5カ月遅れで中国スーパーリーグが開幕!王者・広州恒大が2発完勝で白星発進!!《中国スーパーリーグ》

2020.07.26 02:32 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
25日、中国スーパーリーグが開幕。広州恒大vs上海申花の試合が行われた。2月22日に開幕予定だった中国スーパーリーグだが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、無期限延期を決断。7月1日に中国サッカー連盟が25日に開幕することを発表していた。

アジアでは5月上旬に韓国のKリーグ1が再開。日本の明治安田生命J1リーグも7月4日から再開しており、中国スーパーリーグもその流れに続くこととなった。

昨シーズンのリーグ戦王者である広州恒大と中国FAカップ王者の上海申花による開幕戦。試合は開始早々の7分にパウリーニョのパスをボックス左横で受けたウェイ・シーハオがカットインからゴール右隅にシュートを突き刺し、広州恒大が先制した。

後半に入り上海申花は、55分に元コロンビア代表FWジョバンニ・モレーノを、64分には元ナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンスを投入し攻撃の活性化を図る。

しかし、再びスコアを動かしたのは広州恒大。65分、右サイドを抜け出したヤン・リーユーがボックス右から侵入。相手GKを引きつけ折り返しを入れると、逆サイドのウェイ・シーハオが無人のゴールへ流し込んだ。

結局、試合はそのまま2-0で終了。連覇を目指す広州恒大が白星スタートを切った。

広州恒大 2-0 上海申花
【広州恒大】
ウェイ・シーハオ(前7)
ウェイ・シーハオ(後20)
コメント
関連ニュース
thumb

C大阪の守備を支えたDFヨニッチが上海申花へ電撃移籍「セレッソを第二の家として一生忘れません」

セレッソ大阪は21日、クロアチア人DFマテイ・ヨニッチ(29)が中国スーパーリーグの上海申花へ完全移籍することを発表した。 ハイデュク・スプリトなどクロアチア国内クラブでプレーしたのち、韓国の仁川ユナイテッドでプレーしていたヨニッチ。Kリーグでもベストイレブンに2年連続で選ばれると、2017年にC大阪へ完全移籍していた。 C大阪ではヨニッチはディフェンスの軸としてプレー。4シーズン在籍しJ1通算135試合に出場し11得点を記録。出場しなかったのはわずか1試合とC大阪を支え続けていた。 2017年にはリーグカップと天皇杯で優勝。個人でも2020年に優秀選手賞を受賞していた。 「親愛なるセレッソ大阪とファンの皆様、突然のことで皆様を驚かせてしまい申し訳ありません。私のサッカー人生の中でセレッソの一員になれた事は最高な出来事でした」 「皆様が自分を必要としている事は誰よりも分かっていますが、家族と相談し、年齢的にもこれが最後のチャンスと思い、新しい環境で自分を試したい、という決意に至りました。私を必要とし熱心に話をしてくれたセレッソには本当に申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです」 「私はセレッソを第二の家として一生忘れません。今までサポートして下さった選手、スタッフ、サポーターの皆様、本当にありがとうございました。桜の戦士はいつまでも僕の心に居続けます」 2021.01.21 18:32 Thu
twitterfacebook
thumb

蔚山現代が4発快勝で首位通過、上海申花は3位でGS敗退《ACL2020》

3日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループF最終節、上海申花(中国)vs蔚山現代(韓国)が行われ、1-4で蔚山が勝利を収めた。この結果、蔚山のグループ首位通過が決定した。 勝ち点7でグループ3位につける上海申花と勝ち点13でグループ首位の蔚山の一戦。上海申花はFC東京と勝ち点で並んでいる状況であり、勝利して上回りたいところだった。 先手を奪いたい上海申花だったが、蔚山現代が出鼻を挫く。3分、イ・グノが縦パスを入れるとボックス手前中央でチョン・フンソンがダイレクトで叩く。これを受けたパク・チュニンがボックス外から右足一閃。ゴール右隅に鋭いシュートが決まり、蔚山現代が先制に成功する。 立ち上がりに1点のリードを奪われた上海申花だったが、さらに失点を重ねる。24分、中央をドリブルで持ち上がったイ・サンホンが右サイドのチョン・フンソンへ展開。これをダイレクトで前に送ると、走り込んだイ・サンホンがボックス内からシュートを沈め、リードを2点に広げる。 前半で2点のリードを得た蔚山現代。対する上海申花はこのままではグループステージで敗退となってしまうなか、後半に反撃に出る。 60分、敵陣右サイドでボール奪うと、後半から投入されたジョバンニ・モレーノがドリブルで持ち込みボックス内に侵入。そのままゴール付近まで持ち上がると、相手を引きつけ中央へパス。これを飛び込んだビー・シンハオが押し込み、1点を返す。 これで息を吹き返すかに思われた上海申花だが、蔚山現代がゲームをコントロール。73分には、キム・インソンがドリブルで中央を持ち上がりボックス内に侵入。すると、GKリー・シュアイが足をかけて倒してしまい、蔚山現代にPKが与えられる。 このPKを途中出場のビヨルン・ヨハンセンが決めて、蔚山現代はリードを再び2点に。上海申花はさらに圧力をかけて攻撃を仕掛けるが、蔚山現代も最後の部分を許さず得点を与えない。 すると前掛かりになった上海申花の隙を突くとスルーパスに抜け出たヨハンセンが冷静に決めて4点目を奪取。そのまま試合が終了し、蔚山現代が1-4で勝利し首位通過を決めた。なお、パース・グローリーvsFC東京はFC東京が0-1で勝利したためFC東京の2位通過が決定。上海申花は敗退となった。 上海申花 1-4 蔚山現代 【上海申花】 ビー・シンハオ(後15) 【蔚山現代】 パク・チュニン(前3) イ・サンホン(前24) ビヨルン・ヨハンセン(後30[PK]、後45) ◆ACL グループF順位表 1位:蔚山現代 16/5/1/0/+9 2位:FC東京 10/3/1/2/+1 ーーーー決勝トーナメント進出 3位:上海申花 7/2/1/3/-4 4位:パース・グローリー 1/0/1/5/-6 2020.12.03 21:35 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京が前節のリベンジ達成!粘る上海申花を振り切り2位に浮上《ACL2020》

