チェルシー行き間近のハフェルツ、EL出場へ…SDが明言

2020.07.30 14:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レバークーゼンのウポーツ・ディレクター(SD)を務めるルディ・フェラー氏が、ドイツ代表MFカイ・ハフェルツがヨーロッパリーグ(EL)に出場することを明らかにした。『Get German Football News』が伝えている。

日に日にチェルシー移籍が現実味を増すハフェルツ。すでに個人合意には達しており、残すは推定8000万ユーロ(約99億円)の移籍金を巡るクラブ間交渉のみとなっている模様だ。

すでに移籍ウィンドウは開き、契約が完了すれば直ちに新チームに合流することが可能だが、ELが控えるレバークーゼンのフェラー氏がハフェルツの参加を明言。決勝トーナメント2回戦で中断しているELは来月5日からドイツでリスタートし、レバークーゼンはレンジャーズと対戦する。

一方でフェラー氏は、ハフェルツに対する具体的なオファーを受けていないと主張。また、いかなる場合でも値下げはしないと、徹底抗戦の構えを示している。
コメント
関連ニュース
thumb

アタッカー補強目論むレバークーゼン、ラザロ争奪戦参戦か!?

レバークーゼンがインテルに所属するオーストリア代表MFヴァレンティーノ・ラザロ(24)の獲得レースに参戦する可能性が浮上した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 昨夏にインテルに加入したラザロだったが、熾烈なレギュラー争いに敗れると出場機会を求め、今冬にニューカッスルへレンタル移籍。ニューカッスルでは、公式戦15試合の出場で2ゴールをマークしたが、買い取りオプションは行使されず、インテルに復帰していた。 今冬に獲得した元イングランド代表MFアシュリー・ヤングや元ナイジェリア代表FWビクター・モーゼスの活躍により新シーズンも構想外とみなされているラザロには、RBザルツブルクで一度指導を受けたマルコ・ローゼ監督率いるボルシアMGやRBライプツィヒが獲得に関心を示しているとされている。 そんな中、『ビルド』は新たにレバークーゼンも獲得レースに名乗りを挙げたと伝えた。同紙によれば、買取オプション付きのレンタル移籍での獲得を目指すボルシアMG、ライプツィヒに対し、完全移籍での獲得を目指すレバークーゼンは、チェルシーへの移籍が噂されるドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(21)の移籍が完了次第、インテルが求める2000万ユーロ(約25億円)の移籍金を準備するとのことだ。 2020.08.14 00:40 Fri
twitterfacebook
thumb

元ドイツ代表の快足WGベララビがレバークーゼンと2023年まで契約延長

レバークーゼンは13日、元ドイツ代表MFカリム・ベララビ(30)との契約延長を発表した。新契約は2年間となり、2023年6月30日までとなる。 ベララビは、2011年7月にブラウンシュヴァイクからフリートランスファーで加入。2013年8月から1年間レンタル移籍を経験するも、その後はレバークーゼンでプレーを続けている。 右ウイングを主戦場に、攻撃的なポジションであればどこでもこなせるベララビは、レバークーゼンで公式戦通算229試合50ゴール59アシストを記録。2019-20シーズンはブンデスリーガで26試合に出場し4ゴール8アシスト。公式戦では39試合で6ゴール12アシストを記録していた。 チームメイトでもあったスポーツ・ディレクター(SD)を務めるシモン・ロルフェス氏は、「彼は非常にスピードがあり、熟練した技術でチームのために働く。そしてゴールに対して危険な存在だ。長年にわたりカリムは常にチームのトップスコアラーの1人だった。彼と契約を更新することは我々にとってとても重要だった」とコメントしている。 また、ベララビは今回の契約延長に関して「僕が契約延長ができたということは、信頼にも関係しているし、いつも僕はクラブに尽くしてきた。これからも目標達成に貢献していきたいと思う」とコメントしている。 2020.08.13 21:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘラクレス、チェルシーが狙うMFハフェルツの加入を発表? 元指揮官の期待に応える

