C大阪と神戸の“関西ダービー”はドロー! ゴールレスも見応えのある一戦に《J1》

2020.07.22 21:38 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第6節、セレッソ大阪vsヴィッセル神戸が22日にヤンマースタジアム長居で行われ、0-0のドローに終わった。首位の川崎フロンターレと1ポイント差で2位に付けるC大阪と、8位の神戸による注目の“関西ダービー”。

前節、サンフレッチェ広島に2-1で競り勝ち、今季初黒星からのバウンスバックを見せたC大阪は、中3日で臨んだダービーではマテイ・ヨニッチの相棒を瀬古
から木本に代えた以外、同じメンバーを起用。

対する神戸も3-1で快勝した清水エスパルス戦のスタメンを継続。小川に代わって菊池をセンターバックで起用し、セルジ・サンペールを中盤に戻した以外、ほぼ同じメンバー構成となった。

互いに組織だった守備を軸に自慢の攻撃陣が攻め手を窺う入りとなった中、神戸のスーパースターがいきなり魅せる。9分、ボックス手前で仕掛けたイニエスタが細かいフェイントでDFを動かして股間を抜くミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKキム・ジンヒョンが好守で凌ぐ。

その後も神戸は左サイドの古橋の仕掛け、イニエスタの正確なプレーを起点にやや押し込む展開を続けるが、ロティーナ仕込みの精緻な守備をこじ開けるまでには至らない。

すると、前半半ばを過ぎると、C大阪が徐々に押し返していく。坂元と松田の右サイドを起点に幾度か良い仕掛けを見せていたホームチームは39分、松田の右からの浮き球フィードに抜け出した都倉がボックス内でGKと一対一の絶好機を迎えるが、右足で浮かせたシュートはGK飯倉が見事なワンハンドセーブで阻む。さらに、前半終了間際にも波状攻撃からボックス右の松田が角度のないところから右足を振り抜くが、これも飯倉の好守に遭う。

ゴールレスで迎えた後半、先に動いたのはC大阪。都倉に代えて豊川を投入し、高さからよりモビリティ重視の攻撃への変化を試みる。54分には清武の右CKを中央の木本が打点の高いヘディングで合わすが、この強烈なシュートはGK飯倉が見事な反応ではじき出してクロスバーを叩いた。

一方、後半に入って守勢が続く神戸は59分、右サイドの深い位置を取った西のクロスを果敢に攻撃参加した菊池がドンピシャのヘディングで合わすが、これはわずかに枠の右に外れた。

その後も球際のバトル、戦術的な駆け引きとダービーに相応しい見応えのある攻防を繰り広げる両雄。試合終了まで15分を切った中で互いに選手交代で局面の打開を図るが、互いに高い集中を維持して最後の場面でゴールを許さない。

試合終了間際にはより勝ち点3がほしいホームのC大阪が猛攻をみせ、レアンドロ・デサバトのミドルシュートでゴールに迫るが、これはわずかに枠の右に外れて劇的な決勝点とはならず。

最終的にゴールは生まれなかったものの、今季最初の“関西ダービー”は見応え十分の一戦となった。

セレッソ大阪 0-0 ヴィッセル神戸
コメント
関連ニュース
thumb

神戸、前橋育英高校MF櫻井辰徳の来季加入内定を発表

ヴィッセル神戸は18日、前橋育英高校に在学するMF櫻井辰徳(18)の来季加入内定を発表した。 埼玉県出身の櫻井は身長178cm、体重68kgのMF。2019年にはU-17日本代表に選出されている。クラブはプレーの特徴を「判断が伴った技術力の高さがあり、左右両足から繰り出される精度の高い長短のパスでゲームの流れをコントロールするプレーメーカータイプのMF」と伝えている。 来季から神戸でプレーする櫻井は、クラブの公式サイトで以下のように意気込みを語っている。 「この度、前橋育英高校から加入することになりました櫻井辰徳です。日本を代表する選手、世界を代表する選手が多くいるヴィッセル神戸でプレーすれば多くのものを吸収することができ、それを自分のものにして成長に繋げて、サッカー選手としてさらに成長できると思いました。1年目から試合に出場して結果を残してヴィッセル神戸の力になれるよう頑張ります。よろしくお願いします」 2020.09.18 13:58 Fri
twitterfacebook
thumb

