元ドイツ代表FWワグナーが個人的な理由で天津泰達を退団、昨季はバイエルンでプレー

2020.07.27 22:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
中国スーパーリーグの天津泰達は24日、元ドイツ代表FWサンドロ・ワグナー(32)との契約解除を発表した。

ワグナーは、バイエルンの下部組織出身で2007年7月にファーストチームへ昇格。しかし、結果を残せずに1年で退団しデュイスブルクへと完全移籍した。

◆ワグナー、バイエルンでのゴール集!

その後は、ブレーメンやカイザースラウテルン、ヘルタ・ベルリン、ダルムシュタット、ホッフェンハイムと多くのクラブを渡り歩いた。

2016-17シーズンにはホッフェンハイムでブンデスリーガ31試合で11ゴール4アシストを記録。翌シーズンもホッフェンハイムでプレーしていると、2018年1月に突如古巣のバイエルンへと復帰。しかし、2019年1月に天津泰達へと完全移籍していた。

中国スーパーリーグでは26試合に出場し12ゴール2アシストを記録するなど結果を残していたが、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けシーズン開幕ができず。先週末にようやく開幕を迎えていた。

天津泰達によると、ワグナーは個人的な理由でチームを退団したとのこと。両者合意の下で契約を解除したとのことだ。

そのワグナーには、ブンデスリーガ復帰を目指すハンブルガーSVが興味を持っているとされている。再びドイツの地でプレーすることになるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

ボローニャ、モントリオール・インパクトからU-18イングランド代表CBを獲得! 今季終了まではモントリオールに残留

ボローニャは13日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のモントリオール・インパクトからU-18イングランド代表DFルイス・ビンクス(18)を完全移籍で獲得した。 なお、2020年12月31日まではレンタル移籍という形でモントリオール・インパクトに残留することになる。 トッテナムのアカデミー出身のビンクスは、足元の技術に長けた184cmの左利きのセンターバック。今年2月にモントリオール・インパクトへ移籍へ移籍すると、今シーズンはここまで公式戦8試合試合に出場していた。 また、イングランドの年代別代表の常連である同選手は現在、U-18代表の主力としてプレーしており、将来のA代表候補として期待されている。 2020.08.14 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ロコモティフ・モスクワ、かつてチェルシーに所属した元セルビア代表DFライコビッチを獲得

ロコモティフ・モスクワは13日、ペルージャから元セルビア代表DFスロボダン・ライコビッチ(31)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月30日までとなる。 母国セルビアのOFKベオグラードでプロデビューしたライコビッチは、2007年にチェルシーへ移籍した経歴を持つ191cmのセンターバック。しかし、チェルシーでは出場機会がなく、PSVやトゥベンテ、フィテッセ、ハンブルガーSV、ダルムシュタットでのプレーを経て、2016年の夏に当時セリエAに所属していたパレルモに完全移籍。 パレルモ加入後は、ケガに悩まされながらも在籍3年間で公式戦53試合に出場し5ゴール1アシストを記録。しかし、2018-19シーズンにクラブの財務不正の発覚によりセリエC(イタリア3部)へ降格すると、2019年に双方の合意のもとで契約を解除した。 その後、半年間フリーの状態が続いたが、2020年1月にペルージャに加入。今シーズンはセリエBで12試合に出場していた。また、19歳でデビューしたセルビア代表では、これまで19試合に出場している。 2020.08.14 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

リバウドの息子・リバウジーニョがポーランド最古のクラブ、クラコヴィアと3年契約

ポーランドのクラコヴィアは、ルーマニアのヴィトルルからブラジル人FWリバウジーニョ(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は3年間で1年間の延長オプションがついている。 クラコヴィアはポーランドで最も古いサッカークラブとして知られており、エクストラクラサ(ポーランド1部)に所属している。 リバウジーニョは、バルセロナやミランでもプレーした元ブラジル代表FWリバウド氏の息子。ブラジルのモジミリンでキャリアをスタートさせると、ポルトガルのボアヴィスタやインテルナシオナルのBチームなどでプレーした。 2017年2月にディナモ・ブカレストへ移籍しヨーロッパに活躍の場を移すと、レフスキ・ソフィア、ヴィトルルでプレーしていた。 キャリアを通じては、リーガ1(ルーマニア1部)で40試合に出場し9ゴール4アシストを記録。2019-20シーズンは16試合で6ゴール4アシストを記録していた。 2020.08.13 22:35 Thu
twitterfacebook
thumb

移籍金は約7億円、ウェストハム加入1年でスイス代表FWアイエティがセルティックに完全移籍

セルティックは13日、ウェストハムのスイス代表FWアルビアン・アイエティ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年間となる。 アイエティは、バーゼルのユース出身で2015年1月にファーストチームへ昇格。その後は、アウグスブルクやザンクト・ガレンでプレー。2017年10月にバーゼルへ復帰すると、2019年8月にウェストハムへ完全移籍していた。 ウェストハムではプレミアリーグで9試合の出場にとどまり、公式戦でも14試合で1ゴールと結果を残せていなかった。 バーゼル時代には2017-18シーズンで17ゴールを記録し、スイス・スーパーリーグの得点王になった実力者。バーゼルでは公式戦96試合で43ゴール21アシストを記録していた。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、移籍金はおよそ500万ポンド(約7億円)とのことだ。 2020.08.13 22:20 Thu
twitterfacebook
thumb

元ドイツ代表の快足WGベララビがレバークーゼンと2023年まで契約延長

レバークーゼンは13日、元ドイツ代表MFカリム・ベララビ(30)との契約延長を発表した。新契約は2年間となり、2023年6月30日までとなる。 ベララビは、2011年7月にブラウンシュヴァイクからフリートランスファーで加入。2013年8月から1年間レンタル移籍を経験するも、その後はレバークーゼンでプレーを続けている。 右ウイングを主戦場に、攻撃的なポジションであればどこでもこなせるベララビは、レバークーゼンで公式戦通算229試合50ゴール59アシストを記録。2019-20シーズンはブンデスリーガで26試合に出場し4ゴール8アシスト。公式戦では39試合で6ゴール12アシストを記録していた。 チームメイトでもあったスポーツ・ディレクター(SD)を務めるシモン・ロルフェス氏は、「彼は非常にスピードがあり、熟練した技術でチームのために働く。そしてゴールに対して危険な存在だ。長年にわたりカリムは常にチームのトップスコアラーの1人だった。彼と契約を更新することは我々にとってとても重要だった」とコメントしている。 また、ベララビは今回の契約延長に関して「僕が契約延長ができたということは、信頼にも関係しているし、いつも僕はクラブに尽くしてきた。これからも目標達成に貢献していきたいと思う」とコメントしている。 2020.08.13 21:40 Thu
twitterfacebook