“悪童”バロテッリが途中出場のデビュー戦で95分に決めたマルセイユデビュー弾!【ファースト・ゴールズ】

2020.07.25 21:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。今回は元イタリア代表FWマリオ・バロテッリがマルセイユ時代に決めた最初のゴールだ。

◆バロテッリが途中出場のロスタイムで決めたデビュー弾


2007年にインテルでセリエAデビューを飾ったバロッテリは、10代から大器の片鱗を見せ、次代のスター候補として注目を浴びてきた。その後、マンチェスター・シティ、ミラン、リバプールなどでプレーした後、2016年夏にニースへ加入し、リーグ・アンに初挑戦。フランスでは好調を維持し、2019年には強豪マルセイユへ加入し、公式戦15試合で8ゴールという数字を残している。

その記念すべきマルセイユ最初のゴールは、デビュー戦となった2019年1月25日のリーグ・アン第22節、リールとの試合で決めたものだった。

2019年1月23日にマルセイユと契約を結んだバロテッリは25日にデビュー。0-1とリードされる試合の中、74分に途中交代でクラブ初出場を果たす。

チームは94分に追加点を許し、0-2とされるが95分、ラストプレーで見せ場が待っていた。コーナーキックを獲得したマルセイユは最後の攻撃を仕掛ける。インスイングのボールがボックス内へ上がると、ボックス中央で待っていたバロテッリが強烈なヘディング。ゴール左上の隅の完璧なコースに見事なゴールを決めてみせた。

土壇場で1点を返したマルセイユだったが、反撃もここまで。試合には1-2で敗れたものの、新戦力の初ゴールという収穫を得た試合となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

マケドニアの新星エルマスが決めたナポリ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は北マケドニア代表MFエリフ・エルマスがナポリで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆エルマスのナポリ初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJlT3pUUnNwNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> 母国マケドニアのラボトニツキで弱冠15歳の若さでプロデビューしたエルマスは、その後フェネルバフチェに渡るとすぐに頭角を現し、2019年夏にナポリに加入した。 抜群のボールスキルとビジョンで攻守に存在感を発揮するエルマスだが、2020年2月3日に行われたセリエA第22節のサンプドリア戦では、記念すべきナポリでの初ゴールを記録している。 1-0とナポリリードの16分、右からのコーナーキックを得たナポリがボックス内にクロスを上げる。このボールをDFジオバニ・ディ・ロレンツォがニアポストでフリックすると、ファーポストで待っていたエルマスが合わせる。鋭いシュートは、GKの股を抜き、ナポリ初ゴールが決まった。 このゴールで2-0としたナポリは、その後追いつかれつつも、勝ち越しに成功。4-2で勝利している。 2021.01.16 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

PSGの未来を担う若手SBコラン・ダグバが決めたプロ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はフランス人DFコラン・ダグバがパリ・サンジェルマン(PSG)で決めたプロ初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆コラン・ダグバのプロ初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1ek11eXQyUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2016年に若くしてPSGの下部組織に引き抜かれたダグバは、2018年からファーストチームに帯同。ドルトムントに移籍したDFトーマス・ムニエの抜けた穴を埋めることを期待されている。 スピードを武器にした攻撃参加が持ち味のダグバだが、2020年12月5日に行われたリーグ・アン第13節のモンペリエ戦では、記念すべきプロ初ゴールを記録している。 0-0で迎えた33分、左サイドでボールを持ったFWアンヘル・ディ・マリアがドリブルでボックス左に侵入し、ゴール前にパスを送る。すると絶妙のタイミングで攻撃参加していたダグバが後方から走り込んで合わせ、先制ゴールを挙げてみせた。 このゴールで主導権を奪ったPSGは、その後も試合を優位に進め、3-1で勝利している。 2021.01.15 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミア史に残る名SBアシュリー・コールがパレス時代に決めたプロキャリア初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元イングランド代表DFアシュリー・コール氏がクリスタル・パレスで決めたプロ初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アシュリー・コールのプロ初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxN2xqVTFQMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> アーセナルユース出身のコール氏は、同クラブでプロデビュー。その後、アーセナルやチェルシーで全盛期には世界最高峰のSBとして知られるほどのパフォーマンスを見せた。 アーセナルでのブレイクを果たす直前の1999-2000シーズンにはクリスタル・パレスに短期レンタルで加入していたが、その際の2000年4月29日に行われたチャンピオンシップ(イングランド2部)第45節のブラックバーン戦では、記念すべきプロ初ゴールを決めている。 0-1とパレスのビハインドで迎えた60分、FWミカエル・フォルセルがボックスの際で相手からのプレスをいなしながら前を向く。するとボールは、ボックス内でフリーになっていたコールの下へ。コールが迷わず左足をダイレクトで振り抜くと、シュートはゴール右上に決まり、コールにとってのプロ初ゴールとなった。 同点に追いついたパレスは、その後逆転に成功し、2-1で勝利を収めている。 2021.01.14 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ注目のブラジル代表MFギマランイスがボックス外から捻じ込んだリヨン初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はブラジル代表MFブルーノ・ギマランイスがリヨンで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ギマランイスのリヨン初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJnWnJvYWlwUSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くしてブラジルの名門アトレチコ・パラナエンセで中心的な選手として活躍したギマランイスは、多くの欧州ビッグクラブから注目を集める選手に。2020年1月にフランスの強豪リヨンに加入し、ヨーロッパデビューを果たしている。 中盤で攻守に渡り存在感を発揮することができるギマランイスだが、2020年11月29日に行われたリーグ・アン第12節のスタッド・ランス戦では、記念すべきリヨン初ゴールを記録している。 1-0とリヨンリードで前半を折り返して迎えた49分、リヨンがカウンターからチャンスを作る。左サイドのスペースに侵入したFWカール・トコ・エカンビが中央に折り返しのクロスを入れると、このパスをペナルティーアークの前で受けたギマランイスがロングシュートを放つ。強烈なシュートは、相手DFの決死のブロックにより進路を変えたものの、これがGKの裏をかき、ゴール右に決まった。 ギマランイスの移籍後初ゴールでリードを広げたリヨンは、その後ももう1点を奪い、3-0で快勝している。 2021.01.13 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

“問題児”ベンタレブのトッテナム初ゴールは、技ありのアウトサイドボレー【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はシャルケのアルジェリア代表MFナビル・ベンタレブがトッテナムで決めたプロ初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ベンタレブのアクロバティックなプロ初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtZkdiNGE1MyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若手時代から逸材として注目を集めたベンタレブは、トッテナムでプロデビュー。その後はシャルケやニューカッスルでプレーしているが、ピッチ外でのトラブルが目立つ“問題児”としても知られている。 そんなベンタレブは、2014年12月17日に行われたEFLカップ準々決勝のニューカッスル戦で、プロ初ゴールを記録している。 0-0で迎えた18分、トッテナムが左コーナーキックのチャンスを得る。ゴール前に上がったクロスに対して相手GKが処理を誤りボールをこぼすと、ファーポストにいたベンタレブがアクロバティックなアウトサイドボレーで合わせ、見事な先制点を挙げた。 試合はトッテナムが4-0で勝利。このゴールは、ベンタレブにとってプロ初ゴールであるとともに、トッテナムで決めた唯一のゴールとなっている。 2021.01.12 14:00 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly