アセンシオがクラシコで見せた、テア・シュテーゲンのニアポストをぶち抜く豪快な左足【インクレディブル・ゴールズ】

2020.07.23 12:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回はレアル・マドリーのスペイン代表FWマルコ・アセンシオがバルセロナ相手の伝統の一戦“エル・クラシコ”で見せた豪快なゴールだ。

◆アセンシオがテア・シュテーゲンのニアポストをぶち抜いて決めた豪快な一発!

今シーズン、MF久保建英がプレーしたマジョルカの下部組織で育ったアセンシオは、2013年にトップデビューすると、2015年にレアル・マドリーへ移籍。レンタルで経験を積み、着実に成長を重ねると、2016-2017シーズンからトップチームでプレーしている。

緩急のあるドリブルとパンチのあるシュートを活かした得点力を武器に、期待の新星として今後の活躍が期待されるアセンシオだが、2017年8月13日に行われた、スーペル・コパ、バルセロナとの1stレグでは豪快なシュートを決めている。

永遠のライバルであるバルセロナ相手に拮抗した展開が続く中、2-1と勝ち越して迎えた90分、アセンシオがみせる。

1点を追うバルセロナは試合終了間際、前線に人数をかけて攻勢に出るが、逆にレアル・マドリーのカウンターの餌食となる。自陣深くでボールを持ったFWルーカス・バスケスがセンターサークル内までボールを運ぶと、左サイドを駆け上がっていたアセンシオへパス。

このボールを受けたアセンシオはボックスの際まで進むと、そこから豪快な左足を一閃。シュート回転のかかったボールはGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの手から離れるように変化し、ニアポストをぶち抜いてゴール左上隅に突き刺さった。

止めを刺すアセンシオの3点目で3-1とカンプ・ノウでの1stレグで勝利したレアル・マドリーが、2ndレグも勝利しスーペル・コパを制している。
コメント
関連ニュース
thumb

ケインがゴールからの距離を感じさせない豪快なロングシュートを突き刺す【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ケインが決めた豪快なロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIzNTV2cFVraSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> トッテナムの下部組織で育ったケインは、レンタル移籍を経て、2014-15シーズンに大ブレイク。ファーストチームに定着すると、今ではエース、そして主将としてチームを引っ張る大黒柱となっている。 ストライカーとしてゴール前で圧倒的な強さを誇るケインだが、豊富な得点パターンを持っており、2019年12月7日に行われたプレミアリーグ第16節のバーンリー戦では、豪快なロングシュートを決めている。 開始早々の5分、前線へのロングボールがFWソン・フンミンに入ると、ワンタッチでケインに落とす。ドリブルで少しボールを前に運んだケインは、相手のプレスがかかる前にシュート体勢に入ると、まだゴールに対してかなり距離のある位置からロングシュート。 右足から放たれた鋭いシュートは、ゴール左に決まり、見事な先制ゴールとなった。このゴールで勢いに乗ったトッテナムは5-0の大勝を収めている。 2020.10.26 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ジエリンスキが決めたロケット砲のような容赦ないボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はナポリのポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ジエリンスキがアタランタ戦で決めたロケットボレー<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJOUVBKQkIzUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ジエリンスキは若くしてポーランドのクラブからウディネーゼの下部組織に引き抜かれ、同クラブでプロデビュー。2016年夏にナポリに加入し、主力として活躍している。 中盤の選手ながら縦への推進力とゴール前での決定的なプレーを得意とするジエリンスキだが、2017年8月27日に行われたセリエA第2節のアタランタ戦では、豪快なボレーシュートを決めている。 前半にアタランタに先制され、0-1とナポリのビハインドで迎えた56分、ナポリに左コーナーキックのチャンスが訪れる。クロスは相手にクリアされてしまうが、こぼれ球をボックスの外でジエリンスキが拾うと。胸トラップでボールをコントロールしてから、豪快なボレーシュート。ドライブ回転のかかった強烈なシュートはゴール右上に突き刺さり、見事な同点ゴールとなった。 このゴールで反撃の狼煙を上げたナポリは、その後逆転に成功。3-1で勝利を収めている。 2020.10.25 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