FC東京は27日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループF第4節で上海申花(中国)と対戦し、2-1で勝利した。 24日の前回対戦(0-1で敗戦)から先発メンバーを2人変更した3位FC東京(勝ち点4)は、前節同様[4-3-3]の布陣を採用。最後尾を守る波多野の前に中村拓海、渡辺剛、ジョアン・オマリ、小川を並べ、アンカーに森重を起用。インサイドハーフに東と安部を置き、3トップはディエゴ・オリヴェイラ、永井、レアンドロを並べた。 累積警告によりエムビアを欠く2位上海申花(勝ち点6)に対し、FC東京は開始早々にチャンスを迎える。3分、左サイドを突破したディエゴ・オリベイラがボックス左深くから折り返しを供給。これをゴール右手前の永井が合わせたが、シュートはフォン・シャオティンのブロックに阻まれた。 その後は、ボールを持つ時間の長いFC東京ペースで試合が進むが、激しい守備で応戦する上海申花を前になかなか決定機まで持ち込むことができない。19分には、右サイド高い位置でボールをカットした中村拓のパスからチャンスを作るが、森重が落としを受けたレアンドロのミドルシュートは枠の左に外れた。 FC東京は26分にも、レアンドロの強烈なロングシュートで上海申花ゴールを脅かしたが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 膠着状態が続く中、FC東京は41分に決定機。東のスルーパスでDFの裏に抜け出した永井がGKとの一対一を迎えたが、シュートは飛び出したGKリー・シュアイが左足に阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、FC東京は永井を下げてアダイウトンを投入。さらに48分には、キン・シェンの悪質なタックルで右足を負傷したディエゴ・オリベイラが担架でピッチを後に。原大智が緊急投入された。 エースの負傷交代と嫌な流れが漂い始めたFC東京だが、交代選手が躍動する。58分、ボックス左角手前でパスを受けたアダイウトンがカットインからミドルシュートを狙うとこれがクロスバーを直撃。 すると61分、ロングボールを敵陣でアダイウトンが落とすと、東のラストパスをボックス左で受けたレアンドロがシュートをゴール右隅に流し込み、FC東京が待望の先制点を奪った。 モレーノやキム・シンウクら攻撃的な選手を立て続けに投入した上海申花に対し、FC東京は78分に東と中村拓海を下げて高萩洋次郎と中村帆高をピッチに送り出す。すると82分、ボックス手前でパスを受けたアダイウトンのシュートのこぼれ球に反応した原がボックス左から折り返すと、最後はゴール前に走り込んだ安部が冷静に流し込んだ。 その後、86分にモレーノのゴールで1点を返されたFC東京だが、相手の反撃を凌ぎ切り、2-1で勝利。リベンジに成功したFC東京は、上海申花をかわし2位に浮上している。 また同日に行われたグループFもう一試合の蔚山現代(韓国)vsパース・グローリー(オーストラリア)は、試合終盤にネグランとキム・インソンがゴールを奪ったグループ首位の蔚山現代が2-0で勝利した。 2020.11.28 00:01 Sat
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】9カ月ぶりのACL、再開初戦でしっかりと勝てるか《FC東京vs上海申花》

