ホッフェンハイム、守護神バウマンと契約延長! ブンデス10年間で最多出場選手

2020.07.31 14:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ホッフェンハイムは30日、ドイツ人GKオリバー・バウマン(30)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。

今回、ホッフェンハイムとの現行契約をさらに2年延長することに同意したバウマンは、クラブ公式サイトを通じて自身の決断を振り返っている。

「ここではクラブとファンの双方から歓迎されているように感じているんだ」

「残念なことに、現在のフットボール界においては1つのクラブにこれほど長く在籍するプレーヤーは珍しくなっている。フットボールのビジネス全体が非常に速いスピードで変化しているからね」

「そういった中、僕はここでのすべてに満足しているし、幸せを感じているんだ」

一方、ホッフェンハイムでスポーツ・ディレクターを務めるアレクサンデル・ローゼン氏は、頼れる守護神との契約更新に満足感を示している。

「オリはここに6年間在籍しているが、その間に素晴らしい成功を収めてきたクラブにおいて重要な役割を担ってくれた。そして、彼はクラブの顔の一人となっている」

「彼はリーグ屈指のゴールキーパーであり、チームにとって常に頼りになる存在だ。同様にクラブとファンの間に一体感をもたらしてくれている」

2014年にフライブルクから加入したバウマンは、以降ホッフェンハイムの絶対的な守護神に君臨。在籍6年間でブンデスリーガ198試合を含む、公式戦205試合に出場。今シ-ズンもリーグ戦30試合に出場し、クラブのヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献していた。

また、個人としては2010年1月から2019年12月末までの10年間でブンデスリーガ通算316試合に出場しており、これは同期間におけるリーグ最多出場となっている。また、若くして台頭したドイツ人GKは29歳でブンデスリーガ通算300試合出場を達成しており、これはブンデスリーガのGK史上5人目の偉業だ。
コメント
関連ニュース
thumb

バイエルン、3部リーグ優勝に貢献した若手2選手が2部ニュルンベルクにレンタル移籍!

バイエルン・ミュンヘンは7日、ニュージーランド代表MFサープリート・シン(21)と、U-20ドイツ代表GKクリスティアン・フリュヒトル(20)がブンデスリーガ2部のニュルンベルクにレンタル移籍することを発表した。移籍期間はいずれも2020-21シーズン終了までとなる。 クラブ史上初のニュージーランド人選手となったシンは、昨年夏にウェリントン・フェニックスから完全移籍で加入。今シーズンはブンデスリーガ3部に所属するバイエルンⅡの主力として優勝に貢献。また、トップチームでも2試合に出場した。 一方、14歳からバイエルンの下部組織に在籍するフリュヒトルは、2017年にトップチームとのプロ契約を締結。ここまでトップチームデビューは果たせていないが、ドイツの世代別代表常連のエリートGKは、バイエルンⅡの守護神として優勝に貢献していた。 2020.08.08 14:33 Sat
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、元サッリの右腕ゴッティ監督と来季契約更新

ウディネーゼは7日、ルカ・ゴッティ監督(52)と2020-2021シーズンの契約を更新したことを発表した。 チェルシー時代にマウリツィオ・サッリ監督のアシスタントコーチを務めた経歴を持つゴッティ監督は、昨年11月にイゴール・トゥドール前監督の後任として、アシスタントコーチからウディネーゼの監督に就任。 チームは一時残留争いに巻き込まれかけたものの、セリエAで9勝8分11敗の成績を残し、最終的には13位でシーズンを終えていた。 2020.08.08 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

トリノ、ミラン解任のジャンパオロ氏を招へい

トリノは7日、新シーズンに向けマルコ・ジャンパオロ氏(53)の招へいを発表した。契約期間は2022年6月までの2年間で、年俸は150万ユーロ(約1億8700万円)となっている。 ジャンパオロ氏は、カリアリやシエナ、カターニャ、ブレシアなどを指揮。昨シーズンまでサンプドリアを指揮すると、2019-20シーズンはミランの監督に就任していた。 しかし、開幕戦でウディネーゼに敗れると7試合で3勝4敗と成績が安定せず。10月に解任されて以降はフリーとなっていた。 トリノは今年2月にワルテル・マッツァーリ監督を解任。モレノ・ロンゴ氏を招へいしたが、3勝3分け9敗と結果を残せていなかった。 2020.08.08 01:00 Sat
twitterfacebook
thumb

元オランダ代表FWファン・ペルシが古巣へ帰還! フェイエノールトでFW指導をスタート

元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシ(37)氏が、古巣であるフェイエノールトに復帰した。 ファン・ペルシはファーストチームのスタッフとなり、ストライカーの指導に当たることになるという。 ファン・ペルシは、ユース時代にフェイエノールトに加入。2001年7月にファーストチームへ昇格すると、小野伸二らとともに2001-02シーズンのUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)で優勝を経験した。 2004年7月にはアーセナルへ完全移籍するとエースとして活躍。2012年8月にマンチェスター・ユナイテッドへと完全移籍し、ゴールを量産。その後フェネルバフチェを経て、2018年1月にフェイエノールトへと帰還し、2019年5月に現役を引退していた。 クラブキャリアを通じてはプレミアリーグで144ゴールを記録するなど、公式戦594試合274ゴール100アシストを記録。また、オランダ代表としても102試合で50ゴールを記録するなど、指折りの点取り屋として活躍していた。 引退後も、正式なコーチには就任しないものの、フェイエノールトでストライカーを指導。そして、新シーズンに向けて正式にクラブに復帰した。 ファン・ペルシはクラブを通じて、「これは公式の立場ではない。だから、名前をつけるのは難しいと思う」とコメント。「例えば、私は自分をストライカーのコーチとは皆していない。でも、これは双方にとってメリットのある状況だと思う」と語り、「自分にとって好ましいかどうかを確認し、スタッフを少し手助けすることになる」と協力することを語りながらも、正式なコーチ就任ではないと強調した。 前述の通り、これまでもオファーを受けていたとし、「実は昨シーズンも参加するつもりだったけど、それは限られたものだった」と新型コロナウイルスの感染拡大によりシーズンが突如打ち切りになったことに言及。しかし、ディック・アドフォカート監督からの要請に対して「ディックから電話があり、来たいかどうかを尋ねられた。私はディックにノーと言うことはできない」と、恩師の誘いを断れなかったと明かした。 引退後はイギリスでコメンテーターなどを務めていたファン・ペルシ。自身はコーチではなく選手のようだと心境を語った。 「私はトレーナーというよりも、プレーヤーだと感じている。選手として、すでに対話に参加しているし、この役割でも美しいこととともに、楽しいエクササイズを実現したいと思う」 「私には1つだけの哲学はない。より多くの道がローマに通ずると思っている」 2020.08.07 22:25 Fri
twitterfacebook
thumb

シティのオーストラリア代表FWアルザニがユトレヒトへレンタル移籍

ユトレヒトは7日、マンチェスター・シティのオーストラリア代表FWダニエル・アルザニ(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 イラン生まれのアルザニは、2018年8月にメルボルン・シティからマンチェスター・シティに完全移籍。そのまま2シーズンのレンタル移籍でセルティックに加入していた。 しかし、1年目の途中にヒザの十字じん帯を負傷。長期離脱となると、セルティックでは公式戦2試合の出場に留まっていた。 世代別のオーストラリア代表を経験しているアルザニは、オーストラリア代表としてもプレー。ロシア・ワールドカップにもオーストラリア史上最年少の19歳で出場していた。 2020.08.07 21:05 Fri
twitterfacebook