山口、J2最年少ゴール記録樹立の16歳FW河野孝汰とプロ契約締結!

2020.07.31 17:24 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
レノファ山口FCは31日、U-18チームに所属しているFW河野孝汰(16)と8月1日付けでプロ契約を結ぶことを発表した。

地元出身の河野はU-12から山口の下部組織に在籍。昨年5月にトップチームに2種登録されると、同年11月16日に行われた明治安田生命J2リーグ第41節のモンテディオ山形戦でトップチームデビューを飾った。

そして、引き続き2種登録でのプレーとなった今季は出場3試合目となった、今月29日の第8節、V・ファーレン長崎戦でJ2史上最年少記録(16歳11カ月17日)となる初ゴールを挙げていた。

シーズン途中でのトップチーム昇格が決定した河野は、クラブ公式サイトを通じてプロとしての決意を口にしている。

「今回、レノファ山口FCでプロ契約をすることになりました河野孝汰です。プロとしてやるという覚悟、責任、自覚を今まで以上に持ち、現状に満足することなく自分の夢に向かって日々全力で努力をしていきたいと思います!これからも引き続き応援をよろしくお願いします!!」
コメント
関連ニュース
thumb

長崎戦ゴールの山口FW河野孝汰が16歳11カ月でJ2最年少ゴール記録樹立!

レノファ山口FCのFW河野孝汰が、J2最年少ゴール記録を樹立した。 河野は、29日に行われた明治安田生命J2リーグ第8節のV・ファーレン長崎戦に63分から途中出場。0-1で迎えた79分に、MF高宇洋からのスルーパスを受けた河野はGKとの一対一を制し、同点ゴールを決めていた。なお、試合はその後に米田隼也がゴールを決め、長崎が勝利している。 河野は、16歳11カ月17日でのゴールとなり、J2史上最年少記録を樹立。これまでの菊池大介の記録を4カ月も縮めることとなった。 ◆J2リーグ最年少ゴール記録 1位:河野孝汰(レノファ山口FC)/16歳11カ月17日 2位:菊池大介(湘南ベルマーレ)/17歳3カ月15日 3位:南秀仁(東京ヴェルディ)/17歳3カ月17日 4位:柿谷曜一朗(セレッソ大阪)/17歳3カ月25日 5位:久保裕也(京都サンガF.C.)/17歳4カ月 2020.07.30 11:35 Thu
twitterfacebook
thumb

端戸2発で千葉撃破の東京Vが今季初の連勝! 山口が琉球に大勝で連敗を“3”でストップ!《J2》

18日、明治安田生命J2リーグ第6節の2試合が行われた。 共に今季初の連勝を目指す4位のジェフユナイテッド千葉と、16位の東京ヴェルディの一戦は、アウェイの東京Vが2-1で勝利した。 2-0で勝利した前節のツエーゲン金沢戦からフィールドプレーヤー10人を入れ替えた千葉に対して、東京Vは4-2の完勝で初勝利を手にしたヴァンフォーレ甲府戦からメンバー変更を1名に留めて中2日での3連戦最終戦に臨んだ。 前節に引き続き[4-3-3]を採用したヴェルディは自陣で構える千葉に対して押し込む入りを見せた。なかなか流れの中ではフィニッシュまで持ち込めないが、13分に最初のビッグチャンス。 ボックス手前中央で得たFK、井出のキックフェイントで相手の虚を突き、藤本が壁下を抜くシュートでゴールに迫るが、ここは惜しくも左ポストを叩く。 その後は千葉が押し返して中盤での潰し合いが続くが、30分過ぎに均衡が破れる。セットプレーの競り合いの中で平が相手DF下平に倒されてPKを獲得。これをキッカーの端戸が冷静に左隅へ決めて待望の今季初ゴールとし、アウェイチームが34分に先制した。前半終盤には米倉のアーリークロスで相手守備を崩し切った千葉がボックス手前の船山のシュートで同点に迫るが、ここは相手DFのブロックに阻まれた。 迎えた後半は立ち上がりこそ千葉が押し込む展開も、以降はアウェイチームが冷静にゲームをコントロール。53分には佐藤優平の直接FK、55分には佐藤の浮き球パスに抜け出した端戸に決定機も、いずれもクロスバーと相手GKの好守に遭う。 その後、互いに交代カードを切って試合展開に変化を加えようとする中で、千葉が得意のセットプレーで追いつく。73分、左サイドでの増嶋のロングスローからゴール前の船山がボレーシュート。これはGKが止めるも、こぼれ球を山下敬が押し込んだ。 これで一気に千葉の流れかに思われたが、勝ち越しに成功したのは東京V。78分、左サイドのハーフスペースから福村がアーリークロスを供給。これをDF増嶋と競った端戸が頭で合わすと、浮き球となったシュートがゴール右隅に決まった。 ホームで負けられない千葉は前節デビュー戦デビューゴールを決めた櫻川ソロモンをピッチに送り出して、ここからサイドを起点に攻勢を仕掛けるが、東京Vの集中した守備を最後までこじ開けることはできず。この結果、端戸の2ゴールで千葉を退けた東京Vが今季初の連勝を飾った。 また、3連敗中で20位のレノファ山口FCと、開幕から唯一未勝利で最下位に沈むFC琉球の再開後初白星を懸けた一戦は、ホームの山口が4-1で大勝した。 試合は立ち上がりからオープンな展開となる。開始7分、左CKの流れから茂木が放ったミドルシュートが相手DFにディフレクトしてゴールネットを揺らし、アウェイの琉球が先制に成功。しかし、山口も直後の10分に川井のクロスをイウリが頭で合わせ、同点に追いつく。さらに、前半終了間際には高井がハイプレスからショートカウンターに転じ、冷静にGKとの一対一を制して逆転に成功した。 これで勢いに乗った山口は57分にセットプレーからヘナン、83分にはロングカウンターから田中陸がトドメの4点目を奪い、試合を決定付けた。そして、ホームで琉球を破った山口が待望の再開後初勝利を挙げて連敗を「3」でストップした。 ◆明治安田生命J2リーグ第6節 ▽7/18(土) ジェフユナイテッド千葉 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 東京ヴェルディ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レノファ山口FC 4</span>-1 FC琉球 ▽7/19(日) 《18:00》 栃木SC vs ツエーゲン金沢 ヴァンフォーレ甲府 vs 大宮アルディージャ 松本山雅FC vs ザスパクサツ群馬 アルビレックス新潟 vs モンテディオ山形 《18:30》 ジュビロ磐田 vs ギラヴァンツ北九州 京都サンガF.C. vs 愛媛FC 《19:00》 水戸ホーリーホック vs FC町田ゼルビア ファジアーノ岡山 vs V・ファーレン長崎 徳島ヴォルティス vs アビスパ福岡 2020.07.18 21:48 Sat
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手㊾】「ガンバ基準を落としちゃいけない」。再開序盤戦で苦しむ山口の救世主となり、東京五輪へ/高宇洋(レノファ山口FC/MF)