来季FC東京入りの明大DF蓮川壮大が特別指定選手承認 「期待にこたえられるように努力」

FC東京は18日、明治大学に在学するDF蓮川壮大(22)のJFA・Jリーグ特別指定選手認定を発表した。背番号は「25」を着用する。 FC東京下部組織出身の蓮川は「絶対的な対人の強さをもち、攻守ともに1対1が優れているDF。戦う気持ちと強いメンタリティを持ってチームを鼓舞」がアピールポイント。今年7月に来季加入内定が決まっていた。 今季からJリーグ公式戦出場が可能となる蓮川はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「自分のできることを全力で発揮し、少しでも早く東京の力になれるように、またみなさんの期待にこたえられるように努力していきます。応援よろしくお願いします」 2020.09.18 13:58 Fri
twitterfacebook
thumb

「日本でプレーしたい」20歳のブラジル人“カズ”、横浜FC“キング・カズ”との意外な関係

ブラジルのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで“カズ”がプレーしているのはご存知だろうか。ただただ、登録名が“カズ”というわけではない。 本名はクリスティアン・ケンジ・ワガツマ・フェレイラ。“カズ”の登録名でコリチーバに所属する20歳のディフェンダーだ。背番号「88」を背負い、左サイドバックを主戦場としている。 コリチーバの下部組織で育った“カズ”は、今年1月にファーストチームへ昇格。U-17ブラジル代表も経験したことがある選手だが、その名を日本で知る人はいないだろう。 <div id="cws_ad">◆“キング・カズ”にルーツを持つ20歳の“カズ”が関係を語る<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBRHlJTlBlQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> そもそも、なぜ“カズ”という登録名になったのか。『Dugout』が独占インタビューを行い、2013年にコリチーバの入団テストを受けた際、監督が日本人であると知り、呼び始めたのがキッカケだという。 「それは2013年のことでした。監督が、僕が日本人であるのを見たとき、僕はまだここでテストを受けていました。彼はカズ(三浦知良)を覚えていて、そう呼び始めたんです」 “カズ”が2013年のいつテストを受けたかは定かではないが、2013年9月から12月まではかつて大分トリニータやジュビロ磐田で指揮を執ったペリクレス・シャムスカ氏が監督を務めており、思い出したのかもしれない。 また、本家本元の“キング・カズ”こと、三浦知良(横浜FC)は、1989年にコリチーバに所属。パラナ州選手権優勝に貢献しており、現地ファンとしては忘れられない存在となっている。そのため、“カズ”というニックネームには親しみもあるだろう。 親子ほどの歳の離れた2人の“カズ”だが、実は名前が同じだけではない。実際にコンタクトを取ったことがあるという。 「僕が彼と唯一連絡を取ったのは、僕の誕生日でした。彼が僕にメッセージをくれたんです」 「彼のストーリーに関する映像をいくつか観ました。彼がコリチーバでプレーし、ここで美しいストーリーを描いたことを知っています。彼についてよく知っています」 「バースデーメッセージが送られてくるなんて、期待もしていませんでした。父には日本に住んでいるカズを知る友達がいるんです」 「誕生日に、父がWhatsAppでビデオを送ってくれました。信じられなかったです。彼は、誕生日おめでとうと言ってくれました」 なんと、直接キング・カズからバースデーメッセージを受け取ったことがあるという“カズ”。それは2017年、17歳の誕生日だった。キング・カズはポルトガル語で、以下のビデオメッセージを送っていた。 <div id="cws_ad">◆“キング・カズ”が自身にルーツを持つ“カズ”へバースデーメッセージ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRZ3BxRnQ0YSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 「誕生日おめでとう。ケンジ。元気ですか」 「まだ会った事はないけど、今度コリチーバを訪ねた時は、会えることを楽しみにしています。僕はあなたに会いたいです」 「コリチーバでのキャリアの成功と、多くのタイトル獲得を願っています。グッドラック」 自身のニックネームのルーツであり、コリチーバでプレーした大先輩からのバースデーメッセージ。この奇跡の出来事は、当時の“カズ”にとっても大きなこと。その“カズ”のルーツは、実は日本にあったのだ。 「僕の祖父母は日本人で、日本で生まれました。母はブラジルで生まれましたが、日本人です。そして、父はブラジル人です。母の家族は日本にルーツがあります」 日本人とブラジル人のハーフである“カズ”だが、実は日本に来たこともあるとのこと。そして、日本でサッカーをするという夢もあるようだ。 「僕は日本に行ったことがあります。東京で1週間を過ごしました。素晴らしい国だと思いました」 「僕は日本に行き、そこでサッカーをしたいと思っています」 その“カズ”だが、実は日本語は話せないとのこと。両親は話せるものの、全然ダメだという。 「僕の両親は日本に5年間住んでいたので、日本語が話せます。とても流暢というわけではないですが、話せます。僕は何も学んでいないです(笑)」 53歳ながら現役を続けている“キング・カズ”と、弱冠20歳の“カズ”が同じピッチに立つ可能性はゼロではないかもしれない。 2020.09.18 13:20 Fri
twitterfacebook
thumb

J1過密日程を改めて考える/六川亨の日本サッカーの歩み

J1リーグは16日に4試合を行い、2位のC大阪はFW都倉が神戸GK前川の顔面をヒットする“勇み足"で一発退場になったものの、柿谷のヘッドによる1点を守りきって首位・川崎Fとの勝点差5をキープした。 神戸GK前川の父親は元日本代表で、広島や大分で活躍した前川和也氏である(日本が初優勝した92年のアジア杯準決勝の中国戦で交代出場し、トンネルで失点したプレーはいまも忘れられない)。 前川だけでなく、9日の第15節、FC東京対横浜FC戦では、横浜FCのボランチ安永がJ1デビューを飾った。彼の父・聡太郞氏は95年に横浜Mのリーグ優勝や、99年の清水のセカンドステージ優勝に貢献したFWである。こうした二世選手の活躍は、今後も増えることだろう。 ところで、C大阪対神戸戦はJ1リーグ第25節、FC東京対大分戦(2-3)と横浜FM対清水戦(3-0)は第24節、そして鳥栖対札幌戦(0-2)は第12節だったことをご存じだろうか。 鳥栖対札幌戦が第12節だったのは、鳥栖に新型コロナのクラスターが発生したため4試合が延期されたからだった。残りの3試合は、いずれも横浜FM、FC東京、神戸の3チームがACLに出場しているからだ。 そのACLだが、いま現在も東地区のグループステージがどこの都市で開催されるのか詳細は決まっていない。9月11日にはFC東京の長谷川監督が、質疑応答で「正式にJリーグから(日程変更などの)通達は来ていない。JFA(日本サッカー協会)からもきちんと来たわけではないので、なんとも言えない。正式に決まったら話をしたい」と、現状では対処しようのないお手上げ状態であることを明かした。 ACLの日程変更に関してJリーグの担当者は、「新しい日程だとJリーグの最終節とACLの決勝がかぶる(12月19日)。出場3チームと折衝中だが、Jリーグの最終節を後ろ倒しするのは天皇杯があって難しい」と答えていた。 彼の言う通り、12月20日の日曜日は天皇杯5回戦の2試合が、23日の水曜日には準々決勝2試合が組まれている。今年の天皇杯は変則スタイルで行われ、Jリーグ勢は23日の準々決勝にJ2とJ3の1位が出場し、J1の2チームは27日(日曜日)の準決勝から登場する。 Jリーグ勢が19日のACL決勝に出場したら、20日に最終節を移すことはできない。そこで23日に移すことは物理的に可能だ。実際、9月16日はJ1の4試合とJ2の1試合に加え、天皇杯の1回戦16試合も開催された。しかし、いくら可能とはいえJ1リーグの最終節と天皇杯の準々決勝を同日開催することは、常識的に考えても回避すべきだろう。 となるとJ1リーグの日程を前倒しするしか方法はない。現状では毎週末にリーグ戦が組まれていて、空いているのは水曜しかない。それも限られていて、10月は21日と28日、11月は11日と18日、そして12月は2日と9日だ。 恐らくJリーグはコロナの影響や自然災害などを想定して予備日を取っていたのだろう。これらに加えて「金J」を復活させるのか。 一番簡単な解決方法は、AFC(アジアサッカー連盟)が、「今シーズンのACLは中止になりました」と一言アナウンスすることだ。そうすれば、ACLのスポンサーと放映権を持っているテレビ局、そして代理店以外は諸手を挙げて喜ぶに違いない。 最後に、連戦における選手起用で監督はどんな苦労をしているのか。FC東京の長谷川監督のコメントを紹介しよう。 「基本的に3試合、4試合連チャンで出るとパフォーマンスは顕著に落ちてくる。2試合で落ちる選手もいる。そこらへんをトラッキングシステムで把握し、顔色を見ながら、普段の仕事(サッカー)を見ながら判断したり、ドクターやスタッフと話したりしながら判断している。ちょっとしたシグナルをどうキャッチするかが大事になる。選手は、誰もが(試合に)出たがるので、聞けば誰もが『大丈夫です』と言う。19連戦の、次(第16節の神戸戦)は9連戦目(2-2)でやっと半分。さらにACLを入れれば連戦が増えてくる。全試合フル出場は不可能なこと。どこかで見切りながら使うしかない」 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】</br>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.09.18 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