24日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の第3節のFC東京vs上海申花(中国)が行われる。 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって今年3月以降、長期に渡って中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となっていた。 ◆9カ月ぶりのACL <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/tokyo20201124_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> FC東京は2月18日に第2節でパース・グローリー(オーストラリア)と対戦し1-0で勝利。それ以来、9カ月ぶりのACLでの試合となる。 その間、明治安田生命J1リーグでは過密日程と戦いながらも上位をキープ。しかし、10月に入り調子を落とすと、7試合で2勝5敗とトーンダウン。4連敗を喫するなど、チーム状態は良いとは言えない。 11月に入っての3試合でも1勝1分け1敗と調子が上がらない状況だが、ここからの短期決戦ではACLに頭を切り替えて戦う必要がある。 長谷川健太監督も「この大会をやっぱり取りたいし、十分チャンスがあると思っている」と意気込みを語り、アジアタイトル獲得に準備をしているようだ。 また、GK林彰洋がケガで離脱し、GK波多野豪がゴールを守ることになるだろう。2月まではMF橋本拳斗(FCロストフ)、DF室屋成(ハノーファー)が居たが、現在はいない。Jリーグで経験を積んだ若手がしっかりと世界の舞台でもパフォーマンスを出せるかが、カギを握ることになるだろう。 ◆すでにカタールで2試合を終えている上海申花 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/tokyo20201124_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 対する上海申花は、新型コロナウイルスの影響で今回の集中開催まで今季のACLではプレーなし。しかし、すでにカタールで2試合を戦っている。 18日にはパース・グローリーに1-2で勝利するも、21日には蔚山現代に3-1で敗戦。1勝1敗の成績だが、ACLでの試合勘、カタールでの試合という点では感覚を掴めているだろう。 今シーズンは変則的に行われた中国スーパーリーグでグループAの4位に入り、フィイナルステージに進出するも、同じくACLに出場している上海上港を相手にアウェイゴール差で敗れ準々決勝で敗退していた。 ACLに懸ける想いは強く、グループ首位に立つFC東京相手の勝利を目指して戦ってくることになるだろう。 イタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィや韓国代表FWキム・シンウク、コロンビア人MFジョバンニ・モレノらはチームにいるものの、ACLに参加する可能性はなく、中国人選手が中心となって戦うはず。チーム力では、FC東京が上回っているとも考えられるだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:波多野豪 DF:中村拓海、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:髙萩洋次郎、安部柊斗 MF:三田啓貴、レアンドロ、ディエゴ・オリヴェイラ FW:永井謙佑 監督:長谷川健太 ◆注目選手 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/tokyo20201124_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad">©J.LEAGUE<hr></div> 注目選手はFW永井謙佑をピックアップ。 今シーズンはJ1で25試合に出場し4ゴールを記録している永井。自慢の快足は健在で、そのスピードはアジアの舞台でも大きな武器になるだろう。 フィジカルコンタクトがJリーグよりも強くなることが予想されるACLだが、得意のカウンターで効率良くしっかりと仕留められるかがカギを握るだろう。 直近のJリーグではなかなか爆発しなかったFC東京の攻撃陣。カタールの地で再開初戦でしっかりと勝利を収めることができるのだろうか。 2020.11.24 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

東地区がカタール集中開催で再開! FC東京と同組の上海申花がパース・グローリーに競り勝つ《ACL2020》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループF第1節、パース・グローリー(オーストラリア)vs上海申花(中国)が18日にカタールで開催され、上海申花が1-2で勝利した。 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって今年2月以降、長期に渡って中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経てカタールでの集中開催での再開が決定した。 その異例の再開初戦ではFC東京と同居するグループFのパース・グローリーと上海申花が対戦した。 試合は早い時間帯に動く。7分、上海申花は左サイドのハーフウェイライン付近でボールを奪って縦に速い攻撃を仕掛けていくと、ボックス左でジュ・ジェンロンがグラウンダーで折り返したボールをゴール前に走り込んだペン・シンリが左足のダイレクトシュートで右隅に流し込んだ。 早い時間帯に先制を許したパース・グローリーはここから反撃に転じていくが、相手を押し込むものの、なかなか効果的にフィニッシュまで持ち込めない。 すると、前半半ばから終盤にかけては上海申花が序盤から機能していた左サイドを起点に幾度か惜しい場面を作り出す。そして、38分にはペン・シンリとの鮮やかなパス交換でボックス左に侵入したユー・ハンチャオがゴール左まで持ち込んで右足のシュート。このシュートは威力、コース共に甘かったものの、元湘南GKタンドウ・ベラピが弾き出せず、ゴールネットを揺らした。 2点ビハインドで前半を終えたパース・グローリーは後半立ち上がりに決定機。51分、ボックス中央でボールを受けたファルナローリが強烈なシュートを放つが、これは相手GKの正面を突いた。 その後は互いに積極的に交代カードを切っていく中、中盤で潰し合う拮抗した状況が続く。しかし、81分にはボックス左で途中出場のアルミエントが放ったシュートのこぼれ球をボックス右でフリーのアスプロポタミティスが冷静に流し込み、パース・グローリーがようやく1点を返す。 試合終盤にかけてはオープンな攻防が繰り広げられたものの、試合はこのままタイムアップ。前半のリードを守り切った上海申花が今大会初白星を手にした。一方、パース・グローリーは2月開催のFC東京戦に続き連敗スタートとなった。 なお、上海申花は21日に蔚山現代(韓国)との第2節を戦った後、24日にFC東京と対戦する予定だ。 パース・グローリー 1-2 上海申花 【パース・グローリー】 アスプロポタミティス(後36) 【上海申花】 ペン・シンリ(前7) ユー・ハンチャオ(前38) 2020.11.18 21:02 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly