チェルシーがCL出場権獲得! 敗れたウルブズは7位転落《プレミアリーグ》

2020.07.27 02:03 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ最終節が26日に行われ、チェルシーは2-0でウォルバーハンプトンに勝利した。いよいよ最終節を迎えたプレミアリーグ。リバプールの優勝は早々に決まったものの、チェルシーを含むチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いは最後までもつれることになった。

前節のチェルシーは引き分け以上でその資格を得られる状況にいたが、ホーム最終戦だった新王者リバプールに前半だけで3点のリードを許す厳しい展開を強いられると、後半に3点を奪うものの、最終的に3-5で敗れた。

そして、今節は引き分け以上でCL出場圏内の4位以内が確定する中、裏では3位マンチェスター・ユナイテッドと5位レスター・シティが激突。こちらの結果次第で自動的にCL出場権を得られるが、スッキリと勝利で決めたいところだ。

ホームのチェルシーは公式戦3試合連続で3バックを採用。2年連続でのヨーロッパリーグ(EL)出場を目指すウルブズとミラーゲームとなった中、押し気味に試合を進めるチェルシーはプリシッチやジルーにボールを集めて糸口を探っていく。

しかし、ウィリアンを欠いた前線はなかなか攻撃の形を作ることが出来ない。上手くシュートまで繋がったのは39分のこと。右サイドの深い位置でパスを受けたマウントのクロスをジルーが頭で合わせたが、枠を捉えることは出来なかった。

このまま無得点で終わるかに思われた前半アディショナルタイムに試合は大きく動く。ボックス手前の絶好の位置でFKを得たチェルシーは、名手マルコス・アロンソをおとりにマウントが左隅に見事なシュートを沈めて先制に成功。

さらにその3分後、相手のFKを跳ね返しカウンターに転じると、プリシッチが持ち上がり、マウントがジルーへスルーパス。ワンタッチでGKを躱したジルーは、コーディに体を寄せられながらも強引に押し込んで追加点をもたらした。

ウルブズは後半からペドロ・ネトを下げてアダマ・トラオレを投入。59分には3枚替えを敢行し打開を図る。

しかし、チェルシーは前半から素早い守備を続け、相手にペースを握らせない。シュート数は増えないものの、何度かゴール前に迫るシーンも演出しており、危なげない試合運びを見せる。

終盤にはしっかり5枚の交代枠を使い、チームをリフレッシュさせながら試合をクローズ。前半のゴールを守り切ったチェルシーが2-0で勝利し、自力でCL出場権を勝ち取った。

一方、EL出場権に関しては、クリスタル・パレスと引き分けたトッテナムがウルブズを抜き6位に浮上。マンチェスター・シティがEFLカップを制覇したことで6位に繰り下げられたEL出場権はトッテナムが手にすることになった。また、5位にはユナイテッドとの直接対決に敗れたレスターが入った。なお、EL出場権はFAカップ優勝クラブにも与えられるが、決勝戦でチェルシーがアーセナルを下して優勝した場合、7位のウルブズにその資格が与えられることになる。
コメント
関連ニュース
thumb

