ザネが入団会見に臨む! 「バイエルン移籍は正しいステップ」

2020.07.24 18:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
来季からバイエルンでプレーするドイツ代表MFレロイ・ザネが入団会見に出席した。

今月初旬に移籍金4900万ユーロ(約60億4000万円)の5年契約でマンチェスター・シティからのバイエルン入りが決定したザネ。後に背番号も「10」を背負うことが明らかとなり、大きな期待を集めての加入となる。

そんなザネが23日、最高経営責任者(CEO)のカール=ハインツ・ルンメニゲ氏やスポーツディレクター(SD)のサハン・サリハミジッチ氏、執行役員のオリバー・カーン氏とともに入団会見に登場。移籍の背景を明かした。

「ハサンや役員会の全員が僕に提示したコンセプト…それが全ての背景にあった。本当に良い感覚を与えてくれ、選手たち以外の決定的な要素にもなったんだ」

「彼らは僕をここに連れてこようとしてくれ、ヨシュア・キミッヒが一番しつこかったよ。毎日のように僕のところに電話をかけてきて、状況を尋ねてくるんだ」

「そういうこともあって、バイエルンに行くのが唯一の解決策だった」

そう語ると、バイエルンでのチャンピオンズリーグ(CL)優勝についても言及、今回の移籍にあたって、欧州を制覇できるチームが新天地の条件だったと語り、自らの決断を正当化した。

「バイエルンは何回か優勝経験があるが、CLを制するのはそもそも難しい。僕は何かしら新たなこと、新たなチャレンジがしたかったんだ。移籍するならCLで勝てるチームというのは明確だった」

「バイエルンは100%当てはまるチームだったのさ。このチームはトップクラス。ハンジ・フリックのおかげですごく良い戦いができていて、個々の選手がピッチでエンジョイしているのもわかる」

「だから、僕にとって、正しいステップだった」

また、自身のパフォーマンスがバイエルンに与える影響を訊かれると、既存のトッププレーヤーと共闘するなかで、自身の色を出して、チームに貢献していきたいと話した。

「僕がしたいのはチームに貢献して、自分の強みを出していくことだけ。チームがより簡単に勝っていけるようヘルプしたいんだ。僕は中心的な存在じゃない。チームはすごく強くて、すでにワールドカップ(W杯)やCLを制したことのあるトッププレーヤーがたくさんいる」
コメント
関連ニュース
thumb

バイエルン、右SBの補強候補にムキエレ?

バイエルンがRBライプツィヒに所属するU-21フランス代表DFノルディ・ムキエレ(22)への関心を強めているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 2018年夏にモンペリエから加入して以降、右サイドバックやウイングバック、センターバックを主戦場に主力として活躍するムキエレ。 圧倒的な身体能力を生かした幅広い守備エリアと対人能力に加え、攻撃面の成長も著しい万能型DFに関しては、パリ・サンジェルマンやリバプールといった国外のビッグクラブがこぞって関心を寄せている。 そして、新たに争奪戦に参戦する構えを見せているのが、右サイドバックの補強を目指すバイエルンだ。 フランス代表DFバンジャマン・パヴァール(24)のバックアップとしてアヤックスのアメリカ代表DFセルジニョ・デスト(19)、ノリッジのU-21イングランド代表DFマックス・アーロンズ(20)の獲得を優先事項としているものの、その2選手と異なるプロフィールを持つムキエレへの関心も持っているという。 ただ、2023年までの契約を残すムキエレに関してライプツィヒは今夏の非売品に設定しており、獲得にはそれ相応の金額が必要になると見られている。 2020.08.09 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

2ゴール2アシストで4発快勝に貢献したレヴァンドフスキが準々決勝に照準「バルサはいつも危険」

バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、チェルシー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 8日に行われた、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでチェルシーと対戦したバイエルン。1stレグは0-3でバイエルンが先勝し、大きなアドバンテージを持って臨んだ。 <div id="cws_ad">◆ゴールマシーン!レヴァンドフスキの2019-20ゴール集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHeTRBNEhSSiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 試合は7分、ロベルト・レヴァンドフスキがGKウィルフレッド・カバジェロにボックス内で倒され、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入した後にPKとなると、これを自らが決めて先制する。 24分にはトーマス・ミュラーのボール奪取からパスを受けたレヴァンドフスキは、イバン・ペリシッチのゴールをアシスト。チェルシーに1点を返されるも、バイエルンはレヴァンドフスキのクロスからコランタン・トリソがヘッド、さらに自身もヘディングでこの試合2点目を奪い、4-1で勝利。2戦合計でも7-1の圧勝でベスト8へ駒を進めた。 2ゴール2アシストと4ゴール全てに絡んだレヴァンドフスキは、試合を振り返り自身のパフォーマンスよりもチームの勝利が重要だと語った。 「一番大事なことは、うまくプレーし、楽しんだことだ。僕たちはリズムとテンポをすぐに掴む方法を見つけなければいけないとわかっていたし、それを本当に上手くできたと思う」 「残りの試合でも重要になるだろう。僕たちはチームとして上手くプレーしなければならない」 また、準々決勝の相手であるバルセロナについては「バルセロナはいつだって危険だ。僕たちは、クオリティを示さなければいけない」と警戒を強めている。 2020.08.09 10:25 Sun
twitterfacebook
thumb

