ミスじゃなくてセーブです!パレスのベテランGKスペローニが昇格プレーオフで見せた驚愕の片手セーブ【アンビリーバブル・セーブス】

2020.07.31 19:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。

しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。

◆パレスの守護神スペローニが見せたミラクルセーブ


今回は、アルゼンチン人GKジュリアン・スペロニ氏が長年過ごしたクリスタル・パレスで見せたスーパーセーブだ。

1999年に地元アルゼンチンのプラテンセでデビュー後、2001年にスコットランドのダンディー・ユナイテッドへ加入し、ヨーロッパデビューを果たしたスペロニ。安定感のあるセービングで評価を高め、2004年にクリスタル・パレスへ加入し、プレミアリーグでデビュー。2007年からは正GKを務め、公式戦402試合に出場した。

クラブをチャンピオンシップ(2部)時代から支えた功労者のスペロニだが、2013年5月13日に行われた、昇格プレーオフ準決勝2ndレグ、ブライトン戦では昇格を手繰り寄せる素晴らしいセーブを見せている。

1stレグはホームで0-0に終わっていたパレス。ライバルチームのホームに乗り込む2ndでは劣勢に立たされることが予想されたが、パレスがチャンスを多く作る展開となる。

しかしお互いに決め手を欠き、0-0で迎えた65分、ブライトンに決定機。ハーフウェイラインからの味方のロングボールをFWレオナルド・ウジョアが頭でフリック。これを直前に交代で入ったFWアシュリー・バーンズがボックス内で受ける。バーンズはコースを塞ぎに飛び出してきたスペローニの頭上を越そうと、浮き球のシュート。しかしこれは惜しくもポストに弾かれてしまう。惜しいシュートミスかと思われたが、よく見てみるとスペロニが至近距離から片手でボールに触っており、バーンズのミスではなく、スペロニがスーパーセーブを記録していたことが分かる。

このミラクルなセーブで勢いに乗ったパレスは、直後に先制。終了間際には追加点を奪い、2-0で勝利し、プレーオフ決勝に進出。聖地ウェンブリーで行われた決勝でも見事に勝利し、昇格を掴み取っている。
コメント
関連ニュース
thumb

パレスの守護神グアイタが見せた、アーセナル相手の金星を引き寄せる体を張ったファインセーブ!【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆グアイタが体を張ったセーブで金星を引き寄せる<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1UHRISkM2NiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、クリスタル・パレスのスペイン人GKビセンテ・グアイタがアーセナル相手に見せたセーブだ。 バレンシアユース出身のグアイタは、2008年にトップチームデビューを飾ると、2014年にヘタフェに加入。正GKとして安定した活躍を見せると、2018年にクリスタル・パレスへ移籍しプレミアリーグデビューを果たす。正GKとして好セーブを連発している。 そんなグアイタは2019年4月21日に行われたプレミアリーグ第35節の強豪アーセナルとの試合では、チームの金星を決定付ける好セーブを見せている。 アーセナルのホーム、エミレーツスタジアムに乗り込んだクリスタル・パレスは、前半に先制し、試合の主導権を握ると、後半も得点を重ね、一時は3-1のリードを奪う。 しかし、アーセナルに3-2と1点差に迫られて迎えた87分、ボックス右でボールを持ったMFメスト・エジルが、ボックス内に柔らかいクロスを上げる。ボールはパレスDFの間を上手く抜けると、ゴール左サイドネットへ向かっていきあわやそのままゴールインしそうになる。しかし、グアイタはファーポストにいたMFアレックス・イウォビの前に体を投げ出しながらこのボールをセーブ。体を張った守備で点差を守った。 試合はこのまま3-2で終了し、パレスがアーセナルをアウェイの地で下し、金星を挙げている。 2020.08.13 13:00 Thu
twitterfacebook
thumb

パレスの重鎮がプレミア昇格を引き寄せる!スペロニが体を張ってトロイ・ディーニーの決定機を阻止!【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆スペロニが昇格プレーオフで見せた値千金のセーブ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhRjBOY2IydSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、アルゼンチン人GKジュリアン・スペロニ氏がクリスタル・パレス時代に見せたセーブだ。 アルゼンチンでのプロデビューを経て、スコットランドでもプレーした経験を持つスペロニ氏は、2004年にクリスタル・パレスに加入。チームがチャンピオンシップ(2部リーグ)に所属していた頃から、2019年に現役を引退するまでパレスのゴールマウスを守った重鎮だ。 そんなスペロニ氏は、2013年5月27日に行われた、チャンピオンシップの昇格プレーオフ決勝のワトフォード戦では体を張ったセーブでチームの昇格を引き寄せる活躍を見せている。 前後半を終えて0-0と拮抗した展開となったこの試合は、延長戦に突入。プレミア昇格のかかった大一番で緊張感が高まる中、92分にワトフォードに決定的なチャンスが訪れる。右サイド後方からワトフォードがパレスのボックス内にクロスを上げる。 パレスDFとの競り合いを制したFWトロイ・ディーニーがゴール正面でこれをトラップし、ゴール前で絶好のチャンスを得る。しかし、ここでスペロニが自らの体を投げ出してブロックに出る。ディーニーの足元に入りかけたボールを左手でかきだし、チームのピンチを救ってみせた。 このスペロニのセーブでワトフォードの絶好のチャンスを阻止したクリスタル・パレスは105分に決勝点を決め、見事プレミア昇格を掴み取っており、まさに昇格を手繰り寄せる値千金のセーブとなった。 2020.08.12 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