超過密日程のスパーズ、モウリーニョは古巣対戦もEFL杯を捨てる覚悟 「戦いたいが無理」

トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、超過密日程を強いられている中、今シーズンのEFLカップ(カラバオカップ)を捨てる覚悟を持っている。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 トッテナムは昨シーズンのプレミアリーグを6位で終えたことにより、今シーズンのヨーロッパリーグ(EL)で予選3回戦からの参戦を強いられている。そのため、9月13日のプレミアリーグ開幕から10月4日のリーグ第4節マンチェスター・ユナイテッド戦までの約3週間で8試合を戦う超過密日程を強いられている。 今月22日に開催予定だったレイトン・オリエントとのEFLカップ3回戦は対戦相手に多数の新型コロナウイルス陽性反応者が出たことで、試合当日に中止となり、最終的に日程の問題で不戦勝が決定。これにより、29日の4回戦ではチェルシーとのロンドン・ダービーに臨むことになった。 ただ、トッテナムはチェルシー戦のわずか2日後にELグループステージ進出の懸かるマッカビ・ハイファ(イスラエル)戦を控えており、モウリーニョ監督はたとえ古巣対決であっても、あくまで優先順位はマッカビ・ハイファ戦にあると主張。また、日程変更を許可しなかったイングランドフットボールリーグ(EFL)への皮肉交じりにチェルシー戦での主力温存を明言している。 「カラバオ(のタイトル)を目指して戦いたいが、それは無理だと思う。ヨーロッパのグループステージでは、我々のようなクラブにとっては重要な金額が得られる」 「(メンバーのローテーションに関して)EFLが我々のために決断してくれた。彼らは我々に問題を起こすことなく、我々のために決断してくれた」 また、パフォーマンスは上々も物議を醸すハンドによるPK判定でニューカッスル戦を1-1のドローで終えたトッテナムに対し、チェルシーは前半に3失点を喫する振るわないパフォーマンスでWBA相手に3-3のドローに終わっていた。そのプレミアリーグの結果を受け、トッテナムが優位との指摘を受けたモウリーニョ監督は、再び日程面の不利を訴えてその指摘を否定している。 「それはジョークなのか、それとも本気なのか? チェルシーは土曜日にプレーし、彼らには日曜日、月曜日と準備期間がある。そして、火曜日に試合をして、週末にまた試合をする」 「したがって、彼らの素晴らしいスカッドがあれば、監督がローテーションをしないと決めたとしても、彼は望むプレーヤーを起用し完璧にプレーすることができる」 2020.09.29 18:41 Tue
twitterfacebook
thumb

ランパード、スパーズとのEFLカップに言及! ロフタス=チークのレンタル移籍も示唆

チェルシーを率いるフランク・ランパード監督が、EFLカップ(カラバオカップ)4回戦のトッテナム戦に向けた公式会見に出席した。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 チェルシーは、先週行われたバーンズリーとの前ラウンドを6-0で圧勝し、4回戦に駒を進めた。そして、29日に行われる4回戦では、新型コロナウイルスの陽性反応者を複数出したレイトン・オリエントとの一戦を不戦勝という形で勝ち上がったトッテナムとのロンドン・ダービーに臨む。 敵地でのダービーに向けた公式会見の場でランパード監督は、3-3のドローに終わったプレミアリーグのWBA戦を振り返っている。 「(WBA戦のドローについて)明らかな個人のミスがあった。それを隠すことはできない。各自がそれを認めているし、我々はそれを受け止める必要がある。あの状況(試合終了間際)から1点を取れたのは良かったが、もちろんもっとほしかった」 「この前の試合が我々の実情を表したものではないと思うし、まだ参加していないプレーヤーもいるし、今後懸命に努力を続けていけば、間違いなく向上していくはずだ。それに、どんなプレミアリーグのチームにも課題はあるものだ」 また、最新のチームニュース、対戦相手のトッテナムについても言及。先週に加入が決定したセネガル代表GKエドゥアール・メンディのメンバー入りを認めている。 「メンディとチルウェルは明日のスカッドに入る。ツィエクとプリシッチの復帰は遠くないが、現時点では2人とも時期尚早だ。メンディに関してはチームによく馴染んでいるし、良いゴールキーパーだ」 「(スパーズについて)スパーズにとって非常に忙しい時期だということは理解している。しかし、彼らのスカッドをよく知っているし、彼らは素晴らしいスカッドを持っている。たとえ彼らがどんなチームで臨んできたとしても、非常に強いチームになるはずだ」 「(不戦勝での勝ち上がりに関して)個人的にレイトン・オリエントに同情しているが、残念ながら現状を考えれば、もし再延期となっていた場合、試合をする時間がなかったはずだ」 さらに、移籍市場閉幕まで約1週間となった中、退団が噂されるドイツ代表DFリュディガー、スペイン代表GKケパ・アリサバラガについて言及。両者の退団の可能性を否定した一方、イングランド代表MFルベン・ロフタス=チークに関してはレンタル移籍の可能性を認めている。 「ルベンとは非常にオープンな関係だし、先週も何度か話をした。今はリラックスしているが、ルベンにとって最善の道を見つけたいし、我々にとっても最善の道を見つけたいと思っている」 「我々は彼がチームに何をもたらしてくれるかを理解しているが、彼が試合に出ることを優先していることも理解している。そこに関して次の一週間で何をするかという部分で微妙なバランスだ。とにかく、我々は正しいと思うことをするつもりだ」 2020.09.29 17:48 Tue
twitterfacebook
thumb