マルセイユ時代のB・メンディが叩き込んだ豪快なロングシュートにスタンドも歓喜【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はマンチェスター・シティのフランス代表DFバンジャマン・メンディがマルセイユ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マルセイユ時代のメンディが決めた美しいロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4QmVjSFJMVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ル・アーブルでデビューしたメンディは2013年夏にマルセイユに加入し、ブレイク。その後モナコでプレーした後、2017年夏にマンチェスター・シティに移籍した。 攻撃も得意とする現代的なサイドバックとして活躍するメンディだが、マルセイユ時代の2015年9月13日に行われた、リーグ・アン第5節のバスティア戦では、美しいゴールを決めている。 0-0で迎えた15分、マルセイユが左からのコーナーキックを得る。すると、ショートコーナーを受けたMFラサナ・ディアラがボックスの手前にパス。これにメンディが後方から走り込み、ダイレクトでシュートを放つ。左足のシュートはカーブしながらゴールに向かうと、クロスバーの下に跳ね返り見事にゴールインした。 美しいシュートにゴール裏のマルセイユサポーターは大騒ぎに。このゴールで先制に成功したマルセイユは、その後も得点を重ね、4-1で勝利している。 2020.10.24 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

フェルナンジーニョが決めた豪快なアンストッパブルミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はマンチェスター・シティのブラジル代表MFフェルナンジーニョが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆フェルナンジーニョが決めたアンストッパブルなゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4bFlLV3I1byIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国ブラジルのアトレチコ・パラナエンセでのデビューを経て、ウクライナのシャフタール・ドネツクでブレイクしたフェルナンジーニョ。2013年夏にマンチェスター・シティに加入し、ステップアップを果たしている。 チームにとって欠かせない存在となっているフェルナンジーニョだが、2018年10月20日に行われた、プレミアリーグ第9節のバーンリー戦では、豪快なミドルシュートを決めている。 2-0とシティリードの56分、シティが左コーナーキックのチャンスを得る。クロスは相手DFにクリアされるも、このこぼれ球にフェルナンジーニョが反応。ペナルティアーク内からダイレクトでシュートを放つと、ボールはゴール右上の完璧なコースに一直線に突き刺さり、見事な追加点となった。 この後も得点を重ねたシティが5-0の大勝を収めている。 2020.10.23 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

カカが初めてのマドリッド・ダービーで決めた、相手の一瞬の隙を突く美しいロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表MFのカカ氏がレアル・マドリー時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆カカが初めてのダービーマッチで決めた美しいゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWUmlod3pqUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブラジルの名門サンパウロでキャリアをスタートさせたカカ氏は、ミランで大ブレイク。世界最高峰のアタッカーとしての評価を受けると、2009年夏にレアル・マドリーに加入した。 4シーズンを過ごしたマドリーでは、公式戦120試合に出場し29ゴール39アシストを記録したカカ氏だが、2009年11月7日に行われたラ・リーガ第10節、アトレティコ・マドリーとの“マドリッド・ダービー”では、見事なゴールを決めている。 開始早々の4分、MFラサナ・ディアラが相手陣内中央でボールを持つと、右サイドのDFセルヒオ・ラモスとのパス交換で中央突破を図る。ラモスへのパスは相手に奪われてしまうものの、すぐさまプレスをかけ、ボールを取り返すことに成功する。 相手へのタックルがそのままパスになり、カカにボールが渡ると、カカがボックスの外から鋭いロングシュート。右足から放たれたシュートは滑らかな弧を描き、カーブしながらゴール左に決まった。 カカの美しいゴールで早々に先制点を奪ったマドリー。その後も攻勢を強み、一時は3-0でリードするも、66分にラモスが一発レッドを受け、数的不利の中3-2と1点差まで迫られたが、なんとか逃げ切りに成功している。 2020.10.22 19:00 Thu
twitterfacebook