはイングランド初挑戦だったが、早々に順応してみせ、公式戦20試合に出場して10得点8アシストの活躍を披露。多大なる影響力でチームを勢いづかせ、プレミアリーグ3位フィニッシュでのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に大きく寄与した。

そんなポルトガル人技巧派MFはゴールを決めると、スポルティング・リスボン時代から両耳に手を当ててヒザ滑りするセレブレーションを披露しており、そのパフォーマンスをユナイテッドでも継続。クラブ公式サイトでそのパフォーマンスの意味を訊かれると、「長い話になるよ!」と話し始め、こう説明した。

「まだポルトガルにいて、スポルティングで2シーズン目に入ったとき、娘はもう物心がつく年頃だった。僕と妻が娘に話しかけると、彼女がああいうポーズをするようになったんだ。で、あのゴールセレブレーションにしようと思ったのさ」

「でも、テレビカメラも毎回、しっかりその姿をおさえてくれるわけじゃないから、確認できなかった娘に試合が終わってから電話越しに『やってくれてないじゃん!』って言われるんだ。『スカイ』に相談しないとね」

「だから、たまに写真を送ったりもする。『見てみろ!』ってね。今は僕が毎回、それをやっていると認識してくれるようになった。でも、僕の妻が今、妊娠しているから、娘から『これからは2ゴールを決めないとね』って言ってくるんだ」

「で、ブライトン戦で2ゴールを決めたんだけど、『今日は2ゴールを決めたけど、これからは3ゴールを決めないとダメ。私、赤ちゃん、ママの分よ』ってね。というわけで、もっともっとゴールを決めなくちゃならない。大変になりそうだ」

「1試合で4、5ゴールを決めて、次の2、3試合を休ませてもらうのも良いかもしれないね!」
コメント
関連ニュース
thumb

あと1カ月でプレミアリーグの新シーズン開幕! 開幕は9月12日、最終節は5月23日

プレミアリーグは13日、2020-21シーズンのスケジュールを発表した。 新シーズンの開幕節は9月12日(土)の週に行われ、最終節は2021年5月23日(日)に行われることとなる。 なお、プレミアリーグの全380試合の詳細は、8月21日(金)にまで発表されるとのこと。ウインターブレイクに関しても例年通り年末年始はリーグ戦が開催。1月に開催される第18週を2週に分けて開催することで短期のブレイクを挟む形となる。 2019-20シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響により、3月上旬から中断。6月下旬まで約3カ月半の中断期間を経て行われ、7月26日にシーズンが終了。リバプールが30年ぶりのリーグ制覇を成し遂げていた。 その後、8月1日にFAカップ決勝が行われ、アーセナルがチェルシーを下し14度目の優勝を達成。現在は、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグが残っており、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドが勝ち残っている状況。1カ月後には開幕を迎えることとなる。 ◆プレミアリーグ 2020-21シーズン日程 第1週:2020年9月12日(土) 第2週:2020年9月19日(土) 第3週:2020年9月26日(土) 第4週:2020年10月3日(土) 第5週:2020年10月17日(土) 第6週:2020年10月24日(土) 第7週:2020年10月31日(土) 第8週:2020年11月7日(土) 第9週:2020年11月21日(土) 第10週:2020年11月28日(土) 第11週:2020年12月5日(土) 第12週:2020年12月12日(土) 第13週:2020年12月16日(水) 第14週:2020年12月19日(土) 第15週:2020年12月26日(土) 第16週:2020年12月28日(月) 第17週:2021年1月2日(土) 第18週A:2021年1月13日(水) 第19週:2021年1月16日(土) 第18週B:2021年1月20日(水) 第20週:2021年1月23日(土) 第21週:2021年1月30日(土) 第22週:2021年2月3日(水) 第23週:2021年2月6日(土) 第24週:2021年2月13日(土) 第25週:2021年2月20日(土) 第26週:2021年2月27日(土) 第27週:2021年3月6日(土) 第28週:2021年3月13日(土) 第29週:2021年3月20日(土) 第30週:2021年4月3日(土) 第31週:2021年4月10日(土) 第32週:2021年4月17日(土) 第33週:2021年4月24日(土) 第34週:2021年5月1日(土) 第35週:2021年5月8日(土) 第36週:2021年5月12日(水) 第37週:2021年5月15日(土) 第38週:2021年5月23日(日) 2020.08.13 21:10 Thu
twitterfacebook
thumb

「フィル・ジョーンズより優れたDFを挙げて」ツイッターがユナイテッドの苦情を受け投稿削除

ツイッター社が、マンチェスター・ユナイテッドからの苦情を受け、ツイートを削除していたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 問題となったのは12日夜にイギリスのツイッターアカウント(@TwitterUK)から投稿されたツイート。これが苦情の対象となった。 投稿されたのは「フィル・ジョーンズよりも優れたディフェンダーを挙げてください」という一文。ユナイテッドに所属するイングランド代表DFフィル・ジョーンズを例に挙げた投稿だったが、これが虐待に繋がるとしてクラブから苦情を受けていた。 ツイッターの広報担当は「動揺させる意図はなかった」とコメント。「間違いに気がつき、すぐにツイートを削除した」とコメントし、ツイッターの新機能である「投稿に対するコメントのユーザー制限」を紹介しようとしたとしている。 今シーズンのフィル・ジョーンズはプレミアリーグで2試合、ヨーロッパリーグで3試合と出場機会が激減。メンバー外になる試合も多く、中断期間以降は一度も試合に招集されていない。 2020.08.13 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド若手タヒス・チョン、来季は大迫所属のブレーメンにレンタル移籍へ

マンチェスター・ユナイテッド所属のU-21オランダ代表MFタヒス・チョン(20)は、来季はブレーメンへレンタル移籍することになるという。ドイツ『ビルド』が報じている。 チョンはフェイエノールトの下部組織からユナイテッドのアカデミーに加入し、2019年1月にトップチームデビュー。左足でのドリブル突破が得意な選手で、両サイドのウィングでプレーが可能だ。今季の公式戦出場は12試合と出番が限られたものの、今年3月には2022年までの新契約を結ぶなど期待が寄せられている若手だ。 そんなチョンだが、来季はブレーメンへ武者修行に出ることになりそうだ。10日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝のコペンハーゲン戦では、ベンチに入っていたものの出場はなし。『ビルド』はこの試合を最後にユナイテッドから離れ、来シーズンへ向けて始動しているブレーメンに加わることになると伝えている。 また同メディアによれば、すでにユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督も移籍の許可を出しており、1年間のレンタル移籍での加入となるようだ。 ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督はチョンに関して「彼はスピードもあるし、ドリブルも上手い。そうした技術は我々を興奮させる。彼は獲得するべきプレーヤーだ」とコメントを残していた。 2020.08.12 21:25 Wed
twitterfacebook
thumb

コペンハーゲン守護神がEL記録の1試合13セーブ! 赤い悪魔の前に立ちはだかった“聖カール”

マンチェスター・ユナイテッド相手に善戦したコペンハーゲンの守護神がヨーロッパリーグ(EL)における1試合最多セーブの偉業を成し遂げた。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 コペンハーゲンは10日、EL準々決勝でユナイテッドと対戦し、延長線の末に0-1で敗れ、ベスト8敗退となった。 新型コロナウイルスの影響により、中立地ドイツでのシングルマッチ方式の短期トーナメントにレギュレーションが変更した中、デンマークの名門にもジャイアントキリングのチャンスがあったものの、90分間を0-0のイーブンで終えた後の延長前半に与えたPKをポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスに決められ、無念の敗退となった。 しかし、同試合では鬼神のごときゴールキーピングを見せたスウェーデン代表GKカール=ヨハン・ヨンセンに多くの賛辞が寄せられた。 ヨンセンは終始劣勢を強いられる試合展開の中、前半から再三のビッグセーブを披露。もちろん、VARによる2度のゴール取り消しや3度のポスト直撃など運に恵まれた面もあったが、ヨンセンのパフォーマンスは非常に印象的だった。 試合後に出された公式スタッツによると、ヨンソンは同試合で13本のシュートをセーブし、そのうちの7本はボックス内から放たれたものだったという。そして、1試合での13セーブは2009年のELスタート以来、最多セーブ記録だ。 さらに、ヨンソンは今季のELの戦いにおいて42本の枠内シュートを浴びてきたが、そのうちの37本をセーブし、そのセーブ率は88%という圧巻の数字だ。 赤い悪魔の前に最後まで立ちはだかった“聖カール”の活躍を受け、SNS上では大きな話題に。 元イングランド代表FWのギャリー・リネカー氏は、「ヨンソンはばかばかしく思えるほど凄い。とんでもないパフォーマンス」と称賛の声を挙げれば、「オブラクやアリソンクラスのパフォーマンス」など、多くの賛辞が寄せられた。 また、あるチェルシーファンは、スペイン代表GKケパ・アリサバラガを引き合いに出し、ヨンソンのこの試合でのセーブ数と、リーグ再開後のケパのセーブ数が同じであることを揶揄し、新守護神候補として獲得に動くべきとのやや自虐的な投稿もあった。 2020.08.11 15:02 Tue
twitterfacebook
thumb

マタがELベスト4入りの結果を重要視! 「勝利こそ何より重要」

マンチェスター・ユナイテッドの元スペイン代表MFフアン・マタがヨーロッパリーグ(EL)ベスト4入りに喜びの心境を語った。 ユナイテッドは10日に中立地ドイツで行われた準々決勝でコペンハーゲンと激突すると、再々にわたる好守を披露する相手GKの牙城を崩せず、120分間の熱戦に。それでも、延長前半に獲得したPKのチャンスからポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスがゴールをこじ開けてみせ、準決勝に駒を進めた。 この試合の延長前半からB・フェルナンデスに続く司令塔としてピッチに入り、いくつかの決定機を作り出すなど局面の打開に大きく貢献したマタ。試合後、イギリス『BT Sport』で「コペンハーゲンは良いフットボールを展開していた」と振り返り、4強進出に満足感を示した。 「今日は安堵感と疲労感がすごいね。チームとしても肉体的な疲れを感じていると思う。ベストゲームじゃなかったが、シーズンのこの段階で、この何カ月もかなりの試合をこなしてきたのを考えると、勝利こそが何より重要だった。願わくば、この大会を制したい」 2016-17シーズン以来のEL制覇に前進したユナイテッドは17日に行われる準決勝でウォルバーハンプトンとセビージャの勝者と激突する。 2020.08.11 10:45 Tue
twitterfacebook