ほろ苦デビューのT・シウバが詫びる 「やらかしてしまったミスの責任を負う」

チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバが謝罪した。 T・シウバは昨季限りでパリ・サンジェルマン(PSG)と契約切れとなり、今季からチェルシーでプレー。26日に敵地で行われたプレミアリーグ第3節のWBA戦(3-3のドロー)にセンターバックの一角で先発入りしただけでなく、キャプテンマークも託され、待望のプレミアリーグデビューを果たした。 しかし、1点を追う25分、自陣で味方とパス交換の際にボールをコントロールし損ねると、相手選手にかっさらわれ、2失点目に直結。チェルシーが昨季を通じて露呈した脆い守りの再建役として期待されたT・シウバだが、初挑戦となるイングランドでの第一歩はほろ苦いものとなってしまった。 粗末なデビュー戦に様々な方面から厳しい意見が集まるなか、T・シウバは自らのインスタグラム(thiagosilva)を更新。失態を詫び、今後の活躍を誓った。 「不幸にも努力が期待どおりの形で報われない日がある。動揺しているが、これまでどおり、僕がやらかしてしまったミスの責任を負いたい。難しいかもしれないが、乗り越えて、前に進む必要がある。チェルシーに加入してからずっとサポートしてくれるチームメイトやスタッフ全員に感謝したい。そうしたサポートに心から感謝している。僕はみんなに約束する。この先の試合で、僕が持つすべてのエネルギーとコミットメントを注ぐことを」 2020.09.29 15:55 Tue
twitterfacebook
thumb

イングランド注目のアタッカー、バークリーが決めたチェルシー初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はイングランド代表MFロス・バークリーがチェルシーで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆セットプレーから生まれたバークリーのチェルシー初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJvQ1RaN0R1WCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> エバートンでプロデビューを飾り、若くしてブレイクを果たしたバークリーは、2018年1月にチェルシーに加入。中々本領発揮とはいかないものの、タレント豊富なチェルシーの中でも中盤で存在感を示している。 バークリーは、ここまで公式戦86試合11ゴール11アシストを記録しているが、その記念すべき初ゴールは、2018年10月7日に行われたプレミアリーグ第8節のサウサンプトン戦で決めたゴールだった。 チェルシーが前半に先制し、1-0とリードで迎えた57分、敵陣中央でチェルシーがFKのチャンスを得る。 キッカーのMFウィリアンが、柔らかいボールをゴール右に出すと、FWオリヴィエ・ジルーが、バイシクルキックでクロス。素早いボールにバークリーが中央で合わせ、見事なチェルシー初ゴールとなった。 チェルシーはこの後も1点を加え、3-0で快勝している。 2020.09.28 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ファイナルサードでの華麗なパス回し!チェルシー時代のマタがユナイテッド戦で決めた連携ゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・ユナイテッドに所属する元スペイン代表MFフアン・マタがチェルシー時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆チェルシー時代のマタがユナイテッド戦で決めたゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJwTXpoa0VXbCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バレンシアでブレイクを果たしたマタは、2011年にチェルシーに加入。中盤の司令塔として初シーズンから目覚ましい活躍を見せ、クラブをチャンピオンズリーグ(CL)優勝に導くなど、活躍を見せた。 創造性あふれるプレーでチェルシーの攻撃陣を牽引したマタだが、2013年5月5日に行われた、プレミアリーグ第36節のマンチェスター・ユナイテッド戦では、見事なパスワークからゴールを決めている。 試合がなかなか動かず、0-0のまま迎えた87分、センターサークル付近で相手からボールを奪ったマタは、MFラミレスにダイレクトでボールを送り、ショートカウンターを始めてそのまま前線に駆け上がる。 ボックス手前までラミレスがドリブルで進むと、相手を引きつけた上で後方のMFオスカルに落とす。これをオスカルがボックス左でフリーになっていたマタにパスを出すと、受けたマタが狙いすましたシュートをゴール左ポストギリギリのコースに決め、待望の先制ゴールを決めた。 終盤でのマタの得点でリードを奪ったチェルシーが、そのまま1-0で勝利している。 2020.09.27 21:00 Sun
twitterfacebook