元フランス代表GKリュフィエが34歳で現役引退…仏5部リーグで指導者転身

2021.01.14 00:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元フランス代表GKステファーヌ・リュフィエ(34)が現役引退を決断した。フランス『レキップ』が伝えている。

これまで9シーズンに渡ってサンテチェンヌの守護神を務めたリュフィエだが、昨シーズン終盤に自身の起用法を巡ってクロード・ピュエル監督と激しく衝突。この確執により、今季構想外の扱いとなっていた同選手は今月4日付けでクラブとの契約を解消していた。


リュフィエほどの実力者であれば、他のクラブでのキャリア続行の可能性もあったが、すでに今シーズン終了後の引退を検討していた同選手は、フランス5部に所属する古巣アヴィロン・バイヨンヌで指導者としてのキャリアをスタートすることを決断した。

バイヨンヌのジャン=ピエール・マイナール副会長は、「リュフィエはゴールキーパーのアカデミーを創設し、監督するという独占的な使命を持つことになる。彼は6月に契約が満了したときにキャリアに終止符を打つつもりだったが、サンテチェンヌで起きたことを受け、より早い段階で決断を下した」と、リュフィエの引退および指導者転身を認めた。

モナコ下部組織出身で同クラブでプロキャリアをスタートしたリュフィエは、2011年にサンテチェンヌに完全移籍。卓越したシュートストップ能力を武器に絶対的な守護神に君臨し、2012-13シーズンには自身唯一のタイトルとなったクープ・ドゥ・ラ・リーグ制覇に貢献した。

キャリアを通じてはリーグ・アン通算428試合に出場するなど、公式戦500試合以上でプレーした、

また、フランス代表では同年代のGKウーゴ・ロリス(トッテナム)、GKスティーブ・マンダンダ(クリスタル・パレス)の牙城を破れなかったものの、通算3試合に出場していた。

関連ニュース
thumb

運も実力の内?若きオーバメヤンが捻じ込んだラッキーゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は、アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがサンテチェンヌ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆運も実力?オーバメヤンのラッキーゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJFUVFwS3B5cyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くしてミランユースに入団したオーバメヤンは、レンタル移籍を経て2011年1月にサンテチェンヌに加入。同クラブで頭角を現し、2013年夏にドルトムントに移籍すると、一気にスターダムを駆け上がった。 サンテチェンヌでは公式戦97試合で41ゴールを記録し、ブレイクのきっかけを掴んでいるが、2013年2月17日に行われたリーグ・アン第25節のスタッド・ランス戦では、ラッキーゴールを決めている。 0-0で迎えた10分、相手のパスミスからボールを奪った味方からのパスにオーバメヤンが抜け出すと、一気にゴール前へ。最初のシュートはGKに阻まれるものの、セーブしたボールがオーバメヤンの後を追っていたDFに跳ね返り、再びオーバメヤンの足元に。素早く反転したオーバメヤンが、ボールをゴールに捻じ込み、ラッキーな形から先制点を奪ってみせた。 早い時間に先制することに成功したサンテチェンヌだったが、終盤に追いつかれ、1-1のドローに終わっている。 <span data-sg-movie-id="864" data-sg-movie-title="【運も実力の内?】若きオーバメヤンが捻じ込んだラッキーゴール"></span> 2021.02.28 23:30 Sun
twitterfacebook
thumb

抜群の決定力は変わらず!サンテチェンヌでオーバメヤンが決めたキャリア初ハット【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがサンテチェンヌ時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆見事なゴール3連発でキャリア初ハットを記録<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIzcGRMTXcxMiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> フランス出身ながら若くしてミランユースに入団したオーバメヤンは、レンタル移籍を繰り返し、2011年1月にサンテチェンヌに加入。同クラブでブレイクを果たすと、一気に世界屈指のストライカーとしてスターダムを駆け上がった。 ゴール前で抜群の決定力を見せるオーバメヤンだが、2012年2月22日に行われたリーグ・アン第22節のロリアン戦では、キャリア初となるハットトリックを達成している。 後半早々に先制を許して迎えた56分、味方からのパスに抜け出したオーバメヤンは、ゴール左の角度の厳しい位置から左足でシュート。ニアポストを絞りに来たGKの裏をかき、ゴール右サイドネットにシュートを流し込み、同点弾を挙げる。 続く68分、右サイドでボールを持ったMFバカリ・サコがふわりとしたクロスをボックスに入れる。タイミングを完璧に合わせてジャンプしたオーバメヤンがゴール前でドンピシャのヘディングを合わせると、ゴール左にシュートが決まり、見事な逆転ゴールとなった。 最後は3-2とリードして迎えた90分、カウンターからサンテチェンヌがチャンスを作ると、FWライネル・キタンバラのパスにオーバメヤンが抜け出すと、そのままスピードに乗り一気にゴール前へ。飛び出して来たGKの上を越えるシュートを決め、相手に止めを刺す4点目を決めてみせた。 キャリア初のハットトリックを達成したオーバメヤン。4-2でのチームの勝利に大きく貢献した。 <span data-sg-movie-id="856" data-sg-movie-title="【抜群の決定力は変わらず!】サンテチェンヌでオーバメヤンが決めたキャリア初ハット"></span> 2021.02.27 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