止まらないレヴァンドフスキ!今季53ゴールは欧州5大リーグでダントツ1位

バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが止まらない。 8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのチェルシー戦で2ゴール2アシストと全ゴールに絡んだレヴァンドフスキ。これにより、今シーズンのゴール数が「53」となり、欧州5大リーグでプレーする選手の中でトップに立っている。 <div id="cws_ad">◆ゴールマシーン!レヴァンドフスキの2019-20ゴール集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHeTRBNEhSSiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レヴァンドフスキは、今シーズンのCLで7試合に出場し13ゴールを記録。ブンデスリーガでは31試合で34ゴールを記録し、DFBポカールでも5試合で6ゴールを記録。44試合で53ゴールを奪っている。 ちなみに、ラ・リーガ得点王のバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、ラ・リーガで33試合25ゴール、CLでは6試合で2ゴールとなっており、シーズントータルで42試合30ゴールに。惜しくも得点王にはなれなかったものの、セリエAで31ゴールを決めていたユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、46試合で37ゴールに止まっており、レヴァンドフスキの凄さが際立っている。 また、チェルシー戦での2ゴールにより、CLでの通算ゴール数を66としたレヴァンドフスキは、レアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマを抜き4位に浮上。3位のラウール・ゴンサレス氏までは5ゴールに迫っている。 2020.08.09 08:35 Sun
twitterfacebook
thumb

「文句を言うことはない」2ndレグも大勝のバイエルン、フリック監督がチームを称賛

バイエルンのハンジ・フリック監督が、チェルシー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 8日に行われた、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでチェルシーと対戦したバイエルン。1stレグは0-3でバイエルンが先勝し、大きなアドバンテージを持って臨んだ。 試合は7分、ロベルト・レヴァンドフスキが倒され、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入した後にPKとなり、これを自らが決めて先制。試合の大勢を早くも決めてしまう。 24分にはレヴァンドフスキのパスを受けたイバン・ペリシッチが流し込んで追加点。チェルシーは44分にタミー・エイブラハムが1点を返すも、バイエルンがコランタン・トリソ、レヴァンドフスキのゴールで突き放し、4-1で勝利。2戦合計でも7-1の圧勝でベスト8へ駒を進めた。 フリック監督は試合後に振り返り、文句のない出来だとチームを称賛。バルセロナとの準々決勝に向けての意気込みを語った。 「私はとても嬉しい。我々は勝ちたかったし、中断したところから再開したかった。チームはとてもうまくいった」 「チェルシーはエキサイティングなチームであり、攻撃ではとてもスピードがある。しかし、チームは素晴らしい仕事をした。最初の30分間は素晴らしかった。チェルシーは何もできなかった」 「チームを際立たせているのは、選手たちがチームとしてピッチ上にいることだ。我々はそれをコーチングチームとして生かしている」 「今日は文句を言うことはない。今、我々は勝ち上がり、明日ポルトガルへ旅立てることが重要だ。我々はよく準備し、強みを再び発揮できることを望んでいる」 「我々はまた、バルセロナに対して、強さと我々のクオリティをもたらせたいと思っている」 2020.08.09 07:47 Sun
twitterfacebook
thumb

ベスト8が決定!シティやバルサ、バイエルンが勝ち上がり!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の2ndレグが8日に終了し、ベスト8が出揃った。 勝ち上がりを決めたのはスペインからバルセロナとアトレティコ・マドリー、ドイツからバイエルンとライプツィヒ、フランスからパリ・サンジェルマンとリヨン、イングランドからマンチェスター・シティ、イタリアからアタランタとなっている。 準々決勝は一発勝負となり、12日からスタート。バルセロナvsバイエルンなどの好カードが組まれている。組み合わせは以下の通り。 ▽8/12 アタランタvsパリ・サンジェルマン ▽8/13 ライプツィヒvsアトレティコ・マドリー ▽8/14 バルセロナvsバイエルン ▽8/15 マンチェスター・シティvsリヨン 2020.08.09 06:07 Sun
twitterfacebook