チェルシーが獲得を目指しているレバークーゼンのドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(21)の新天地が決定したと話題だ。 移籍金9000万ポンド(約125億円)とも言われ、高額な取引となることが予想されているハフェルツだが、チェルシーとレバークーゼンの間での交渉はあまり進んでいない。 そんな中、エールディビジのヘラクレス・アルメロがユニフォームを着用したハフェルツの写真を公式ツイッターに投稿。「ようこそ、カイ」と添えられていた。 チェルシー行きが急転、ヘラクレスへと思われたが、これはヘラクレスがジョークに応えたもの。レバークーゼンのピーター・ボス監督のコメントを受けたアンサーだった。 レバークーゼンは、10日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝のインテル戦で2-1と敗戦。これでEL敗退となり、シーズンを終えていた。 その試合後、ボス監督がハフェルツの将来について質問を受けた際に「ヘラクレス・アルメロでプレーすることを独占的に発表する」とジョーク。自身がかつて指揮を執ったヘラクレス行きを口にしていた。 その発言を受け、ヘラクレスが応えたもの。実際に移籍するわけではなく、冗談に乗っかったというわけだ。 ハフェルツは敗れたインテル戦でもゴールを記録。これがレバークーゼンでの最後の試合になってしまうのだろうか。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Welkom Kai<br><br><a href="https://twitter.com/hashtag/AnnounceHavertz?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AnnounceHavertz</a> <a href="https://t.co/NcCQIKqJhk">pic.twitter.com/NcCQIKqJhk</a></p>&mdash; Heracles Almelo (@HeraclesAlmelo) <a href="https://twitter.com/HeraclesAlmelo/status/1293080474907271171?ref_src=twsrc%5Etfw">August 11, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.08.12 10:50 Wed
twitterfacebook
thumb

美技弾のバレッラ、EL4強入りを喜ぶ 「チーム力を示せた」

インテルのイタリア代表MFニコロ・バレッラがヨーロッパリーグ(EL)準決勝進出に喜びの心境を語った。 インテルは10日に中立地ドイツで行われたEL準決勝でレバークーゼンと対戦して、2-1の白星。チャンピオンズリーグ(CL)を制した2009-10シーズン以来となる欧州でのベスト4入りを成し遂げた。 フル出場のバレッラは15分に味方が放ったシュートの跳ね返りをバイタルエリア中央で回収すると、右足アウトサイドでのフィニッシュをゴール左下に決め、チームに先制点をもたらした。 バレッラは試合後、イタリア『スカイ』で「今日は『団結したチームじゃない』と言う人々に対して、素晴らしいチームであり、ボールを持って戦えるのを証明できたと思う」と述べ、満足感を示した。 「(VAR判定によるPKの取り消しを)気にせず、結果を出して、準決勝に勝ち上がることができた。もっと試合を早く終わらせて、休養に充てられたかもしれないが、レバークーゼンはすごく強いチームで。苦しめられた。でも、今日の僕らはチーム力を示せた。このまま決勝まで辿り着きたい」 なお、インテルは17日に行われる準決勝で、シャフタール・ドネツクvsバーゼルの勝者と対戦する。 2020.08.11 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

EL4強進出のコンテ、ルカクの活躍は「チーム全体の支えがあってこそ」

インテルのアントニオ・コンテ監督がヨーロッパリーグ(EL)準決勝進出に尽力した選手を労い、主砲としての役割を全うしたベルギー代表FWロメル・ルカクにも言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは10日に中立地ドイツで行われた準々決勝でレバークーゼンと激突。2点リードした展開から1点を返され、反撃を許したものの、それ以上の追撃を許さず、ベスト4に駒を進めた。 今季ブンデスリーガを5位でフィニッシュしたドイツの強豪を退け、タイトルに一歩前進したコンテ監督は試合後、内容と結果に満足感を示すとともに、選手たちに賛辞を贈った。 「我々の誰もが本当にハッピーだ。素晴らしいパフォーマンスぶりだったからだ。この試合に向けて正しい準備をして、レバークーゼンのプレーを止めた。ポゼッションにおいても我々の取り組みを実行できたと思う」 「結果は僅差で、もっとリラックスした試合にできたはずだが、決して防戦一方というわけじゃなかった。選手たちを褒めることしかできない。ビッグシーズンを経験しているのを示してくれたのだからね」 「今は準決勝を戦うチャンスを手にしたのを素直に喜ぶべきだ。次の試合は明日から考える。悔いなく、最大限を目指したいからね」 そう語ると、次にチーム2得点目を挙げて勝利に大きく貢献したエースのルカクに関する質問にも応じてみせ、「チーム全体の支えがあってこそ」だと述べ、グループの重要性を強調した。 「あれだけ全員が素晴らしいパフォーマンスを披露してくれたのだから、個人を語るのは難しいものだ。ロメルは素晴らしいシーズンを送っているが、それはチーム全体の支えがあってこそ。全体が良いプレーをすれば、個人レベルでも良いパフォーマンスを出せるようになる」 「ルカク、ラウタロ(・マルティネス)、(アレクシス・)サンチェスのようなストライカーの存在は重要だが、彼らもチームに感謝の気持ちを持たなければ。グループが個人のベストを引き出すものなのだからね」 2020.08.11 11:45 Tue
twitterfacebook