5カ月遅れで中国スーパーリーグが開幕!王者・広州恒大が2発完勝で白星発進!!《中国スーパーリーグ》

2020.07.26 02:32 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
25日、中国スーパーリーグが開幕。広州恒大vs上海申花の試合が行われた。

2月22日に開幕予定だった中国スーパーリーグだが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、無期限延期を決断。7月1日に中国サッカー連盟が25日に開幕することを発表していた。

アジアでは5月上旬に韓国のKリーグ1が再開。日本の明治安田生命J1リーグも7月4日から再開しており、中国スーパーリーグもその流れに続くこととなった。

昨シーズンのリーグ戦王者である広州恒大と中国FAカップ王者の上海申花による開幕戦。試合は開始早々の7分にパウリーニョのパスをボックス左横で受けたウェイ・シーハオがカットインからゴール右隅にシュートを突き刺し、広州恒大が先制した。

後半に入り上海申花は、55分に元コロンビア代表FWジョバンニ・モレーノを、64分には元ナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンスを投入し攻撃の活性化を図る。

しかし、再びスコアを動かしたのは広州恒大。65分、右サイドを抜け出したヤン・リーユーがボックス右から侵入。相手GKを引きつけ折り返しを入れると、逆サイドのウェイ・シーハオが無人のゴールへ流し込んだ。

結局、試合はそのまま2-0で終了。連覇を目指す広州恒大が白星スタートを切った。

広州恒大 2-0 上海申花
【広州恒大】
ウェイ・シーハオ(前7)
ウェイ・シーハオ(後20)
コメント
関連ニュース
thumb

イガロのキープに成功したユナイテッド、契約内容が明らかに!

マンチェスター・ユナイテッド残留が決定したナイジェリア代表FWオディオン・イガロ(30)の契約内容が判明した。 イガロは今年1月、上海申花から今季いっぱいのレンタルでユナイテッド入りすると、公式戦8試合に出場して4得点1アシストの活躍を披露。同じタイミングでスポルティング・リスボンから加入したポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスとともに、チームがその間に続ける公式戦11戦無敗の原動力として存在感を示している。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSeEl6VmZvTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 負傷欠場が続いたイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードの穴埋め役として、加入当初からしっかりと機能してみせるイガロだが、レンタル契約は5月末まで。ユナイテッドは上海申花側との交渉難航が指摘され、途中退団も熱を帯びたが、1日に2021年1月末までのレンタル契約延長合意を正式発表した。 イギリス『デイリー・メール』によると、ユナイテッドは追加のレンタル料として600万ポンド(約8億円)を支払い、週給も上海申花で受け取る30万ポンド(約4000万円)の約三分の一となる13万ポンド(約1700万円)を負担し続ける条件で、交渉をまとめ上げた模様だ。 なお、イガロは上海申花から新たに週給40万ポンド(約5300万円)の給与アップを含む契約延長の打診も受けたが、子供時代からの憧れだったユナイテッドでのプレー続行を希望したとのこと。6月17日から再開予定のプレミアリーグでさらなる活躍に期待したいところだ。 2020.06.02 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、FWイガロのレンタル期間延長で上海申花と合意…2021年1月末まで

マンチェスター・ユナイテッドは1日、上海申花からレンタル移籍中のナイジェリア代表FWオディオン・イガロ(30)の期間延長で合意したことを発表した。 イガロは、今年1月の移籍市場で移籍最終日に上海申花からレンタル移籍で加入。プレミアリーグで4試合に出場、ヨーロッパリーグでは3試合に出場し2ゴール1アシスト、FAカップでは1試合に出場し2ゴールを記録していた。 当初こそ懐疑的な目で見られていたイガロだが、徐々にフィット。しかし、ここからというタイミングで新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてプレミアリーグが中断していた。 イガロのレンタル期間は5月31日までとなっており、延期しているプレミアリーグの再開後はプレーできない状況となっていたが、ユナイテッドは2021年1月末までの契約延長で上海申花と合意したとのことだ。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、イガロは上海申花の契約は2022年12月までとなっているものの、上海申花とは新たに2024年12月までの契約を延長する予定とのこと。週給40万ポンド(約5300万円)の契約になるようだ。 上海申花は買取義務付き以外のレンタル移籍を認めないスタンスで、2000万ポンド(約26億6400万円)以上がかかると見られていたが、ユナイテッドはどうやら回避することができたようだ。 なお、その背景には6月に再開予定となっている中国スーパーリーグだが、海外との移動制限があるため、中国に戻れない可能性があるため、ユナイテッドに残ることを許可したようだ。 2020.06.01 19:38 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、イガロのキープは26億円での買い取りマストか

マンチェスター・ユナイテッドがナイジェリア代表FWオディオン・イガロのキープをかけた戦いに直面している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 今冬の移籍市場で上海申花からの半年レンタルでユナイテッド入りを果たしたイガロ。公式戦8試合に出場して4ゴールを挙げ、加入当時のネガティブな声を見事に一蹴してみせている。 しかし、新型コロナウイルスの影響による今季のスケジュール先延ばしがイガロのユナイテッドでのキャリアをも難しくさせてしまっているようだ。 イガロのレンタル期間は6月末まで。プレミアリーグは6月中の再開を目指している状況であり、このままだと今季途中でユナイテッドを去ることになる。 ユナイテッドは今季終了までイガロをとどめたがっているが、保有権を持つ上海申花は買い取らない限り、7月の中国スーパーリーグ開幕に合わせてレンタルバックを求めるという。 その要求額は移籍金2000万ポンド(約26億5000万円)以上。ニューカッスルもサウジアラビアのファンドによる買収が完了次第、イガロの獲得に乗り出す可能性がある模様だ。 先日、イギリス『BBC』で今季いっぱいをユナイテッドで過ごしたい意向を示したイガロだが、果たして…。 2020.05.11 10:10 Mon
twitterfacebook
thumb

エル・シャーラウィ、今冬にローマ復帰へ近づいていたことを明かす

上海申花に所属するイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(27)が、ローマ復帰の可能性があったことを明かした。『GOAL』が伝えている。 ローマで公式戦139試合40ゴール25アシストという成績を持ちながらも、昨年7月に中国スーパーリーグの上海申花に完全移籍したエル・シャーラウィ。シーズン途中の加入で13試合4ゴール2アシストの結果を出したものの、その実、フル出場は国内カップ戦2試合を含む4試合のみだった。 それでもイタリア代表を率いるロベルト・マンチーニ監督からはコンスタントに招集がかかっており、今夏に開催予定だったユーロ2020に向けて、1月の欧州復帰を考慮していたという。 今月3日、エル・シャーラウィは元イタリア代表ファビオ・カンナバーロ氏のインスタグラムでのライブチャットに参加して「イタリアに戻る可能性があった」と話している。 「(新型コロナ)ウイルスが蔓延し始めていた頃、僕は上海申花にイタリア代表に選ばれるために、僕はもっと試合に出る必要があると話したんだ」 「中国へ移籍したにもかかわらず、マンチーニ監督は僕をイタリア代表の候補に入れてくれていた。だからレギュラーでプレーできるクラブに移籍したかったんだけど、何も起こらなかった」 「2つのクラブからコンタクトがあったよ。その1つがローマだった」 2020.05.04 16:35 Mon
twitterfacebook
thumb

中国でプレーするイタリア代表FWエル・シャーラウィ「イタリアが恋しい」…中国国内の現況ついても語る

上海申花のイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(27)がイタリアへの想いと中国国内の現状について語った。 エル・シャーラウィは、ミランやローマなどのクラブで活躍し、セリエA通算195試合で55ゴールを記録。しかし、2019年夏にローマから移籍金1600万ユーロ(約19億円)で上海申花へ移籍し、2022年6月までとなる大型契約を結んでいた。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHWGs0MWtIOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 自身にとって2シーズン目の中国挑戦となるはずだったが、2020年2月に武漢を発生源として新型コロナウイルス(COVID-19)が蔓延。中国スーパーリーグも開幕が延期となっている状況だ。 そんなエル・シャーラウィは、イタリア『スカイ・スポーツ』に対して中国との文化の違いを実感したことなどを語り、イタリアを恋しがっていると明かした。 「僕は、フットボールに関することだけじゃなく、ローマに多くのものを残してきた。(ローマにいたときは)自分が家族の一部のように感じた。イタリアが恋しいよ。全てが恋しい、両親さえも恋しいよ」 「自分の知っているものとは、全く異なる世界に放り込まれたとき、人は多くのものを恋しいと思うものさ」 「幸運なことに、イタリア代表のおかげで僕はイタリアに戻る機会が多くあった。だから連絡は取り続けているよ」 また、中国国内の新型コロナウイルスの状況については、「改善している」とし、回復しつつある中国の状況は「全世界にとって希望のメッセージ」であると主張した。 「状況はかなり良くなっている。(上海は)息を吹き返している都市だし、国全体についてもそうだ。僕たちは上手くやっている。(中国での状況が改善していることは)全世界への希望のメッセージだ」 「今では僕の家からたくさんの人通りを見ることができるし、人々も外出し始めている。これは良い兆候だと思う。一番酷いときには地域が丸ごと閉鎖されていたからね」 「今ではレストランやバーに行くことができるようになっている。これは大きな勝利だと思う」 しかし、リーグの中断については、自身のイタリア代表招集への影響を危惧しているようで、ユーロ2020の来年への延期が決まった今でも、セリエA復帰への意思があることを示唆した。 「状況を加味して、クラブと一緒に解決策を見つけようとしたんだ。1月にリーグの延期が決まったとき、延期がいつまで続くかも分からなかった」 「3月の代表戦もあったし、じっとしていられなかったんだ。チームにとって解決策を探すようにクラブにお願いしたんだ。ユーロへの出場を優先していたからね。僕はプレーしたかったし、中止することは生産的でなかった」 「今僕は上海申花の選手だ。だからチームのために結果を出すことを考えなければならない。(移籍については)今は話せないよ」 2020.03.27 16:15 Fri
twitterfacebook