ベティスがバラガンの退団を発表、今季は12試合の出場

2020.07.31 07:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベティスは30日、スペイン人DFアントニオ・バラガン(33)の退団を発表した。

セビージャの下部組織出身である右サイドバックのバラガンは、これまでリバプールやデポルティボ、バジャドリーにバレンシア、ミドルスブラでプレー。2017年夏にミドルスブラからレンタルでベティスに加入し、ベティスでは在籍3年で公式戦69試合に出場して9アシストを記録していた。今季はラ・リーガ12試合の出場に留まっていた。

なお、バラガンの新天地には昇格組のカディスが挙げられている。
コメント
関連ニュース
thumb

ベティス、FWロレン・モロンのコロナ感染を発表

ベティスは11日、スペイン人FWロレン・モロンの新型コロナウイルス感染を発表した。 ベティスでは12日から新シーズンに向けて始動するため、11日にコロナ検査が行われていた。ロレンは自宅に隔離され、プロトコルに従って復帰することになる。 ロレンは2019-20シーズン、ラ・リーガで10ゴールを挙げる活躍を見せていた。 スペインでは同日、アラベスや2部に降格したマジョルカやエスパニョールなどでもコロナ陽性反応を示す関係者が出ており、感染拡大が止まらない状況にある。 2020.08.12 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

セバージョスは古巣復帰希望か? ベティスユニ着用のインスタにアーセナルファンざわつく…

スペイン代表MFダニ・セバージョス(24)は、やはり古巣ベティスへの帰還を希望しているようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 セバージョスは昨夏、レアル・マドリーからのレンタル移籍でアーセナルに加入。公式戦37試合で2ゴール2アシストを記録し、FAカップ優勝に貢献した。 とりわけ、リーグ再開後は攻守両面でハイパフォーマンスを披露しており、ミケル・アルテタ監督からの信頼は厚い。そのため、アーセナルはレンタル期間延長、完全移籍での買い取りを希望しているが、現時点でクラブ間の交渉に目立った動きはない。 一方、セバージョスはジネディーヌ・ジダン監督の構想外と見られるマドリー復帰の可能性は低く、今夏に新天地を求める可能性が高い。ここまではアーセナル残留に加え、バレンシアやベティス行きの可能性が伝えられている。 そういった中、先日にセバージョスはスペイン『El Partidazo de COPE』で古巣ベティスへの帰還を希望する趣旨のコメントを残していた。 「ベティスに対する大きな愛を持っているよ。クラブで働くすべての人に対してもね」 「そして、彼らも僕からの愛情を知ってくれているし、僕らはシーズンを通して連絡を取り合っているんだ。ベティスは僕にとって大きな意味を持つクラブなんだ」 さらに、セバージョスは10日、自身の公式『インスタグラム』のストーリーに古巣復帰願望を示唆する投稿を行った。現在、休暇中のセバージョスは友人とボードゲームの『パチーシ』に興じている様子を映した短い動画を投稿したが、そこには古巣ベティスのユニフォームを堂々と着用している姿が映されていた。 今回のユニフォーム着用に関してセバージョス側に何らかの意図があったかは不明だが、同選手の残留を望むアーセナルファンがざわつく結果に…。 <div id="cws_ad">◆古巣復帰願望を示唆?<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Nuevo guiño de Dani Ceballos en su instagram, jugando al parchís con los colegas y con su camiseta del Betis puesta, de verdad que más no se puede hacer ya... <a href="https://t.co/l0wxku1gxL">pic.twitter.com/l0wxku1gxL</a></p>&mdash; Alejandro (@Alejand1907Rbb) <a href="https://twitter.com/Alejand1907Rbb/status/1292973076016009216?ref_src=twsrc%5Etfw">August 10, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.08.11 16:14 Tue
twitterfacebook
thumb

ベティス、ペジェグリーニ新監督に中国行き浮上? 後任にJ・クライフの名前

ベティスに早くも監督交代の動きがあるようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 アレクシス・トゥルヒージョ暫定監督の下で今シーズンを15位で終えたベティス。失望のシーズンを送ったものの、来季に向けては百戦錬磨のマヌエル・ペジェグリーニ監督(66)の新指揮官招へいが、アナウンスされており明るい見通しが立っていた。 しかし、スペイン『Radio Nacional』が伝えるところによれば、ペジェグリーニ監督には現在、中国方面から巨額のオファーが届いており、チリ人指揮官はベティスを一度も率いることなく、退団する可能性が出てきているという。 なお、ペジェグリーニ監督は2016年から2018年にかけて中国スーパーリーグの河北華夏を率いた経験がある。 一方、ベティスの新スポーツ・ディレクターに就任したアントニオ・コルドン氏は、ビジャレアル時代にも共闘したペジェグリーニ監督が退団する場合に備えて、すでに後任をリストアップしているという。 その有力な後任候補は、サッカー界のレジェンドである故ヨハン・クライフ氏の息子として知られるジョルディ・クライフ氏(45) だという。 同氏は今年1月にエクアドル代表監督に就任も、新型コロナウイルスなどの影響で試合中止が重なり、一度も指揮を執ることなく今月半ばに退任を発表していた。 なお、前述のコルドン氏は、クライフ氏と同期間にエクアドル代表のディレクター職を務めていた。 2020.07.31 14:29 Fri
twitterfacebook
thumb

久保建英にベティスも興味? 来季はどこでプレー?

スペインでの1年目を終えたマジョルカの日本代表MF久保建英。チームを降格の危機から救うことはできなかったが、スペインでの評価は上がっている。 レアル・マドリーへ復帰する久保だが、2020-21シーズンは再びレンタル移籍で武者修行を積むことが濃厚となっている。そんな中、新たなクラブが獲得に名乗りを挙げたようだ。 <div id="cws_ad">◆バルサ下部組織時代の久保建英の超絶プレー!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4bmRuU1l5ZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 久保は、レアル・ソシエダへの移籍が濃厚と見られる中、スペイン『ElDesmarque Sevilla』によるとレアル・ベティスが獲得を目指しているようだ。 豊富な資金を要しないベティスは、マドリーに所属する選手をレンタル移籍で獲得したい見込みとのこと。そこで名前が挙がっているのが、スペイン人MFオスカル・ロドリゲス(22)と久保のようだ。 オスカル・ロドリゲスは、2019-20シーズンはレガネスへレンタル移籍。ラ・リーガで30試合に出場し9ゴール2アシストを記録したが、チームは最終節で2部に降格していた。 オスカル・ロドリゲスに関しては、ビジャレアル行きが近づいているとのこと。さらに1500〜2000万ユーロ()の移籍金がかかるため、ベティスは支払うことが不可能に。そのため、久保にターゲットを絞っているようだ。 久保は、マドリーが買い取りオプションをつけないレンタル移籍を望んでおり、ベティスにとっても手を出しやすいとのこと。マジョルカではラ・リーガで35試合4ゴール5アシストと結果を残しており、戦力として考えられるようだ。 ベティスは、MF乾貴士(エイバル)が2018-2019シーズンに1年間在籍した過去があり、女子チームでは元なでしこジャパンのGK山根恵里奈も2017年から2019年まで在籍したことがある。 2020.07.23 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ベティス、長身MFエドガル・ゴンサレスと2023年まで契約延長

ベティスは21日、スペイン人MFエドガル・ゴンサレス(23)と2023年6月まで契約を延長したことを発表した。 エスパニョールの下部組織で育った193cmと長身のエドガル・ゴンサレスは、2018年夏にベティスに加入。センターバックもこなせるエドガル・ゴンサレスだが、今季は中盤アンカーでプレーし、ラ・リーガ10試合に、コパ・デル・レイ3試合に出場していた。 2020.07.22 00:30 Wed
twitterfacebook