ホッフェンハイム、守護神バウマンと契約延長! ブンデス10年間で最多出場選手

2020.07.31 14:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ホッフェンハイムは30日、ドイツ人GKオリバー・バウマン(30)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。

今回、ホッフェンハイムとの現行契約をさらに2年延長することに同意したバウマンは、クラブ公式サイトを通じて自身の決断を振り返っている。

「ここではクラブとファンの双方から歓迎されているように感じているんだ」

「残念なことに、現在のフットボール界においては1つのクラブにこれほど長く在籍するプレーヤーは珍しくなっている。フットボールのビジネス全体が非常に速いスピードで変化しているからね」

「そういった中、僕はここでのすべてに満足しているし、幸せを感じているんだ」

一方、ホッフェンハイムでスポーツ・ディレクターを務めるアレクサンデル・ローゼン氏は、頼れる守護神との契約更新に満足感を示している。

「オリはここに6年間在籍しているが、その間に素晴らしい成功を収めてきたクラブにおいて重要な役割を担ってくれた。そして、彼はクラブの顔の一人となっている」

「彼はリーグ屈指のゴールキーパーであり、チームにとって常に頼りになる存在だ。同様にクラブとファンの間に一体感をもたらしてくれている」

2014年にフライブルクから加入したバウマンは、以降ホッフェンハイムの絶対的な守護神に君臨。在籍6年間でブンデスリーガ198試合を含む、公式戦205試合に出場。今シ-ズンもリーグ戦30試合に出場し、クラブのヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献していた。

また、個人としては2010年1月から2019年12月末までの10年間でブンデスリーガ通算316試合に出場しており、これは同期間におけるリーグ最多出場となっている。また、若くして台頭したドイツ人GKは29歳でブンデスリーガ通算300試合出場を達成しており、これはブンデスリーガのGK史上5人目の偉業だ。
コメント
関連ニュース
thumb

元バルサの元ブラジル代表DFアドリアーノがベルギーのオイペンに加入

ベルギーのオイペンは12日、アトレチコ・パラナエンセの元ブラジル代表DFアドリアーノ(35)をフリートランスファーで獲得したことを発表した1年契約を結び、契約期間は2021年6月30日までとなる。 アドリアーノはブラジルのコリチーバでキャリアをスタート。2005年1月にセビージャへ移籍すると、そこでの活躍が認められ2010年7月にバルセロナへと加入していた。 バルセロナでは左サイドバックとしてプレー。公式戦189試合に出場し17ゴール23アシストを記録。4度のラ・リーガ制覇や2度のチャンピオンズリーグ制覇など、16のタイトルを獲得。2016年7月にベシクタシュへと完全移籍していた。 ベシクタシュでも111試合に出場し4ゴール11アシストを記録。2019年7月にアトレチコ・パラナエンセへ移籍したが、その前にはヴィッセル神戸が獲得に動いているとの報道も出ていた。 オイペンのスポーツ・ディレクターを務めるジョルディ・コンドム氏は「オイペンにとって、アドリアーノのような選手と契約したことは大きな成功だ。彼は最も成功した国際的な選手の1人であり、チャンピオンのオーラを持っている」とコメント。「彼の資質と経験により、我々のチームに確かなプラスをもたらす。若い選手は彼から多くを学び、ファンはアドリアーノがオイペンのシャツを着ていることに満足するはずだ。彼とチーム全員で、クラブ史上最高のシーズンを過ごすため、全力を尽くす」と加入が大きな影響になると語った。 2020.08.13 10:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルのトルコ代表FWウナルが5年契約でヘタフェに完全移籍

