サンプで活躍したブレシアDFガスタルデッロが37歳で現役引退

2020.08.01 07:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレシアの元イタリア代表DFダニエレ・ガスタルデッロ(38)が7月31日、現役引退を発表した。試合前日の記者会見で明かした。ガスタルデッロは「明日のサンプドリア戦が私の最後の試合になる。クラブと共に引退の決断を下した。これまで自分が成し遂げてきたことに誇りを持っている。今は引退間近のこの時間を満喫しているところだ。サンプドリアは私が何年も過ごしたクラブで、そのクラブとの試合が最後の試合になるのは特別な気分だ。表現が難しいが、喜びに満ちているよ。今後に関しては監督になるため、コーチング業の勉強をしている。まだ公式ではないが、ブレシアの会長と話をし、ここに留まって勉強することになると思う」とコメントした。

イタリア代表として1試合の出場歴を持つセンターバックのガスタルデッロは、ユベントスやキエーボに在籍後、クロトーネやシエナでキャリアを積み、2007年からサンプドリアでプレー。在籍8年半で公式戦260試合に出場し14ゴールを挙げた。

その後はボローニャを経て、2017年夏からブレシアに在籍。今季はセリエAで7試合に出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

サンプドリア、モナコからケイタ・バルデを買取OPレンタルで獲得! 3度目のセリエA挑戦に

日本代表DF吉田麻也が在籍するサンプドリアは9月30日、モナコからセネガル代表FWケイタ・バルデ(25)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「10」に決定している。 なお、サンプドリアが買い取りオプションを行使した場合、ケイタは2025年6月30日までの契約にサインすることで合意している。 バルセロナのアカデミー出身であるケイタはラツィオでのプロデビュー後、2017年からモナコでプレー。2018-19シーズンをレンタル先のインテルで過ごした後、昨夏にモナコ復帰を果たすと、公式戦26試合の出場で8得点4アシストの数字を残した。 なお、ウイングを主戦場としながらセンターフォワードやシャドーの位置でもプレー可能な打開力に長けたアタッカーは、ラツィオ時代に公式戦通算137試合の出場で31得点、インテル時代は29試合5得点をマーク。3度目のセリエA挑戦では近年苦戦が続くサンプドリアの主力アタッカーとして存在感を示せるか。 2020.10.01 02:45 Thu
twitterfacebook
thumb

カンドレーバが吉田サンプドリアに買取義務付きレンタル、4年契約締結

DF吉田麻也の所属するサンプドリアは25日、インテルのイタリア代表MFアントニオ・カンドレーバ(33)を買い取り義務付きのレンタルで獲得したことを発表した。2024年6月までの契約を結んでいる。 2016年夏にラツィオから2200万ユーロの移籍金でインテルに加入したカンドレーバは、インテルで公式戦151試合に出場して18ゴール31アシストを記録。昨季は公式戦40試合の出場で7ゴール9アシストと主力として活躍し、インテルとは1年契約を残していたが、新シーズンに向けてインテルはレアル・マドリーからモロッコ代表DFアクラフ・ハキミを獲得しており、カンドレーバは控えに回ることが予想されていた。 2020.09.26 00:40 Sat
twitterfacebook
thumb

カンドレーバが吉田サンプドリアに完全移籍か

インテルのイタリア代表MFアントニオ・カンドレーバ(33)が、DF吉田麻也の所属するサンプドリアに完全移籍するようだ。イタリア『トゥットメルカート』が報じている。 同メディアによればカンドレーバは2023年6月までの3年契約にサインするとのことだ。年俸は170万ユーロ(約2億800万円)+ボーナスになるようだ。 2016年夏にラツィオから2200万ユーロの移籍金でインテルに加入したカンドレーバは、インテルで公式戦151試合に出場して18ゴール31アシストを記録。昨季は公式戦40試合の出場で7ゴール9アシストと主力として活躍し、インテルとは1年契約を残しているが、新シーズンに向けてインテルはレアル・マドリーからモロッコ代表DFアクラフ・ハキミを獲得しており、カンドレーバは控えに回ることが予想されている。 2020.09.25 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ピルロ・ユーベが上々の初陣!クルゼフスキのデビュー弾にC・ロナウドのダメ押し弾!吉田は後半から出場《セリエA》