「僕だけじゃなくて、見ている人みなさんが気づいていると思いますけど、ヤンの成長っていうのはホントに目に見えるようなスピードで進んでいる。彼の性格、向上心、成長への欲求はもちろんですけど、ちゃんと頭の中で考えてサッカーをやるようになってきた。自分のストロングや課題をしっかり理解したうえで、両面にわたって積極的なトライをしてくれている。勝利のカギを握る選手の1人に成長してくれたなと実感しています」 2016年末まで日本サッカー協会技術委員長を務め、現在はレノファ山口の指揮を執る霜田正浩監督が太鼓判を押した通り、同チームの背番号6をつける男・高宇洋が再開後のJ2で大きな存在感を示している。 6月27日のファジアーノ岡山戦以降、夏場の連戦の中、フィールドプレーヤー唯一の4試合フル出場。「今、バテてたらこの先ヤバいんで」と冗談交じりに笑う余裕をのぞかせる彼だが、際立っているのは自慢の走力やタフさだけではない。守備面では中盤で球際の厳しさと寄せの激しさを押し出し、数々の局面でピンチを未然に防いでいる。攻撃面でも、11日のジュビロ磐田戦でイウリの得点につながったタテパスに象徴されるように「タテへの意識」が格段に上がっているのだ。 「昨年の夏にガンバ(大阪)から山口に来て、今は『中心でやっていく』という自覚を持ってやってます。最近の個人的なパフォーマンスにも手ごたえを感じていて、ビルドアップでもギリギリまで相手が見えているし、タテパスの本数も増えて、プレーエリアが広くなっていることを実感しています。 ガンバの時にはヤットさん(遠藤保仁)、コンさん(今野泰幸=磐田)もいて、学ぶところが非常に多かった。今はJ2ということで少し落ちますけど、自分の中ではガンバ時代のプレーのイメージはつねに残ってますし、絶対にレベルを下げちゃいけないって思ってる。レノファでしっかり試合に出ている分、自分やチームのクオリティを上げることを考えながら取り組んでます」と彼はつねに高い領域を貪欲に追い求めている。 しかしながら、チームの方は足踏み状態が続いている。「今季は上位2位以内に入ってJ1昇格」を掲げる山口だが、再開後は1分2敗。7月5日の愛媛FC、11日の磐田戦ではともにリスタートから前半終了間際に失点し、ビハインドを跳ね返せないまま黒星を喫する形になっている。ボールを支配してサイドの幅を使いながら攻めるというコンセプト通りの試合運びはできているのだが、勝利と言う結果がついてこないのは高としても納得できないところ。「自分がチームを勝たせられる選手にならないといけない」と本人も語気を強める。 「シュートを決め切る部分だったり、アシストってところで、今季はその数字にもこだわっている。そこで結果を出して、チームを勝たせられるかどうかが重要だと思います」と高自身が語る一方、霜田監督も「彼は守備的なMFではなく、攻撃も守備もできるセンターハーフ。ボックスからボックスに走れるようなセンターハーフに育てたいし、彼ならばそれができると思っている」と高い要求を突きつけている。尊敬する遠藤や今野のように中盤からのミドルシュートや意表を突く飛び出しでゴールを奪えるようになれば、山口ももっと楽な戦いができるはず。イウリら前線のアタッカー陣を生かすことも大切だが、高はもっとエゴイストになっていいだろう。 そのうえで、目指すべきところは、J1復帰であり、1年後に延期された東京五輪出場だ。昨年のトゥーロン国際トーナメントに参戦した後、「いつか必ずJ1で活躍できる選手になる」と強い覚悟と決意を持ってガンバから山口に赴いた彼にとって、J1昇格は至上命題と言っていい。目下、大宮アルディージャとVファーレン長崎がトップを走っているが、夏場のハードスケジュールに5人交代など過去にないレギュレーションの今季だけに、この先、何が起きるか全く分からない。いかにしてこの停滞感を払拭し、勝ち点を重ねていくのか……。それを高は率先して考え、ピッチ上で表現していくことが肝要だ。地道に実績を積み重ねることでしか、輝かしい未来は開けてこない。 「五輪のことはあまり考えてないけど、今やれることをやるしかない。J2という舞台で好パフォーマンスを見せて、結果を出すしかない。それはガンバの時からずっと同じです。来年の五輪代表の強化体制が決まって、大会直前以外は横内(昭展)さんが指揮を執ることになりましたけど、僕が去年参加したトゥーロンの時も横さんが監督だった。結果も出たし、やってるサッカーもすごい楽しかったんで、僕らにとってはチャンスがあると思います」 どんな状況下でもポジティブシンキングを忘れないのが、高のいいところ。彼の主戦場であるボランチは欧州組の中山雄太(ズウォレ)やA代表予備軍と言われる田中碧(川崎)、田中駿汰(札幌)らがひしめく激戦区だが、参入の余地がないわけではない。霜田監督の力強い後押しを受け、ハードな2020シーズンにさらなる飛躍を遂げることができれば、大舞台に立てる可能性も十分あるはずだ。タフでアグレッシブな男がレノファをどのように立て直し、上位躍進へと導いていくのか。今後の彼の一挙手一投足から目が離せない。 <hr>【文・元川悦子】<br /><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2020.07.15 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

山口DF武岡優斗が入籍「ようやく両親も安心してくれる」

レノファ山口FCは17日、DF武岡優斗(33)が入籍したことを発表した。 クラブの発表によると、武岡は17日に入籍を果たしたとのことだ。武岡はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、私事ではありますが、本日独身生活にピリオドを打ちました。まさか自分自身ここまで結婚するのに時間がかかるとは思っていませんでしたが(笑)これでようやく両親も安心してくれると思います」 「冗談はさておき、より一層責任感を持って日々精進していきたいと思います。今後とも、応援よろしくお願い致します」 武岡は京都府出身で国士舘大学から2009年にサガン鳥栖へ入団。その後、横浜FC、川崎フロンターレ、ヴァンフォーレ甲府でプレーし、今シーズンから山口に加入。今シーズンの明治安田生命J2リーグ開幕戦である京都サンガF.C.戦では先発出場していた。 2020.06.17 20:40 Wed
twitterfacebook
thumb

山口、福岡大FW梅木翼の来季加入内定&慶應義塾大DF橋本健人の2022シーズン加入内定を発表

レノファ山口FCは28日、福岡大学のFW梅木翼(21)の来季加入内定と、慶應義塾大学に在学するDF橋本健人(20)の2022シーズン加入内定を発表した。 梅木は立正大淞南高校から福岡大学に進学した184cm、71kgのFW。一方、橋下は横浜FCユースから慶応義塾大学に進学した172cm、62kgのDFだ。 山口でプロキャリアをスタートさせることが決まった両選手は以下のようにコメントしている。 ◆FW梅木翼(福岡大学) 「この度2021年に加入が決まった梅木翼です。レノファ山口FCというクラブでプロとしての第一歩を踏み出せることを大変嬉しく思います」 「ここまで成長させてくれた両親、指導者の皆様など多くの方への感謝の気持ちを忘れずに少しでも早くチームの力になれるようにがんばります。応援よろしくお願いします」 ◆DF橋本健人(慶應義塾大学) 「この度、レノファ山口FCに2022年から加入が決まりました、慶應義塾大学の橋本健人です。目標であったプロサッカー選手をこの素晴らしいクラブでスタートできることを大変嬉しく思います」 「今まで自分を支え、そして育ててくださった方々への感謝の思いを常に持ち、レノファ山口の勝利に貢献できるよう、謙虚に成長していきます。応援よろしくお願いします」 2020.05.28 17:45 Thu
twitterfacebook