“悪童”バロテッリが途中出場のデビュー戦で95分に決めたマルセイユデビュー弾!【ファースト・ゴールズ】

2020.07.25 21:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。

今回は元イタリア代表FWマリオ・バロテッリがマルセイユ時代に決めた最初のゴールだ。

◆バロテッリが途中出場のロスタイムで決めたデビュー弾


2007年にインテルでセリエAデビューを飾ったバロッテリは、10代から大器の片鱗を見せ、次代のスター候補として注目を浴びてきた。その後、マンチェスター・シティ、ミラン、リバプールなどでプレーした後、2016年夏にニースへ加入し、リーグ・アンに初挑戦。フランスでは好調を維持し、2019年には強豪マルセイユへ加入し、公式戦15試合で8ゴールという数字を残している。

その記念すべきマルセイユ最初のゴールは、デビュー戦となった2019年1月25日のリーグ・アン第22節、リールとの試合で決めたものだった。

2019年1月23日にマルセイユと契約を結んだバロテッリは25日にデビュー。0-1とリードされる試合の中、74分に途中交代でクラブ初出場を果たす。

チームは94分に追加点を許し、0-2とされるが95分、ラストプレーで見せ場が待っていた。コーナーキックを獲得したマルセイユは最後の攻撃を仕掛ける。インスイングのボールがボックス内へ上がると、ボックス中央で待っていたバロテッリが強烈なヘディング。ゴール左上の隅の完璧なコースに見事なゴールを決めてみせた。

土壇場で1点を返したマルセイユだったが、反撃もここまで。試合には1-2で敗れたものの、新戦力の初ゴールという収穫を得た試合となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

クリバリと対人最強CBコンビを組むマノラスが決めた、反撃の狼煙を上げるナポリ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は、ギリシャ代表DFコスタス・マノラスがナポリで決めた初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マノラスが決めた反撃の狼煙を上げるナポリ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJmTzdrTWxYWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2014年から加入したローマで欧州屈指のDFとして評価を上げたマノラス。2019年夏にはナポリへ移籍すると、DFカリドゥ・クリバリとCBコンビを組み守備力では欧州トップクラスのディフェンスラインを形成している。 今シーズン公式戦34試合に出場し、4ゴールを記録しているマノラスだが、記念すべきナポリ初ゴールとなったのは、2019年8月31日に行われた、セリエA第2節のユベントス戦で決めたゴールだった。 0-3と絶対王者ユベントスに大量リードを許して迎えた66分、ナポリに反撃のチャンスが訪れる。 ナポリが敵陣中央やや左でFKを獲得すると、これをキッカーのDFマリオ・ルイがボックス内にクロス。相手DFとラインの駆け引きに勝利したマノラスは、ベストなポジション取りでこれに合わせる。相手DFのプレッシャーをものともせずにポジションを保つと、ファーポスト側に流れるクロスをヘディングでしっかりとミートし、反撃の狼煙を上げるゴールを決めた。 この得点で流れを変えたナポリは、その後立て続けに2得点。3-3の同点に持ち込むものの、後半アディショナルタイムのオウンゴールで3-4と敗れている。 2020.08.07 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

難民という過去を持つの超新星爆速ウィンガー、アルフォンソ・デイビスのバイエルン初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は、カナダ代表FWアルフォンソ・デイビスがバイエルンで決めた初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆超新星ウィンガー、アルフォンソ・デイビスのバイエルン初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJYdndRV3k1VSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リベリア出身の両親の下、ガーナで生まれたデイビスは、母国の内戦により難民キャンプでの生活を経験するなど、過酷な過去を持ちながらも、その類稀なサッカーの才能で一気にスターダムを駆け上がった今注目の逸材だ。 2019年1月に正式にバイエルンに加入すると、その爆発的なスピードを武器に、ここまで公式戦45試合で4ゴールを記録しているが、その記念すべき初ゴールは、2019年3月17日のブンデスリーガ第26節、マインツ戦で決めたゴールだった。 5-0と大量リードで迎えた59分、DFダビド・アラバに代わってデイビスが途中出場を果たす。すると70分、右サイドを攻略したバイエルンは、ボックス内でFWロベルト・レバンドフスキがボールを持つ。中央の密集地帯でも鋭い切り返しで相手DFをかわしてシュート。これは相手GKにブロックされたものの、ボックス内で待っていたデイビスがこぼれ球に反応、すかさずシュートを放ち、見事バイエルン初ゴールを決めてみせた。 試合はデイビスのゴールでリードを6点に広げたバイエルンが、6-0と危なげなく大勝を収めている。 2020.08.06 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