セリエA開幕節、ユベントスvsサンプドリアが20日に行われ、ユベントスが3-0で快勝した。サンプドリアのDF吉田麻也は後半から出場している。 昨季セリエA9連覇を果たしたユベントスは、チャンピオンズリーグでのベスト16敗退を受けてサッリ前監督を電撃解任とした。新指揮官には監督未経験のピルロを招へいした中、注目の初陣で3バックを採用。中盤アンカーにラビオを据え、2トップにはC・ロナウドと新戦力のクルゼフスキを起用した。 昨季後半にサンプドリアに加入し残留に貢献した吉田がベンチスタートとなった中、ハイプレスをかけてきた相手に対し、ユベントスは6分にチャンス。ボックス手前右からダニーロの放ったミドルシュートがわずかに枠の左上に外れた。 さらに11分、ラムジーのスルーパスに抜け出たC・ロナウドがボックス左に侵入してGKを強襲すると、13分に先制した。C・ロナウドの仕掛けでルーズとなったボールをボックス右のクルゼフスキがゴール左へコントロールシュートを流し込んだ。 先制したユベントスは24分、カウンターに転じた流れからC・ロナウドがバー直撃のシュートを浴びせると、34分にもC・ロナウドがルーズボールに詰める決定機を演出。ハーフタイムにかけてもユベントスが主導権を握り、前半を1点リードして終えた。 迎えた後半、吉田、クアリアレッラ、ガストン・ラミレスの3選手を投入したサンプドリアに対し、フラボッタやC・ロナウドがゴールに迫ったユベントスだったが、追加点を奪いきることができない。 71分には途中出場のデ・シリオが際どいカットインシュートを浴びせると、75分にはC・ロナウドの直接FKがGKを強襲。すると78分に勝負を決定付けた。右CKの流れから相手のクリアミスを突いてマッケニーがシュート。これはGKに防がれるも、ルーズボールをボヌッチが押し込んだ。 そして83分のCKからのピンチをGKシュチェスニーが好守で凌いだユベントスは、89分にエースがダメを押す。ラムジーのパスをボックス右で受けたC・ロナウドがゴール左に蹴り込んだ。 このまま3-0で快勝したユベントスがピルロ監督の初陣を快勝で飾り、10連覇へ向け上々のスタートを切っている。 2020.09.21 05:41 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA開幕節プレビュー】10連覇目指す王者ユーベは吉田サンプと初戦、冨安はイブラと激突

1カ月半の束の間の休息を経て2020-21シーズンのセリエAが本日、開幕する。ピルロ新監督を迎えた王者ユベントスの10連覇を阻むチームが現れるのかが注目される中、日曜にユベントスとDF吉田の所属するサンプドリアが対戦する。そして月曜にはミランとDF冨安の所属するボローニャが対戦する。 昨季は何とか9連覇を果たしたユベントスだったが、チャンピオンズリーグ(CL)でのベスト16敗退を受けてサッリ前監督を電撃解任とした。新指揮官に迎えたのは監督未経験のピルロとなった中、目立った補強なく開幕を迎えたが、現役時代に名レジスタとして鳴らしたピルロ監督は指揮官としていかなる初陣を歩み出すのか注目される。 一方、昨季後半にサンプドリアに加入し残留に貢献した吉田は、ディフェンスの要として新シーズンを迎える。今季も残留が目標となるチームの中でFWロナウドとFWディバラを擁するユベントス相手にまずは腕試しとしたい。 FWイブラヒモビッチの活躍により昨季後半、チーム力を上げたミラン。今季はスクデット争いへの参戦も視野に入れる中、好スタートを切りたいところ。既にヨーロッパリーグ予選で新シーズン初戦を戦い、イブラヒモビッチのゴールで勝利を収めているミラン。その試合で終盤にデビューを飾った新戦力のMFトナーリとMFブラヒム・ディアスの出場含め、復活を狙う名門のリーグ戦初陣に注目だ。 移籍1年目の昨季、ボローニャで確固たる地位を築いた冨安は、更なる飛躍を目指すシーズンに臨む。今季はセンターバックでのプレーをミハイロビッチ監督は示唆していたが、開幕からポジション変更となるか。そうなればイブラヒモビッチとのマッチアップが最大の見どころとなる。 欧州カップ戦出場の影響により、インテル、ラツィオ、アタランタの開幕戦は来週行われる第2節からとなる。 ◆セリエA開幕節 ▽9/19(土) 《25:00》 フィオレンティーナ vs トリノ 《27:45》 ヴェローナ vs ローマ ▽9/20(日) 《19:30》 パルマ vs ナポリ 《22:00》 ジェノア vs クロトーネ 《25:00》 サッスオーロ vs カリアリ 《27:45》 ユベントス vs サンプドリア ▽9/21(月) ミラン vs ボローニャ ▽9/30(水) ベネヴェント vs インテル ラツィオ vs アタランタ ウディネーゼ vs スペツィア 2020.09.19 18:00 Sat
twitterfacebook