デュッセルドルフ、19歳アペルカンプ真大と契約延長

2020.07.21 21:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
デュッセルドルフが21日、MFアペルカンプ真大(19)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2024年までとなる。

ドイツ人の父親と日本人の母親を両親に持つアペルカンプ真大は2015年に三菱養和SC巣鴨ジュニアユースからデュッセルドルフの下部組織に入団。昨夏にプロ契約を締結した。

しかし、ブンデスリーガ2部を戦ったトップチームで出番は訪れず、主にセカンドチームで過ごして、レギオナルリーガ・ウェスト(4部)19試合に出場して8得点を記録した。

2018年にU-18日本代表招集歴も持つアペルカンプ真大は契約更新に際して、クラブ公式サイトで喜びの心境を明かしている。

「信頼を寄せてもらい、とても誇らしく思います。ここまで成長させてくれたフォルトゥナにすごく感謝しているので、この先の数年間で恩を返していきたいです。そのためにも日々のトレーニングから全力を尽くして、自分をさらに成長させていきたいと思っています」
コメント
関連ニュース
thumb

2部降格のデュッセルドルフ、レンタル組含め4選手が退団

デュッセルドルフは1日、オーストリア人MFケビン・ストガー(26)、デンマーク代表DFマティアス・ヨルゲンセン(30)、ガーナ代表DFカシム・ヌフ(25)、アメリカ代表GKザック・ステッフェン(25)の4名が退団することを発表した。 ストガーは2018年夏に2部のボーフムからフリーで加入。在籍初年度からチームの主力として活躍していたが、今季は十字じん帯断裂の大ケガを負って前半戦を欠場。後半戦の17試合はすべて出場し、5アシストを記録していた。 マティアス・ヨルゲンセンは、今冬にフェネルバフチェから半年間のレンタル移籍で加入。ブンデスリーガで9試合、DFBポカールで2試合に出場していた。なお、フェネルバフチェに戻り、2年契約を結んだとのことだ。 ヌフは昨夏ホッフェンハイムから1年間のレンタル移籍で加入。チーム初先発を飾った試合で初ゴールを決めるなど主力としてプレー。しかし、今年1月に就任したウヴェ・ロスラー監督の下では構想外となり、リーグ戦2試合以外はメンバー外となっていた。今季はブンデスリーガで13試合に出場し1ゴールを記録していた。 ステッフェンはマンチェスター・シティから昨夏1年間のレンタル移籍で加入。リーグ開幕戦から17試合連続でゴールマウスを守っていたものの、膝蓋腱や内側側副じん帯損傷の大ケガを負い、後半戦を棒に振っていた。 デュッセルドルフは今シーズンのブンデスリーガを17位で終え、2部降格となっていた。 2020.07.01 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、格下相手の辛勝認める 殊勲のハーランドは「調子の悪い日でも勝つのが良いチーム」

ドルトムントは辛勝したデュッセルドルフ戦での苦戦を認めている。クラブ公式サイトが試合後コメントを伝えている。 ドルトムントは13日、ブンデスリーガ第31節でデュッセルドルフとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 首位のバイエルンと7ポイント差で2位に位置するドルトムントは、今節敗れた場合、数時間後に行われるボルシアMGでバイエルンが優勝を決定するという状況で16位のデュッセルドルフのホームに乗り込んだ。 試合は残留争いの真っただ中にいるホームチームの堅守速攻スタイルに大苦戦。前半に幾度か訪れたカウンターチャンスも、DFアクラフ・ハキミがGKとの一対一の絶好機を逃がすなど、ピリッとしない。 迎えた後半、60分過ぎに負傷明けのFWアーリング・ハーランドをピッチに送り込むが、逆に前がかりなところを相手のロングカウンターで突かれ、GKロマン・ビュルキのビッグセーブ、ポストに救われる場面も。 それでも、最後の最後に地力の差を見せたアウェイチームは、後半ラストプレーの場面でDFマヌエル・アカンジのクロスをハーランドが頭で合わせ、土壇場での劇的勝利となった。 同試合後、ゴール時の喜びで肉離れを起こしたとも伝えられるルシアン・ファブレ監督は、「タフな戦い」と格下相手の苦戦を認めている。 「本当にタフな戦いだった。1-0での勝利という結果は不当なものではないが、非常に苦しんだ末に得たものであることは確かだ」 「終盤はここで勝つためにあらゆるリスクを負った。得点チャンスを作り出すことが本当に難しかった。デュッセルドルフは非常に統率された戦いを見せた」 また、後半の好守でクリーンシートに貢献した守護神のビュルキは、「良いサッカーができなかった」と、チームのパフォーマンスを振り返っている。 「今日はとても苦しんだ。デュッセルドルフはとても守備的でカウンターしか狙っていなかった。そして、後半に入ってもそれをうまく機能させ、数回チャンスを作った。この試合をモノにできたのは、少しラッキーだったと言ってもいいね」 「今日はピッチで良いフットボールができなかった。ただ、ゴールが決まったときはとても嬉しかったよ。こういった勝利は気分が良いものなんだ」 一方、3戦ぶりの戦列復帰でバイエルンの今節での優勝を阻止する勝ち点3獲得に貢献したハーランドは、自身の復帰と共にシャルケとのダービー以来となる約1カ月ぶりのゴールを喜んでいる。 「出場するチャンスが来るのをずっと待っていたんだ。呼ばれたときは嬉しかったよ。そして、ゴールも決められた」 「チームにとって価値ある3ポイントだね。バイエルン戦からうまく立ち直り、また勝利を重ねられるようになったのが素晴らしい。デュッセルドルフの戦い方が悪いとは思わないよ。ただ、調子の悪い日でも勝つのが良いチームなんだ」 「だから、これからも毎試合、勝利を狙うよ。どこまで行けるかはそのあとだね」 これでリーグ3連勝のドルトムントは、17日に行われる第32節でマインツとのホームゲームに臨む。 2020.06.14 15:21 Sun
twitterfacebook
thumb

復帰のハーランドがラストプレー弾!ドルトムントが辛勝でバイエルンの今節での優勝を阻止《ブンデスリーガ》

ドルトムントは13日、ブンデスリーガ第31節でデュッセルドルフとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 前節ヘルタ・ベルリン戦をDF起用のジャンの決勝弾で制し、首位バイエルンとの7ポイント差を維持した2位ドルトムント(勝ち点63)は、デラネイに代えて出場停止明けのフンメルスを起用。ここ2試合欠場していたハーランドがベンチに戻った。 この試合に敗れればバイエルンの優勝が決まる可能性がある中、残留を争う16位デュッセルドルフ(勝ち点28)に対し、ドルトムントは前節同様にブラントを3トップの中央に配置する[3-4-3]でスタートした。 立ち上がりからボールを握ったドルトムントは、17分に最初の決定機。ロングカウンターからサンチョのラストパスを受けたハキミがGKと一対一に。しかし、シュートはカステンメイアーに阻まれた。 だがこれ以降、攻めあぐねたドルトムントはハーフコートで試合を進めながらも目立ったチャンスを作れずに前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半もギアの上がりきらないドルトムントは61分にヴィツェルに代えてハーランドを投入。中盤にはブラントを下げた。 すると65分、ドルトムントがゴールをこじ開けかける。ハーランドのシュートのルーズボールをボックス内のラファエウ・ゲレイロがボレーでゴールに蹴り込んだ。しかし、VARの末にラファエウ・ゲレイロにハンドがあったとしてゴールは取り消しとなった。 厳しい判定でゴールを取り消されたドルトムントは81分にピンチ。スクルツィブスキのシュートが左ポストに直撃した。 さらに90分には再びスクルツィブスキに右ポスト直撃のシュートを浴びてひやりとしたドルトムントはドローでも致し方なしかと思われたが、ラストプレーでゴールをこじ開ける。 追加タイム5分、左サイド絞った位置からのアカンジのクロスにハーランドが頭で合わせてネットを揺らした。直後にタイムアップとなり、ドルトムントが劇的勝利。悪い内容ながら勝利し、バイエルンの今節での優勝を阻んだ。 2020.06.14 00:37 Sun
twitterfacebook
thumb

ハーランドが3試合ぶり復帰へ、ファブレ監督「良い感じ」

ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが13日に行われるブンデスリーガ第31節デュッセルドルフ戦で復帰する可能性が高いようだ。ドルトムントを率いるルシアン・ファブレ監督が明かしている。 ハーランドは5月26日に行われたブンデスリーガ第26節バイエルン戦で主審と交錯した際にヒザを負傷し、リーグ戦ここ2試合を欠場していた。 そのハーランドは10日の練習から復帰。ファブレ監督は「練習では全てこなしている。とても良い感じだ」と順調な回復を見せていることを明かした。 デュッセルドルフに敗れればバイエルンに8連覇決定の可能性がある今節。ハーランドの復帰で何とか阻止したいところだ。 2020.06.12 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

デュッセルドルフ、DFコンテントの今夏での退団を発表…

デュッセルドルフは1日、ドイツ人DFディエゴ・コンテント(30)が今季限りで退団することを発表した。 バイエルンの下部組織出身のコンテントは、2010年にトップチームデビュー。しかし、左サイドを主戦場とするオーストリア代表DFダビド・アラバから定位置を奪取することができず、ボルドでのプレーを経て、2018年の夏にデュッセルドルフへ加入した。 しかし、2018年9月に前十字じん帯断裂の重傷を負い、昨シーズンを棒に振ったコンテントは、今シーズンも出場機会を得られず。2シーズンで公式戦わずか1試合の出場にとどまっていた。 退団の決まったコンテントについてスポーツディレクターを務めるウーヴェ・クライン氏は「2シーズンに渡るディエゴの献身と前向きな姿勢に感謝し、彼の今後の健闘を祈っている」とコメントしている。 2020.06.01 23:40 Mon
twitterfacebook