サンプの守護神アウデーロがジェルビーニョの狙いすましたシュートを指先でセーブ!【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆サンプの守護神アウデーロが見せた指先セーブ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJwVEU0dXloTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、サンプドリアのイタリア人GKエミール・アウデーロが見せた好セーブだ。 ユベントスユース出身のアウデーロは、2015年に19歳でトップチームに昇格した。しかし、レギュラーに定着することはなく、2018年夏に、今季から日本代表DF吉田麻也も所属するサンプドリアへ加入した。 安定したセービングでチームを支えるアウデーロだが、2019年5月5日に行われた、セリエA第35節、パルマ戦では、素晴らしいセーブを見せている。 前半を2-1とサンプドリアがリードして迎えた48分、ホームのパルマが反撃に出る。 サンプドリア陣内左でボールを持ったパルマFWジェルビーニョは、そのまま中央へ向かってドリブルで前進する。ディフェンスラインとMFのラインの中間のスペースに入ったジェルビーニョは、ボックスの前まで来ると、グラウンダーの狙いすましたシュートをゴール右へ放った。 しかし、これに反応したアウデーロが手を伸ばし渾身のセーブ。指先でわずかにボールの軌道を変え、コーナーキックに難を逃れた。 これで1点のリードを維持したサンプドリアはその後1点を追加し、一時は3-1とリード。しかし、その後立て続けの失点を許し、試合は3-3の引き分けに終わっている。 2020.08.12 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルのベテラン守護神、ハンダノビッチが完璧なミドルシュートをストップ!【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆ベテラン守護神ハンダノビッチが見せたファインセーブ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJiWHE0RDNHayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、インテルのスロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチがフィオレンティーナ相手に見せたセーブだ。 2003年にスロベニアでプロデビューしたハンダノビッチは、2004年にウディネーゼに加入し、セリエAデビュー。同クラブでの安定した活躍が認められ、2012年夏にインテルへ移籍し、守護神ジュリオ・セザールの後釜として背番号「1」を受け継ぎ、ここまで公式戦300試合以上に出場している。 御年36歳となったハンダノビッチはGKの中でもベテランの域に入ってきているが、2019年12月15日に行われた、セリエA第16節のフィオレンティーナ戦では、年齢を感じさせないファインセーブを記録している。 アウェイのインテルが開始早々に先制して迎えた15分、追いかけるフィオレンティーナにチャンスが訪れる。ボックス内でクロスを受けたDFポル・リロラが、ボックス手前正面でフリーになっていたMFミラン・バデリに丁寧に落とす。 バデリはこれをダイレクトでミドルシュート。カーブのかかったシュートは、ゴール右隅に弧を描いて飛んでいったが、ハンダノビッチが横っ飛びでセーブ。完璧なミドルシュートを弾き、難を逃れた。 決定機を阻止し、点差を守ったインテルだったが、後半アディショナルタイムに同点弾を許し、試合は引き分けに終わっている。 2020.08.12 13:00 Wed
twitterfacebook
thumb

これぞ守護神!チームを救うマルセイユGKマンダンダの超反射神経【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 今回は、マルセイユのフランス代表GKスティーブ・マンダンダが見せたスーパーセーブだ。 <div id="cws_ad">◆マンダンダの超反射神経!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJNSEcxQlhmQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2008年7月にル・アブールから完全移籍でマルセイユへ加入したマンダンダ。2016年7月にクリスタル・パレスへとフリートランスファーで移籍するも、2017年7月に復帰。現在はキャプテンも務めている。 今回紹介するのは、2020年2月2日に行われた、2019-20シーズンのリーグ・アン第22節のボルドー戦のセーブだ。 2位でボルドー戦を迎えたマルセイユ。この日もキャプテンとしてゴールを守るマンダンダだが、チームはなかなかゴールを奪うことができない。 そんな中迎えた後半アディショナルタイム。ボルドーは敵陣左サイドでFKを獲得。これを ニコラ・ドゥ・プルヴィルがゴール前にクロスを送る。 絶妙なカーブを描いたクロスは、ボックス中央で待っていたパブロの頭に一直線。ドンピシャヘッドで合わせると、シュートはゴール右に。しかし、マンダンダが素晴らしい反射神経で横っ飛びセーブ。試合は0-0の引き分けに終わった。 2020.08.10 19:00 Mon
twitterfacebook