英4部で練習参加が判明したヤヤ・トゥーレ「ホームのように感じた、ベストを尽くしたい」

2020.07.25 17:59 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先日、フットボール2(イングランド4部)のレイトン・オリエントのトレーニングに参加していることが判明した元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(37)がコメントを残した。イギリス『サン』が伝えている。

2019年7月に入団した中国甲級リーグ(2部)の青島黄海を今年に入り退団しフリーとなっていたヤヤ・トゥーレ。本人が現役続行を望んでいたため、元日本代表MF本田圭佑が所属するボタフォゴや、サウジアラビアのダマクFCなどへの加入の噂が出ていたが、いずれも移籍は実現しなかった。

そんな折、レイトン・オリエントのトレーニングに参加していることがクラブの公式ツイッターの投稿により明らかに。これには現地メディアも寝耳に水だったようで、ファンも含め騒然となったようだ。

まだまだ不明な点が多い中、ヤヤ・トゥーレがレイトン・オリエントのメディアチームに対してコメント。トレーニングでは良い感覚を掴めたとし、入団希望の意思を明らかにした。

「監督もスタッフたちもファンタスティックだった。彼らはチームの練習に参加することを許可してくれたんだ」

「重要な機会になったよ。コロナが蔓延する昨今に、こうして人と会うのは簡単ではないからね。とてもハッピーだ」

「最後の最後までフットボールを楽しみたいんだ。僕の全てだからね。ここ3、4カ月はフットボールから離れた生活を送ってきたけど、常に何かが足りないと感じていた」

「表現するのは難しいけど、レイトン・オリエントでのトレーニングは最高に楽しかった」

「ホームのように感じることができた。あそこで練習してベストを尽くしたい」

「どうなるかはそのうちわかると思うよ」


関連ニュース
thumb

ヴァーディがアメリカのフットボールクラブの共同オーナーに!

レスター・シティに所属する元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディがアメリカのフットボールチーム、ロチェスター・ライノスの共同オーナーとなった。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ヴァーディはニューヨーク州に本拠を置くロチェスターの少数株主として株式を購入し、共同オーナーとして経営に参画する予定だという。 なお、同選手に現時点での引退の計画はなく、レスターも今回の共同オーナー就任を許可している。 1996年に創設されたロチェスターは、直近どのカテゴリーのリーグにも参加していないが、全米選手権で通算4度優勝し、メジャーリーグ・サッカー(MLS)所属以外のチームとして唯一USオープンカップで優勝経験を持つ名門クラブだ。 NBAのサクラメント・キングスのオーナーでもあり、2016年からクラブを買収したドワーキンズ・ファミリーは、母国のノンリーグでプレーする選手のために立ち上げた『V9アカデミー』の実績を持つヴァーディに関心を示し、2年ほど前から共同オーナー就任に向けた交渉を行い、このタイミングでの発表となった。 ヴァーディはライノスの共同オーナー就任に際して以下のようなコメントを残している。 「ライノスの一員になれることにとても興奮しているよ」 「僕はしばらくの間、アメリカでのチャンスを検討していたけど、ロチェスターとライノスには何かしっくりくるものがあったんだ」 「USオープンカップで優勝したときのストーリーが大好きで、それ以来、クラブは困難な年月を過ごしてきたけど、ある意味ではそれが自分にとってより魅力的に映っているんだ」 「デイビッドとウェンディ(・ドワーキンズ)と話し始めてからは、ビデオ通話で何度も話を重ねてきたけど、彼らがいかに熱心にライノスを応援しているかがわかり、自分も参加して状況を好転させるために一役買いたいと思ったんだ」 「簡単なことではないけど、僕の人生において簡単なことはひとつもなかったよ!」 なお、ロチェスターは2022年に再びチームを刷新し、公式戦に参加する予定だ。 2021.06.16 00:29 Wed
twitterfacebook
thumb

シティがカイキに続き逸材MFメティーニョ獲得! フルミネンセが公式発表

マンチェスター・シティがフルミネンセに所属するブラジル人MFメティーニョ(18)を完全移籍で獲得することになった。フルミネンセが15日、 『シティ・フットボール・グループ』への移籍を発表した。 DRコンゴ人の両親の下、1歳でブラジルに移住したメティーニョは、トップチームデビューは果たしていないものの、フルミネンセの下部組織で印象的なパフォーマンスを披露し続け、イギリス『ガーディアン』が選出する“Next Generation 2020”に選出された逸材ボランチだ。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えるところによれば、メティーニョは直接シティに加入せず、『シティ・フットボール・グループ』傘下のクラブにレンタル移籍することになる模様。現時点では来シーズンからリーグ・アンに昇格するトロワが有力候補に挙がっている。 なお、シティとフルミネンセでは今年4月にU-17ブラジル代表FWカイキ(17)の移籍が発表されていた。 <span class="paragraph-title">【画像】シティ加入の逸材ボランチ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Fluminense libera volante Metinho pra se apresentar ao seu novo clube. Saiba mais &gt;&gt; <a href="https://t.co/VRnJ02FFAT">https://t.co/VRnJ02FFAT</a><br><br>: Mailson Santana/FFC <a href="https://t.co/Z8Zbfa9NUd">pic.twitter.com/Z8Zbfa9NUd</a></p>&mdash; Fluminense F.C. (@FluminenseFC) <a href="https://twitter.com/FluminenseFC/status/1404784770349940739?ref_src=twsrc%5Etfw">June 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.06.15 23:38 Tue
twitterfacebook
thumb

