クロアチア代表をW杯準優勝に導いたダリッチ監督がカタールW杯後まで指揮

2020.07.24 10:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クロアチアサッカー連盟(HNS)は23日、ズラトコ・ダリッチ監督(53)との契約を2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)後まで延長したことを発表した。ダリッチ監督は母国クロアチアのリエカで監督キャリアをスタート。その後は、アルバニアのディナモ・ティラナ、クロアチアのスラヴェン・ベルポを指揮した後、アジアに活躍の場を移す。

サウジアラビアのファイサリー、アル・ヒラル、UAEのアル・アインを指揮。2017年10月にクロアチア代表監督に就任していた。

クロアチアを率いては、2018年のロシアW杯でチームを決勝へと導くと、フランスに敗れるも準優勝と好成績を収める。その後のUEFAネーションズリーグでは結果を残せなかったものの、ユーロ2020予選ではグループEで1位となり出場権を獲得していた。

契約を延長することとなったダリッチ監督は、HNSのダボル・シュケル会長への感謝を口にすると共に、誇りを持ってチームを指揮し続けると語った。

「会長、指導者、そして理事会と信頼を示してくれたダボル(・シュケル)に感謝します。新型コロナウイルス(COVID-19)の流行と、ユーロの1年間の延期が決まり、2022年のW杯まで指揮を執ることで同意しました」

「いつも、自分の国の代表チームを率いること以上の名誉はないと言ってきた。そのため、協力を続けることへジレンマはなかった」

「モチベーション、エネルギー、野心に溢れている。そして、そう感じている限り、クロアチア代表を誇りをもって率いる」
コメント
関連ニュース
thumb

ロシアW杯決勝再現カードはフランスが制して連勝発進!クロアチアに4発《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ3の第2節、フランス代表vsクロアチア代表が8日に行われ、4-2でフランスが勝利した。 3日前に行われた初戦のスウェーデン代表戦を1-0と制したフランスは、スウェーデン戦のスタメンから6選手を変更。ムバッペが新型コロナウイルスの検査で陽性となり欠場となった中、[3-4-1-2]を継続し2トップはマルシャルとベン・イェデルが形成、トップ下にグリーズマンが入った。 一方、モドリッチ招集外のクロアチアはポルトガルに1-4と完敗した中、5選手を変更。ブロゾビッチやペリシッチがスタメンに名を連ねた。 ロシア・ワールドカップ決勝再現カードとなった一戦は、締まった攻防で立ち上がった中、16分にクロアチアが先制する。CKの流れからボックス左のロブレンが見事なトラップで浮き球を処理し、左足でゴール右サイドネットに突き刺した。 2トップにボールが入らず苦戦していたフランスだったが、33分に同点のチャンス。ショートカウンターに転じ、マルシャルのラストパスを受けたボックス左のグリーズマンがGK強襲のシュートを浴びせた。 すると43分に前線3枚のコンビネーションで追いつく。ベン・イェデルのダイレクトパスをボックス左で受けたマルシャルが中に折り返し、最後はゴール前に飛び込んだグリーズマンが押し込んだ。 さらに追加タイム1分、右サイドをベン・イェデルが持ち上がってクロスを上げると、ファーサイドのマルシャルがプッシュ。左ポストに直撃したシュートがGKに当たってゴールに吸い込まれ、フランスが逆転して前半を終えた。 後半からレビッチに代えてブレカロを投入したクロアチアが前がかる中、55分に追いついた。コバチッチのスルーパスに抜け出したブレカロがDF3人に対応されながらもドリブルでかわしてシュートを決めきった。 それでも65分、フランスが勝ち越す。グリーズマンの左CKからウパメカノが打点の高いヘッドでゴールに押し込んだ。 そして76分、ボックス内でのハンドがあったとしてPKを獲得したフランスは、これをジルーが決めて勝負を決定付けた。 結局、89分のコバチッチのミドルシュートは左ポストに直撃し、フランスが4-2で勝利。ロシアW杯決勝再現カードを制し、2連勝としている。 2020.09.09 05:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ムバッペがコロナ陽性で代表離脱、クロアチア戦を欠場

パリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペが新型コロナウイルスの検査で陽性だったため、7日にフランス代表を離脱したようだ。フランス『レキップ』が報じている。ムバッペは既に代表を離れ、自己隔離に入っているとのことだ。 ムバッペは5日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグAのグループ3初戦スウェーデン代表戦で先発。決勝点を挙げる活躍を見せていた。 ムバッペを欠くこととなったフランスは8日にUNL2戦目のクロアチア代表戦を戦う。 2020.09.08 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

前回王者ポルトガルが貫禄の4発でクロアチアに快勝!《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ3の第1節、ポルトガル代表vsクロアチア代表が5日に行われ、4-1でポルトガルが勝利した。 フランス代表とスウェーデン代表が同居しているグループ3。前回王者のポルトガルは、3トップにベルナルド・シウバ、フェリックス、ジョタを並べた[4-3-3]の布陣を採用。中盤はアンカーにダニーロ、インサイドにモウティーニョとブルーノ・フェルナンデスを起用した。なお、エースのクリスティアーノ・ロナウドはつま先の感染症により欠場となった。 一方、前回大会をリーグA・グループ4の最下位で終えるも新フォーマットの採用でリーグB降格を免除されたクロアチアは、キャプテンのモドリッチと副キャプテンのラキティッチが招集外に。それでも、クラマリッチやレビッチ、コバチッチ、ロブレンら主力が起用された。 クロアチアは開始早々の2分にドリブルで持ち上がったヴラシッチがボックス左手前からミドルシュート。これはわずかにGKアントニー・ロペスが触り、ゴール右に逸れた。 対するポルトガルは15分、ラファエウ・ゲレイロのロングパスで相手DFの裏に抜け出したブルーノ・フェルナンデスの落としをペナルティアーク内に走り込んだフェリックスがダイレクトシュートで合わせたが、これは相手DFがブロック。さらに19分には、ボックス右から切り込んだカンセロがアウトサイドでゴールを狙ったが、シュートはGKリヴァコビッチが右手一本で弾き出した。 時間の経過と共にボールの主導権を掌握するポルトガルは、27分にブルーノ・フェルナンデスの右クロスをジョタがヘディングシュート。34分にはラファエウ・ゲレイロがミドルシュートでクロアチアゴールを脅かしたが、共にシュートはポストを叩いた。 攻勢を続けるポルトガルは41分、右サイドからカットインしたカンセロがペナルティアーク手前から左足一閃。このシュートがゴール左上に突き刺さった。 迎えた後半、先に決定機を作ったのはリードするポルトガル。58分、ラファエウ・ゲレイロのループパスで抜け出したジョタがボックス左から中に切り込み冷静にシュートを流し込んだ。 2点を追うクロアチアは、61分にブレカロとパシャリッチを下げてペリシッチとブロゾビッチを投入。しかし、再びスコアを動かしたのはポルトガルだった。 70分、ベルナルド・シウバの横パスをペナルティアーク手前で受けたフェリックスがワントラップから右足を振り抜くと、強烈なシュートが相手GKの手を弾きゴールネットに突き刺さった。 その後、ペトコビッチのゴールで1点を返されたポルトガルだったが、試合終了間際の95分に右CKからペペのフリックしたボールを途中出場のアンドレ・シウバが押し込み、4点目。直後にタイムアップを迎え、前回王者として貫禄の戦いぶりを披露し続けたポルトガルが、ホームでクロアチアに快勝した。 2020.09.06 05:45 Sun
twitterfacebook
thumb