“ロベリー”後継者一番手!ドイツで覚醒したニャブリが決めたバイエルン初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はドイツ代表FWセルジュ・ニャブリがバイエルンで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ドイツで覚醒中のニャブリが決めたバイエルン初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuZWpnT0U4ayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アーセナルでプロキャリアをスタートさせたニャブリだったが、イングランドでは思うような活躍ができず。しかし2016年夏、出場機会を求めて母国ドイツのブレーメンに移籍すると、シーズン2桁ゴールを記録するなど、覚醒。期待の新星として、2017年夏にバイエルンへステップアップを果たした。 爆発的なスピードを武器に、サイドで相手の脅威となっているニャブリは、昨シーズン限りでバイエルンを退団したFWフランク・リベリとFWアリエン・ロッベンの後継者候補一番手として、大きな期待を背負っている。 そんなニャブリのバイエルン初ゴールとなったのは、2018年11月3日に行われた、ブンデスリーガ第10節のフライブルク戦で決めたゴールだった。 0-0と拮抗した展開で迎えた80分、DFラフィーニャからのパスを右サイドで受けたニャブリは、ドリブルを始めると一気に加速し、相手ボックス内に侵入。そのままゴールへ向かうと、細かいボールタッチで相手との駆け引きを制し、シュートチャンスを得ると、ニアポストに強烈な一撃。見事バイエルン初ゴールを決めてみせた。 ニャブリのソロゴールで先制したバイエルン。しかし、終了間際にフライブルクに追いつかれ、試合は1-1のドローに終わっている。 2020.08.06 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

“稲妻”こと名手ラベッシが見せた、PSG初ゴールとなる極上チップ【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は、元アルゼンチン代表FWのエセキエル・ラベッシ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)で決めた初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆名手ラベッシが見せた華麗なPSG初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJmN0ZDVG9ZTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2007年から所属したナポリで活躍し、キレのあるドリブルとパンチのあるシュートから“稲妻”の愛称でファンから愛されたラベッシ。惜しまれながらも2012年にPSGへ移籍すると、公式戦161試合に出場し、35ゴールを記録するなど、2016年に河北華夏に移籍するまで、同クラブの主力として活躍。この間にリーグ・アン3連覇など、多くのタイトル獲得に貢献した。 そんなラベッシの記念すべきPSG初ゴールとなったのは、2012年11月21日に行われた、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ、ディナモ・キエフ戦で決めたゴールだった。 ディナモ・キエフのホームにPSGが乗り込んだこの一戦、0-0で迎えた45分にPSGに決定機が訪れる。速攻を展開するPSGのFWズラタン・イブラヒモビッチが右サイドでボールを持つと、2列目から裏へ動き出したラベッシへスルーパス。 これをボックス内で受けたラベッシは、ワンタッチでボックス深部まで侵入すると、相手DFとコースを消しに来たGKに挟まれる。シュートコースはないように見えたが、ゴール前でも落ち着きを見せるラベッシは華麗なチップシュートを放つ。DFとGKの間を見事に越えたボールはゴールネットに吸い込まれた。 アウェイで貴重な先制点を決めたPSGは、後半にも再びラベッシのゴールで追加点を奪い、2-0で勝利している。 2020.08.06 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

メキシコの新星ウィンガー、ロサーノがユーベとの打ち合いの中で決めたナポリ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はメキシコ代表FWイルビング・ロサーノがナポリで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆メキシコの“神童”ロサーノが決めたナポリ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqZDFxSnAxbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2014年にメキシコの強豪パチューカでプロデビューを果たしたロサーノは、2017年に加入したPSVでブレイク。メキシコ代表として出場した2018年のロシアW杯での活躍も相まって、2019年夏にナポリへのステップアップを果たしている。 抜群のスピードと得点力を持つロサーノだが、記念すべきナポリ初ゴールとなったのは、自身のセリエAデビュー戦となった2019年8月31日に行われた、セリエA第2節、ユベントスとの試合で決めたゴールだった。 前半だけで2点のリードを許し、ナポリ劣勢の中迎えた後半、ロサーノが途中出場でセリエAデビュー。しかし、その後もユベントスの優勢は変わらず一時は3-0のリードを許す展開となる。 しかし、66分に反撃の狼煙を上げる1点を返したナポリは、68分にも決定機が訪れる。カウンターからチャンスを得たナポリは、相手の裏を取ったMFピオトル・ジエリンスキが左サイドを突破。ボックス手前までドリブルで進むと、中央で待っていたロサーノにパス。これをロサーノが、相手DFからのプレッシャーを受けながらもしっかりと決め、ナポリ初ゴールを記録した。 その後、80分にもゴールを奪ったナポリは、3点差に追いつき3-3に。しかし後半アディショナルタイムのオウンゴールにより、土壇場でユベントスに敗れている。 2020.08.06 12:30 Thu
twitterfacebook