ニコ・コバチ新監督がモナコで会見「フランス語はまだ話せない」

2020.07.22 17:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モナコのニコ・コバチ新監督が就任後初めての会見を行った。モナコは19日、ロベルト・モレノ監督の解任と、コバチ監督の就任を発表。コバチ監督はこれまで母国のクロアチア代表やフランクフルトを歴任し、2018年4月にはバイエルンの監督に就任したが、今季の成績が振るわず昨年11月に解任されていた。

モナコ就任後、初めて公の場に登場したコバチ監督は、急転直下の出来事に「驚いている」とし、肝心のフランス語に関しては「まだ話せない」と正直に話した。ドイツ『キッカー』が伝えている。

「私はフランス語が話せない。だがすぐ話せるようになるだろう。現状にとても驚いているよ。全てが迅速に決まったからね」

また、「モナコをトップに戻す」と意気込みを語ったクロアチア人指揮官は、チーム戦術に関する今後の方針を明らかにした。

「モナコをトップに戻したい。つまり国際大会に出場するということだ」

「そのためにはまずはチームの概要を把握しなければならない」

「フランクフルトとバイエルンでは異なるシステムを使っていたから、適応出来るやり方を探す必要がある」

「最初は4バック、徐々に3バックも導入していこうと考えているよ」

すでに新シーズンに向けて動き出しているモナコ。近々合宿のためにポーランド入りする予定だが、リーグ・アン開幕は8月22日と、あと1カ月に迫っている。
コメント
関連ニュース
thumb

モナコ時代のハメス・ロドリゲス 相手全員を騙すアイデアFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、エバートンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがモナコ時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ハメス・ロドリゲスが見せた相手全員を騙すアイデアFK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJQUDM4RnJ5RyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今夏加入したエバートンでレアル・マドリー時代に鬱憤を晴らすかのように活躍を見せているハメス。その左足の能力に疑いの余地はなく、これまでに幾度もスーパーゴールを決めてきた。2013年11月30日に行われたリーグ・アン第15節のスタッド・レンヌ戦では、得意の左足で見事な直接FKを決めている。 0-0で迎えた20分、モナコはペナルティーアーク右外の位置でFKを獲得。すると、キッカーのハメスは壁を越えるシュートではなく、壁の外側を通すシュートを選択する。完全に相手DFとGKの逆を突いたシュートは、そのままゴール左へと突き刺さり、見事な先制点となった。 アイデアの時点で相手に勝利していたハメス。それを完璧に遂行する左足の技術にも感服だ。 2020.09.27 23:00 Sun
twitterfacebook
thumb

圧巻のコントロールシュートも!モナコ時代のファルカオが見せた多彩なゴールパターン【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ガラタサライのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオがモナコ時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆圧巻のコントロールシュートも!モナコ時代のファルカオが見せた多彩なゴールパターン<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJxRHhaaUVrbCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> コロンビア屈指のストライカーであるファルカオは、リーベル・プレート、ポルト、アトレティコ・マドリー、モナコ、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーと各国のビッグクラブを渡り歩いた。2013年夏に加入したモナコでは、2度のレンタルがありながらも、公式戦140試合で83ゴールを挙げるなどエースストライカーとして活躍を見せた。 そんなファルカオは、2017年8月13日に行われたリーグ・アン第2節のディジョン戦では、多彩なゴールパターンからハットトリックを達成している。 試合開始早々の3分、モナコは右CKのチャンスを獲得すると、DFカミル・グリクが後方にフリック。ゴール前のファルカオが右足でわずかにコースを変え、幸先よく先制点を奪った。 さらにリードを2点に広げて迎えた37分には、カウンターからボールを受けたファルカオがボックス端の左45度の位置から圧巻のコントロールシュート。大きく枠外へ逸れたと思われたシュートは、大きく変化し、ゴール右上隅に吸い込まれていった。 モナコは3-1で前半を折り返し、迎えた51分、今度は左CKのチャンスから相手DFに競り勝ったファルカオが見事なヘディングシュートを沈め、ハットトリックを達成した。 2020.09.25 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ関心のベンフィカの逸材F・ルイスがモナコにレンタル!