鮮やかな中央突破からの豪快ミドル!サンテチェンヌの新星が決めた美しいゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はサンテチェンヌのフランス人FWアルノー・ノルダンが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ノルダンの美しいミドルシュート<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJRSzlzSGFsNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> サンテチェンヌユースで育ったノルダンは、2016年に18歳でトップチームデビュー。レンタル移籍を経て定位置を掴みつつある。 期待の若手選手として活躍するノルダンだが、2020年12月16日に行われたリーグ・アン第15節のボルドー戦では、見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた15分、カウンターからサンテチェンヌがチャンスを作る。右サイドでノルダンがボールを持つと、中央のMFデニス・ブアンガとパス交換をしながらノルダンも中央へ侵入。ブアンガからのリターンパスを受け、見事なダブルタッチでマークを外すと、その流れでペナルティーアーク手前からミドルシュート。左足で放たれたカーブのかかったシュートは、ゴール左上に決まり、見事な先制ゴールとなった。 試合はその後ボルドーが追いついたものの、サンテチェンヌが後半に勝ち越し、2-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="588" data-sg-movie-title="【鮮やかな豪快ミドル】サンテチェンヌの新星が決めた美しいゴール"></span> 2021.02.23 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ニアポストをぶち抜く!無名時代のオーバメヤンがサンテチェンヌで決めた豪快ボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆オーバメヤンの変わらぬ決定力<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJjc3NSYUlTeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くしてミランユースに入団したオーバメヤンは、リールやモナコへのレンタル移籍を経て2011年1月にサンテチェンヌに加入。同クラブで頭角を現し、2013年夏にドルトムントに移籍すると、一気にスターダムを駆け上がった。 サンテチェンヌでは、公式戦97試合で41ゴールを記録し、ブレイクのきっかけを掴んだオーバメヤンだが、2013年2月2日に行われたソショー戦では、豪快なゴールを決めている。 0-0で迎えた23分、サンテチェンヌが右サイドからチャンスを作ると、DFフランソワ・クレールがオーバメヤンへクロスを送る。ボックス手前右でオーバメヤンがパスを受けると、ファーストタッチでボックス内に侵入し、少し浮いたボールに対してボレーシュート。強烈なシュートはGKのニアポストを抜いてゴール右上に突き刺さった。 このゴールで主導権を握ったサンテチェンヌが、2-1で試合に勝利している。 <span data-sg-movie-id="802" data-sg-movie-title="【そこを抜くか!】無名時代のオーバメヤンがサンテチェンヌで決めた豪快ボレー"></span> 2021.02.18 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

GKの手を弾いてゴールイン!グングン曲がる横滑りFK弾【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、サンテチェンヌのフランス人MFロマン・アムマが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆グングン曲がる横滑りカーブFK!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxRjJPVWwxUSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2012年夏にカーンからサンテチェンヌに加入したアムマは、前線の主力として活躍。公式戦291試合に出場している。 通算58ゴールをマークし、得点源としても活躍するアムマだが、2021年2月7日に行われたリーグ・アン第24節のメス戦では、素晴らしいFKを決めている。 0-0で迎えた14分、ボックス手前右の位置でサンテチェンヌがFKを得ると、キッカーはアムマ。右足から放たれた鋭いシュートは、壁の頭上を越えて左へグングンカーブしていくと、ゴール左隅へ。GKが必死のセーブを試みるも、シュートはこの手を弾きながらポストに跳ね返ってゴールイン。見事な先制直接FKとなった。 試合は序盤のリードを守ったサンテチェンヌが、そのまま1-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="766" data-sg-movie-title="【横滑りカーブFK】グングン曲がってGKの手を弾きながらゴールイン!"></span> 2021.02.11 16:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly