サンテチェンヌ、主将DFペランが現役引退…“ワンクラブマン”が17年のキャリアに幕…

2020.07.31 15:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンテチェンヌは30日、元フランス代表DFロイク・ペラン(34)の現役引退を発表した。

サンテチェンヌの下部組織出身のペランは、2003年8月に行われたロリアン戦で18歳でのトップチームデビューを飾った。その後、2007年に“レ・ヴェール”のキャプテンに任命された静かなリーダーは、本職のセンターバックと守備的MFを主戦場に古豪を牽引。

17年間に及ぶサンテチェンヌ一筋のキャリアの中で、歴代3位の公式戦470試合に出場し、30ゴールを記録。2012-13シーズンには自身唯一のタイトルとなったクープ・ドゥ・ラ・リーグ制覇を経験していた。

下部組織時代を含め23年を過ごしたサンテチェンヌでのラストマッチとなった今月24日のクープ・ドゥ・フランス決勝では、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペへの危険なタックルで一発退場となる、残酷な終わり方となった。

それでも、ペランはクラブ公式サイトを通じて、自身のキャリアに後悔がないと語っている。

「別の形での終わり方を望んでいたとはいえ、プロフットボーラーとしての17年間に及ぶ旅に心から満足すると共に誇りに思っているよ。もちろん、浮き沈みもあったけど、常に自分の最大限の力を注いできたという自負があるよ」

「新たなページをめくることになるけど、僕とサンテチェンヌの物語はまだ終わらないよ」
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナル、FA杯優勝後にローヌ・ダービー勃発? ラカゼットの後輩イジリにオーバが助け舟

FAカップ決勝を制したアーセナルの試合後のロッカールームでは、リヨンとサンテチェンヌの元プレーヤーによる“デュルビ・デュ・ローヌ”が勃発していたようだ。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 アーセナルは1日に行われたチェルシーとのFAカップ決勝を2-1で勝利し、史上最多14度目の優勝を決めた。さらに、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に成功している。 宿敵チェルシーとのビッグロンドン・ダービー勝利に沸くアーセナルの面々は、ピッチ内での優勝セレモニー終了後のロッカールームでもその興奮は全く冷めやらず。 そして、以前からキツいイタズラやジョークをかますことで知られるフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットは、新たな後輩であるU-21フランス代表DFウィリアム・サリバに対して、強烈なイジりをかました。 サンテチェンヌ生え抜きで今シーズンのリーグ・アン終了までレンタルという形で古巣に残留していた後輩の元にシャンパンを片手に近づいたラカゼットは、「お前はもうサンテチェンヌのプレーヤーじゃない。そして、ここでは俺たちとトロフィーを獲得できるぞ」と、声をかけていた。 アーセナル加入前にサンテチェンヌのローカル・ライバルであるリヨンのエースとして活躍していたラカゼットは、先月24日に行われたクープ・ドゥ・フランス決勝で、かつての宿敵がパリ・サンジェルマンに敗れていたことを受け、その決勝出場を望みながらも契約の問題でプレーできなかった失意の後輩をイジった。 ただ、先輩からのキツいイジリを笑って受け流そうとしたサリバにも頼れる援軍が…。この決勝で2ゴールを挙げてFAカップ制覇をもたらしたガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが2人の元に近づくと、「オ~、今はサンテチェンヌのことはそっとしておいてくれよ」と、ラカゼットにイジリをやめるようにたしなめた。 なお、オーバメヤンは2010年から2013年までサンテチェンヌに在籍しており、飛躍のキッカケを掴んだ大事な古巣のひとつでもある。そのため、リヨンの元エースの痛烈なイジリに対して、思わず介入することになった。 ただ、サリバの馴染み具合、ラカゼットとオーバメヤンの見事な掛け合いを見ると、今回のタイトル獲得は来季に向けてよりチームの結束を高めているようだ。 <div id="cws_ad">◆サリバはイジリがいがありそう?<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Alexandre Lacazette to William Saliba: “You’re not at St Étienne anymore - here we win titles.”<br><br>Pierre Emerick Aubameyang to Lacazette: “Ooooh you calm down now about St Étienne.” <br><br>Their bromance is unmatched <br><br> <a href="https://t.co/yiMSGAMg0y">pic.twitter.com/yiMSGAMg0y</a></p>&mdash; AFCMahfuz (@B123Mahfuz) <a href="https://twitter.com/B123Mahfuz/status/1289853829735952389?ref_src=twsrc%5Etfw">August 2, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.08.04 15:15 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGが今季国内2冠を達成! トゥヘル「勝利こそが一番の収穫」

パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるトーマス・トゥヘル監督が国内2冠目に満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 24日に行われたクープ・ドゥ・フランス決勝でサンテチェンヌと対戦したPSG。今シーズン、打ち切り優勝のリーグ・アンに続き国内2冠目を目指して戦った。約4カ月半ぶりの公式戦となった一戦は14分にFWネイマールのゴールで先制。その後、チャンスを作りながら追加点を奪えなかったが、無失点に抑えて、1-0で勝利を飾った。 試合後、トゥヘル監督は久しぶりの実戦での決勝という舞台設定にまず勝利を喜ぶべきと語っている。 「決勝戦でのプレーは常に複雑だ。我々は5カ月弱プレーしていなかったし、優勝候補筆頭で、失うものはすべて我々にあった」 「サンテチェンヌの選手たちはリスクを冒し、圧をかけてきた。そのプレッシャーを掻い潜るための解決策を見つけるのに苦労したよ」 「だが、得点を挙げた後に2点目を目指して、いくつかチャンスを演出した。(コンディション上、)選手たちにあまり多くのことを期待していなかったので、チームを過剰に文句を言いたくない。このような状況でプレーするのは簡単じゃない」 「今日は難しかった。この決勝戦に勝ったことが一番の収穫だ。これで分析や改善ができるようになった。次の決勝戦まで1週間あるので、また勝てるように準備しておきたい」 国内2冠目を手にしたPSGは3冠目を目指して8月1日にリヨンとのクープ・ドゥ・ラ・リーグ決勝に臨む。 2020.07.25 16:35 Sat
twitterfacebook
thumb

約4カ月半ぶりの公式戦となったPSGが国内2冠目! ネイマール弾で10人のサンテチェンヌ撃破《クープ・ドゥ・フランス》

クープ・ドゥ・フランス決勝、パリ・サンジェルマンvsサンテチェンヌが24日に行われ、1-0でPSGが勝利し、2年ぶり13回目の優勝を飾った。 新型コロナウイルスの影響によってリーグ・アンが中止となった中、3月以来の実戦となる両チーム。8月にチャンピオンズリーグ準々決勝のアタランタ戦を控えるPSGは、ネイマールやムバッペ、イカルディを先発で起用した。 準決勝でレンヌを下したサンテチェンヌに対し、フラットな[4-4-2]で臨んだPSGは、2トップにムバッペとイカルディ、左にネイマール、右にディ・マリアを据えた。 そのPSGは5分にピンチ。ショートカウンターを受けた流れから、ブアンガにボックス左への侵入を許し、右ポスト直撃のシュートを許した。 それでも14分にPSGが先制する。ボックス右に抜け出したムバッペのシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをネイマールが押し込んだ。 先制後、16分にボックス左からブアンガに決定的なシュートを許すも、ここはGKケイロル・ナバスがセーブ。 その後、相手との接触でわき腹付近を痛めていたケーラーがプレー続行不可能となり、ダグバを投入したPSGは、ムバッペへのペランの悪質なスライディングタックルでペランが一発退場となり、31分に数的優位となった。 タックルを受けたムバッペがプレー続行不可能となり、サラビアを投入したPSGは、迎えた後半、サンテチェンヌの反撃を許さずに時間を進めていく。 結局、PSGが1-0で勝利。リーグ・アンに続き国内2冠としたPSGは国内3冠を目指し、8月1日にリヨンとのクープ・ドウ・ラ・リーグ決勝に臨む。 2020.07.25 06:16 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルの許可下りずに仏杯決勝欠場のサリバが失望口に、「まるで強盗のようにクラブを去ることになった…」

アーセナルのU-20フランス代表DFウィリアム・サリバは、サンテチェンヌの一員としてクープ・ドゥ・フランス決勝に出場できないことに大きな失望を感じている。 サンテチェンヌ生え抜きのサリバは昨年7月にアーセナルへの完全移籍が決定。今シーズンはレンタル移籍という形で故郷のクラブに残留していた。 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、リーグ・アンは4月末の段階で打ち切りが決定した一方、サンテチェンヌが38年ぶりの決勝進出を果たしたクープ・ドゥ・フランスは7月24日に一部観客を入れての開催が決定した。 そのため、サリバとサンテチェンヌはコロナ禍で特例が認められている短期のレンタル期間延長をアーセナルに要請していたが、新シーズンに向けて早期合流を求める保有元を説得できず、志半ばでクラブを去ることになった。 そういった中、サリバは自身不在で行われるクープ・ドゥ・フランス決勝の前日に行われた、フランス『レキップ』のインタビューで無念の思いを口にしている。なお、サリバはプレーすることはできないものの、パリ・サンジェルマン(PSG)との決勝が行われるスタッド・ドゥ・フランスに、“レ・ヴェール”のいちサポーターとしてスタンド観戦する。 「この試合は見逃すことができないよ。僕はプレーすることはできないけど、チームをサポートするためにスタジアムに向かい、少しでも決勝の雰囲気を味わいたいんだ」 「テレビの前ではそういった雰囲気を味わうことはできないからね。僕にとってはレ・ヴェールの勝利を期待してスタジアムにいることが重要なんだ」 「それにチームメイトに適切な形で別れを告げることも目的のひとつなんだ。僕はまるで強盗のような形でクラブを去ることになったから…」 また、サリバは最後の最後まで自身がクープ・ドゥ・フランス決勝でのプレーを望んでいたと主張。それだけに、クラブ間での交渉が破談に終わったことに大きな失望を感じているという。 「僕にとって初めての決勝戦だったから、絶対にプレーしたかった。それに、このクラブでの最後の試合になるはずだったからね。心からプレーすることを望んでいたんだ。それが、不可能だとわかったときでさえもね」 「2つのクラブは僕がプレーするためにすべてを尽くしてくれた。だけど、彼らは合意に至らなかった。そのことにひどく失望しているよ」 2020.07.24 14:10 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG退団の逸材アウシシュがサンテチェンヌ入り 「ベストを尽くす」

サンテチェンヌが20日、U-18フランス代表MFアディル・アウシシュ(18)の獲得を発表した。契約期間は3年。背番号は「17」に決定している。 アウシシュはアルジェリアにルーツを持つ攻撃的MFで、昨年に行われたFIFA U-17ワールドカップ(W杯)でシルバーボール(準優秀選手)を受賞。昨年8月に行われたリーグ・アン第4節のメス戦でトップチームデビューを飾り、クープ・ドゥ・フランスのリナ・モンレリ戦で初ゴールも挙げたが、公式戦3試合の出番しかなく、先月末に契約満了でPSGを退団した。 バイエルン移籍が決定したU-18フランス代表DFタンギ・クアシ(18)と同様にPSGとのプロ契約にサインせず、新天地を求めたアウシシュは既報通りのサンテチェンヌ入りを受け、クラブ公式サイトを通じて「すごくハッピーだ。サンテチェンヌと契約できたのは大きな誇りだ」と述べ、「ベストを尽くすよ」と意気込みを語っている。 2020.07.21 10:35 Tue
twitterfacebook