モナコは25日、U-21ポルトガル代表MFフロレンティーノ・ルイス(21)をベンフィカからレンタルで獲得したことを発表した。 リスボン生まれのF・ルイスは、2010年に地元ベンフィカの下部組織に入団。アンカーとして高い身体能力を生かしたボール奪取能力、カバーリング能力に加えて、的確なポジショニングと判断力が評価されており、昨季は公式戦18試合に出場した。 また、アンダー世代のポルトガル代表の常連として知られ、U-19では25試合、U-20とU-17ではそれぞれ16試合に出場するなど国際経験も豊富だ。 そんなF・ルイスに触手を伸ばすクラブは多く、昨夏に2024年までの新契約を結んだばかりの同選手にバルセロナやレアル・マドリー、パリ・サンジェルマンにマンチェスター勢など、錚々たるビッグクラブが関心を寄せていた。 その中でモナコを新天地に選んだ逸材は「モナコで初の海外挑戦ができることを嬉しく思っている。5つの偉大なヨーロッパの選手権のひとつであるフランスでの新しい経験は、サッカーの未だ見ぬ地平線を見つける絶好の機会だ。それに大きな野望を持ったこのクラブで成長することも出来る」と意気込みを語った。 2020.09.25 18:49 Fri
twitterfacebook
thumb

次代を担う神童ムバッペがモナコで決めたプロ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペがモナコで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆17歳のムバッペが決めたプロ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ1Ym5BQ0o3VyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フランスサッカー屈指の育成の名門、クレールフォンテーヌ国立研究所で英才教育を受けて育ったムバッペは、2015年にモナコでプロデビュー。爆発的なスピードと得点力を武器に一気に世界中が注目するタレントとなった。 2017年夏にPSGに引き抜かれるまで、公式戦60試合で27ゴールを記録しているムバッペだが、その記念すべき初ゴールは、2016年2月20日のリーグ・アン第27節、トロワ戦で決めたゴールだった。 2-0とPSGリードの73分、途中交代で試合に出場したムバッペ。すると、2-1と1点差に追い上げられた93分、MFエウデル・コスタがドリブルで左サイドを駆け上がり、ボックス内に侵入する。 コスタが中央に横パスを送ると、中で待っていたムバッペが左足で合わせ、見事なフィニッシュを決めた。 これがプロ初ゴールとなったムバッペ。17歳と62日でのゴールは、モナコのクラブ史上最年少得点者の記録となっている。 2020.09.25 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

モナコFWケイタ・バルデ、サンプ加入見込み! 3度目のセリエA挑戦

モナコに所属するセネガル代表FWケイタ・バルデ(25)のサンプドリア移籍が決定した模様だ。 バルセロナのアカデミー出身であるケイタ・バルデはラツィオでのプロデビュー後、2017年からモナコでプレー。2018–19シーズンをレンタル先のインテルで過ごした後、昨夏にモナコ復帰を果たすと、公式戦26試合の出場で8得点4アシストの数字を残した。 イタリア『スカイ』によると、ケイタ・バルデのサンプドリア移籍に向けた取引はすべて完了に至り、正式な発表を待つのみの状況。レンタル料100万ユーロのシーズンローンという形でサンプドリア入りとなり、3度目のセリエA挑戦を果たす様相だという。 また、このレンタルには1200万ユーロ(約14億8000万円)の買い取りオプションも付随。総額1300万ユーロ(約16億1000万円)におよぶ取引でのサンプドリア加入になるようだ。 ケイタ・バルデはウイングを主戦場としながらセンターFWやシャドーの位置でもプレー可能なアタッカー。ラツィオ時代に公式戦通算137試合の出場で31得点を挙げ、インテル時代は29試合5得点をマークした。 2020.09.18 11:25 Fri
twitterfacebook