駒井のスーパーミドル炸裂の札幌、好調・鳥栖を下して10試合ぶり白星!《J1》

明治安田生命J1リーグ第12節、サガン鳥栖vs北海道コンサドーレ札幌が16日に駅前不動産スタジアムで行われ、0-2で札幌が勝利した。 鳥栖で発生した新型コロナウイルスの集団感染により延期されていた一戦。ホームに迎え撃つ鳥栖(勝ち点14)は、直近5試合は3勝1分け1敗と好調が続く。3日前に行われた前節は柏レイソルに逆転勝利し、ホームで連勝を収めている。 札幌(勝ち点14)は対照的に9戦未勝利と泥沼にはまっている。同じく3日前の前節はホームに浦和レッズを迎えての一戦となったが、打ち合いの末に3-4で敗戦。ジェイが2ゴールの活躍を見せたが、今節はベンチ外となっている。 まずは3試合連続ゴール中の林をベンチスタートとした鳥栖の攻撃。7分、ボックス左でボールを受けた大畑のパスを安庸佑がシュート。巧みにマークを外してチャンスを作ったが、シュートは上に外れてしまう。 一方、不調から脱却したい札幌は、27分にアンデルソン・ロペスのパスでボックス左に抜け出した菅が相手との接触で倒れるがPKは貰えず。 両チームとも決定機を迎えるもなかなかネットを揺らせないでいる中、シュートを重ねる札幌は40分、駒井のボックス内からシュートがクロスバーを直撃。42分のチャナティップのミドルシュートはGKのファインセーブに遭った。 互いに交代カードを1枚切って迎えた後半、前半の勢いそのままに札幌が攻勢を続ける。49分には右サイドを突破した白井からパスを受けたアンデルソン・ロペスがボックス右からシュート。さらに54分には、再び白井のパスから高嶺がボールを持つと、キックフェイントで相手を躱しボックス手前からシュートを放つ。しかし、どちらもわずかに左に外れてしまった。 劣勢の鳥栖は60分に安庸佑を下げて好調の林を投入。しかし、先手を取ったのはアウェイの札幌だった。61分、相手の最終ラインからの縦パスを進藤が頭で跳ね返すと、フリーでボールを持った駒井がボックス手前から右足一閃。アウト回転のかかった強烈なシュートがゴール右上に突き刺さった。 63分にも速攻から駒井のシュートが右ポストを直撃した札幌は菅を下げてドウグラス・オリヴェイラを投入。するとその1分後の66分、カウンターからそのドウグラス・オリヴェイラがドリブルで持ち上がると、ゴール前に走り込むアンデルソン・ロペスにラストパス。縦パスを受けたアンデルソン・ロペスは飛び出したGKの脇を通すちょこんと浮かしたシュートを流し込んだ。 10試合ぶりの勝利を大きく手繰り寄せた札幌。完全にペースを握る中で、対する鳥栖は途中出場の豊田がフィジカルを生かしてヘディングシュートを狙う。 しかし、余裕の生まれた札幌を脅かすまでには至らず、試合はこのまま終了。0-2で勝利した札幌が10試合ぶりの白星をあげた。 サガン鳥栖 0-2 北海道コンサドーレ札幌 【札幌】 駒井善成(後16) アンデルソン・ロペス(後21) 2020.09.16 21:36 Wed
twitterfacebook