ヘタフェは12日、ビジャレアルからトルコ代表FWエネス・ウナル(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。5年契約を結んだとのことだ。 ウナルはブルサスポルの下部組織で育ち、2015年7月にマンチェスター・シティへと完全移籍。その才能を買われての移籍となったが、ヘンクやNACブレダ、トゥベンテへとレンタル移籍を繰り返し、シティで試合に出場することなく2017年7月にビジャレアルへと完全移籍していた。 ビジャレアル加入後も、レバンテやレアル・バジャドリーへとレンタル移籍を繰り返した。 2019-20シーズンはバジャドリーでラ・リーガ35試合に出場し6ゴール2アシストを記録。コパ・デル・レイでも2試合で2ゴールを記録していた。 世代別のトルコ代表を経験しているウナルは、トルコ代表としても13試合に出場し2ゴールを記録している。 2020.08.13 09:55 Thu
twitterfacebook
thumb

昇格組リーズ、生え抜きのU-20イングランド代表MFシャックルトンと4年契約を締結

リーズ・ユナイテッドは12日、U-20イングランド代表MFジェイミー・シャックルトン(20)との契約延長を発表した。4年契約を結び、契約期間は2024年夏までとなる。 シャックルトンは7歳でリーズに入団。アカデミーで順調に育つと、2018年7月にファーストチームへ昇格した。 2018年8月のダービー・カウンティ戦でファーストチームデビューを果たし、2019-20シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で22試合に出場し2ゴールを記録していた。 2部優勝、プレミアリーグ昇格を果たしたクラブでの出場機会は限られており、ほとんどの試合が終盤の数分間の出場だったが、第45節のダービー戦で先発フル出場を果たすと初ゴールを記録。さらに、最終節となった翌節のチャールトン戦ではホーム初ゴールを記録していた。 2020.08.13 08:55 Thu
twitterfacebook
thumb

争奪戦を制したサウサンプトンが注目の若手DFサリスをバジャドリーから完全移籍で獲得

サウサンプトンは12日、レアル・バジャドリーからガーナ人DFモハメド・サリス(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年間となる。 サリスはガーナ出身で、2017年10月にバジャドリーの下部組織へ加入。2019年7月にファーストチームへ昇格すると、2019-20シーズンのラ・リーガでは31試合に出場し1ゴール1アシスト。コパ・デル・レイでも1試合に出場していた。 世代別のガーナ代表歴などがないサリスだが、ヨーロッパでプレーする若手DFの中でも高い評価を受けている1人とされている。 今夏の移籍市場では、レアル・マドリーやアトレティコ・マドリー、マンチェスター・ユナイテッド、レンヌなどが獲得に興味を持っていた中、サウサンプトン移籍を選択した。 サリスはサウサンプトンへの移籍について「サウサンプトンの選手になれたことはとても素晴らしい気分だ。僕はここに来られてとても嬉しく、ここでスタートすることを楽しみにしている」と移籍を喜んだ。 また「サウサンプトンは若い選手の育成において、とても豊かな歴史を持つクラブだ。そのため、自分のスキルを磨き、若い選手として多くを学ぶのにとても良いクラブだ」と語り、これまで多くの有望な若手を輩出して来たサウサンプトンへの移籍理由を明かした。 2020.08.13 08:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ソシエダがウーデゴールのレアル・マドリー復帰を発表!

レアル・ソシエダは12日、ノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(21)が所属元であるレアル・マドリーに復帰することを発表した。 今シーズンからソシエダに2年間のレンタルで加入したウーデゴールは、攻撃の中心選手として公式戦36試合に出場して7ゴール9アシストを記録するなど、センセーショナルな活躍を披露。ソシエダを2シーズンぶりのヨーロッパリーグ出場に導いていた。 マドリーへの復帰が決まったウーデゴールに対して、ソシエダは公式サイトで以下のような感謝の声明を発表した。 「短い間だったが、マルティン・ウーデゴールはチームに貢献してくれた。彼はレアル・マドリーに復帰するために私たちのもとを去ることになったが、彼が楽しませてくれたシーズンのすべてを忘れることはないだろう。彼のゴール、サッカー、性格、努力、そして謙虚さによって、マルティンはクラブのファミリーにとって決して忘れられない存在になった。我々は彼の今後の活躍を願っている」 2020.08.13 06:00 Thu
twitterfacebook