モドリッチ&ラキティッチが代表不参加、9月にUNL王者ポルトガル&W杯王者フランスと対戦

クロアチアサッカー連盟(HNS)は27日、UEFAネーションズリーグに臨むクロアチア代表から、レアル・マドリーのMFルカ・モドリッチとMFイバン・ラキティッチが外れることを発表した。 クロアチア代表は、9月5日に前年王者のポルトガル代表と、同8日にワールドカップ王者のフランス代表とUEFAネーションズリーグで対戦する。 17日に発表されていたメンバーから、キャプテンのモドリッチと副キャプテンのラキティッチが外れることに。両選手は、ズラトコ・ダリッチ監督と合意し、今回の代表活動を免除されたようだ。 また、ヴォルフスブルクのDFマリン・ポングラチッチは病気のため辞退となった。 なお、代役としてFWアントニオ=ミルコ・チョラク(リエカ)、FWアンテ・ブディミル(マジョルカ)、DFミレ・シュコリッチ(オシエク)が招集されることとなった。 さらに、チャンピオンズリーグ(CL)決勝に出場したバイエルンのMFイバン・ペリシッチとヨーロッパリーグ(EL)決勝に進出したインテルのMFマルセル・ブロゾビッチに関しては、2日間の休養を追加で与えることが決定。31日に集合するチームには合流せず、9月2日に合流することが許可された。 <span style="font-weight:700;">◆クロアチア代表メンバー23名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">シモン・スルガ</span>(ルートン・タウン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ドミニク・リヴァコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">イヴォ・グルビッチ</span>(アトレティコ・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ミレ・シュコリッチ</span>(オシエク) <span style="font-weight:700;">ダリオ・メルニャク</span>(チャイクル・リゼスポル/トルコ) <span style="font-weight:700;">ドマゴイ・ヴィダ</span>(ベシクタシュ/トルコ) <span style="font-weight:700;">ドゥイエ・チャレタ=ツァル</span>(マルセイユ/フランス) <span style="font-weight:700;">デヤン・ロブレン</span>(ゼニト/ロシア) <span style="font-weight:700;">ボルナ・バリシッチ</span>(レンジャーズ/スコットランド) <span style="font-weight:700;">ティン・イェドバイ</span>(アウグスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">シメ・ヴルサリコ</span>(アトレティコ・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">マテオ・コバチッチ</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">ミラン・バデリ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルセロ・ブロゾビッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">マリオ・パシャリッチ</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ニコラ・ヴラシッチ</span>(CSKAモスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">イバン・ペリシッチ</span>(バイエルン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンドレイ・クラマリッチ</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ヨシップ・ブレカロ</span>(ヴォルフスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンテ・レビッチ</span>(ミラン/イタリア) <span style="font-weight:700;">アンテ・ブディミル</span>(マジョルカ/スペイン) <span style="font-weight:700;">アントニオ=ミルコ・チョラク</span>(リエカ) <span style="font-weight:700;">ブルーノ・ペトコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) 2020.08.27 22:25 Thu
twitterfacebook
thumb

“悪童”バートンが思うプレミア最高のMFは? スコールズやジェラード、ランパードを差し置いたあの選手

リーグ1(イングランド3部)に所属するフリートウッド・タウンの監督を務める元イングランド代表MFジョーイ・バートン氏が自身の考えるプレミア最高の選手を明かした。イギリス『ミラー』が伝えている。 マンチェスター・シティやニューカッスル、QPR、マルセイユ、バーンリーで活躍してきたバートン氏は、そのキャリアを通じて幾度となく暴力事件などの騒動を起こしてきた“悪童”として知られる。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIxZzgwQWtqaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 2006年3月26日から2016年5月13日までの間、イングランドサッカー協会(FA)の規則で禁止されている賭博に関与し、1260回にわたってベッティングを行っていた容疑で、13カ月間のサッカー活動禁止処分を科されたこともあるほどの札付きだ。 プレミアリーグを中心に多くの名選手と対戦してきたバートン氏だが、自身が対戦してきたレジェンドたちの特徴を述べた。 「俺はプレミアリーグを代表する選手たちと対戦できて幸せだった」 「さまざまな時期の選手と対戦した。ロイ・キーンと対戦した時、彼はキャリアの終わりの方だった。もうマンチェスター・ユナイテッドとノッティンガム・フォレストの頃のようなボックス・トゥ・ボックスのミッドフィルダーではなかった。彼はホールディングミッドフィルダーのようだったが、彼の試合への適応力と実績は驚異的だ」 「(ポール・)スコールズは捉えるのがとても大変だった。彼は追いつけない位置まで行って、俺が追いかけるとサイドまで行って50ヤードのパスを出してくる。追いかけても追いかけなくてもひどかったよ」 「(スティーブン・)ジェラードは走力とフィジカルが素晴らしかった。なんでもできる選手だった」 「(フランク・)ランパードはお化けみたいで、前線じゃないのに得点を決める最高の選手だった。彼がボールを持って俺がマークしている時は問題ないが、チェルシーでのゴール記録は彼の素晴らしさを物語っている」 「(クロード・)マケレレは間違いなく当時の世界最高の4番で、(パトリック・)ヴィエラは発電所みたいだった」 錚々たるメンバーの名を挙げたバートン氏だったが、その中でも最高の選手だったと感じているのは意外な選手だった。 「俺は幸運にもキャリアのピークを過ごすスパーズの(ルカ・)モドリッチと対戦できた。彼がプレミアリーグで対戦した中で最高の選手だと思ったのを覚えている。彼は異次元にいると思っていたし、夏にはレアル・マドリーが彼とサインした。正直に言って、彼はエリートレベルで、勝ち取るに値するものを見せていると言える。彼は俺が対戦した中でベストなパフォーマンスだった」 数多くのレジェンドとの大戦を経験したバートンが挙げたのは、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ。その能力の高さは誰もが知るところで、2018年にはクリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシが受賞し続けてきたバロンドールを受賞。ロシア・ワールドカップでも目覚ましい活躍を見せ、バートン氏の目に狂いはなかったようだ。 2020.05.02 10:45 Sat
twitterfacebook