マクトミネイ、存在感高まるも背番号変わらず 「39番は…」

マンチェスター・ユナイテッドのスコットランド代表MFスコット・マクトミネイがデビュー当時から同じ背番号を背負い続ける理由を説明した。クラブ公式サイトが伝えている。 ユナイテッドのアカデミー育ちで、2017年5月に1stチームデビューのマクトミネイ。守備的な役割が主なタスクだが、公式戦49試合に出場した今季はボックス・トゥ・ボックスの動き出しにも磨きをかけ、キャリアハイの7得点(2アシスト)を記録するなど、存在感は高まるばかりだ。 そんな身長193cmの大型MFはデビュー当時から背番号「39」のまま。イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードや同代表FWメイソン・グリーンウッドを典型例にアカデミー出身者はチームでの重要性が高まるにつれ、背番号も変わっていく傾向だが、マクトミネイは違う。 それは何故なのか。マクトミネイはファンとのQ&Aでその件を問う質問を受けると、背番号の変更を願い出るどころか、検討すらもしたことがないと述べ、39番に対する愛着を口にした。 「39番は初めてもらった番号だし、特別なんだ。誰からも背番号の変更を求められておらず、そういう話も一切ない。3年前も、2年前も、そして去年もね。何も言われないし、僕も満足だ」 2021.06.15 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

セスクが来季のヴェルナーとハヴァーツについて展望を語る「最高のパフォーマンスを確信している」

チェルシー所属のドイツ代表FWティモ・ヴェルナーとMFカイ・ハヴァーツについて、モナコでプレーする元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが2人の来季の展望を語った。イギリス『メトロ』が『テレグラフ』を引用して伝えている。 チェルシーは昨夏、4750万ポンド(約74億円)でヴェルナーを、7100万ポンド(約100億円)でハヴァーツを獲得。前者は公式戦52試合に出場して12ゴールにとどまり、後者はシーズン終盤には調子を上げてチャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・シティ戦で決勝点を挙げたものの、加入当初のパフォーマンスは前評判ほどではなかった。 そんな両選手について、セスクは『テレグラフ』のコラムで来季の展望を執筆。ヴェルナーに関しては、MF視点で貴重な存在だと主張し、自信とアイデア次第でゴールは自ずとついてくるとアドバイスを送った。 「僕はチェルシーの全試合を観戦しているから、ヴェルナーとハヴァーツの加入初年度のプレーをすべて見たよ。来シーズンは、彼らの最高のパフォーマンスを見ることができると確信している」 「アシストをするのが好きなMFとして、僕は以前、調子が悪かったり自信を失ったりしているストライカーの後ろでプレーしたことがあるんだ」 「決定機を逃して悔しい思いをすることもあるけど、いつかはヴェルナーがゴールを決めてくれるだろうと思っていたよ」 「最も重要なのは、彼が走り続けること、タイミングが良いこと、オフサイドにならないこと、そして彼のスピードがあれば必ずチャンスを得ることができるということなんだ」 「最近の選手は足元でボールを受けたがる傾向にあるけど、MFからするとパスに抜け出してほしいんだ。だからヴェルナーのような選手は貴重だよ」 「サッカーでは自信とアイデアがとても重要で、特にストライカーは得点するかしないかに大きく左右される」 また、ハヴァーツについては、かつてレバークーゼンで同選手とチームメイトで、現在はモナコに所属するMFケビン・フォラントに話を聞いたというセスク。シーズン終盤に見せた好調さから来季への期待を高めている。 「彼が言うには、ハヴァーツはシーズンの初めには調子が上がらないことが多いが、一度明確な動きができるようになり、精神的にも良い状態になれば、素晴らしいプレーをするとのことだった」 「チェルシーに加入したばかりのハヴァーツはあまり良くなかったし、ペースを乱すようなこともあった。でも、トーマス・トゥヘルが彼をゼロトップで起用してからはうまく機能するようになったね」 「彼はたくさんボールに触る必要はなかったけど、チームの動きを助けていたね。ボールを失わず、他の選手の安全を確保し、創造性を発揮していた。シーズン終盤の彼はとても良かったと思う」 「直近の親善試合でヴェルナーとハヴァーツの2人がドイツ代表として活躍したのを見たから、彼らにとって良い大会になることを願っている。間違いなく、来シーズンのチェルシーでは違った姿を見ることができると思うよ」 ドイツ代表は15日、ユーロ2020のグループF第1節にて、フランス代表と対戦する。2人は来シーズンに繋がるような活躍を残すことはできるだろうか。 2021.06.15 15:14 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールが控えGKアドリアンとの契約延長を発表

リバプールは14日、スペイン人GKアドリアン(34)と新たな契約を結んだことを発表した。契約期間は発表されていない。 2019年の夏にウェストハムを退団しフリーでリバプールに加入したベテランGKは、絶対的守護神アリソンのバックアッパーとして2シーズンで公式戦24試合に出場。今季は若手GKクィービーン・ケレハーとバックアッパーの役割を分担したため、公式戦6試合に出場にとどまっていた。 新契約にサインしたアドリアンは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「リバプールに残ることができて、とても嬉しいよ。まず第一に、これは2年前に契約して以来僕の努力に対するクラブからのご褒美だと思っている。クラブ、監督、そしてチームに関わるすべての人からの信頼にとても感謝しているよ」 「そして第二に、何よりもリバプールに残れることができて嬉しい。リバプールはとても大きなクラブだけど、同時に家族のようなクラブでもあるんだ。どの選手にとってもここに留まることはとても特別なことで、僕は恵まれているね」 2021.06.15 00:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly